注目の人気記事

親戚

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
95: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/01/30(水) 23:30:43.00
両親は、若い時に駆け落ちで家を飛び出して結婚した。
俺が生まれた後に、父方とは和解したけど、母方はそれなりの家だったらしく、許さなかった。
でも子どもには黙っていようと、母方の親戚は誰もいない(祖母や母の兄弟姉妹はおらず、
祖母はもうすでに亡くなっている)と聞いていた。

そして俺が社会人になり、結婚。順調に貯金も貯めて、そろそろ子作りしようかと考えたあたりで、
義理の弟が結婚することになったら、そこの相手が、うちの母方の親戚だった。
それも本家の娘。何かのきっかけで、その本家が俺を知り、「娘を嫁にやるのは良いけれども
俺や俺の両親とは親戚にはなりたくない。離婚させろ」と言いだしたらしい。
それで困った義弟は、ベタ惚れの彼女を手放したくないからと、姉(俺の嫁)に土下座。
俺の嫁は、なぜか俺を飛ばして俺の母に相談。
母は父と話合い、本家に話しに行くが、門前払いをくう。
義実家含め、全員が頭を寄せて悩んで色々な策をとったけれどダメで…というあたりで、
ようやく俺に話がまわってきた。
もちろん事情をそこで初めて知った俺は、ブチ切れ。というか嫁も「弟の幸せのため」
とか、諦めて、身をひくつもりでいることに驚愕。そして号泣。
義弟と彼女に直談判したけど、デモデモダッテ親ナンテ怖クテ私説得デキナイと泣く彼女と
オロオロする義弟にうんざりするだけで終了。本家は談判どころか「そんな要求してない」と門前払い。
その間に嫁とイザコザもあり、その頭の悪さにうんざりしていたので、「貯金全額くれたらいいよ」
と話したところ、「弟の幸せのために」というお題目で頭が沸いてる嫁は、離婚届にあっさり判を押した。

その後、直後は数年間落ち込んで二度と結婚しないと思っていたけれど、縁があってできた
彼女にプロポーズして、OKもらったので記念カキコ。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
719: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/01/13(日) 15:48:30.11
限りなくニートに近いフリーターで実家暮らしの自分
昨日訪ねてきた親戚の姉ちゃんが「今の〇〇ちゃんにおすすめだから!」と
渡してきたDVDがどう見てもマルチ商法の勧誘もの
ググったら某鍋業者と同系統っぽいマルチ商法会社でよく使われるらしく心中が修羅場

とりあえずDVD取りにきたら
「ブルーノは保険に入ったり年金払ったりすべきだったよね」
「ちゃんと正社員の職見つけて年金払えるよう頑張るわ」
とか適当なこと言ってごまかせるよう頑張る
……優しい姉ちゃんなので強いこと言えない……orz
DVDの内容は「パブロとブルーノ」でググればわかります

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
299: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/01/09(水) 00:22:38.39
全然シリアスじゃないんだけれど、俺の元旦からの修羅場を聞いてくれ。
元旦に親戚の集まりに、嫁と子ども連れていったんだ。
男オタク独身ばかりの兄弟や従兄弟たちの中でも、かなりディープな30代後半の
オタクの俺を、何かの間違いで向こうが好いてくれて一緒になってくれた、
奇跡の嫁ってことで、ジジババ連中は、うちの嫁と子どもを猫かわいがりしている。
いつもは10人程度の集まりだったんだけれど、今年はうちの子どもが、
久しぶりに参加する集まりだからって、ジジババ兄弟従兄弟その他が
集まりに集まって、30人ぐらいになった。

子どもも大はしゃぎで親戚連中に幼稚園で習った歌とか歌ってたんだけど、
本当に唐突にいきなり、子どもが大声で、「でも、僕はパパのこどもじゃない!」って
言いだした。最初は爆笑していた親戚も、何度も真剣に「本当だよ!」って
子どもが言い続けるため、オロオロ。
嫁が止めても俺が止めても「だって違うんだもん!」と止まらない。
「じゃあ誰の子なの?」と従兄弟が聞くと、指差したのは天井。
親戚がどよめきだしたところで、子どもが「僕、愛の子ピョンピョンなんだ!」

