キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの 2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

電車

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
161: 156 2011/06/14 19:49:18 ID:ZYoOEBL1
電車の回数券を買って財布に入れようとしていたら
横からにゅっと手が出て切符を持っていこうとした。
びっくりして振り返ったら見知らぬ子連れの女性。

泥ママ「たくさんあるんだから一枚頂戴」
私「へ?え?なんで?いやです」
こういうとき咄嗟には反応できないね…。

しばらくもめてたら駅員さん(おじさんと若いお兄さん)がきてくれた。
私「この人が私が買った切符よこせって言うんです」
泥ママ「一枚くらいいいでしょ!ケチ!」
私「なんで見も知らない他人に?」
泥ママ「子供がいると大変なのよ!子育てに協力しなさい!」
私「こんなずうずうしい泥棒に育てられる子供可愛そうpgr」
泥ママ「ふざけんなこのドケチ!」

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
426: 名無しの心子知らず 2013/11/15 21:18:15 ID:kmDzvLhL
申し訳ないことにオチなしです。

私たち夫婦は子供ができず子供はいませんが、私の妹夫婦の子供たちが月一くらいのペースで泊まりにきます。
主人も甥っ子たちと遊ぶのが楽しいようでかわいがってくれています。
上の甥っ子はしっかり者だけど、実は怖がり屋の小学三年生。以下一郎。
下の甥っ子はマイペースで恥ずかしがり屋の小学一年生。以下次郎丸。

先月の話ですが、二人が泊まりにくることになって、いつものように駅三つ離れたところへ迎えに行って三人で電車に乗って並んで座っていました。
次郎丸のリュックに黒い体をして赤いほっぺたがついているクマの形をしたゆるキャラのストラップがついていました。
私「かわいいね、これどうしたの?」
次郎丸「旅行に行った友達のお土産だよ」
たわいのない会話をしていると、私たちの正面に座っていた幼稚園と思われる制服を着た女の子がこっちを指さしている。以下マス子。
隣にいる母親だか祖母だかわからないような女はある事件の女に似たようなかんじ。以下マスミ。

分けます。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
143: おさかなくわえた名無しさん 2013/06/21 17:08:23 ID:GS8bs5ov
早朝のそこそこ混んでた電車に乗っていた時の事
私が乗った時点で座席は既に埋まっていて、時間帯的に学生とかサラリーマンでごった返していた
そこに乗ってきたのが化粧の濃い今にも「ざます」とか言いそうなババア
なんでこんな時間に乗ってきたのかは分からん
ババアはどぎつい香水のにおいをさせながら乗り込んできて、
席が満席なのを確認してフンッと鼻息も荒く手すりを掴んだが、
すぐに周りにいる人たちに「ちょっと!鞄を当てないで下さる!?」とキーキー言い出した

皆リュックやバッグは下ろして足下に置いてるし、
これ以上どけようが無い状態だったのでサクッと無視された
ババアは眉をつり上げて、「そこのあなた、鞄をおろしなさいよ!」と
明らかにババアから遠く離れた学生にまでイチャモンを付け始めた

自分はそのババアのすぐそばに立っていたので
香水と化粧品の混じったキッツイ臭いで気分は悪いわ
ババアの金切り声がうるさくてイヤホンしてても意味ないわでもう最悪
その間もババアが吠えてるのでとうとうイライラが頂点に達して
つい「ちょっと、静かにして貰えませんか」と言ってしまった
車内の視線が一気に私に集まったが、頭がクラクラしてたのあってどうでもよかった

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
52: おさかなくわえた名無しさん 2013/06/19 15:39:37 ID:R8nNL9dk
先日すごくスカッとする場面に出会った。

5~6歳の男の子を連れた30代くらいの母親が電車に乗り込んできた。
母親はスマホをずっと弄っていて、子どもが電車内で騒いだり暴れても注意せず。この時点で他の乗客はイライラ。
さらに子どもが座席に靴のまま跳び乗ってジャンプしても、母親はスマホをいじったまま「う~る~さ~い」と適当にあしらうだけ。
誰が最初にキレるか、という緊張状態の中、近くに座っていた女子高生が立ち上がった。

そして親子に近づくと、ニコニコ笑顔で
「ねえ、僕。ここは僕のおうちじゃなくて皆の場所だから静かにしようね」と注意。
「ちょっとあなた何?」
母親がようやくスマホをやめて女子高生に食ってかかるも、女子高生は華麗にスルー。
「靴のまま椅子に乗ってるけど、これじゃ椅子が汚れちゃうよね?汚れた椅子に座ったらお洋服も汚れちゃうよ?僕もお洋服汚れたら嫌じゃない?」
「・・・やだ」
「そうだよね、嫌だよね!そしたらどうしたら良いか分かるかな?」
笑顔のまま優しい言葉で諭す女子高生に、男の子は大人しく座席から下りる。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
279: おさかなくわえた名無しさん 2013/07/24 16:33:39 ID:aFHJ/Df9
流れに関係なくて悪いけど

