キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

逆切れ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
648: 名無しさん@HOME 投稿日:2014/03/04(火) 09:42:08.24
先日義実家に行くと、トメから「コーヒー豆が切れたからこっちを使って」と
モンカフェを渡された。
コーヒーをいれてトメと話していると、義兄夫婦が到着。
同じ様にトメからモンカフェを渡された義兄嫁、なにモジモジしてるのか?と
様子を観てたら、カップの上にモンカフェをそのまま(組み立てずに)置いて
止める間もなくポットのお湯をザー!
当然、水平に置かれたモンカフェの上をお湯が走り、周りに飛散。
「あっつー!」「何やってんの!」と罵声が飛び交う中、義兄嫁は逆ギレして
私を睨みつけると「何で教えてくれないのよ!?」
ええええええええ!私のせい?と思いつつ、
「だって、まさかあの状態でお湯を注ぐなんて思わなかったから」
「使用方法はそこに書いてるし...」
と真面目に答えてたら、「もういい!火傷した!」って、まるで私のせいで
火傷したみたいに怒って、台所で水をジャージャー手首に浴びせ始めた。
義兄は私に謝って、すぐに義兄嫁のところへ行ったけど、夫婦喧嘩が始まって
結局義兄夫婦は先に帰って行った。
その日はトメの還暦祝いで、一緒に義実家近所の寿司屋に行く予定だったけど
なんか雰囲気最悪だった。
後で聞いたら、義兄嫁は「私のママの誕生祝いはしてくれないのに」と朝から
不機嫌だったらしい。
トメだって、還暦だからお祝いしただけで、普段は誕生祝いなんかしないし、
自分の母親の誕生会をやりたいなら自分で企画しろよ、おまけに自分の失敗を
人のせいにしやがって、とムカムカムカ。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
134: 1/2 投稿日:2013/06/05(水) 00:04:38.35
流れを読まず投下

コンビニで花火を見て思い出した何年も前の大晦日の修羅場

家の1km先に大きな公園があってそこで年越しとともに花火があがる
我が家では父 母 兄 私の4人で毎年花火をみて「あけましておめでとう」と言い合ってから寝るのが1種の行事みたいなものだった

当時の私は小学3年生か4年生だったと思う
いつもは母屋に近い所に車を止めていたのだが
お正月に母の実家にいくため道路に近い所(離れの前・母屋から30mほどの場所)にとめていた
花火を見るために車で来る人がたくさんいた
大きな公園とはいえ駐車場はすぐいっぱいになった
駐車場にとめることができなかった人たちが民家の庭(田舎大抵の家は5台ほど駐車できる)に無許可でとめていた
我が家も例外ではなく車が入ってきたらしかった
離れの窓で4人ワクワクまっている時にドゴォッと音がしたので出てみれば車が我が家の車につっこんでた

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
134: 1/2 投稿日:2013/06/05(水) 00:04:38.35
流れを読まず投下

コンビニで花火を見て思い出した何年も前の大晦日の修羅場

家の1km先に大きな公園があってそこで年越しとともに花火があがる
我が家では父 母 兄 私の4人で毎年花火をみて「あけましておめでとう」と言い合ってから寝るのが1種の行事みたいなものだった

当時の私は小学3年生か4年生だったと思う
いつもは母屋に近い所に車を止めていたのだが
お正月に母の実家にいくため道路に近い所(離れの前・母屋から30mほどの場所)にとめていた
花火を見るために車で来る人がたくさんいた
大きな公園とはいえ駐車場はすぐいっぱいになった
駐車場にとめることができなかった人たちが民家の庭(田舎大抵の家は5台ほど駐車できる)に無許可でとめていた
我が家も例外ではなく車が入ってきたらしかった
離れの窓で4人ワクワクまっている時にドゴォッと音がしたので出てみれば車が我が家の車につっこんでた

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
648: 名無しさん@HOME 投稿日:2014/03/04(火) 09:42:08.24
先日義実家に行くと、トメから「コーヒー豆が切れたからこっちを使って」と
モンカフェを渡された。
コーヒーをいれてトメと話していると、義兄夫婦が到着。
同じ様にトメからモンカフェを渡された義兄嫁、なにモジモジしてるのか?と
様子を観てたら、カップの上にモンカフェをそのまま(組み立てずに)置いて
止める間もなくポットのお湯をザー!
当然、水平に置かれたモンカフェの上をお湯が走り、周りに飛散。
「あっつー!」「何やってんの!」と罵声が飛び交う中、義兄嫁は逆ギレして
私を睨みつけると「何で教えてくれないのよ!?」
ええええええええ!私のせい?と思いつつ、
「だって、まさかあの状態でお湯を注ぐなんて思わなかったから」
「使用方法はそこに書いてるし...」
と真面目に答えてたら、「もういい!火傷した!」って、まるで私のせいで
火傷したみたいに怒って、台所で水をジャージャー手首に浴びせ始めた。
義兄は私に謝って、すぐに義兄嫁のところへ行ったけど、夫婦喧嘩が始まって
結局義兄夫婦は先に帰って行った。
その日はトメの還暦祝いで、一緒に義実家近所の寿司屋に行く予定だったけど
なんか雰囲気最悪だった。
後で聞いたら、義兄嫁は「私のママの誕生祝いはしてくれないのに」と朝から
不機嫌だったらしい。
トメだって、還暦だからお祝いしただけで、普段は誕生祝いなんかしないし、
自分の母親の誕生会をやりたいなら自分で企画しろよ、おまけに自分の失敗を
人のせいにしやがって、とムカムカムカ。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
195: 名無しさん@HOME 投稿日:2009/11/30(月) 09:55:06
トメがよく「嫁子さんのお母さんは娘しかいないから
孫男ちゃんの面倒をみられないでしょ?」と言う。
「そんなことはないですよ。会ったときは一生懸命面倒をみていますよ」と言っても
「そんなはずはない。娘しかいないんだから。
私は息子を二人育てたから大丈夫だけど、嫁子さんのほうは面倒みれるわけない」と言う。

この前も同じことを言うのでウンザリしたら、旦那が
「嫁子のお母さんは、お袋と違って子供がぐずったらちゃんと抱っこして寝かしつけるし。
お袋みたいにちょっと抱っこして怒ってこっちに子供を押し付けたりしないし」と言った。
トメは「だって、孫男は泣き止まないから仕方ないでしょ」と逆切れしていた。
旦那が後で「嫁子の親が羨ましいよ」と言っていた。
実子にこんなことを言わせるなんて酷い親だなと思った。

続きを読む

このページのトップヘ