キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

説教

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
264: おさかなくわえた名無しさん 2013/10/05(土) 16:59:22.53 ID:KgXhoTr1
長文失礼します。この間遭遇した女の子の武勇伝。

駅のトイレは小さくて窮屈だけど結構混雑する。その時もドアの外まで人が並んでた。やっとドアの外からトイレ内に入れた~と思ったら手洗い台にカバンをおいて、もたれかかりながら大声で電話している元ヤン風のおばさんがいた。
おばさんが場所を占領しているため手洗いは一つ使えない状態だった。そのせいで回転率が悪かったのかと気づいたけどビビりなのでなにも言えず...。
すると、私の後ろに並んでた名門高校の制服を着た小柄な美少女がおばさんの目の前に出て行って「すみませんが少しいいですか」と。おばさんは不満そうに「何?」と答えた瞬間、女の子の説教開始。
長いのでわけます。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
856: おさかなくわえた名無しさん 2013/12/25(水) 01:46:43.92 ID:Ns0lRF70
武勇伝かはわからんが、自分的にはスーッとしたことなので書かせてほしい。

うちの職場の所長は会議のときによくある人生論やそれに絡めて「最近の若いものは」的な説教をするタイプ。
それ以外でも、レジュメや会議前に出した詳細な報告書を読んでいればわかるようなことを持ち出して会議を長引かせ皆をうんざりさせるのが特技。

で、先日の会議中、例によって「みんな新聞は読んでいるか?ちゃんと新聞を読んでいないと馬鹿になるぞ」と言い出した。
私の中では「新聞を読め云々」は大人が大人にする説教の中で「一番何も考えず賢そうなことを言ってる様に見せる台詞」でしかない。

心中溜息をついてたら「(私)さんはちゃんと新聞読んでいますか」ときたから
「読んでません」と答えた。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
864: 名無しさん@HOME 2014/11/16(日) 00:19:10.20 0
何ヵ月か前に何故かぶちギレた義弟嫁に猛暑の中90分くらい説教された
多分、挨拶を兼ねた親戚での食事会の事が原因らしい
・新参のくせにチヤホヤされてる!
・お前の旦那の事嫌いなのに上手く取り込んできて何様?
だそうでポカーン…
その時は私がとりあえず謝ったら満足したらしく終わった

調子が良いときは馴れ馴れしくメール
機嫌が悪いと怒鳴り散らすわ人の悪口は言うわ…
あちらのが年上なのが勘にさわるらしく「辛いわーBBA辛いわー」な嫌味メールもくる
義母や旦那に金をせびる

義弟は嫁と顔を会わせたくないらしく
嫁が起きてるうちは帰宅できない
→うちに休憩しに来てから帰宅の日々
不憫だと思いつつ嫁どうにかしてくれよと

もう縁切りたい…
長くなってしまってすみません

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
252: 名無しさん@HOME 2011/02/05 15:00:13
昔からずっと7歳年上の小姑(タヒ別出戻り、近距離義実家同居)に
「いい?昔はこうだったのよ、昔はああだったのよ!
全く何も知らないんだから私が教えないとね!」と説教くらってた母。
一昨日実家を訪ねたらその小姑が来て
「ねえちょっと、これ(デジカメ)何だかわからないんだよね」と言ってきた。
そしたら母、
「あらぁー!なんでしょw
そんな何でも知ってるコトメさんに私が教えられる事なんてないわー!
昔っからアレもコレも何でも知ってるコトメさんだものねー!
私なんかがコトメさんに教えるなんておこがましいわー!」
って笑って追い返してた。
小姑、チッって顔しつつ母にお願いするのが嫌みたいで
「○○さんからチョコとハムもらったけど、(母)さんいらんよね!」
とかモソモソ言いながら去って行った。
戦時中の子供じゃないんだからさww
ちなみに母は孫達やペットの写真でカレンダーだのポストカードだの作るのが大好き。
超高いプリンター持ってるw

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
7: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/03/04(月) 12:32:15.46
付き合っていた彼氏とのことがバレた後が修羅場。

大学で初めて彼氏ができたので、浮かれて地元の母に報告した。しばらくして母が上京、一晩私の下宿に止まることに。昼間は素知らぬ顔で大学生活の近況を聞いてくるだけだったが、夜私が寝た後に本性を現した。
カバン、クローゼット、本棚などを探し回り、私の手帳を見つけて勝手に読んだ。そこには彼に指輪をもらったこと(勿論婚約指輪ではない)、クリスマスを一緒に過ごしたこと、この日は泊まりにくることなどが簡単に書いてあった。これで母、激怒。
朝起きたら急に説教が始まった。「学生なのにふしだらな」「男を泊めるなんて」「そんな奴とは別れなさい、あんたの体目当てに違いない」等々言いたい放題。私は唖然として言われたい放題。

最後には私の携帯を奪って「娘に近づくな」と彼に送信。情けないが、私は親をここまで怒らせることをしてしまったのか、と泣くしかなかった。

続きます。

続きを読む

このページのトップヘ