昔電車に乗ってたら痴漢に遭った
高校生だった頃の話なので制服の上からおしりとか触られたんだけど、
とうとうスカートの中に手が伸びてきた
しかし「やめて下さい」と言う前に周りの同じ制服を着た女子高生達が
痴漢の腕をガッと掴んで離さず、駅に止まるなり鬼の形相で痴漢を引きずり下ろした

痴漢は平静を装って「俺が何したって言うんだ」としらばっくれたが女子高生が
「マジキモイ、こんなんあたしのお父さんだったらホント引く」と言った途端
ハッとして項垂れたのは覚えてる
まあさらに「ホント気持ち悪い」「○○先輩(私)に痴漢とかふざけてんじゃねーぞ!!」
「超キモい!!氏ねばいいのに」と罵る辺り容赦が無かったけど

実は部活の遠征の帰りで、数十人単位で移動してたので車内が混んでただけで
痴漢以外の乗客は8割方うちの部活のメンバーだったんだよね…

みんな制服とはいえ大人しそうな格好してたのは
文化部かつルールに厳しい部活だったからで、中身は普通の女子高生
しかも最高学年でリーダー的存在だった私を痴漢したとあって頭に血が上ったらしい
後輩がこの状態だったんで私は怒り損ねて逆に冷静になってしまい
やってきた駅員さんに「はい、ええ、触られました」と淡々と説明してた

駅員が痴漢を連行する中、痴漢の「お前らコイツ(私)の何なんだ!!」と言う叫びに
「後輩じゃボケ!!」と叫び返して痴漢を呆然とさせた後輩達の勇姿は忘れない

「普段は先輩胸触らして下さいよウヘヘwとか言ってくるような子達なんですよ」とは
まさか言えなかったけど

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
117: おさかなくわえた名無しさん 2013/07/21 09:18:10 ID:KOrpExos
きのうの電車内での話し。

土曜日の昼間の電車内。混んではいないが、座席は埋まっていて、何人か立っているような状態。

そこへ、池沼降臨!

池沼:身長160cm前後、痩せ型、年齢不詳
池沼はセーラー服の小柄で大人しそうな女の子にからみ始めた。
「あうあうあ~(^p^)wwww」
と、テンプレどおりの奇声を発し、バスケのディフェンスのごとく、女の子の周りをグルグルする池沼。

すると、そこへ、オッサンが登場。
身長は180もない感じだが、脂肪と筋肉がたっぷりと付いていますという相撲取りのような体型。
オッサンは池沼の腋の下に手をつっこんで、池沼を持ち上げた。
本当に、ヒョイという感じで、まるで猫でも持ち上げるように。
ああいうときは池沼でも動きが止まるのね。
急に大人しくなった池沼だが、代わりに、今までどこにいたのかわからなかった池沼の飼い主らしき還暦くらいのババアがオッサンにわめき始めた。
「ちょっと、あんた、うちの子に何すんのよ。ふじこふじこ」
オッサン、ババアをガン無視。
そのとき、ちょうど、電車が駅について、ドアが開いた。
オッサン、ドアの外に池沼を投げた。
投げたといっても、正確には転がすような感じ。たぶん、ケガをさせないように気をつかったんだろうと思う。
「ああ、池沼ちゃん」
池沼の名を呼びながら、駅のホームへ降り、池沼のもとへと駆け寄るババア。
倒れた池沼を抱き起こす、池沼は無傷の様子。
「ちょっと、あんた、うちの子に」
とババアがわめき始めた直後、電車のドアがプシューと閉まった。

思わず、感動したオレがおずおずと拍手したら、周りの人たちもみんな拍手し始めた。
急に周りから拍手され始めて、照れまくるオッサンwww
池沼にからまれていた女の子が何度もオッサンに礼を言っていた。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
62: おさかなくわえた名無しさん 2013/07/19 08:17:40 ID:80icm7NI
スーッとするか分からないけど10年以上前の話
初投稿&10年以上前の話なので辻褄合わなかったり文章がおかしいのはご容赦ください

高校の時、身長に対して体重が軽すぎるいわゆるもやし体型でさらに眼鏡、オタクで
コミュ障というボッチだった。
んで、俺の通ってた高校は地元では中堅以上なんだが、それでもやっぱり不良は居るんだわ
俺の同じクラスにもAという女のヤンキーが居た。
スカートは短いし茶髪だし口調は荒いしと、少なくとも俺は関わり合いにはなりたくなかった。
だけど、そんな見た目の癖に授業は毎回出る、成績も中の上くらい。
補導歴あるくせに、変なとこで優等生なAだった。

