キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの 2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

電車

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
408: おさかなくわえた名無しさん 2007/11/28(水) 22:01:10 ID:JVqERBWT
ついさっきのこと。
帰宅途中、地下鉄に乗っていたら急に鍵があるかどうか不安になり、かばんの中を手で探った。
キーケースっぽい感触があったのでそのまま取り出そうとしたら、いきなり目の前に座っていた
おばさんが、

「あのねぇ、あんた、ちょっとやめてくれる?
 私、心臓が悪いの!わかる? し・ん・ぞ・う!!
 電源切ってくれないと、私、タヒんじゃうのよ!」

と叫んだ。
まさか自分のことだとは思わなかったので、そのままキーケースを取り出そうとしたら、

「あんた!やめてっていってるでしょ! 地下鉄の中では電源を切りなさいよ!
 あー胸が苦しいぃぃぃ 痛いぃぃぃ(泣き真似)
 この非常識!人杀殳し!馬鹿女! やめれって言ってるんだよ!!!!」

と、かばんを探っていた右手を思いっきりたたいてきた。
弾みでころがったのは、もちろんキーケース。

「あら、違うならいいのよ。紛らわしいまねしたあんたが悪いんだからね。
 今日はこれで許してあげるわ」
と私が落ちたキーケースを拾っている間に、そそくさと降りていったあの人の神経がわからない。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
283: おさかなくわえた名無しさん 2007/11/27(火) 10:17:56 ID:C71cukJq
 昨日地下鉄に乗っていたら、真向かいに座っていたおじいさんが、
緊急車両停止ボタンを押して、電車を止めた。
 一体何?と車両のみんなの注目を集める中、おじいさんは
「何かありましたか?」と聞く車掌さんに一言。

「この電車、○駅に何時何分に着くんじゃ?」
「あ~予定では○時○分に着く筈でしたが…」
「ありがとう。じゃあ電車動かしてくれ。」

車両が停止してからまた動き出すまで、10分近くかかっていた
おじいさんが、停止ボタンを押さなければ、その時間についたと思う。
車内は、何ともいえない空気。
ぼけてる感じはなかったが、まさしくその神経がわからん出来事でした。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
609: おさかなくわえた名無しさん 2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN ID:ezvKq8ls
叩かれるかもだけど投下

席が全部埋まってるそれなりに混んだ電車に乗ったら端の席に荷物置いてたオバサンがいた。
疲れてたのでオバサンに「座りたいんですけど」って言ったらこっちを見もせずに無視してスマホをピコピコ弄ってる。
「荷物をどけて頂けませんか」ってハッキリ言ってもスマホをピコピコ。
荷物を指差して「あなたのじゃないんですか」って訊いてもピコピコ。
なのでこのオバサンは無関係と判断して荷物の上から座った。
卵が入ってるのが見えた買い物袋とかケーキらしき箱とかあったけど遠慮なく。
グシャグチャバキャとかいう音が尻からダイレクトに伝わってきた。オバサンが「あ゛ー!!アンタなにやってんの!!!!」って叫んだけど今度はこっちが携帯出してピコピコ。
ちょっと!どきなさいよー!!と言われたので「え、何回も訊いたのに反応しなかったからあなたのじゃないんでしょ?」とすっとぼけ。
「いいから退きなさいよあ゛ーケーキがフジコフジコ」に対し「え?あなたのじゃないから関係ないでしょ?」とあくまで呆けた対応。
もちろん対応中に尻を揺するのも忘れない。(グチャグチャ音は多分オバサンにも聞こえてたw)
最終的に腕掴まれてどけー!!って引きずり下ろされたので仕方なく立った。オバサンは荷物の惨状を見て買い物がーケーキがー弁償ーフジコーって騒いだけど先程のオバサンに倣ってガン無視。
煩いので次の目的地じゃない駅で降りたら喚きながらついてきた。
大きい駅だったので構造をフル活用して撒いて一本後の電車で目的地へ向かった。

荷物をどかしてくれればよかったんだし、せめて一言でも断るなりしてれば図々しいとは思っても座るの諦めてたんだけどね。
いくらのケーキだか知らないけど高い授業料になっちゃったな、いやあのタイプはそんな発想もしないだろうなと他人事のように思った。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
586: おさかなくわえた名無しさん 2013/07/02(火) NY:AN:NY.AN ID:TAsbkxVz
ぽっちゃり繋がりで
こないだ電車乗ってたら女子高生がわんさか乗ってきて、
ぺちゃくちゃデカイ声で喋りながら席を陣取った
20~30人くらいいたと思う
スゲー光景だなと思ってたら、おしゃべりが超うるさいのw
まあ若い子だから喋りたい気持ちも分かるんだけど、何十人も一気に喋るから
すげーうるさいw
でも最後に乗ってきたぽっちゃりして眼鏡かけた20代くらいの女の人が
「お前らうるさいわ、周りに迷惑掛けんな」って言ったとたんピタッとおしゃべりが止んだ
眼鏡の人は空いてる(というか空けられてた)席に座って、
一人女子高生を呼ぶと隣に座らせて説教してた

