キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの 2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

電車

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
641: おさかなくわえた名無しさん 2009/05/30(土) 18:37:17 ID:ZWRlo3KA
今日あった出来事。
電車内で本を読んでると、前から「すいません」って声が聞こえてきて、
前を見ると化粧のドきつい若い女の人が鞄を目の前に差し出してきた。
ワケわからんのでとりあえず尋ねてみた。

「何なんですか?」
「私妊娠してるんですけど?」
「ああ、そうですか。それはおめでとうございます」
「いや、席替わってくれないんですか?」
「あ、譲って欲しかったんですか。じゃあどうぞ」

まあそれで譲ったんだけど、何か釈然としなかった。
何でお願いする側がそんなに高圧的なのか。
丁寧にお願いしていただけたなら気持ちよーく席を譲るのに。
妊娠してることがそんなに偉いのか。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
514: おさかなくわえた名無しさん 2009/05/28(木) 19:28:35 ID:Tsl+paPN
通勤ラッシュの時間帯、私が乗る駅では降りる人は少なく、すし詰め状態の電車内に、さらに乗り込む。

その日は私が先頭で、後ろにも10人は並んでいたと思う。
そんな中、車椅子に乗った人と、駅員が先頭の私より前にグイグイ横入りしてきた。
この時点で嫌な予感はしてたんだけど、もう電車が入ってくるので
私(たぶん後ろに並んでた人達も)乗る気マンマン。

なのに、電車が入ってきたら「はい、車椅子のりまーす」って駅員が言いながら
両手を広げて、(私達が乗り込まないように?)車内の人に
「車椅子の方が乗りますので、もう少し詰めてください」とか言ってんの。

え?????????
すぐに隣の車両に移動しようと思ったけど、どう見ても乗り込める状態じゃないし
プルルルルルって扉が閉まる音がしてるし・・・・・

もちろん乗れませんでした。後ろで並んでた人達も、呆然としてたわ。
何なのあれ?車椅子用の車両はすぐ隣だったし、並ばないし、
駅員は車椅子の人を乗せたら、満足してすぐにどっか行っちゃったし。
イラついたわ

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
75: おさかなくわえた名無しさん 2009/04/05(日) 17:15:42 ID:9yPoeIFb
通勤電車にて。
俺の目の前の席におじさん。その隣の席にババアがいてその前に(俺の隣に)立ってるツレらしいババアと
話してる。次の停車駅で俺の前の席のおじさんが降りるために立ち上がった。
当然俺が座れるモンだと思って、和やかな雰囲気でおじさんを通すためにスペースを空けてやってたら
おじさんが立ち上がった瞬間に隣に座ってたババアがドリフト平行移動! 元の空いたスペースにツレのババアを
座らせるというウルトラCを繰り出された。
一瞬事態が飲み込めず、ただその平行移動ババアの顔を見てたら「フンッ!!(なんか文句あんの?)」ってな
視線で睨まれる始末...。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
14: おさかなくわえた名無しさん 2009/04/03(金) 02:22:39 ID:N6YSoz/9
三人掛けの山手線の座席で、私が右端に座った後におばあさんと孫2人の3人が入ってきた。
そしておばあさんは孫2人(10歳と12歳くらい)を座らせ自分は立っていた。
そこまではいいが、そのおばあさんは
「最近の若い人は席を譲らないねぇ」
「もう疲れちゃったよねぇ」
孫も「お年寄りには席を譲らないといけないんだよね!」
「おばあちゃんもいっぱい歩いたんだよね~」
と聞こえるように言ってくる。