ちょっと長くなりそうなんで次へ

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
395: 名無しの心子知らず 2011/07/24 23:57:57 ID:vPejXz2G
初なので日本語でおkかもしれませんが、許してください。

短くてちょっとDQNです。

当方大学生。
学校帰りの電車の中で勉強のために教科書?参考書?を読んでいた。
すると、その本は医学書なんだけどイラストが可愛らしいからか、隣に座っていた泥子がなんか言いながら覗いてきた。その隣に座る泥母親は咎める気配なし。
すごく邪魔だったし本を掴んできたから、「ごめんね、私勉強してるからやめてくれるかな?」とイラつきながらも優しく言ったら、
突然泥母親が「なによ、○○(泥子)が見たがってるんだから見せなさいよ!!ゆとりバカ(本当に言ったw)のくせに!!」といい、本を引ったくって逃げようとした。(電車の待ち合わせでドアが開いていたので)
びっくりして引き留めようと思ったら、とっさに日傘を伸ばして泥足元にやっていた。それで泥転倒。
そこで駅員さんが来てくれて、泥は捕獲?、本は返してもらえました。
ふじこる泥はどうでもいいけど、「余計なことすんじゃねーよブス!!」って言って腹パンしてきた泥子に腹が立ったので、
「私ね、お医者さんになるのよ。将来アンタが病気になったらこうしてあげるね。」と、その本に載ってる手術写真ページを見せてやったら失禁しやがった。
その後親子はその駅で降ろされてたけど、私は明日試験があるため普通に帰ってきた。

大人げなくてごめんなさい。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
37: 1/2 2012/10/04 20:50:51 ID:sdZGaH0s
この前の休日、ママ(25~35ぐらい、5歳前後の男の子持ち)に強盗されかけたので書き込ませてください。
(少しフェイク・ぼかしが入ってます)

自分 20代前半 社会人になって数年


用事があり、現場に向かうため荷物を持って電車に乗ってた。
この時車両には自分と親子連れ(泥と泥子とします)、計三人とガラガラ。
なのに向かい側に座っていたはずの泥が泥子を連れて自分の前に立って、しばらくこっちを見ている。
なんなんだろこの人?と思っていると泥が「音楽でもされているんですか?」と話しかけてきた。

実際には音楽なんて全くやってないけど、そしたら荷物の事で揉めそうだったから「まぁちょっとだけ趣味でですけど」と答えた。

そしたら泥、しばらく自分の荷物を見ていたと思ったらそのうちの一つをいきなり奪ってダッシュ!泥子それ追いかけてダッシュ!
「は!?え!?!?」とか変な声上げて出遅れたけど二人を走って追う。

なぜかとなりの車両(先頭車両)で俺の荷物を物色しようとする泥。というか何で走行中の列車でとなりの車両に移って荷物物色してるんだ?
で、荷物のふたを開けた親が「ピヤァアアアア!?!?!?」って感じの奇声を上げた。
どうやら荷物の中からアサルトライフルが出てきた事にびっくり仰天。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
969: 名無しの心子知らず 2010/06/01 10:16:44 ID:VB5Hfq7s
埋めがてらに今朝あった、バス停でのクレクレ。

いつものメンバーで土日の話をしながらバスを待ってたらAくんが
「おじちゃんの運転する電車に乗ったんだ」
とニコニコと話していた。Aママいわく、でかけた時に乗った電車が
たまたま知り合いが運転する電車だったとのこと。
Aママもさらっと話し、こちらも「よかったね。そうそううちは昨日ね~」と
次の話に持っていこうとしたらクレクレで有名なBママがしっかりと聞いていた。
「うちの子も運転席に乗せろ。Aくんだけズルイ」
「タダ券貰ってずるい。クレクレ」
運転席もタダ券もそんな話なんてしてないのに、Bママが一方的にまくしたてる。
皆でいさめても馬の耳に念仏。
Aママも
「知り合いが運転士する電車の車両にたまたま乗っただけ。人の目もあるし、
運転席には入っていない。タダ券だって一枚も貰っていない」
ときっぱりと否定するが、「ズルイ。クレクレ。ケチよね」と話にならない。
しまいには
「お宅の運転士が知り合いの子供を運転席に入れたってチクってやる」
と言い出したので、頭にきてBママをきつく叱ろうとした。
(Bママは今までも何回もいろんな人に〆られているが三歩歩いてすぐに忘れる)

続きます

続きを読む

このページのトップヘ