キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

食材

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
89: 可愛い奥様 2008/02/14(木) 23:21:46 ID:y0RhhWhB0
私が足を骨折して、おまけに熱を出して買い物に行けなかったとき、
ふらふらになりながらメモを書いて、旦那にお使いを頼んだ。
2日寝込んでようやく起き上がれるようになって、台所に行って愕然。
頼んだ買い物が、袋に入ったまま放置されている。

冷凍食品は全溶け、葉野菜はしなびまくり、
牛乳は夏場の暑さで傷んで、パックがパンパンに膨らんでいる。
生ものは、思い出したくないくらいの惨状。

料理はまったくできないわけじゃないので、
買った食材を料理して食べているもんだと思ってたけど、
自分の分はコンビニ弁当で済ませていたらしい。
それを片付ける時の脱力感といったらなかったわ。

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
618: 名無しさん@HOME 2015/01/12(月) 19:15:26.92 0
旦那が姑の前で私の料理を褒めた事があったんだけど、その時の姑の不貞腐れた顔が忘れられない
それ以来、食べきれない食材を押し付けるようになった。
「お料理上手な○さんだから、これも美味しく料理して●に食べさせてあげてね」とか嫌味たっぷり。
器が小さいというかひねくれた性格で扱い難い姑だわ。

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
535: 名無しさん@HOME 2011/08/31(水) 15:40:25.61 0
時々トメ手製の煮物とかをよこしてくる。
私は持病があってある食材は控えてるのを知ってるくせに
トメは相変わらずその食材てんこ盛りにしてくる。
これはきっと私にじゃなくて旦那に食べさせたいからだろうなと思ってた。

トメに「ありがとうございました。でも私は持病で○○は控えてるから
旦那がほとんど食べたけど、食べきれなくて残しました」と言った瞬間
のトメの顔がすごい顔して睨んでた。
旦那が食べるだけじゃ満足いかないのか?残したから不満なのか?

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
390: 名無しさん@HOME 2011/01/15(土) 11:43:57 0
家に生活費を入れない引き取りトメ。
食材を買ってきて、それで生活費払ってるつもりらしい。
もやしとか、魚二切れ(足りない)とか。
そして料理するのは嫁の私。
ケチ過ぎて呆れる。もう買ってくんな。

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
302: 名無しさん@HOME 2010/07/23(金) 15:12:55 0
愚痴らせて下さい。

昨日姑から、「肉と魚を送ってあげたから」との電話あり。
家は新婚で、夫の1人暮らし用冷蔵庫を未だに使ってる(以前、姑が選んで買ったやつ)。
「家まだ冷蔵庫小さいままですよ(伝えるのもう何回目だろ・・・)。沢山送られても入りません」
「沢山送ってないから大丈夫よ!!」
信じた私が大バカでした・・・。

冷凍された肉&魚が出るわ出るわ・・・(泣
しかも全部切り身。ラップにぐるぐる巻きで、中身は判別不可。何、これ??
冷凍刻みねぎ4袋分と、灰色のソーセージのみ4袋分のみ判別可。
旦那はソーセージ、某ブランドのしか食べないのになぁ・・・。
冷凍庫には既にストックしてる食糧もあり、とても入りきれる量じゃない。

姑に中身を聞くも、「見ればわかる」って・・・。問いただすと、何を送ったか覚えて無いとぶっちゃけた!!!
送った本人も把握できないような無責任な送り方やめてーーー!!!!
産地不明の、小汚い台所で小分けにされたものなんて食べたくありません。

しかも、朝の八時半というとても迷惑な時間に届き。
旦那は自ら半休取って(私は止めたんだが)、午前中は二人がかりで冷凍庫への押し込み作業でした。

忍びなかったけど、入らないものは捨てた。
キッチンの床は掃除したばかりだったのに、霜が溶け出してびちゃびちゃになった。
冷凍庫は閉まりきれずに、ガムテープで止めてあります。開ければなだれてくるでしょう。
あぁ~もうほんっとに迷惑!!!

