キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

遺産

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
380: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2012/11/07(水) 23:20:22.33 ID:NMzWE1X4
父の葬式中、嫁が香典奪って逃げた。

金銭面と距離的に余裕がなく、嫁が絶対嫌だとごねたのもあり、兄夫婦にほとんどの介護任せた。
だから父の遺産は葬祭費と介護等やって貰った兄夫婦へ って事になってた。

そうしたら、親戚をつき飛ばして、俺の車で嫁実家に逃げられたわ。
追いかけて行ったら、兄夫婦だけお金貰えるのズルい。私だって貰う権利がある。だってさ。
まさかの嫁実家が嫁援護。
警察沙汰になるって話題になったら、捕まりたくないと全額返済。

結局、別れたけど、密度濃すぎた1日で修羅場だった。
3回忌終わったから書いた

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
379: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2013/02/18(月) 10:26:22.95 ID:G33T6ZHA
母が家の金をギャンブルや保証金詐欺などに使い込んだ。サラ金や闇金からも借りてた
発覚した時はもう遅い状態で、母は家を追い出されてどっか行った
その借金自体はどうにか返せたらしいが、心労のせいか少しして父は首を吊った

自分が喪主をやった
自分もトーチャンもひとりっこ、祖父母はもういない、母方の親戚が来られるわけもない
近所の部落(集落の方)の人らに助けてもらって色々やった
疲れる間も故人を偲ぶ暇もなく葬儀は終わった

後日母から遺産相続について電話があった
妻も相続の権利あるしな。自分ももらえると思ったのかな。でも元妻に相続権があるかは知らん
だってそもそも相続するもんがないんだから、そんなものについて調べることすらなかった
母の造った借金のおかげで全部無くなったんだから

この一連の出来事がわずか一ヶ月の間におこった。たぶん世間一般では修羅場と呼ばれるものだと思う
こんなに早く両親がいなくなるとは思わなかった
んで自分ひとりぼっちになってしまった。心にぽっかり穴が開くってこういうことなんだと思った

もうすぐトーチャンの一周忌なのでカキコ
うちもトーチャンが名ばかりそうかそうかだったのでそうか流葬式(友人葬とかいうやつ)にさせられた
お前誰だよって一般人がお経読んでいて腹が立ったのと、背後から聞こえるナンミョーホーレンゲッキョーが
とても耳障りだったのを覚えている

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
628: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/08/11(日) 16:29:41.67
祖父の葬式のときに起きた一連の修羅場

祖父祖母が父方、母方と出てくるけど、特に注釈ない場合は母方と思ってほしい。

一応登場人物としては
俺(当時中学生)
兄(当時中学生)

母(長女)
父方の祖父母
母方の祖父母
叔母(次女)

俺が中学生のときに母方の祖父がなくなった。
ある休日の朝、俺が家で兄とテレビを見てると母方の祖母から電話があって、母がそれに出た。
どうも祖父が倒れたとのことで、母は祖母に「救急車呼んだ?」「お隣の○○さんにも連絡して」「すぐ行くから」といったことを話して、俺に「ちょっとおじいちゃんの家にいってくる」といって出かけていった。
ただ、このときは俺も母も兄も祖父がタヒぬなんて考えてなかった。
数年前にも似たようなことがあって、そのときは大事じゃなかったので、今回も同じように考えていたんだと思う。

で、母が出てから1時間ほどしたら母から電話が来る。
兄が出たら「祖父ちゃんあんまりよくないから病院に来て」「○○の祖父ちゃん(父方の祖父)が家に行くから、一緒に病院まで来て」という内容を話して、父方の祖父と病院へ。
で、病院に着いたとき、もう母方の祖父は亡くなってた。

人のタヒに遭遇するなんて初めてのことだし、数週間前に会ってた人物がタヒぬなんて思ってもなくて訳がわからないけどとにかく泣くだけだった。
泣き虫だった従弟(当時幼稚園だった)が慰めてくれて、それでさらに涙が出た。

これだけでも相当修羅場だったんだけど、こっから先も修羅場だった。
母方の親戚連中、過去10年ほど人がタヒんでなくて葬式もしてなかったので大混乱、さらに葬式もすんでないのに遺産をどうしようかという話しも出てきて母方の祖母は寝込んでしまい、長女だった母も半分パニック状態、
父が「お義母さんに心配をかけないためにも遺産の話はしばらく禁止、今はお義父さんの葬式をちゃんとやることだけを考えよう」と言って何とかまとめた。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
747: 投稿日:2013/06/15(土) 01:25:27.41
ここで良いのか分からないけど。