所々聞こえなかったけど、眼鏡の人は長い歴史のある部活のOGで
隣の女子高生は部長っぽかった
「学校の歴史だけで100年超えてて、部活の歴史もそれ並にあるのに
恥ずかしい真似するなよ馬鹿じゃないの」みたいな事言われてた
「こんな調子で県大会勝てるのかね?」とか、
「私、今年は寄付しないからね。見に来るのもこれっきり。
電車で騒ぐようなガキの面倒見るためにOGやってるんじゃないし?
私の同期にも言っとくわ、今年はハズレだってw」とか言われてた
女子高生は「ええっ」とか「○○さんが来てくれないと困ります」とか言ってびっくりしてた

冷ややかな目つきの眼鏡の人と、
縮こまってる女子高生にちょっと興奮を覚えたのは内緒だ

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
508: おさかなくわえた名無しさん 2013/06/30(日) 03:29:12.80 ID:qIwmiauh
なんかめんどくさい流れになってるから投下するわ。

先週の月曜日、電車に乗って仕事に行く途中、娘と同じ制服の女の子を見つけた。
その週はテストで娘も早く家を出てて、俺が乗ってる電車は時間ギリギリの電車だった。
一夜漬けで寝坊でもしたのかなと思ったら、マスクつけてちょっと息が荒かったり咳してた。風邪か熱出してたみたい。
座って、必タヒにテキスト見てるその子の前に立ってたんだけど、疲れたのかその子が顔をあげた瞬間、怪訝な顔になったんだ。
で、少し俺の後ろの方を見て、テキスト畳んで鞄に入れてから、
「今からお仕事ですか?お疲れ様です、よかったらどうぞ」
って席譲ってくれて、断ろうとした時には既に目線は俺の後ろ。とりあえずなされるがままに座ってみる。
するとその子、ススッと反対側に行って、誰かの手を掴んだんだ。
手の主の隣に居た女の人とちょっと話してから、一瞬周りみて、
「すみません、この人痴漢です!次の駅で降ろします、ご協力ください!あと目撃した方もお願いします!」
ってガラガラの声で叫んだんだ。
そのまま次の停車駅で痴漢、被害者であろう女忄生 、目撃者であろう男を連れて降りていった。
俺の後ろを見てたのは痴漢見付けたからかーって思ったわ。
その日に娘から「今日テストだってのに遅刻した子がいてさー、しかも熱出してて帰されたんだよねー」って話を聞いた。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
412: おさかなくわえた名無しさん 2013/06/28(金) 17:05:34.00 ID:8mMOvbTc
ものすごく変な話ですいません
友人と電車に乗っていたら妙な臭いがする。その経路をたどると化粧している女忄生 がいた
多分、香料の入った化粧品だろうか。女忄生 の付けていた香水と合わさっての臭いだと思う
気持ち悪くなりハンカチで口を押さえながらドアの近くに逃げると、傍に来た友人は「あ~これ○○の香水のにおいだ。ここの香水ってクセがあるからね。使う人が限られているんだよ」
周りに聞こえる声でそう言うと、鼻をスンスンしながら
「この化粧品は○○かな。珍しい!今どきこんなのを使う人がいるのか。誰?どこ?」
と周りをきょろきょろする。(でも、絶対に女忄生 の方は向かない)その車内で化粧しているのはその女忄生 だけ
自然と他の乗客も女忄生 に視線が行く
「まあ、その前に今どき、電車で化粧している人なんているはずないからね。私の鼻がおかしいのかもね」アハハと笑うと私のハンカチにハッカの香水をちょっと付けた
周りに香るハッカが何とも言えないにおいを消していき、気持ちの悪いのもおさまった
私がよくなったのを確かめてから友人は周りに
「気に入らないにおいならすいません」
と頭を下げた
すると男忄生 が「大丈夫。胸がスッとする匂いだね」と笑っていた
いつのまにか女忄生 はいなくなっていた

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
307: おさかなくわえた名無しさん 2013/06/26(水) 14:18:12.11 ID:uRd/lJQi
電車の中で若い女が化粧していた。
下まつげにマスカラ塗っていた時に電車が揺れて
頬の一番高いところにマスカラブラシを当ててしまって
べったり真っ黒。
前に立ってた40過ぎくらいの女忄生 がちょっと顔を緩めて笑ってしまった。
化粧女が「ババア笑ってんじゃねーよ」と言ったら
女忄生 が「なら笑わせんじゃねーよ、ですよ。」と言った。
ハァ?と化粧女が立ち上がりかけたら、
化粧ポーチとカゴバッグと両方落としてぶちまけた。
向かいに座ってた人も立ってた人もみんな笑いをこらえている顔だった。
その女忄生 も化粧品など拾うのを手伝っていた。

