キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

電話

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
480: 名無しさん@HOME 2014/12/11(木) 19:35:26.04 0
> 食事中は携帯の電源切らない?

それ義兄嫁に言われたw
車じゃないといけない(遠回りだが登バスはある)
人気の隠れ家カフェに私と行きたいって、免許なしの義兄嫁から何度もせがまれた時のこと。

あんまり頼むし、義兄からも頼まれてしまったので、
有給消化で平日休の日にそのカフェまで車で40分くらいの道を乗せていった。

ランチセットを食べてる途中に私の携帯が鳴って、
私実家(子供の幼稚園のお迎えを頼んでる)からだったから
電話に、一言だけ断って出ようとしたら、
義兄嫁が立ち上がってテーブル越しに私の手を抑えてきて
「まだ、いいて言ってない。食事中くらい携帯切ろうよ」と言ったので無視して電話に出た。

母から
「園バス降りて帰り道に、坂でスピードが出てる自転車が突っ込んできて
 娘が転んで、怪我はたいしたことないけどショックで泣き止まない」と言われた。

事情話して大急ぎで戻るしたくをしていたら義兄嫁が
「まだデザートが来てない」とゴネたんで、
デザート食べるなら登山バスで帰ってください、2時間ほどかかるけどと言ったら諦めてくれた。

帰る道すがら
「電話に出るのが悪い、食事中は電源切るべき」とグチグチ・・・
ああ、この人とは親しく付き合ったらダメだな~と思った。

義兄嫁からは改めてやり直しを求められてたけど拒否。
義兄にもカフェでの出来事を話して、
そういうことなので今後は個人的なお付き合いはお断りしますといって了承もらった。

義兄嫁はまれから3年経つけどまだ
「やり直ししに行こう」って言うから、
こないだ思いついて検索したら「隠れ家カフェ」自体が消滅していた。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
38: ◆dovsTtvt.g 2013/12/31(火) 14:21:22.65 0
数年前の話です。
でき婚して長女を出産。
当時は、私の実家で父、母、私、夫、長女の5人で生活していました。
夫は資格取得のため専門学校に通い、私は産後すぐ職場復帰して母に子供を預けて働いていました。
しかし、夫は専門学校に行かなくなり、ゲーセン三昧。
そのことで喧嘩になると、夫は私が責めるせいで学校に行く気がなくなったという。
当時の私は、夫のやる気を出させられない私が悪いのかと思い込んでいました。

そんな夫と子供作って結婚した私に責任があるため、朝から晩まで働いていました。

ある日、大トメから子供の服が届いたため、私の携帯からお礼の電話をしました。
私と二人の会話の時はかなり優しい口調の大トメ。
しかし、夫に電話を変わると豹変。
このとき、電話をスピーカーにしていたのはいつもの習慣からでした。

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
281: 名無しさん@おーぷん 2015/02/08(日)13:37:44 ID:26L
ついさっき
遅めの昼食の後片づけをしていたら、義実家の番号から無言電話がかかってきた
忙しかったので切らずに受話器から離れて
3分くらいで洗い物を済ませて受話器を手にしたが、まだ無言だった
夫に食後のコーヒーを出していたらもう5分経ったが、確認したらさすがに切れていた
この間、私も相手も何も言わず
何がしたかったのかは不明

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
886: 可愛い奥様 2014/12/22(月) 19:08:40.61 ID:274MUwAG0
義実家に帰省しないと言ったら、私の実家に電話してきて来ないのよーと言ってきた義母。
旦那にはゆっくり休んでねー。なんて言っておきながらわざわざ私の実家に言ってくる義母が本当嫌い。

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
623: 可愛い奥様 2014/12/08(月) 23:07:49.02 ID:XDa9RPYk0
実母がとある件のお礼の電話で義実家の義母と話したらしいんだけど、ちっとも連絡がないと愚痴ってたらしい。
というのは、
・最近まで1年くらいずっと旦那が頻繁に海外出張で日本にほとんどいなかった。
・私の祖父が盆に亡くなってペットホテルが取れないから預かってほしい
→義父:面倒だから断る。(義実家は以前犬を飼っていた。普段、連れて行った時は可愛がってくれていた。義母は難しいけど預かる方向でいてくれた。)
終いには、そんな事(祖父の葬式)ぐらいで帰らなければ行けないのか(飛行機の距離)発言。
とまぁこの他にも義父からは辛辣な言葉を頂いた。
正月には顔くらい出しとけと実母に言われて今から憂鬱。