四年前、モラハラ父が逝った。
遺産である都内の家
(うちは引っ越して田舎住まい)を、どうするかって話しになった。
その東京の家には叔父が陣取っていた。
細かい話は端折るが、我が家は叔父に父が建てた家を乗っ取られた形。
おかげで金銭面で、子供の頃から散々苦労させられた。
だけど、もう生活基盤は田舎で確立しちゃってるし、
家自体古くなって資産価値はゼロ(土地は借りてた)。
それにあんな奴、二度と顔も見たくない。
悔しいけど東京の家は叔父にやってしまおうという話になった。
叔父、大喜び。

1週間後、叔父タヒ亡の電話。
旧式の風呂釜で、足の悪かった叔父は生きたまま煮られちゃったらしい。
あの時真剣に、神様って本当にいるのかもしれないって思った。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
582: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/04/28(日) 13:46:21.29
うちも似たような感じだわ。
少し長くなるかもしれないけど、吐き出させてくれ。


元々は父・母・俺の三人家族だったんだが、俺が小5のとき母が浮気して両親離婚。
養育費のためだけに俺を引き取った母だったが、
浮気相手(以下A)とその後結婚して弟妹二人が生まれる。
ちょうどその頃実父が事故タヒ。
実父の親族は俺だけだったので、結構な保険とか土地家屋の相続があったらしい。
でも実父はしっかり後見人等を弁護士?に依頼していて、
実の母親でも俺が20歳になるまでは金を引き出せないようにしていた。

母とAは金に手を出せないので俺を殺して手に入れようと画策。
(俺を殺せば、母に遺産が行くかららしい)
それまでも随分と虐待されていた事もあって、
本気で身の危険を感じてその弁護士のところ(名刺を隠し持ってた)に逃げた。
ちなみにこれが16の時こと。

父の遺産はそのまま後見人の人に管理してもらい、俺は高校卒業まで施設へ。
大学にも行ってみたかったけど、それよりも自力で生きることが大事だと就職。
ちっちゃな会社だけど社長はすげーいい人だし、恋人と呼べる人もできた。

20歳のとき改めて弁護士が来て、父の遺産を受け取ったんだが……
そのことを聞きつけてきた母から電話が来た。
なんでもAが会社をクビになり、そのまま再就職もせずに遊んでいるらしい。
母のパートで食いつないでいるがこのままじゃ弟たちを学校に行かせることもできないので、援助してくれだとさ。

とりあえず場所を指定して会うことにした。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
75: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/01/30(水) 15:28:14.83
ありがちなことから起きた修羅場を。

70年ぐらい前。
兄A、事実上内縁の妻あり、が徴兵された。妻B妊娠中。
兄Aの戦タヒ公報届く。妻Bは親族の薦めもあって
Aの弟Cと事実上の再婚。妻Bの生んだ子♂は弟Cの実子として出生届。
終戦後兄A帰る。自分の妻だった女性は弟の嫁になってた。
ショックと、居づらくなったのとで故郷を出奔。
遠隔地で生活を立て直し、故郷の親族とは絶縁で
結婚もし、子供も出来て普通の人生を送った。
兄Aはかなりな資産を一代で作った人。
妻Bの長子♂は自分が本当は兄Aの子供だと知って
家の中で孤立して半グレみたいな状態だったが、
兄Aが裕福で資産を残してタヒんだことを知るや、
自分は兄Aの実子だから遺産相続の権利がある!
DNA鑑定やれよ!ゴルア!と暴れているとか。
突然親族が降って沸いた俺(兄A―後妻の孫)には
どう着地するんだか、さっぱり分からん。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
422: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/01/23(水) 22:34:02.20
軽いけど自分の中では相当な修羅場
多分ド田舎だったからできた事だったと思う

8年前、母が脳梗塞で倒れ、祖母が亡くなった
祖母の遺産に関する争いは凄まじく、当時高校生だった自分も攻撃を受けて精神的に追い詰められ、父がぶちギレ相続放棄するまで3年
その間私達家族は公共料金の存在をすっかり忘れていた
電力、電話ガスの担当は父の友人や知人だったせいか、大変だったろ?香典代わりだ、代わりに今度奢ってくれよ、と言って料金を絶対に受け取らなかった
知人の知人だった水道の担当者は請求もできず連絡するのも申し訳ない、と思ったらしく放置
今、担当が代わって発覚
母は入院中だし父は私のアパートにいるし、連絡が取れない
担当者は私の職場しか知らなかった
半泣きで新しい担当者が私の職場に来たのが一昨日
月に千円でいいです、延滞に関するお金いりません、申し訳ありません!と土下座された私の胸中は修羅場


