キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの 2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

GJ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
456: おさかなくわえた名無しさん 2013/08/03(土) NY:AN:NY.AN ID:aUzf/Yle
こっちにと誘導されたので、昨日の出来事ですが

姉からの「腰痛で動けぬ。救助頼む」メールで、夏休み中なので運転要員として出動。
小2の姪っこも夏休み、私の車はチャイルドシート(ジュニアシート)がないので姉の車に乗り換えて病院へ姉を送る。
金曜日なので込み合ってるだろうから、姪っこを連れてどっかで時間潰してくれとのこと。
適当に本屋めぐりしてたら、12時前、姉から「タヒぬほど込んでいる。診察はまだ。お腹すくようなら、先に食べちゃってて」と連絡。
姪に「どこか行きたい店ある?」と聞いたら、ローカルテレビで紹介されていた、小じゃれたイタリアンカフェに行きたいとのこと。
「子供連れ平気かな」と問い合わせる→「大丈夫ですよー」とのことだったので、一応隅っこの席を予約してもらった。

そしたら、予約席の隣の席のババア二人+幼稚園くらいの女の子三人連れがアホのようにうるさかった。
対角線上の店の隅にいる女忄生 客達がこっちを凝視するレベル。内容も「アタシ、Aちゃん嫌いなのよ。キツい感じでしょ?」というババア1.
どうやらAちゃんというのはババア1の孫娘ちゃんのお友達らしい。お友達を貶され、俯く孫娘ちゃん。
それにフォローしないとごろか、さらに盛り上がるババア二人。
あまりのことに唖然として隣席を見る姪。
そしたらババア2が「姉さん、やーね、見られてるわよ」ババア1は「そうねー。孫娘ちゃん、隣のお姉ちゃん(おそらく姪のこと)に
怒られちゃうから静かにしましょうねー」
いや、うるさいのはアンタとアンタの妹で、孫娘ちゃんは一言もしゃべってない。
さすがに言い返そうとしたら、姪が「え?おばあさんのお孫さんのしつけの責任を私に押しつけられても困ります。
それに私、孫娘ちゃん可哀想だなって思ってみてただけで、怒るならおばあさん達にだけです」と返した。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
419: おさかなくわえた名無しさん 2013/08/01(木) NY:AN:NY.AN ID:1NAGPgOO
今日ファミレスで遭遇した出来事。

夏休みシーズンのランチタイムでめちゃくちゃ混んでた。
俺の隣の席に30歳ぐらいで同じ会社のリーマンっぽい男女二人連れが座ってた。
料理を持って来た若いウエイターに男が絡み始めた。

「子供の声がうるさいんだけど?」
「夏休みシーズンですので…」
「料理が来るのがいつもより遅いんだけど?昼休みも無限じゃないんだけど?」
「できる限り早くお届けできるよう努力はしているのですが…」
「そんなの全部そっちの都合でしょ?言い訳にならないよね?」

とか言いがかりつけまくり。声がでかいし、周りの空気が悪くなった。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
368: おさかなくわえた名無しさん 2013/07/29(月) NY:AN:NY.AN ID:S8RUa9sm
かなり長文になってしまいました。すいません。

ある劇場でアルバイトを初めて2週間の頃。
その日の仕事は客席案内。

私の働いていた劇場はロビーの飲食は可能だが、ホール内は飲食厳禁。
たまに座席で飲食をしているお客さんもいるが、
注意をするとほとんどの人が「すいません」と言って、食べるのをやめるかロビーへ移動してくれる。

ある日、座席で飲食をしているおばさん3人組がいた。
「申し訳ございませんが、飲食は禁止となっておりますのでご遠慮いただけますか」と声をかけたところ、
「はあ?なんで?知らない知らない」と言って、食べるのをやめない。
私が「お手数ですが、ご飲食はロビーでお願いします」と言うと、おばさん達は大騒ぎ。
おばさん1「やだ、面倒くさい。もう始まっちゃうじゃない!(まだ開始まで15分ほどある)」
おばさん2「だめならだめって先に言ってよ!(ロビーで散々呼びかけたし、張り紙もしてある)」
そして極めつけにおばさん3が、「アナタ今、遠慮してって言ったね?じゃあ、遠慮しません!」と言った。
バイトを初めて日も浅かったので、何て対応すればいいんだろう…と混乱してしまい、
「申し訳ございませんが…」と半泣きになりながら移動をお願いするも、完全無視。

