キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの 2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

電車

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
62: おさかなくわえた名無しさん 2013/07/19 08:17:40 ID:80icm7NI
スーッとするか分からないけど10年以上前の話
初投稿&10年以上前の話なので辻褄合わなかったり文章がおかしいのはご容赦ください

高校の時、身長に対して体重が軽すぎるいわゆるもやし体型でさらに眼鏡、オタクで
コミュ障というボッチだった。
んで、俺の通ってた高校は地元では中堅以上なんだが、それでもやっぱり不良は居るんだわ
俺の同じクラスにもAという女のヤンキーが居た。
スカートは短いし茶髪だし口調は荒いしと、少なくとも俺は関わり合いにはなりたくなかった。
だけど、そんな見た目の癖に授業は毎回出る、成績も中の上くらい。
補導歴あるくせに、変なとこで優等生なAだった。

ちょっと長くなりそうなんで次へ

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
395: 名無しの心子知らず 2011/07/24 23:57:57 ID:vPejXz2G
初なので日本語でおkかもしれませんが、許してください。

短くてちょっとDQNです。

当方大学生。
学校帰りの電車の中で勉強のために教科書?参考書?を読んでいた。
すると、その本は医学書なんだけどイラストが可愛らしいからか、隣に座っていた泥子がなんか言いながら覗いてきた。その隣に座る泥母親は咎める気配なし。
すごく邪魔だったし本を掴んできたから、「ごめんね、私勉強してるからやめてくれるかな?」とイラつきながらも優しく言ったら、
突然泥母親が「なによ、○○(泥子)が見たがってるんだから見せなさいよ!!ゆとりバカ(本当に言ったw)のくせに!!」といい、本を引ったくって逃げようとした。(電車の待ち合わせでドアが開いていたので)
びっくりして引き留めようと思ったら、とっさに日傘を伸ばして泥足元にやっていた。それで泥転倒。
そこで駅員さんが来てくれて、泥は捕獲?、本は返してもらえました。
ふじこる泥はどうでもいいけど、「余計なことすんじゃねーよブス!!」って言って腹パンしてきた泥子に腹が立ったので、
「私ね、お医者さんになるのよ。将来アンタが病気になったらこうしてあげるね。」と、その本に載ってる手術写真ページを見せてやったら失禁しやがった。
その後親子はその駅で降ろされてたけど、私は明日試験があるため普通に帰ってきた。

大人げなくてごめんなさい。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
37: 1/2 2012/10/04 20:50:51 ID:sdZGaH0s
この前の休日、ママ(25~35ぐらい、5歳前後の男の子持ち)に強盗されかけたので書き込ませてください。
(少しフェイク・ぼかしが入ってます)

自分 20代前半 社会人になって数年


用事があり、現場に向かうため荷物を持って電車に乗ってた。
この時車両には自分と親子連れ(泥と泥子とします)、計三人とガラガラ。
なのに向かい側に座っていたはずの泥が泥子を連れて自分の前に立って、しばらくこっちを見ている。
なんなんだろこの人?と思っていると泥が「音楽でもされているんですか?」と話しかけてきた。

実際には音楽なんて全くやってないけど、そしたら荷物の事で揉めそうだったから「まぁちょっとだけ趣味でですけど」と答えた。

そしたら泥、しばらく自分の荷物を見ていたと思ったらそのうちの一つをいきなり奪ってダッシュ!泥子それ追いかけてダッシュ!
「は!?え!?!?」とか変な声上げて出遅れたけど二人を走って追う。

なぜかとなりの車両(先頭車両)で俺の荷物を物色しようとする泥。というか何で走行中の列車でとなりの車両に移って荷物物色してるんだ?
で、荷物のふたを開けた親が「ピヤァアアアア!?!?!?」って感じの奇声を上げた。
どうやら荷物の中からアサルトライフルが出てきた事にびっくり仰天。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
969: 名無しの心子知らず 2010/06/01 10:16:44 ID:VB5Hfq7s
埋めがてらに今朝あった、バス停でのクレクレ。