化粧女の隣に座っていたが、粉が飛んできて迷惑だったので
40過ぎくらいの女忄生 GJと思った。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
171: おさかなくわえた名無しさん 2013/06/23(日) 07:30:23.71 ID:LurFWfXg
昨日、俺の真横で起こった事なんですが、大人しそうな男忄生 の武勇伝(?)を。

混雑している電車内、勘違い風OL女が大人しそうな男性に向かい『痴漢!このひと痴漢です!』と叫んだ。
いや、位置的にも無理だし第一、男忄生 は片手で手すり、片手でスマホ触ってたし無理だろ!
うわー痴漢冤罪!?こんな事リアルであるのか?と驚いた。女はギャーギャー騒いで、周囲もザワザワし始める。
男は終始否定、しかし女は『逮捕されるぞ!会社クビだ!慰謝料を払ったらどうこう・・・』と喚いている。
明らかに示談金狙いと思われる痴漢冤罪っぽい。しかし日本の司法は痴漢に関してはクソだからこの男忄生 の人生は
どうなるのかとgkbrしながら見ていたら男忄生 が実に落ち着いた口調で言った。
『やってもいない事にお金なんざ一円も払わない。もし逮捕されたらあんたの言うとおり俺はクビになり家庭は崩壊し
全てを失うだろう。』女が『だったら示談にした方が…』と言ったのを力強く遮り男忄生 は言った。
『そうなったら俺には何も失うものが無くなる!あんたのせいで俺は全て失う!そうなったら怖いものなんて何もない!
分かってるな?濡れ衣を着せられたあんたの人生を…そういう事だからな』と女を見つめる。女『・・・(ビビってる)』周囲もシーン…

そうこうしている内に駅に到着。男忄生 は『俺はここで降りるが…お前もモチロン降りるよな!?駅員呼ぶか!?警察呼ぶか!?』
と凄むと女はダッシュで逃走!男忄生 はゆっくりを電車を降りて消えていった。時間にしたらほんとうに3分も無かった事だけど
なんだか身震いした出来事だったし、示談金目的クソ女の逃亡も実に気持ちよかった。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
143: おさかなくわえた名無しさん 2013/06/21(金) 17:08:23.16 ID:GS8bs5ov
早朝のそこそこ混んでた電車に乗っていた時の事
私が乗った時点で座席は既に埋まっていて、時間帯的に学生とかサラリーマンでごった返していた
そこに乗ってきたのが化粧の濃い今にも「ざます」とか言いそうなババア
なんでこんな時間に乗ってきたのかは分からん
ババアはどぎつい香水のにおいをさせながら乗り込んできて、
席が満席なのを確認してフンッと鼻息も荒く手すりを掴んだが、
すぐに周りにいる人たちに「ちょっと!鞄を当てないで下さる!?」とキーキー言い出した

皆リュックやバッグは下ろして足下に置いてるし、
これ以上どけようが無い状態だったのでサクッと無視された
ババアは眉をつり上げて、「そこのあなた、鞄をおろしなさいよ!」と
明らかにババアから遠く離れた学生にまでイチャモンを付け始めた

自分はそのババアのすぐそばに立っていたので
香水と化粧品の混じったキッツイ臭いで気分は悪いわ
ババアの金切り声がうるさくてイヤホンしてても意味ないわでもう最悪
その間もババアが吠えてるのでとうとうイライラが頂点に達して
つい「ちょっと、静かにして貰えませんか」と言ってしまった
車内の視線が一気に私に集まったが、頭がクラクラしてたのあってどうでもよかった

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
52: おさかなくわえた名無しさん 2013/06/19(水) 15:39:37.20 ID:R8nNL9dk
先日すごくスカッとする場面に出会った。

5~6歳の男の子を連れた30代くらいの母親が電車に乗り込んできた。
母親はスマホをずっと弄っていて、子どもが電車内で騒いだり暴れても注意せず。この時点で他の乗客はイライラ。
さらに子どもが座席に靴のまま跳び乗ってジャンプしても、母親はスマホをいじったまま「う~る~さ~い」と適当にあしらうだけ。
誰が最初にキレるか、という緊張状態の中、近くに座っていた女子高生が立ち上がった。

そして親子に近づくと、ニコニコ笑顔で
「ねえ、僕。ここは僕のおうちじゃなくて皆の場所だから静かにしようね」と注意。
「ちょっとあなた何?」
母親がようやくスマホをやめて女子高生に食ってかかるも、女子高生は華麗にスルー。
「靴のまま椅子に乗ってるけど、これじゃ椅子が汚れちゃうよね?汚れた椅子に座ったらお洋服も汚れちゃうよ?僕もお洋服汚れたら嫌じゃない?」
「・・・やだ」
「そうだよね、嫌だよね!そしたらどうしたら良いか分かるかな?」
笑顔のまま優しい言葉で諭す女子高生に、男の子は大人しく座席から下りる。

続きを読む

このページのトップヘ