続きます。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
329: おさかなくわえた名無しさん 2013/07/27(土) NY:AN:NY.AN ID:0uUNTYos
そこそこ混んでる電車にて
バッグを座席に置いて大股開いて陣取ってるおっさんがいた
みんな迷惑そうな視線は送るけど我関せずな空気
駅について乗ってきた客に高校生くらいの男の子2人とお婆さんがいた
男の子たち、ツカツカとおっさんのとこに近づいて
バッグをどかして「おばーちゃん!ここ空いとるで!座りー!」と勧める
おっさん「俺のカバンになにする!」と逆切れするも
男の子A「なんや、このバッグ切符買うとるんか?」
男の子A「なあ、バッグくん、キミ座席に座る権利あるん?切符買うたん?」
男の子B「んーん買うてへんよ(バッグ抱えて裏声で)」
男の子A「切符買うてへん言うてるで?網棚においてええやろ?おっちゃん?」
おっさん(ぐう・・・無言)
お婆さん男の子たちに御礼言いながら席に座る
一連の流れが漫才みてるみたいで
華麗な対応にトキメイた30歳♂

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
279: おさかなくわえた名無しさん 2013/07/24(水) NY:AN:NY.AN ID:aFHJ/Df9
流れに関係なくて悪いけど

昔電車に乗ってたら痴漢に遭った
高校生だった頃の話なので制服の上からおしりとか触られたんだけど、
とうとうスカートの中に手が伸びてきた
しかし「やめて下さい」と言う前に周りの同じ制服を着た女子高生達が
痴漢の腕をガッと掴んで離さず、駅に止まるなり鬼の形相で痴漢を引きずり下ろした

痴漢は平静を装って「俺が何したって言うんだ」としらばっくれたが女子高生が
「マジキモイ、こんなんあたしのお父さんだったらホント引く」と言った途端
ハッとして項垂れたのは覚えてる
まあさらに「ホント気持ち悪い」「○○先輩(私)に痴漢とかふざけてんじゃねーぞ!!」
「超キモい!!氏ねばいいのに」と罵る辺り容赦が無かったけど

実は部活の遠征の帰りで、数十人単位で移動してたので車内が混んでただけで
痴漢以外の乗客は8割方うちの部活のメンバーだったんだよね…

みんな制服とはいえ大人しそうな格好してたのは
文化部かつルールに厳しい部活だったからで、中身は普通の女子高生
しかも最高学年でリーダー的存在だった私を痴漢したとあって頭に血が上ったらしい
後輩がこの状態だったんで私は怒り損ねて逆に冷静になってしまい
やってきた駅員さんに「はい、ええ、触られました」と淡々と説明してた

駅員が痴漢を連行する中、痴漢の「お前らコイツ(私)の何なんだ!!」と言う叫びに
「後輩じゃボケ!!」と叫び返して痴漢を呆然とさせた後輩達の勇姿は忘れない

「普段は先輩胸触らして下さいよウヘヘwとか言ってくるような子達なんですよ」とは
まさか言えなかったけど

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
126: おさかなくわえた名無しさん 2013/07/21(日) NY:AN:NY.AN ID:MpsIVoX7
昨日の帰りの話。

電車で酔っ払いが乗ってきて、座ってる学生達にいちゃもんをつけ始める。
内容は「社会のゴミが~」「お前らのせいで経済が~」などなど。学生達もどうしたらいいかわからない状態。
次の駅まで二十分近くあるし、どうするかと考えてたら、学生の二つ隣に座ってた女の子が、
「うるっせぇんだよクソオヤジ! 次の駅で痴漢免罪かけられて社会的に抹殺されてぇか!」
と結構低い声で叫んだ。かと思えば笑顔で、
「それが嫌でしたらお静かにお願いします。他の方に迷惑なので」
と言い、女の子はまた本へと目を落とした。
ら、今度はその酔っ払い、女の子に絡み出す。そしてつかみ掛かる。
そしたらその腕掴んで酔っ払いを床に押し付けて、
「有段者に喧嘩は売らない方がいいよ」
と言ってた。んで結局次の駅で女の子に下ろされた。女の子も一緒に下りていったから、もしかしたら痴漢免罪ふっかけてるかも知れない。
女の子だからって侮れないなぁと思った出来事でした。まる。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
902: おさかなくわえた名無しさん 2013/09/05(木) 17:17:04.43 ID:4E6Xp2Cj
流れを遮り自分の事でスマン
以前住んでいたところの駐車場がそれぞれのスペースに道路側から入れて停めるタイプだった
っで、道路の反対側のお店が改装って事で反対車線はその工事車両が路駐で並んでいた
その為私の車を駐車場に入れるも出すも路駐車両で狭くなった道路からになった
とある日、私が自分のスペースに入れようとした時となりに停めてあった車にぶつけてしまった
大した事なかったので、そのまま停めて自分の家に行こうとしたら後ろから
「おう、待たんかこらぁ!」っと声が、振り向くと改装工事に来ていた業者からだった(この後DQNに変身)
DQN「今ぶつけたやろ?見てたぞ?あん?」
俺「なにか?」
DQN「この車、俺のダチのじゃ!逃げるんか?」
俺「別に?」
DQN(手を出して)「俺が話しつけたるから10万よこせ、嫌なら当て逃げて届けてもいいぜぇ!」
そのあともダチはヤ●ザだの大声でギャーギャー言い始めた。
そしたらDQNの仕事仲間も絡み始め、改装中の店のオーナーも騒ぎを見て出てきた
その騒ぎが盛り上がって来た時にポケットから鍵を取り出してそのぶつけた車のドアを開けた
DQN「あwせdrftgyふじこ・・・」っと声にならない奇声を上げて目を丸くして黙り込んだ・・・
俺「隣の車も俺のなんだけど・・・この車の持ち主の知り合いだって?俺はお前の事知らんぞ?」
DQN「・・・」完璧に仲間含め黙り込んだ、そして店のオナーに
「工事だから路駐我慢していたのにもう我慢ならねぇ」
「こいつらが停めていたからぶつけたんだろうが」
「脅迫までしてこういうのが出入りしていいんですかねぇ?」
って事で工事は一時中断、DQN拝み倒すが「ここに停めんじゃねぇよ」っと言う事で
DQN共は自分達の駐車場を臨時で借りることにした・・・700m離れたところにw
それからは挨拶するし見違えるようになりまして事情を知らずにそこに業者が停めようとしても
率先して「停めないでください」と誘導してました
あとからDQNの親方の方から「車の修理代」名目で頭下げに来て、
改装が終わったお店の方から食いきれんくらいの食物頂いてしまった