孫が譲れよ!!
なんで自分は座っておきながら人に譲らせようとするのか…。
孫を先に座らせるおばあさんも、おばあさんに遠慮しない孫も神経わからん。

席はもちろん譲らなかった。因みに優先席ではなかった。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
380: おさかなくわえた名無しさん 2008/07/02(水) 10:42:40 ID:VEHGHMv5
さっき体験した話。長くなる、すまん。
夕べから会社で徹夜してさっき家に帰ってきたんだが、こんな時間なので
電車内は学校に行くリア厨だのリア高だのでいっぱいだった。
自分は始発駅からだったので幸いにも座れたんだが、ベンチシートの端っこでうとうと
していたら、頭になにかごつごつ当たる。
顔を上げたら、ドア付近にたむろっているリア厨坊主の一人がでっかいリュックを
背負ってて、それが自分の目の前にぶら下がってくる形になっていた。
相手はこっちに気づかない様子で友達としゃべっている。体が動くたびに、リュックが
ゆれてこっちの頭どころかひざの上に落ちてきそうな勢い。
うっとうしくなったので、目の前のリュックをつかんで横に押しやった。これで
相手も気づくだろうと思ったら、まったくもって気がつかないのか意図的に無視してるのか、
リュックを直しもしなければ体の位置を変えることもしない。また目の前にリュックが(ry
さすがにちょっとむかついて、リュックをつかんで厨坊に「ちょっと」と声をかけた。
相手、完璧無視。
リュックを引っ張って「ねぇ、ちょっと、あんた、聞いてる?」と、こっちが不審者みたいな
状況で結構な大声をかけたんだけど、もう完璧に無視。まるで、こっちが存在しない人間のように。
そのうち駅に着いて、坊主どもは相変わらずにぎやかにしゃべりながら降りていったんだが
最後までこっちには何も反応を示さないままだった。
まあ確かに、電車内でいきなり見知らぬ相手にカバンをつかまれて声をかけられたら、
警戒して無視するのもありだろうが、自分が迷惑をかけていることぐらい自覚しろよな、と
思ったことであるよ。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
128: おさかなくわえた名無しさん 2008/06/29(日) 14:01:15 ID:5mLGDIr0
昨日の夕方。運悪く電車に乗り遅れて、次が来るまでたっぷり15分、重い荷物を持って待ってた時。
電車が来るまで残り3分という時になって、先頭に立っている私のすぐ脇に
オババとその孫らしき男の子(小学校低学年くらい)が寄って来た。
私のうしろでは優に10人以上並んでまってるし、他の場所でも列を作って皆電車を待ってる。

んで電車が到着して、降りて来る人を通している時、
そのオババと孫が私に密着して当然のように私の次に入ろうとして押してくる。

むかついたから
「押さないで下さい。それから後ろの人たちみんな並んで待ってるんですよ?」
するとオババは「ハイ? 何?」と薄笑いして聞き返してくるので、
「みんな並んで待ってるんですよ。うしろを見て下さい」
そういってオババと私で後ろを見ると、私の次に待ってた男性がオババの顔を見て頷く。

「あなたとお孫さんもみんなのように並んで待って入るべきです。
その方がお孫さんのためでもありますよ」
と言い残して、そろそろ降りる人の波が終わりかけた電車を向いて、
中に入っていくと、それでもオババと孫は私の次に続いて入ってきやがったw

そしてまんまと座席に座れたババは、「ねえ、あの人に何言われたの?」と聞く孫に、
「並んで待てなんて言われたんだけど、ばあちゃんたち並んで待ってたんだけどねぇ。
意地が悪い人だねえ」なんて言ってる。
しかもそれを聞いた孫は真正面から私を睨んでくるので、私も真っ向から孫を見返してやった。
ババは「やめなさい、ああいう人は何するかわかんないから」と孫に言う。

結局ババと孫が先に降りるまで私と孫はにらみ合いをしてたんだけど、
あのババはもしかすると本当に並んでたつもりなのかも知れんなあと今では思ってたり。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
408: おさかなくわえた名無しさん 2007/11/28(水) 22:01:10 ID:JVqERBWT
ついさっきのこと。
帰宅途中、地下鉄に乗っていたら急に鍵があるかどうか不安になり、かばんの中を手で探った。
キーケースっぽい感触があったのでそのまま取り出そうとしたら、いきなり目の前に座っていた
おばさんが、

「あのねぇ、あんた、ちょっとやめてくれる?
 私、心臓が悪いの!わかる? し・ん・ぞ・う!!
 電源切ってくれないと、私、タヒんじゃうのよ!」

と叫んだ。
まさか自分のことだとは思わなかったので、そのままキーケースを取り出そうとしたら、

「あんた!やめてっていってるでしょ! 地下鉄の中では電源を切りなさいよ!
 あー胸が苦しいぃぃぃ 痛いぃぃぃ(泣き真似)
 この非常識!人杀殳し!馬鹿女! やめれって言ってるんだよ!!!!」

と、かばんを探っていた右手を思いっきりたたいてきた。
弾みでころがったのは、もちろんキーケース。

「あら、違うならいいのよ。紛らわしいまねしたあんたが悪いんだからね。
 今日はこれで許してあげるわ」
と私が落ちたキーケースを拾っている間に、そそくさと降りていったあの人の神経がわからない。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
283: おさかなくわえた名無しさん 2007/11/27(火) 10:17:56 ID:C71cukJq
 昨日地下鉄に乗っていたら、真向かいに座っていたおじいさんが、
緊急車両停止ボタンを押して、電車を止めた。
 一体何?と車両のみんなの注目を集める中、おじいさんは
「何かありましたか?」と聞く車掌さんに一言。