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
283: 可愛い奥様 2014/11/17(月) 15:34:00.72 ID:FLcF1ynT0
私の父親は今年、突然倒れて亡くなった。
さっき、トメからウトメのガンが綺麗に取れたと
ウキウキと電話があった。
「私が勧めて検査して、ガンが見つかって、いい先生に切ってもらえて、
すべて取れたのよ。お父さんは運がよかったわ。
ちょっとおかしいと思ったら、検査は大事よー。」
何度も検査は大事大事と。
毎年人間ドックしても見つからずに、突然タヒすることもあるんだよ。
泣きそうになり、杀殳意が湧いてしまった。
元気ならいいじゃない。
正月も帰ることないわ。

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
224: 可愛い奥様 2014/11/11(火) 19:01:27.91 ID:zsPhUl6m0
11月始めの3連休、2家族で旅行の予定にしてたのに3日前になって義母から「骨折したから手術する」と電話
義実家は車で7時間の距離
「来なくていいわよ」って言うけど、じゃあなんで電話してくるんだ
旅行キャンセルして3連休は義母の見舞いと義父のお三度
帰り際に、「じゃあまたお正月ね」だって
誰が行くか!

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
644: 可愛い奥様 2010/12/19(日) 16:44:22 ID:CWXTIgwXO
毎年帰省で偽実家の前に立つと頭の中で『仁義なき戦い』のテーマ曲が流れる。

そんな私に昨日ウトから電話があり、
「気に入られよう気に入られようと下手に手伝って茶碗落とされても困るからお節料理作り終わった元旦に来なさい」って言われた。

どうやら去年手伝い中にコトメが皿を割ったのを私のせいにしてるらしいと判明。しかも気に入られようとしてるんじゃなく嫌々!こき使われてるんですが!?

許されるなら一番にコトメに弾撃ち込んで次にウトに見舞ってやりたい!


  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
764: 可愛い奥様 2011/01/07(金) 14:33:15 ID:RcpK2Gkr0
2年ぶりに自分の実家に行ったら母にトメが
「嫁子さんにマイナスになるようなことはしていないのに、全く家に来ない」やら
「嫁子さんはお母さんの方がいいんでしょうね。いつもそちらに行ってるんでしょうね」と
電話で嫌味を言ってたことを聞いた。(母は、電話すらしない娘です。と言い返したようだがw)
偽実家には、嫌々ながらも年に2回は行くようにしてて
自分の実家はむしろ蔑ろにしてきたし、トメに会うたびに
「自分の実家には全く行ってないし、電話もしてません」と言ってきたのに
嘘つかれてると思ってたのか?
自分の娘が隣に住んでるからって、私まで同じだと考えないで欲しい。
そもそも息子ちゃんの仕事は盆暮れ正月無い仕事だって、知ってるだろうに。
私に言わず、母に言うなんて逆効果だって何故分からないんだろう?
旦那も怒ってて年明けに行った帰りの挨拶が「良いお年を」だったw
つられてトメも「良いお年を」と答えていたので、笑いを堪えるのが大変だったが
和めたので旦那にGJしたわw

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
282: 可愛い奥様 2011/01/01(土) 23:43:51 ID:LywF6CAz0
義実家のことで鬱になったのに、なあなあで済ます旦那は帰省をほのめかした

なーんだ、理解してくれたと思ってたのに、そうだねつらかったねって口先で言ってただけなのね
でも、そんなもんでほだされる私じゃない、うわべだけ繕ってごまかそうとは甘い。
そういうのは頭の悪い女にやってやれ、と言った。

もう子供も、つききりで世話しないでも生きていける年だし何よりだんなも家にいる
半日水分、食事断ちをして睡眠薬を10錠ほど飲んで、丸二日こんこんと寝て
気づいたら義実家行きを回避できてた。途中、夢遊病状態?でトイレに行った?らしいので
救急車は呼ばなかったらしい(呼んだら、義実家行きは確実になくなるからだろう)

でもウトメから電話がんがん。事態を明らかにしたくない旦那は、みんな元気だと言ってるから。
連休に日帰りで行くのはどう?だってさ。次は倍飲む。


  続きを読む

このページのトップヘ