キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの 2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

都会

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
312 :キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ- 2018/07/01(日) 14:00:50 ID:XlMrR0wA.net
バス会社の印象って都会と田舎では天と地ほどのギャップがあって驚く
都会のバスの運転手は底辺扱いされて運転手さん自身のマナーとか意識も低いけど
田舎のバスの運転手の人は融通が利くし優しいし子供のあこがれの職場だよ
都会の観光バスは山道でどんなにトロトロ走っていてもほとんど避けてくれないけど
田舎の路線バスは待避所があったらすぐ避けて後ろの車を先に行かせてくれる
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
445: おさかなくわえた名無しさん 2014/09/11(木) 12:06:28.31 ID:MRNshqGt
>>409
中学の時に1年間だけ田舎の学校に転校したんだけど、そこに否かヤンキーが数人いて
「番長」「裏番」「四天王」って名乗ってたのを思い出したw
転校初日にトイレに呼び出されて「うちのガッコ〆てるもんだけど」とか言われて笑ってしまった

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
397: 名無しさん@HOME 投稿日:2010/12/29(水) 18:28:07
コトメとトメは、ほんとにどうでもいいことにまでつっかかってくる。
「先週、いなかったみたいだけど、どこに行ってたの?」と聞かれて、
「東京に出張で出かけてたんです」と答えただけのことでも、「都会に行ったと
自慢された」「女だてらに出張に行かせてもらってると自慢された」とコトメとトメに
ぶちぶち文句言われる。
怒らせないようにしようとすると、黙っているしかなくなるんだ。
でも黙ってたら黙ってたで「気取ってる」と言われる。

もう近寄らない、儀実家なんて存在はこの世にいないとでも思わないと
やってらんない。

で、自分が儀実家にはあまり行きたくないとアピールするようになったら、
コトメの大事なおにいたまで、トメの大事な次男ちゃん、私の夫が儀実家に
特別な用が無い限り近づかなくなってしまったことがちょっとだけスカ。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
147: 名無しさん@HOME 2011/12/24 09:09:23
簡潔に報告。

山持ちトメに山の木の伐採を命じられた。
トメが監視につき、手際の悪い私にあれこれ命令。
イライラMAXなトメ、「こうやるのよ!」とワサワサと生い茂る場所に突入。
漆にかぶれた。
漆があるから私は入らなかったのに…

夜は柚子湯にしてあげた。
柚子を8等分してモミモミしてエキスを出しきった。
風呂場から悲鳴が聞こえた。

いつも「都会っ子は何も出来やしない!」「お嬢様ぶって!」って私にも近所にも言いまくり。
都会っ子でも漆ぐらいは知ってるわ!
梅干しだって私が教えたんだろーが!

ちょっとスッキリ。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
806: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/01/14(月) 23:53:26.02
私は30年近く前、田舎から都会に出てすぐに、ある宗教団体の勧誘に誘われて、
知らずにのこのこ着いて行って、入会費払った事がある。3千円だったけど。
その団体は名前を出さずに、本やビデオが沢山あるよ、いらっしゃいという感じ。
映画も小説も好きだったので、興味があって着いて行ったが、小説は三浦綾子とか
遠藤周作とか、映画はベンハーとか十戒とか既に観たものばっかり。
しかも「サロンみたいな所」だと言ってたのに、本もビデオも物凄く少ないし、
皆が一人でヘッドホン着けて黙々と映画を観ており、小説や映画の感想を
言い合うといった交流も全く無かった。
暗~~~と思って、二度と行かなかった。
(暫く誘いの電話が来てたけど、図書館に行きま~すって断わってた)
ところが、友人に何か知らんけど、こういうサロンwに入りました~って
手紙に書いたら、彼女は直ぐに宗教団体だと気付いて大慌てw
友人の親→うちの親へ緊急連絡が入った模様。
どうやら友人の親戚に、その宗教団体に入ってから行方不明になった人が
いたらしく、それはもう、タヒぬほど心配してくれてた。
母から「あんた!宗教団体に入ったの!?やめなさい!!!!!」と電話が
あって、初めてあれが宗教の勧誘だったと知った。
その後、同じ大学の人が、その宗教に入って、行方が解らないとか、
ワゴンに寝泊まりして珍味を売り歩いているとか、色々怖い噂が
耳に入って来て、背筋が凍った。
友人には感謝しています。

 
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
713: 名無しさん@HOME 投稿日:2014/03/01(土) 07:21:05.43
朝っぱらから愚痴です

地域間格差なんて言い出したくないけど
兄嫁は都会育ちの兄と結婚して可愛いお姫様になりたかったようだ
そこに兄嫁と同い年の私がついてきちゃって当然私も都会育ち
しかも末っ子の要領のいい甘えた人間だから気に入らないみたい