いつものメンバーで土日の話をしながらバスを待ってたらAくんが
「おじちゃんの運転する電車に乗ったんだ」
とニコニコと話していた。Aママいわく、でかけた時に乗った電車が
たまたま知り合いが運転する電車だったとのこと。
Aママもさらっと話し、こちらも「よかったね。そうそううちは昨日ね~」と
次の話に持っていこうとしたらクレクレで有名なBママがしっかりと聞いていた。
「うちの子も運転席に乗せろ。Aくんだけズルイ」
「タダ券貰ってずるい。クレクレ」
運転席もタダ券もそんな話なんてしてないのに、Bママが一方的にまくしたてる。
皆でいさめても馬の耳に念仏。
Aママも
「知り合いが運転士する電車の車両にたまたま乗っただけ。人の目もあるし、
運転席には入っていない。タダ券だって一枚も貰っていない」
ときっぱりと否定するが、「ズルイ。クレクレ。ケチよね」と話にならない。
しまいには
「お宅の運転士が知り合いの子供を運転席に入れたってチクってやる」
と言い出したので、頭にきてBママをきつく叱ろうとした。
(Bママは今までも何回もいろんな人に〆られているが三歩歩いてすぐに忘れる)

続きます

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
49: 名無しの心子知らず 2010/06/01 22:31:06 ID:Uy+h0+Oh
混んでる電車の中で、不意に手を握られて痴漢かと思った。
しかし、つかんできたのは私の目の前の席に座っていた推定5歳の男児で
「これいいなあ」を連呼しながらつけていた指輪をべたべた触られた。
(大粒のブルトパです)
子供相手とはいえ気分のいいものでないので、嫌だからやめてねと注意したら
母親のほうに斜め上のことを言われ、一瞬何を言われたかわからなかった。
「この子、宝石が好きなんですよ。手をべたべた触られるのは嫌でしょうし
ちょっとはずしてみてくれませんか?」
もしかするとこの子は軽い発達障害を持っているのかも知れないが、
そういうことを抜きにしても普通は先に子供を叱るだろう。
幸い、私は次の駅で降りたので無事だったけどもっと早くこの母親に出くわしてたら
子供を免罪符に強奪されてたかもしれず、恐ろしい。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
37: 名無しの心子知らず 2010/11/11 04:41:54 ID:tOVXKmam
 
電車に乗っていて駅に付き、ウトウトしていたら腕に引っ掛けていた傘に違和感があった
目を開けたら私の手元から傘を持っていく若い感じの子連れママが居た
咄嗟に傘の先を掴んで相手に着いて下車
ママさんも私もえっちょっ何この人!?(゚Д゚;)みたいな空気ww
で、ママさんが「何のご用ですか?」と白々しい感じで傘を自分の物と主張しだした
私も反論するが、傘はコンビニで売ってる特徴のないビニール傘で、証明の方法がない
一緒に下車した乗客はすでにホームには居なくなっていたし、田舎駅なので駅員も来ない
どうしたものか…と考えてふとこのスレでよくある記名で難を逃れる話を思い出した
「傘の持ち主なら、その傘開いたところに何が書いてあるか分かりますよね!?」とかなりどもりながら言ってみた
相手のママさんは不機嫌な顔して一瞬口を開きかけたが、傘から手を離して子供引っ張って改札へ向かっていった
残された私は小声で「あっちょっと…」「待って…」とか思わず独り言ww
無言で離れていったので何て言うか、それ以上追いかけて食い下がることもできなかった…今思えば駅員さんに知らせれば良かったかも
で、実は傘なんだが…電車に乗る直前に買ったものなので記名も何もして無かったww
ママさんがはったりに引っ掛かって引き下がってくれて良かった。
もし相手に駅員呼ばれてたら却ってややこしかったかもしれない。
今度からは名前シールでも持ち歩こうかと思う

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
566: 名無しの心子知らず 2012/09/21 11:30:11 ID:DCF9cCwV
豚切りokでしょうか?
自分は独身小梨ですが、遭遇したのが泥キチママだったので投下。

先日電車で、これでもかというくらい差のある親子に遭遇。
A親子(後の被害者)→2人共カジュアルな服装、子どもは大人しく、母娘で楽しそうに乗車。
B親子(泥)→B子は黒×原色のいかにも…な服装。母娘ともに声がでかく、ゲハゲハ笑っている。
3~4歳かなぁ。
同じ年頃くらいでこうも差がでるのかと何の気なしに見てたんですが、どうもB親子の動きが怪しい。
B娘がこそこそっとB母に話すと、2人ですすすっとA親子の近くへ移動。
まぁそこそこ込んでる電車だったので、周りは特に気にしていない様子でした。
(A親子・B親子は車両中央辺りに立っており、私はドア付近にいました)
するとB母、電車の揺れに合わせてなんだかごそごそ。
A子ちゃんのリュックからぷちっと奪うと、それをB子に手渡す。
あまりに手馴れた手つきにおいおい、と若干引きながら声をかけようとすると、A子ちゃんようやく異変に気付きました。

ちょっとだけ続きます。

続きを読む

このページのトップヘ