……妹が遺伝の病気発症して、普通は未成年のうちに発症するのに二十歳過ぎの発症だから、姉もも検査しろ頼むと医者に言われて更に心が修羅場

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
304: 1/5 投稿日:2012/11/17(土) 18:17:14.22
遺産スレと迷ったけど法定相続人じゃない人間が絡むからこっちかな。
かなりフェイクを入れています。矛盾があってもスルーしてもらえればと思う。
そして長いです。すみません。

数年前の秋、嫁さんの親父さんが亡くなった。
進行性のガンと脳梗塞であっという間。
遺産の分配で、嫁は義父の趣味のコレクション全部を相続することになった。

同時期に、それをどこで知ったのか、
義父のコレクションの一部を譲ってくれ、という人物Aから連絡がきた。
嫁も嫁実家も全然知らない人で、義父の趣味仲間のようだが正体がつかめん。
嫁は断った。
嫁実家からかなり距離のある我が家にもAの手紙攻撃はきた。
何故Aがうちを知っているのか、とかを考えて嫁とガクブルした。

手紙での懇願だったのがだんだんエスカレートしてきて、
いつのまにか電話番号を入手されていたらしく
毎日夜になると家電へ電話かけてくる。それでも断り続けると
嫁や俺の携帯の番号も入手して、
携帯にも譲れ譲ってくれと1~2時間おきに電話。平日おかまいなし。
2人で速攻で着拒にしたが、複数の番号からかけてくる。
かたっぱしから着拒。非通知・公衆電話からは取らないようにした。
この時点では警察に相談できるのかもわからず、
せいぜいが嫁実家に報告と注意喚起をするくらい。
(その後嫁実家も相当アタックされたと報告が…)

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
359: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/09/24(月) 22:53:12.83
商売は絡んでなかったけど、資産家の祖父が亡くなったときの修羅場。
祖父は姉4人の末っ子長男。
祖父の妻である祖母はすでに他界、実子の母が喪主をした。
そのとき母は離婚したばかりで自分は小学生だった。
邪魔にならないよう大人しくしていたら、祖父姉たちとその家族に取り囲まれた。
祖父の遺産が欲しかったようで、自分たちがどれだけ面倒をみたか
母がどれだけお金に汚いか言い立てられ、守銭奴呼ばわりされた。
泣き出したため母がかけつけて終了したが、本当に恐ろしかった。

後年、母が再婚したら自分の苗字が変わらなかった。
祖父が亡くなる前、遺産相続に絡み祖父と養子縁組をしていたらしい。
親戚の言葉もあり、母の愛情を疑って心が修羅場になった。
別れた父へ一緒に暮らしたいと手紙を出したりもした。
ただ両親の離婚は父が父実家ぐるみで祖父財産を狙ったのが原因だった。
そんな父なので、あたりさわりのない返事がきただけだった。

今となっては、祖父の介護、離婚、そして遺産相続を
頼りになる人もなく一人でやりきった母の方が大変だったろうと思う。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
675: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/05/19(土) 20:22:02.02
流れ豚切って投下。

結婚が決まった時、母と祖父の遺産相続で揉めてた叔父がやらかしたのが人生最大の修羅場でした。

母の根も葉もない悪口を書きなぐった手紙に祝儀20万を添えて、義実家に送り付けやがりましたよ…
以下その文面一部抜粋。
・姉は非常に金にがめつく、亡くなった父は気を付けろと常々言っていた
(がめついのはお前だ。仏壇見るから家僕もらう、有価証券は一旦全部僕名義にして、満期が来たら二人で分けよう、などの香ばしい発言あり)
・私子の父は人格者だったのに姉は離婚した。よって姉の人格にも問題がある
(何も知らん癖に勝手な事言うな。私の父は人間的にはいい人だったが、パチンコ競馬競艇宝くじとギャンブルには何にでも手を出すチンカス野郎だった。
離婚当時は事業がうまく行ってなくて、職場に行くふりして生活費使い込んだりしてたから離婚したんだ)
・よって僕は姉とは絶縁するため結婚式にはでないが、姪の結婚は祝福する。

…こんな手紙義実家に出されたら下手したら破談ですが。
幸い義父が、一方的な意見だけで判断するのはよくない、そもそもこんな手紙を送ってくること自体がおかしい、と言ってくれたらしく、破談にはなりませんでしたが、今思い出しても腹立たしい。

当然叔父とは母ともども絶縁状態。
他にも色々やらかして、親戚中から生暖かい目で見られているのですが、本人は気付いてないんだろうなあ…

続きを読む

このページのトップヘ