キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

電車

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
99: おさかなくわえた名無しさん 2009/12/14(月) 23:19:26 ID:wtJ1zwki
電車の中でマックを貪り食う少年…。
そんなに腹ぺこならお店で食べてくればよかったのに。
「ニオイがきついのでやめてくれないか」と言ったら素直にやめてくれたけど、
向かいの席に座ってたおばあちゃん達が注意した自分にびっくりして固まってたのが辛かった…orz

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
532: おさかなくわえた名無しさん 2009/09/16(水) 16:33:45 ID:0RcLuFhs
ついさっきの出来事。
友人と電車に乗っていて、私の目の前に臨月っぽい妊婦が立ったので
席をかわってあげようと思い立ち上がったら、友人が即座に横に移動して
二人分の隙間を占領した。
「何してんの、よけなよ」と小声で言ったけど聞こえないフリをされ
結局反対側に座っていた人が妊婦に席を譲ると、友人は元の位置に戻り
ラッキーじゃんもう一回座りなよ!と私を促した。
「これ見よがしにでかい腹を見せびらかして、席を替わってもらって
当然と思ってるに違いない。世間の厳しさを思い知らせてやりたかった」
という理由だったらしい。
ただの嫌がらせじゃん…立った私も立場ないじゃん。
なんかどっかおかしいんじゃなかろうかと思った。

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
641: おさかなくわえた名無しさん 2009/05/30(土) 18:37:17 ID:ZWRlo3KA
今日あった出来事。
電車内で本を読んでると、前から「すいません」って声が聞こえてきて、
前を見ると化粧のドきつい若い女の人が鞄を目の前に差し出してきた。
ワケわからんのでとりあえず尋ねてみた。

「何なんですか?」
「私妊娠してるんですけど?」
「ああ、そうですか。それはおめでとうございます」
「いや、席替わってくれないんですか?」
「あ、譲って欲しかったんですか。じゃあどうぞ」

まあそれで譲ったんだけど、何か釈然としなかった。
何でお願いする側がそんなに高圧的なのか。
丁寧にお願いしていただけたなら気持ちよーく席を譲るのに。
妊娠してることがそんなに偉いのか。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
514: おさかなくわえた名無しさん 2009/05/28(木) 19:28:35 ID:Tsl+paPN
通勤ラッシュの時間帯、私が乗る駅では降りる人は少なく、すし詰め状態の電車内に、さらに乗り込む。

その日は私が先頭で、後ろにも10人は並んでいたと思う。
そんな中、車椅子に乗った人と、駅員が先頭の私より前にグイグイ横入りしてきた。
この時点で嫌な予感はしてたんだけど、もう電車が入ってくるので
私(たぶん後ろに並んでた人達も)乗る気マンマン。

なのに、電車が入ってきたら「はい、車椅子のりまーす」って駅員が言いながら
両手を広げて、(私達が乗り込まないように?)車内の人に
「車椅子の方が乗りますので、もう少し詰めてください」とか言ってんの。

え?????????
すぐに隣の車両に移動しようと思ったけど、どう見ても乗り込める状態じゃないし
プルルルルルって扉が閉まる音がしてるし・・・・・

もちろん乗れませんでした。後ろで並んでた人達も、呆然としてたわ。
何なのあれ?車椅子用の車両はすぐ隣だったし、並ばないし、
駅員は車椅子の人を乗せたら、満足してすぐにどっか行っちゃったし。
イラついたわ

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
75: おさかなくわえた名無しさん 2009/04/05(日) 17:15:42 ID:9yPoeIFb
通勤電車にて。
俺の目の前の席におじさん。その隣の席にババアがいてその前に(俺の隣に)立ってるツレらしいババアと
話してる。次の停車駅で俺の前の席のおじさんが降りるために立ち上がった。
当然俺が座れるモンだと思って、和やかな雰囲気でおじさんを通すためにスペースを空けてやってたら
おじさんが立ち上がった瞬間に隣に座ってたババアがドリフト平行移動! 元の空いたスペースにツレのババアを
座らせるというウルトラCを繰り出された。
一瞬事態が飲み込めず、ただその平行移動ババアの顔を見てたら「フンッ!!(なんか文句あんの?)」ってな
視線で睨まれる始末...。

続きを読む

このページのトップヘ