長々とすみません。続きます。


  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
481: 名無しさん@HOME 2010/02/22(月) 16:38:57 0
昨日の夕方、海外旅行から帰宅した。
「夜ごはん作るのも面倒だし、近所の和食屋さんで食べようね~」
なんて夫と話していたら、義実家(港の近くで名物の海産物がある)から
海鮮鍋用の魚とお刺身がドーーンと届いた。
中に手紙が入ってて「和食が恋しいでしょう。今夜はお刺身とお鍋を食べてね」
って書いてあったよ。
旅行前に冷蔵庫の中身を整理していったから、野菜なんて何もない。
気持ちはありがたいけど、買いに行って作って片付ける手間を考えてよ。
送るなら野菜も一緒にくれるか、日持ちするものにして欲しかったよ。

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
530: 名無しさん@HOME 2010/01/05(火) 15:04:34 0
偽実家帰り際、いつものように色々なものを持たせようとする。
正月中使い切れなかった食材は、ぐっとこらえて持って帰ることにした。
大量に作りすぎて余ったおかずでなかっただけマシましマシ…と唱えて。

しかし、餅では戦った。ジップロック1つにいっぱい。昔に比べるとずいぶん
減ったとはいえ、これでも多い。
私「多いので減らしてください」
トメ「多くないでしょう、たったこれだけ」
私「食べきれないので」
トメ「冷凍庫に入れておけばいつまででももつよ」
私「ウチの冷凍庫、ほんっとに小さいんで入らないです」←事実
トメ「そんなこと言っても…ウチもいっぱいで入りきらない」←冷凍信者で
いつでも大きなフリーザー+冷凍庫とは別の専用冷凍庫がギチギチ
私(そんなの知らん)
トメ「……(んもうしょうがない(怒)」と、冷凍庫にあった、
餅の数の少ない方のジップロックと仕方なく交換。
(長いので続く)

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
13: 名無しさん@HOME 03/08/25 16:33
トメからよく食材を貰ってました。
おいしい物ばかりだったので、とてもありがたく戴いてましたが・・
実母とトメが会った時、トメが実母に
「いつもうちのおかずを取られてますよ、この前も神戸牛を取られて。」
と話したそうで。
最近は裏で何を思ってるのか怖いので
しつこくすすめられても全部断ってます。

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
266: 名無しさん@HOME 2011/07/30(土) 00:10:40.07 0
うちの義実家も二言目には「野に生えてるもので体に悪いものなんか
ありゃせん」だったな。
コウトが「じゃあ、タバコも、大麻も、アヘンも、夾竹桃も全部身体に
いいんだな? どれも野っ原に生えてんだし。 遠慮せずに食えよ!」と
庭の夾竹桃をテーブルに叩き付け本気で怒って見せて、やっと
「ダメと言われた食材は孫に食べさせてはいけない」を学習した。

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
286: 1/2 投稿日:2009/03/05(木) 20:35:18
マッタリしてるから昔話でも…

前の旦那の話しですが。
当時のウトメは自転車で10分もかからない近いところに住んでいた。
そして当時の私は椎間板ヘルニアで寝たりおきたりの繰り返しで、仕事もできない時期で
それを知ってトメは毎日のようにやってきて、役立たずだの何だのと罵られた。
トメはア○ウェイ信者で自然派食品信者だった。
うちの冷蔵庫あけては「こんな体に悪いもん息子に食わせんな」と文句を言ってたし
眼を離した隙に、勝手に食材捨てられたり、旦那の買い置きのカップラーメンも捨てられた。
そして私はエネme状態で「旦那が一生懸命働いてるのに働いてない自分が悪い」と思って言い返せなかった。
ただ、旦那には今日あったことを毎日愚痴るように報告していた。
旦那は「お袋も困ったもんだな」「適当にあしらっておけばいいさ」「俺たちには俺たちの生活があるんだから」という感じだった。

しばらくして、腰の調子もよくなり、時間の短いパートを始めた。
そして、数日してふと気がつくと、買い置きの食材がなくなっていた。
最初は旦那が食べたんだろうか、と軽く考えていたけれど、数日後ゴミ箱にカップラーメンが捨てられていた。
さらに、タンスから派手な私の下着が消えていて、ビリビリに裂かれてゴミ箱に捨てられていた。
それをみて流石に怖くなり、旦那に聞いてみたところ
「俺が鍵を渡した。何かあった時に便利だろ」と悪びれた感じもない。
それはおかしい、と揉めたけれど、結局「二人がいない時には勝手に入らないように注意しておく」ということで
鍵は預けたままになってしまった。
このとき強く言っておけばよかったんだけどね…

その後表面上は何か消えることはなくなったんだけど、何となく誰かが入ったり引っ掻き回した気配は感じていた。
ただ、私も気付かないふりをしてやり過ごしていくことにしてしまった。
ところが、ある日体調悪くなって早退したとき、ばったり家をあさってるトメと遭遇。
トメは「息子がちゃんとした食生活を送ってるのか心配」「今日偶然きただけであれ以後一度もきてない」と言い訳をした
私は頭が痛くてイライラしていたので「アンタのやってることは泥棒と一緒だ」と詰め寄ったら、
トメはキーキー叫びながら帰っていった。

 
続きを読む

このページのトップヘ