キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

行動

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
303: 名無しさん@HOME 2010/09/10(金) 17:14:48 O
トメは人の家の花やら草を庭に植えたいと言ってつんできてしまう(大量ではない)。
春先は近くの山へ行きタラの芽とか採って来ちゃう。よその土地だから泥棒になるのに、田舎の農家育ちのトメはそれが罪だとは思ってもない様子orz
旦那が同じ感性だったらどうしようと思ったけど「うちのおかんのあれ、泥棒だよね…orz」といってたので良かった。

そんなトメは私が実家に戻るときにおみやげと言って賞味期限一日前の食材や仏壇のお供えを渡してくる。盗掘したタラの芽を渡されたこともある。いらんわ!
こっちは毎回デパートやら近くの高級スーパーでお返しを買ってんだよ!

あと、風呂場を洗うのに洗剤を使わないから風呂釜がカビだらけ。洗剤をつけて洗おうとしたら、そんなもん使わなくてもきれいになるのよとスポンジを取り上げられた…。

節約節約いう割には部屋中の窓やドア全開でエアコンを入れてる…。
あほすぎる。

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
103: おさかなくわえた名無しさん 2010/01/12(火) 08:20:36 ID:YZuFZN5y
朝の通勤バスに乗り合わせる女子高生二人組。
二人は別々の高校に通っているようで、降りるバス停が違う。
まぁ、そういう二人が二人がけの席に座るのは、理解できるのだが…
何で先に降りる奴が窓側に、終点まで乗る奴が通路側に座るんだ?
それなだけでなく、先に降りる方のバス停が近づいても降りる準備しようとしない。
停車してから急ぐ風でもなくのんびりと鞄持ち上げて席を入れ換えて…ってやってるんだ。
そのバス停、信号や踏切が近接していてちょっと出遅れると終点に着く時間が全然違う、
つまり接続する電車とかも変わっちゃうんだ。
そいつらが下車支度して席を入れ換えて…って待っている間に、信号が変わって踏切が鳴り
出してって事は何度もあった。
おまいらが座る順序を考えたり、もっと余裕を持って下車支度するだけでもっと早く終点の
駅に着くんだよ。もうちょっと頭使って欲しい、と思った。

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
118: おさかなくわえた名無しさん 2009/09/04(金) 23:09:50 ID:5QNG9C7r
私は縁日に出かけると、よくリサイクル着物の屋台を覗く。
状態のいいものは実際に着るし、悪くても柄が気に入れば趣味の裁縫の「素材」として買い求める。
前回訪れた縁日で、柄が好みかつ状態もいい掘り出し物を見つけたので手にとり、店主に
「これください」の「だ」まで言ったあたりで真横にいた年配女性にかっさらわれかけた。
年配の女性とも思えない凄い力&形相で、思わずひるみそうになったが「悪いですが私買いますので」
と言えば「この柄はあんたのような小娘には地味すぎる。似合わないものを買うことはない。」と反論。
結局は近くにいたその人の連れらしき人が「まあまあ、あんたの言う『小娘』相手に大人気ないよ」と
なだめてくれ、諦めてくれたので何とか買えたけどちょっと情緒的にはアレだなぁ。
そいつより年下と言う理由でなめられたのにも腹が立つが、第一買うため店主に渡そうとするときになって
いきなり横からかっさらうのは卑怯すぎる。

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
283: おさかなくわえた名無しさん 2007/11/27(火) 10:17:56 ID:C71cukJq
 昨日地下鉄に乗っていたら、真向かいに座っていたおじいさんが、
緊急車両停止ボタンを押して、電車を止めた。
 一体何?と車両のみんなの注目を集める中、おじいさんは
「何かありましたか?」と聞く車掌さんに一言。

「この電車、○駅に何時何分に着くんじゃ?」
「あ~予定では○時○分に着く筈でしたが…」
「ありがとう。じゃあ電車動かしてくれ。」

車両が停止してからまた動き出すまで、10分近くかかっていた
おじいさんが、停止ボタンを押さなければ、その時間についたと思う。
車内は、何ともいえない空気。
ぼけてる感じはなかったが、まさしくその神経がわからん出来事でした。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
708: 名無しさん@おーぷん 2015/10/17(土)14:21:01 ID:tQg
夫に理解のある演技をしていたこと。
夫の友人(異性同性問わず)はろくでもないやつが多く、会われるだけで不愉快極まりなかった。
また夫は仕事が遅いうえに休日出勤もあり、会社に振り回されていたが「お前と違って責任がある仕事なんだ」と豪語していた。
本音ベースで話すと喧嘩になってしまい私達の仲が悪くなりつつあったので、私の心の内だけで毒をはくことにした。

例えばだけど、
「夫の好みの女性は頭がいい人(勉強ができる人)だ。私より勉強ができる女性など彼の周りにいるはずがない」とか
「私の会社へのコンプレックスの裏返しだろう。別に私に金銭的に還元されるわけでもないし、それならコンビニバイトの方が時間に融通きく分いいわ」とか。
非常に酷い話だと「ほんと夫の周りにはデブスばかりだな。とられる心配はないか」「ブスでもせめて痩せろよ」とまで考えてたこともある。
内心では自分age夫sageを貫き、口では「そうなんだねー」と夫の行動を何一つ制限せず理解を示すふりをした。


その結果、なぜか夫がいい男になった。
私を蔑ろにせず心を開いてくれるようになったし、仕事の成績もぐんぐんあがって表彰の連続。
私のことも「上司から尽くしてくれるいい女と言われた」と伝えてくるほどに。
今となっては「私は凄いんだからね!!」なんて自分で自尊心を満たす必要もなくなり、毒吐きもなくなった。
当時そんなことを考えて憂さ晴らしをしてたから今仲良しになれただなんて、口が裂けても言えません。

続きを読む

このページのトップヘ