キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

運転

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
5: 名無しさん@おーぷん 2015/11/24(火)21:16:24 ID:7Ge
もうかれこれ20年近く前のお話。
当時私は原付の免許を取って職場までそれに乗って走っていったりしてました。
その日も早朝、原付が走れる有料道路(西神戸有料道路)を学園都市から鵯越方面へ走って職場へ向かう所でした。
鵯越の料金所の少し手前辺りに一部一車線になる部分があり、そこに差し掛かって中頃で事件は起きた。
後ろからオラついた車に煽られ始めた。
チキンだった私は一車線だしどうする事も出来ず、その一車線が切れるのをただ待つばかり。
一車線が切れて後ろを先に行かせたい一心で横に避けた時、後ろから“ガリガリガリガリっバキバキ!”と言う音が聞こえたのでミラーで後ろを確認。
側溝に一台の白いセダンが脱輪して煙をあげていた。
言わずもがな後ろから来ていたセダンが私を避けようとハンドルをきった結果だろうと言う事は想定出来た。
一瞬で判断をしなければ行けなかった自分は、止まりかけて逃げ出してしまった。
あの時、二次災害的に巻き込まれてしまったセダンの方、申し訳ない。
あれ以降、ハンドル握る資質なしと言う事で、原付からは降りて、免許証は身分証としてのみ使用しています。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
546: 名無しさん@HOME 2013/07/06 23:36:37
流れを読まずに。
トメからの多少の嫌味はスルー出来たし、言い返していたので、特に夫にも相談せず、義実家との付き合いを続けていた。
それが車でトメを病院に送っている時にトメから
「お前みたいな生意気な嫁は○ね」「離婚だと息子の戸籍が汚れるから○ね」みたいなことを言われプチンと切れてしまい
明るい声で「そうですね~、私、○んだほうが良いかも。でも、こんな頭のおかしな母親がいたんじゃ夫さんの為にならないからトメさんも道連れですよ~。××(樹○とか東○坊みたいな名所)はこっちの道でしたかね~?ウフフフフフ」って
道曲がってちょっとスピード上げたら「ヒイイイイ~」ってトメ失神。
「お義母さんがタヒんじゃう!」って慌てたフリして病院に搬送。夫とウトに連絡。
トメが譫言で「嫁子に○される~」とかブツブツ言ってるから、駆け付けた夫とウトに「お義母さんに変なこと言われて変なこと言ったかも」と意味不明なことを言いつつ心療内科を受診。軽い鬱との診断が。
そうこうしているうちに、トメは気が付いたが、ウトが私の名前を出したとたん「ギャーッ」と叫んでまた失神。「嫁イビリしてごめんなさい。まだ○にたくない。嫁子さん許して」などと譫言で更に自爆。
夫に「こんなになるまで我慢させてごめんな。もう二度と母さんに会わせないから」と謝られた。
しかし、私が運転しているのに、何で酷いこと言えるのかトメの思考が今でも不思議だ。

 
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
15: おさかなくわえた名無しさん 2010/09/27 16:39:48 ID:RNZnE9T3
武勇伝ではないかもしれないけど(自然発生だから)

細めの山道で、夜に旦那と車に乗っていた。
後ろからハイエース。上前側にカブトムシのようなツノがある。

煽る煽る。道を譲ろうにも、もう少し先の避難帯に行かないと譲れない。
クラクションを派手に鳴らして、ギリギリまで寄せてきたりタチが悪い。

仕方ないから旦那は止まった。私はドキドキ。
後ろの車から手に棒みたいなのを持った男(2人)が出てきて、ドアを蹴った。

旦那が勢いよくドアを開けて、DQN転ぶ。
旦那仁王立ちで、にらむ。
旦那は外国人で185センチ110キロ。ウェイトリフティング(重量挙げ)で世界大会に出場経験あり。

『すいません!すいませんっ!』とDQN小さくなる。
『ドア蹴ったよね?』と旦那。
『すいませんっっ、これ、修理代ですっ』ポケットから一万円を差し出す。
『いらないよっ!』と断ると一万円を車の中にサッとなげて、自分の車に逃げる。

旦那は何もなかった様に発進したけど、後ろの車は、もうついて来なかった。

一万円は、近所の養護施設のクリスマスに、ホールケーキを2つ差し入れする様に話してきた。
DQN様からのクリスマスプレゼントだね~!

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
474: おさかなくわえた名無しさん 2011/09/16 16:51:31 ID:CraxOx0e
車道左側を自転車で走行中、向こうからママチャリが2台並走してきた(二人とも日傘差しての片手運転)。
こちらが避けることを期待してか並列のままこっちに来る。
気を利かせる義理はないのでこちらも直進(最左側をキープしたまま、やや徐行気味)。
かなり近距離になって向こうの1台が減速してもう1台の後ろに付こうとしたら
前の1台がどうしてもお喋りを中断したくないらしく急に減速して、ぶつかって2台とも派手に転んだ。
「あっぶな~いい!」とこっちに呼びかけてきたので
「危ないよねえ~~~片手で逆走で並列とか~」と返事してそのまま通過した。
言ったあとでドキドキしたけど「どっちが先に避けるか」のチキンレースに勝った気がする自分の武勇伝。

一応前後から車が当分こないことを確認、自分も衝撃に備えて腹筋に力を入れていたので
向こうもこっちも危険に晒されることはなかったと思うが
帰宅後この話を息子にしたら
「つまんねーことでムキになるなよ自分が怪我したらどーすんだよババアの骨折は長引くんだよ」と
叱責されたので双方痛み分け。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
545: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/09/16(月) 13:16:05.42
今日体験したばかりの修羅場


車を運転していた時、ちょっと足がもぞもぞした。
くすぐったいかな、くらいだし車は止まらないからあまり気にしなかった
信号待ちの時に足を触ったら何かを捕まえたので見てみたら
それはもう立派な殿様バッタだった
多分幼稚園に持って行ったらヒーローになれるレベル
私はおんぶバッタは平気だけど殿様バッタは苦手
顔といい、体の形状といい、マジで無理
一瞬でパニックになり、でも信号は変わったからとそのまま発進
右手に殿様バッタを握りしめたままで。
「いやあああっ!バッタああぁぁ!」と叫ぶも外に出す事を忘れてた
吹きすさぶ風、手のなかでもぞもぞ動くバッタ、停車を思い付かない自分

ちなみにバッタは駐車場で投げたら元気に何処かに行った
とにかく事故らなくて本当に良かった……

続きを読む

このページのトップヘ