注目の人気記事

電話

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
622: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/02/05(火) 10:15:12.20
旦那が運転する車で抜け道がすごーく混んでた時のこと。
抜け道だったけど、もうここ使えないかなと思いながらノロノロ進む。
あと少しで大通りの信号待ちで、前から7台目くらいだった。

対向車線もあって、細めとはいえ、普通だったら難なく通れる。
なかなか進まないからほぼ停まってる状態。
すると、対向車線に入ってきた大きめのバンから男が手を出して
こちらがわの車の窓を一台一台拳で叩いている。

げ、変なのきたと思った。
うちの車の横を通り過ぎる時、同じように叩きおった。
旦那、激怒。その態度が気に入らなかったのか、
通り過ぎようとしたバンがバックして、またその運転手が現れた。
車から降りてバコバコ拳で窓を叩き、今にもガラスが割れそうだった。
しかも、旦那の方のドアを開けようとガチャガチャやり始める。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
238: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/01/22(火) 00:21:49.81
父親が自動音声に向かって話してたとき。

子供のころ、親の仲がわるかった。
そして、父は定期的な収入がなかった。
たぶん自営だったんだと思うんだけど、詳しくは知らない。
母に「今月はまだなんですか?」とか聞かれると機嫌を悪くして怒鳴っていた。
いつからか夜遅くに父が帰宅すると家族は早々に寝室で寝たふりをする習慣がついていたんだけど、
よく、そのころはまだ珍しかった携帯の着信があり、隣室からその会話が漏れてきていて
母はそれを聞いて「仕事はしてるみたい」と思っていたらしい。
ある夜、また携帯が鳴って、調子よく父がしゃべっているのが聞こえた。
で、相手の声も聞こえるんだけど、なにかがおかしい。
相槌を打っているふうでもなく、会話をしているようには聞こえない。
そのままよーくよーくその声を聞いていたら、それが時報だというのに気付いた。
父は、時報に向かってさも仕事をしているかのようにしゃべっていただけだった。

気付いた瞬間がものすごく修羅場だった。大混乱とかいうレベルじゃなかった。
気持ち悪かった……

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
18: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/03/14(水) 12:10:46.06
まだ携帯がそこまで普及していない時代の話
夜中2時頃に家の電話がなって寝ぼけ状態でとったらこっちが言葉を発する前に
「ごめん!俺が悪かった!許してくれ!」と叫ばれた
夜中の間違い電話にイラっとしたのでガチャ切り
即また鳴った
「切らないでくれ!聞いてくれるだけでいい!」と言うし
目が覚めたのと、ちょっと野次馬根性で切らずにそのまま聞いてみた
なんか彼女の親友と寝たらしく、その言い訳を一生懸命していた
「許せないならそのまま切ってくれ、もうお前のことは諦める、これ以上迷惑はかけない」
みたいなことを言われたのでガチャ切りした
きっと男は修羅場だったと思う

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
859: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/03/12(月) 15:58:11.20
まだ私が小さかった頃、父が浮気したらしく母がかなり激昂してた。
なんでも留守電に浮気相手からのメッセージが残っていたらしい。
怒鳴りあい喧嘩する両親を見て子供らはギャンギャン泣き。みんなこんなに
喧嘩する親をみるのは初めてだった。
助けを求めようと友達にw電話しようとするも
「どこに電話かけようとしてんだゴルァアア」
と普段は温厚な母に怒鳴られ阻止された。
しまいには包丁を持ち出す母、必タヒに謝り暴力よくないとなだめる父。
いまでも「殺してやる!」と包丁をかまえて泣きながら叫んでる母の姿ははっきり覚えてる。

一晩たったらなにごともなかったかのように元通りになってた。それが一番の不思議w

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
339: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/09/28(水) 21:58:59.05
珍しく夫が早く帰ってきた@20時。そのまま風呂に入るね~と言って浴室へ。
しばらくすると電話がかかってきた。
私「もしもし」
?「(小声で)俺だけど…」
弟なのかと(いつも俺だけど~という)思ったが、ここ数年電話などかけてこないし声も違う。
私「どちらさまですか?」
?「俺だよ、(夫の名前)だよ」

パソコンで洒落怖を読んでいた私の脳裏には「生霊?」「ドッペルさん?」
そしてやっと思い当たったのが「夫のいたずら?」
だがしかし、浴室からは水音がする。機械大好き人間が水場に携帯を持ち込むはずもない。
警察24時キターーーー!と盛り上がりつつ、話に乗ってみた。

どうやら夫君は会社の資金を立て替えねばならず、それを同僚に取りに来させるから
何とか工面して欲しいそうだ。業種・職種的に個人立替なんてことがアリエネ~w
「うん、わかった。お風呂場に持ってくねっ!帰ってきていたずらするなんて変なの~」と言って切った。
電話を切った後に心臓がドキドキしてきたので、とりあえず警察の相談窓口に電話。
所轄に連絡してもらって、所轄から電話がきた。

ドキドキしながら話をしたが最後まで(取引の方法まで)聞いていないと逮捕につなげられないそうで
かかってきた電話番号を控えていたので、それだけ伝えて終わった。
お年寄りだけ狙うんじゃないんだね、オレオレ詐欺。

最初に「生霊?」「ドッペル?」と混乱したのが個人的修羅場ということでw

 
続きを読む

このページのトップヘ