「この電車、○駅に何時何分に着くんじゃ?」
「あ~予定では○時○分に着く筈でしたが…」
「ありがとう。じゃあ電車動かしてくれ。」

車両が停止してからまた動き出すまで、10分近くかかっていた
おじいさんが、停止ボタンを押さなければ、その時間についたと思う。
車内は、何ともいえない空気。
ぼけてる感じはなかったが、まさしくその神経がわからん出来事でした。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
609: おさかなくわえた名無しさん 2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN ID:ezvKq8ls
叩かれるかもだけど投下

席が全部埋まってるそれなりに混んだ電車に乗ったら端の席に荷物置いてたオバサンがいた。
疲れてたのでオバサンに「座りたいんですけど」って言ったらこっちを見もせずに無視してスマホをピコピコ弄ってる。
「荷物をどけて頂けませんか」ってハッキリ言ってもスマホをピコピコ。
荷物を指差して「あなたのじゃないんですか」って訊いてもピコピコ。
なのでこのオバサンは無関係と判断して荷物の上から座った。
卵が入ってるのが見えた買い物袋とかケーキらしき箱とかあったけど遠慮なく。
グシャグチャバキャとかいう音が尻からダイレクトに伝わってきた。オバサンが「あ゛ー!!アンタなにやってんの!!!!」って叫んだけど今度はこっちが携帯出してピコピコ。
ちょっと!どきなさいよー!!と言われたので「え、何回も訊いたのに反応しなかったからあなたのじゃないんでしょ?」とすっとぼけ。
「いいから退きなさいよあ゛ーケーキがフジコフジコ」に対し「え?あなたのじゃないから関係ないでしょ?」とあくまで呆けた対応。
もちろん対応中に尻を揺するのも忘れない。(グチャグチャ音は多分オバサンにも聞こえてたw)
最終的に腕掴まれてどけー!!って引きずり下ろされたので仕方なく立った。オバサンは荷物の惨状を見て買い物がーケーキがー弁償ーフジコーって騒いだけど先程のオバサンに倣ってガン無視。
煩いので次の目的地じゃない駅で降りたら喚きながらついてきた。
大きい駅だったので構造をフル活用して撒いて一本後の電車で目的地へ向かった。

荷物をどかしてくれればよかったんだし、せめて一言でも断るなりしてれば図々しいとは思っても座るの諦めてたんだけどね。
いくらのケーキだか知らないけど高い授業料になっちゃったな、いやあのタイプはそんな発想もしないだろうなと他人事のように思った。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
586: おさかなくわえた名無しさん 2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN ID:TAsbkxVz
ぽっちゃり繋がりで
こないだ電車乗ってたら女子高生がわんさか乗ってきて、
ぺちゃくちゃデカイ声で喋りながら席を陣取った
20~30人くらいいたと思う
スゲー光景だなと思ってたら、おしゃべりが超うるさいのw
まあ若い子だから喋りたい気持ちも分かるんだけど、何十人も一気に喋るから
すげーうるさいw
でも最後に乗ってきたぽっちゃりして眼鏡かけた20代くらいの女の人が
「お前らうるさいわ、周りに迷惑掛けんな」って言ったとたんピタッとおしゃべりが止んだ
眼鏡の人は空いてる(というか空けられてた)席に座って、
一人女子高生を呼ぶと隣に座らせて説教してた

所々聞こえなかったけど、眼鏡の人は長い歴史のある部活のOGで
隣の女子高生は部長っぽかった
「学校の歴史だけで100年超えてて、部活の歴史もそれ並にあるのに
恥ずかしい真似するなよ馬鹿じゃないの」みたいな事言われてた
「こんな調子で県大会勝てるのかね?」とか、
「私、今年は寄付しないからね。見に来るのもこれっきり。
電車で騒ぐようなガキの面倒見るためにOGやってるんじゃないし?
私の同期にも言っとくわ、今年はハズレだってw」とか言われてた
女子高生は「ええっ」とか「○○さんが来てくれないと困ります」とか言ってびっくりしてた

冷ややかな目つきの眼鏡の人と、
縮こまってる女子高生にちょっと興奮を覚えたのは内緒だ

続きを読む

このページのトップヘ