キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

離婚

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
212: おさかなくわえた名無しさん 2009/07/09(木) 18:20:03 ID:hPLRItOt
文章が苦手なので読みにくかったらすみません。

数年前の12月、会社の後輩の披露宴に出席。このとき彼女は既に妊娠中で翌年の4月に出産予定。
なのに、高砂で新郎(かなりのイケメン)は披露宴中ずうっとタバコをスパスパ吸っていた。
見かねて妊婦の後輩の為に控えるように注意すると「 あ?いんだよコイツは。」
と、新婦を顎で指して面倒くさそうに言われた。
後輩は、物凄く真面目な子。こんなことで大丈夫か?と皆心配していた。

その後この新郎は、後輩が仕事のグチとして語った社外秘の新製品のことを
「外部にバラす!」とウチの会社を脅迫してきて、後輩・新郎とウチの会社の
上司と弁護士を交えて話し合いをしたらしい。後輩は新郎側についていたと聞いた。

後輩は予定通り4月に出産し、5月に離婚。
そして産休と育休をきっちりとって、今職場復帰している。

自分の妻の会社を脅迫する神経と、その会社に復帰する後輩の神経と
復帰を許すウチの会社の神経もちょっとワカラン。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
471: おさかなくわえた名無しさん 2013/08/30(金) NY:AN:NY.AN ID:a2Jkbs5e
後輩が、嫁に浮気されて離婚することになり、弁護士と共に、話し合いの席に同席することになった。
場所は喫茶店で、嫁側も、長年の親友とかいう弁護士を連れてきていた。

後輩側の弁護士が離婚経緯を説明し、慰謝料7桁を請求する旨を伝えると、嫁「金の亡者!」と罵る。
うわー、修羅場だよ、と思ったら、嫁側の弁護士が口を開いた。

「じゃあ、あなたは何ができるの?」
嫁側の弁護士=嫁の味方と思ってたので、みんなビックリ。
嫁も、言葉を失った。
「後輩さんは、あなたにも分かるように、お金って形で、傷ついた度合いを分かりやすく示してるだけでしょう。あなたが、慰謝料以上の償いができるっていうなら、お金なんて、どうでもいいんだよ」
嫁側の弁護士(嫁弁)の言葉に、後輩が頷く。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
29: おさかなくわえた名無しさん 2014/01/27(月) 05:28:02.02 ID:sH7Qd5QR
喧嘩が絶えない友達夫婦(自分と友達が男ね)がいて離婚をいつもしたがっていた。
理由は嫁の金使いの荒さ(黙ってキャッシングしていたり)3歳の子供がいるんだが育児放棄にも取れる行動など。
そして離婚するにあたり(多分向こうはしがみついていたいだろうから調停になるだろう)
子供はどうしてもあんなのに渡したくないと言っていたのだがそれにはただ普通に調停では男が親権取るのは厳しいから、勝てるだけの材料がないとということで、様子を見ながら生活していた。
そんなある日から、やけに今週末は実家に帰るだの会社の飲み会だのが頻繁におこるようになった。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
269: おさかなくわえた名無しさん 2014/02/24(月) 17:01:30.12 ID:tZ1evt+n
武勇伝かはわかんないけど、ものすごくスカッとしたうちの息子の言葉。

旦那が浮気して離婚する流れになった。
浮気の経緯はスレチだし特にゴタゴタもなくすんなりケリがついたので割愛するけど、
高1になる息子をどちらが連れて行くかという話になった。
お互い自分が引き取りたいとは言ったが、既に分別がつく年齢なので、
本人の意思を優先しようと言うことになり、3者で会議。

私が事情を説明(と言っても、ゴタゴタの過程で息子は殆ど知ってたけど)した後に
「ごめんね、お父さんとはもう一緒に暮らせないから、どっちについていくか選んで欲しい」
と言ったら、少しの沈黙の後に息子はこういった。

「男の浮気って本能だよな。種撒くだけならいくらでもできるようにできてるからな。親父、どう思う?」

これを聞いて親父は息子が自分の味方であると思ってテンションアップ。
私は息子が自分から離れてしまうと思って絶望。
しかし旦那の返答に対する更なる息子の言葉でそれらはひっくり返された。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
22: 名無しさん@HOME 2014/10/18(土) 18:36:49.02 0
実弟が競馬で給料を使い込んだとかで、弟嫁が私のところへ生活費を貸せといってきた。
弟の月収は50万ほどなのに貯金ないのかと驚いたが、月収があるので貸し倒れはないだろうと、
子供もいることだし、20万ほど貸した。
大きいテレビ3台買ったり、新車2台買ったり、家買ったりして、うれしそうに自慢してきて、
金を返さねなければという気持ちがかけらもない。

弟の月収が40万に下がったとき、日ごろまったく付き合いのない絶縁同様の
うちの親のところへ、これでは生活ができない、子供の教育費が出ない、
(援助してちらっ)と言ったそうだ。
親は気づかないふりをしてへーたいへんねーうちもたいへんなのと同情して受け流したようだ。
月収が30万に下がってどんな愚痴っても親からの援助もないと弟嫁が理解したとき、
ローン引き落とし用の通帳以外は何もかもとられて離婚となった。

何がいちばんむかつくかというと、弟が自分の元嫁について、離婚の後でさえ
「あいつは金で汚いことはしない。信用できる。」
といっていること。
あんた、離婚直後の生活費さえもらえなかったから(手持ち1200円ぐらい)母親に借金してたじゃん。
離婚前からごはんつくってもらえず小遣いももらえなかったから、実家で作ってもらった
弁当もって出勤してたじゃん。

続きを読む

このページのトップヘ