兄や両親の生活は憧れなのに私だけ敵視されるから余計しんどい
それにその結果、父からは相手にされず母からはウザく励まされて兄嫁は満足なのか
自分のためになってない、比べたってしょうがないことを学んで欲しい
そもそも我が家の姫は母なんだ・・・
今夜も喧嘩売られに行くと思うと憂鬱

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
147: 名無しさん@HOME 2011/12/24 09:09:23
簡潔に報告。

山持ちトメに山の木の伐採を命じられた。
トメが監視につき、手際の悪い私にあれこれ命令。
イライラMAXなトメ、「こうやるのよ!」とワサワサと生い茂る場所に突入。
漆にかぶれた。
漆があるから私は入らなかったのに…

夜は柚子湯にしてあげた。
柚子を8等分してモミモミしてエキスを出しきった。
風呂場から悲鳴が聞こえた。

いつも「都会っ子は何も出来やしない!」「お嬢様ぶって!」って私にも近所にも言いまくり。
都会っ子でも漆ぐらいは知ってるわ!
梅干しだって私が教えたんだろーが!

ちょっとスッキリ。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
806: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/01/14(月) 23:53:26.02
私は30年近く前、田舎から都会に出てすぐに、ある宗教団体の勧誘に誘われて、
知らずにのこのこ着いて行って、入会費払った事がある。3千円だったけど。
その団体は名前を出さずに、本やビデオが沢山あるよ、いらっしゃいという感じ。
映画も小説も好きだったので、興味があって着いて行ったが、小説は三浦綾子とか
遠藤周作とか、映画はベンハーとか十戒とか既に観たものばっかり。
しかも「サロンみたいな所」だと言ってたのに、本もビデオも物凄く少ないし、
皆が一人でヘッドホン着けて黙々と映画を観ており、小説や映画の感想を
言い合うといった交流も全く無かった。
暗~~~と思って、二度と行かなかった。
(暫く誘いの電話が来てたけど、図書館に行きま~すって断わってた)
ところが、友人に何か知らんけど、こういうサロンwに入りました~って
手紙に書いたら、彼女は直ぐに宗教団体だと気付いて大慌てw
友人の親→うちの親へ緊急連絡が入った模様。
どうやら友人の親戚に、その宗教団体に入ってから行方不明になった人が
いたらしく、それはもう、タヒぬほど心配してくれてた。
母から「あんた!宗教団体に入ったの!?やめなさい!!!!!」と電話が
あって、初めてあれが宗教の勧誘だったと知った。
その後、同じ大学の人が、その宗教に入って、行方が解らないとか、
ワゴンに寝泊まりして珍味を売り歩いているとか、色々怖い噂が
耳に入って来て、背筋が凍った。
友人には感謝しています。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
223: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/07/19(木) 23:08:29.84
年長さんくらいの頃、夕方の六本木を母と手を繋いで歩いていた。
ハーゲンダッツのアイスを食べながら、大きな交差点の横断歩道の信号待ちをしていた。
すると後ろから、ハァハァと息を切らせながら走ってきて、信号無視をして道路に飛び出した若い女性がいた。
まるでなにかに追われているようだった。
案の定タクシーにはねられうつ伏せのまま動かない女性。
やがて信号がかわり、脱げてぺしゃんこになった靴を避けながら、母に手を引かれて女性の横を通った。
血は出ていなかった。
困り顔の運転手。誰も駆け寄る人がいなかった気がする。
みんな気の毒そうな顔で女性避けて横断歩道を渡っていた。
東京って怖いとこなんだと後から思った。
幼い時の記憶だし自身の修羅場としては曖昧ですが、怖い体験でした。中国のひき逃げ少女無視の話を聞いて思い出しました。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
524: 名無しさん@HOME 投稿日:2009/07/27(月) 16:51:52
このスレ怖すぐるw

舅姑の実家に行くたび
「蝶よ花よと育てられた、都会の我が儘なお嬢」と憎々しげに言われてきた、
中身がわかった。

↓農家の言う「蝶よ花よ、我が儘」の具体例

ベッドタウンの核家庭で普通に可愛がられて育った。
金持ちじゃないけど好きな習い事して、大学進学もした。
お風呂は思春期以来一番風呂、父や兄の後は嫌だから。
早くお前が風呂入らないと後が続かないだろー! とよく叱られた。
辛いことがあったらいつでも帰って来い、と実家にまだ自室があるし
万が一にも夫が殴る人だったらすぐ離婚するのよ、と言い含められている。

これ、女子として当たり前のことだと思うけど憎しみの対象になること
が恐ろしい。

別の文化、別の国ということで理解したほうがいいのか?

続きを読む

このページのトップヘ