キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

言葉

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
135: 名無しさん@おーぷん 2015/04/20(月)20:49:17 ID:3Yv
職場に群を抜いて高学歴な男性社員がいるのですが、
言葉の言い間違い、書き間違いが非常に多く、指摘しても直りません。
いったん覚えるとそれで固定してしまうらしく、口では「わかってますよ!」と言うのですが直らない。
たとえば
・応じる=「ようじる」
・致します=「到します」
・伺う=「うただう」
・アポイントメント=「アポイントマト」
といった具合です。
上記の間違いも、同格か少し上の者が指摘した時は「自分が正しい」と譲らず
上司に言われてやっとしぶしぶ間違いを認め、次に指摘すると逆ギレといった具合です。
言い間違いはまだしも、書類上の間違いは本当に困ります。
先日、女性社員が何度目かの間違いを指摘するとまたキレ、年かさの女性社員が彼女をかばいました。
該当社員は「この会社には、フェミニンが多いですね!思想が偏ってる!」と憤激。
横の男性写真がボソっと「いや、女なんだからフェミニンで当たり前だろ…」とつぶやき、
誰かが噴きだしたことから笑いが広がってしまいました。
少しずつ広がった笑いは、笑ってはいけないという思いのせいで逆に爆笑になってしまい
該当社員は恥をかかされた!と上に訴えたようです。
上がどう判断を下すかはまだ不明ですが、彼の希望通り異動になってくれると有難いです。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
54: 名無しさん@おーぷん 2014/11/27(木)09:57:49 ID:x30
私の武勇伝じゃないけど。

職場に言葉の誤用に煩い人(A)がいる。
自分より先輩、自分より年上に対しても遠慮がない。
そういうの、気になる人は気になるんだろうけど
休憩時間にせっかく楽しく盛り上がってる時にいちいち話の腰を折って名指しで指摘するのは
もう少し空気読めよ思ってしまう。
先日の昼休み、言葉遣いの話になって
先輩同僚のBが「早急ってどうしても“そうきゅう”って言っちゃうのよね」と言った。
Bは2度ほどAから「“さっきゅう”ですよ」と指摘されたことのある人。
その言葉を受けてAが早速「なんで一度で覚えられないのかわからない。
“さっきゅう”って学校で習いませんでした?
Bさんって(仕事での)電話してるの聞いてても重複を“じゅうふく”って言ってますけど
あれも“ちょうふく”だって何度も教えましたよね?」
と、その言い方がなにか攻撃的に感じられて、横で聞いててヒヤヒヤした。
当のBさんがヤレヤレって感じで「ごめんねー、この口が“じゅうふく”って動いちゃうのよw」って言ったのが
馬鹿にされたとでも思ったのかAの何かのスイッチが入っちゃって
言葉の誤用についての演説が始まった。
そしたらそれまで黙って聞いてた大人しいCが
「元々はそう読むのが正解だけど、今はどっちでもOKって辞書にも書いてあるよ?
パソコンとか“そうきゅう”でも“さっきゅう”でも、どっちでも変換できるし」
と言ったらA、顔真っ赤になって
「間違いは間違いなの!そんなだから日本語がどんどん乱れるのよ!」と反論。
そしたらCが
「でもAさん、しょっちゅう“全然アリだよね~”とか“全然可愛い”とか普通に言いますよね?
それだって同じことだと思いますケド。“全然ある”なんて言い方は元々誤用ですもんね」
と言いながらクールにフッと笑った。
以来Aが言葉遣いについてあれこれ言うことは無くなった。
っていうか、すごく大人しくなったw
Aの言うことも分からなくもないけど(言葉の乱れ等)、
それを誰にでも指摘しちゃうのは、自分がある程度完璧に出来てこそだと思うわ。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
212: 名無しさん@HOME 2014/10/30(木) 16:03:37.65 0
実弟嫁が私の3年も前(弟の結婚直前)の発言を間違った意味で勝手に理解して根に持っていて、
うちの親と何かトラブルたびにそれを言い出すのがウザい。
弟と弟嫁が知り合ったのは、互いに空港で同じバックで同じ目印だったので間違ってホテルに
と言うものだった。
そんな発端だったので、弟は中高大と共学の内部進学校卒なので「学校内にたくさん女性と
付き合う機会もあったのに、奇遇な出会いがあるものだ」って意味で
「○(弟の母校名)にもたくさんお嬢さんが居はったのに」って言った。
弟によると、弟嫁は弟に「私(弟嫁自身)がお嬢さんで無いから『よりにもよってこんな田舎娘を』って意味で
お姉さんは私(弟嫁)に言ったんだ」と言うそうで、弟嫁実家あたりでは他所の娘さんに事を『お嬢さん』って
普通は呼ぶことは無く「**の娘」とか「**さんの娘さん」と言い、『お嬢さん』と言うのは
吉田拓郎の「となりの町のお嬢さん」って曲の歌詞にあるように上流の良い家の娘って意味で、
私(弟嫁自身)がお嬢さんで無いから「よりにもよってこんな娘を」って意味でお姉さんは私(弟嫁)に
言ったんだと言うそうです。
母が弟嫁の行儀や作法がおかしいことを指摘したりすると「みなさんが望んでたお嬢さんがお嫁さんなら
良かったでしょうね」って言い返します。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
758: 名無しさん@HOME 2015/01/04(日) 23:46:27.81 0
昨年義弟が結婚し、今年のお正月初めて義弟嫁と話をしたんだけど・・
何だかよくわからないけど、難しい言葉(?)を使いたがるようで
ほんの2時間ほど会話しただけでも

「この前初めて夫婦喧嘩したんだけど、義弟君から酷いこといわれて、心の琴線に触れて怒り怒髪天なんです!」
「私がうっかりそこら辺で脱いだ下着を、これ見がよしに目の前で洗濯籠に入れるなんて酷いですよね!」
「そうですよ!義母さんほんとうに的を得た意見です!ジャストフィットです!」
「私って学歴は高いけど、中身はテンシンマンランなんです!」

・・・と意味不明なことを申しており・・・
いや、面白かったんだけど、うっかり間違いを訂正した義妹ちゃんは
凄い勢いで「義妹ちゃんて専門卒でしょ!私は大卒ですがっ!!
そういうことは大学卒業してから言いましょうよ!」ってマジ切れしてから
笑うに笑えなかった・・・

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
151: 名無しさん@HOME 2014/12/24(水) 16:56:15.21 0
抹香臭いノリに便乗して、思い出したこと投下w

義弟嫁が物知らずというか言葉知らずなヒト
結婚してしばらくした頃だったと思うが、法事の話になって
義弟嫁が「かかりつけのお寺さん」とさらっと言った時は衝撃だったw
病院じゃないんだからかかりつけはないだろーよ

続きを読む

このページのトップヘ