キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

震災

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
336: 1/2 2013/07/27(土) NY:AN:NY.AN ID:ilAm386Z
東日本大震災の時の話なので、もしトラウマがある人は注意して下さい。
当時高校生だった同級生A君の話。
住まいは関東。地震発生時、午前中で学校が終わりだったので家にいた。

地震発生後、すぐに近くの公園に避難したA君。
その公園には、A君と同じアパートに最近引っ越してきたロシア人のお姉さん(以後Rさん)が一人いたそうだ。
A君の姿を見るなりRさんはA君に駆け寄り、涙目になりながらロシア語で何かを訴えてきたそうだ。
テンパったA君は「オーケー、オーケー…」としか言えなかったそう。
その後A君が落ち着いて話を聞くと、公園に誰も来ないから不安だった、こんな地震は初めて、アパートは壊れてない?
どこにも電話が通じない、これからどうなっちゃうの?と、とにかく不安がっていたそうだ。
A君がRさんの話を聞いているうちにアパートの人や近所の人たちもパラパラと集まり、
そのうち地震も収まったため、その場は特に何もなくお開きとなったらしい。

ここまでが直接A君から聞いた話。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
976: 名無しさん@HOME 2011/09/25 22:31:42
乙。
梅がてら。

都心の狭い部屋に住んでいます。
震災の日、帰宅に困った舅を歩いて迎えに行き、泊めました。
先日、台風があり、帰れないから迎えに来いと。
徐々に電車は動き始めています、もう少し待てば帰れますよと
伝えたところ、ガチャギリされました。
その後、なんて意地の悪いことを言うのだと姑に電話で怒られました。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
156: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/02/21(木) 23:58:24.86
最初に旦那は8つ年上のバツイチ
子供が3人(現在小2、小1、年中)いて養育費を払って前妻さんが育ててる
私が19の時、母の余命が半年と知って旦那と結婚した(ここはここで色々あるけどはしょります)
その二年後21歳で男児を出産
息子が生後3か月の時に3.11が発生
関西在住なので被害はまったくなかったのですが旦那の前妻さんの実家が東北で被災したらしい
結論を言うと子供たち3人を残して前妻さん、前妻さん母が亡くなってしまった
旦那の元義父から連絡がきて子供たちを引きとることに
ここにくるまで相当の修羅場だった
初めての乳飲み子を抱えて私にも実家はないし旦那の実家は義兄一家と障害がある叔父も同居してるしでもう本当に修羅場だった
21歳でいきなり4人の子育て、しかも母親と祖母を亡くしたばかりの子供たちの母親なんて
知らない土地とほとんど記憶にない父親と知らない女とその子供と暮らさないといけない子供たちも修羅場どころじゃなかったと思う

続きます

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
405: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/02/02(土) 23:53:05.44
ちょっと遅いけど、震災関連の修羅場と言えば
実家のすぐ側の製油所が燃えた事
私は関西に嫁いでて、そこでも地鳴りと長い揺れが起きて
実家の両親妹にやっと連絡が取れたと思ったら
工場が燃えてる!どうしよう!って母親の絶叫を電話越しに聞いた時がすごい修羅場

後は父方の実家が海の目の前で跡形もなく流され、
少し離れた所にある伯父の家も流され
今でも伯父は形見ひとつ出てこない事
従兄(伯父の息子)はその日仕事の休みを取って
少し離れた所に向かおうとしてたらしいけど、震災が起きてすぐUターン
車ごと津波に流されたものの、どうにか瓦礫に捕まり
流れてきた毛布に包まり数日後救助された
その間寝る間も惜しんで避難者名簿に伯父と従兄の名前がないか
探しまくったのが第2の修羅場

自分は何て無力なんだろうと感じた瞬間だったよ

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
379: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/02/02(土) 20:50:21.36
同じ思いをした人がいっぱいいるだろうけど
3.11の大震災で石巻の実家の家族と連絡が全く取れない状態で
テレビに実家付近が津波で壊滅した映像を見た時が修羅場だった。
被災地にすぐにでも行きたかったがガソリンは手に入らず、手に入ったとしても
旦那は病気もちなので幼児二人を任せて自分が被災地に行くわけにもいかないし
自分たちの食べるものを手に入れるのも大変だった。
しかも続々入る原発事故のニュース(私は福島在住)
結局、家族は全員無事けど連絡が取れるまでは、色んな覚悟をしたり
なんとか行く算段をたてたりと修羅場だった。

波を後ろに感じながら山に逃げ、何日かを建物もない山の中過ごして、
ろくに物を食べてない状態で山越えして隣の無事だった地域まで助けを求めに
行った実家の家族の修羅場からすればたいしたことないんだろうけどね

続きを読む

このページのトップヘ