酔っぱらった親戚は大爆笑してたけど、俺は後で嫁に裏に連れていかれて、
「何のアニメ見せた!」と激怒されて、正月早々大変だった。
濡れ衣だ。どこで覚えたのか本気で分からん。我が子ながら怖い。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
425: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/05/30(木) 10:11:24.35
すごく長い上、読みにくかったら申し訳ない。一応メモでまとめてある。

一年前に父が亡くなった。
タヒ因は心臓発作。

父は金にすごく緩く、母に大変苦労させていた。
事業を起こし、大きな失敗をして借金をこさえていたが
技術的にはかなり上位に食い込む実力があったため、色々なコネでなんとか仕事をして
一般的なサラリーマンよりも稼げていた。まぁとは言っても借金の返済の方が上回っていたけど。

俺は長男(26)で、次弟(24)と末弟(18)がいる3人兄弟。
一番下の末弟は現在高校生でもうすぐ受験。

持ち家は土地が母と祖母名義、建屋が父名義で両方共に抵当に入れられていたため
母の土地をなんとか残す?ため、父と母は離婚。
父はその後、自己破産か何かをする予定だったらしい。これは母からの伝聞で詳しいことは知らない。

父の生前は、母は母の土地と父の建物に末弟とともに住んでいて、父は仕事の出向先に近い場所でアパートを借りて住んでいた。
母も特殊な技術職で、それなりの額を稼いでいた。それでも父のこさえた借金の一部を肩代わりしていたし、弟も高校生だしでなかなか厳しい生活だったけど。

俺と真ん中の弟は仕事場が近いこともあり実家とは共に別の所で同居してる。
ここまでが前提。

続きます。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

243: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/03/07(水) 00:01:57.82
流れを断ち切るようで悪いけど、とりあえず書いてみる。

前の世紀のある年の正月に、本家で親戚の集まりがあった。
当時は本家の一人息子Aが絶賛不良化してる最中で、
暴走族の頭だか幹部だかでかなり知られた存在らしく、親戚も行くのためらってたんだが
本家が「普段からあの子家に寄りつかないから」と言うので一同が集まったところ、
タイミング悪くちょうどその日に限ってこのDQNが仲間連れで家にいた。
最初は離れで騒いでたのが、いつの間にかみんな揃って母屋の方にちょっかいようになって、
こっちの料理や酒を勝手につまみながら、当時新婚の従姉を標的にしだした。
最初は下品な言葉ぶつけられるのを従姉や従姉の旦那がたしなめてたんだけど、
酔っぱらってて気が大きくなってるのもあってだんだんエスカレートしだして
Aがいきなり「こいつで姫始めしようぜー!www」とか言い出して、離れの方に引っ張っていこうとした。
当時小学生だった俺は怖くて何もできないし、親戚と一緒に目を伏せて関わらないようにしてたら、
いきなり「ゴッ」て鈍い音がして、見たら旦那がAの頭を何度も何度も踏みつけてた。
初対面だったから知らなかったけど旦那、空手の黒帯でキレると何するかわからないタイプの人だったらしい。

俺はそこで二階に隔離されて先のことは見てないんだけど、
後で聞いた話だと、Aの連れは半杀殳しにされてるAを置いて全員逃げていって、
そこから小一時間、親戚一同旦那から思い切り説教されたらしい。
そして10数年後の現在、Aはこの事件のトラウマで対人恐怖症になったらしく、
引きこもり歴10年オーバーのニートになってる。
従姉の方は何が原因か知らないけどその後離婚して、旦那が今何してるかは知らない。

 
続きを読む

このページのトップヘ