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
870: おさかなくわえた名無しさん 2013/09/04(水) 23:03:34.42 ID:HmRyO5IO
数年前の猛暑の夏、日本橋歩いてて信号待ちしてたら隣に立ってたお姉さんがいきなり倒れて
熱中症で倒れたのがすぐ分かったから
携帯で救急車呼んで、近くの店に事情話してそこでお姉さん休ませて貰えるよう頼んで
その店にお姉さん運ぶのに近くにいた男性に協力してもらって、運んでる間に身体冷やす用と飲む用のジュース買ってきたもらうように近くにいた女性にお金渡しながら頼んで
店で横になってるお姉さんの腋と首筋に缶ジュースあてながら救急車待って、到着した救急車にお姉さんが運ばれるの確認してらお店の人と手伝ってくれた人にお礼言って帰った

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
811: おさかなくわえた名無しさん 2013/09/03(火) 16:47:52.65 ID:cQXo3fvO
空気を読む能力はない

夜道を歩いていたらひったくりにあったので氾人を追いかけてみた
自転車やバイクに乗っていたらさくっと諦めてましたが相手は徒歩
私は親から「お前は性根が腐っとる」と太鼓判を押されるくらい意地が悪いし仕事でムシャクシャしていたので、
あえて氾人の後ろを一定距離開けて追いまわしながら延々電波な言葉を投げかけ続けてみた
「かえして……私の赤ちゃん」「私たちね……いつもね、一緒にいるのよ」「ヒャーッハッハアハハアハハ」

結局氾人は自ら人通りの多い道に出て、そこで通行人複数に取り押さえられ御用
暗闇でずーっと自分を追いかけてくるキチ女(私・10分ちょい走った)が相当怖かったようで、涙目で失禁していた
そいつが捕まってからひったくりの数は激減した

小柄な女性が皆か弱く大人しいと思ったら大間違いだぜ!
でも妖怪扱いはちょっとひどいと思うの

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
591: おさかなくわえた名無しさん 2013/08/31(土) NY:AN:NY.AN ID:G6EGty60
小学生の時の武勇伝

運動会の朝、登校中に変熊さんに出合った
「これナデナデしたら1000円あげるよ」と最終形態に変形したちωこを見せられる
ビックリして「火事だーーーーー」と叫ぶ
なんで火事をチョイスしたのかはわからん(助けを呼ぶときは~よりずっと前の話)
隣家との距離約50cmな住宅密集地なので即飛び出てくるご近所さん
あわてて逃亡する変熊
事情を聴いたご近所さんが両親と駐在さんを召喚、ありのままに起こった事を話す
で、男の特徴を伝えて始まる山狩りならぬ住宅街狩り
小さな田舎町の特に近所付き合いの濃厚な地域だからホシはすぐ割れた
最近単身で越してきた男だった
男は女児専門のアレな前科もち(爺さんネットワークで調べ上げたっぽい)
この件で再び御用、私は「小学生、機転を利かし痴漢を撃退」みたいな小見出しで地域紙の隅っこに載った
平々凡々な人生の中で唯一の武勇伝
ところでその日私は姉のお下がりを着ていたのだが 立 派 な 男 だ

続きを読む

このページのトップヘ