キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
17: おさかなくわえた名無しさん 2011/09/26 17:51:26 ID:3VSV0+wZ
ラーメン屋が出来たので、行ってみた。

注文して、持ってきて、さあ、食べようとして、上に載っている野菜をかき分けたら虫がいた。
別に、事を荒立てようという意志はない、取り替えてくれれば十分なので、店員に声をかけた。

俺「すいません~」
店 返事をしない。(´・ω・`)な顔で、こっちを見るだけ。若い女性客とおしゃべりで盛り上がっている。
   俺が何も言わないので、おしゃべりに戻る。

俺「すいません~」
店「はい」 返事はするが、こちらには来ない。また、おしゃべりに戻る。

俺「すいません~」
店「はい。聞こえますから言ってください」

言いましたよ、聞こえるような大きな声で

「虫 が 入 っ て い る の で、 取 り 替 え て く だ さ い」

水を打った、という表現があるけど、まさに、そうだった。
ざわついていた店内が一瞬で静かになった。

店員は、黙って下げて、黙って新しいのを持ってきた。謝罪も何も言わなかった。
会計時に、「呼んだよ、俺」と声をかけたが、「○円です」だけだった。

しばらくして、前を通ったら、もう店はなかった。

 
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
920: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/01/16(水) 14:14:06.74
虫注意


夏のコバエの修羅場
最初は、最近家の中にコバエが飛んでるなーと思っていた
だんだん網戸に群がるコバエがやばい感じの数になっていった
家の外に原因があると勝手に思っていて、虫よけの薬をドアの外においたりした
でも、全然コバエの数は減らないし、家の中がなんか臭くなった気がしてた
最初にコバエに気づいて二週間くらい経ったある日、
ふと靴箱の下をのぞき込んだら、液体になりかけた玉ねぎを発見した
蒸し暑い日が続いた一ヶ月間ほど、放置してたらしい

玉ねぎの入ったビニールを旦那が開けた途端、飛び出すコバエの群れ
見たことのない毛虫のような虫も這い出してきた
まさに修羅場
家中、腐った玉ねぎの匂いが充満した
旦那は袋を開けたまま涙目で逃げるし、虫はどんどん袋から出てくるし
地獄だった

旦那に子供を任せて外に避難してもらって、私は心を杀殳して対処した
もう二度と味わいたくない修羅場でした

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr




461: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/02/10(金) 18:11:22.08
5~6歳の頃の修羅場というと 

ウシガエルを幼稚園バッグに入れて帰宅 
→爬虫類嫌いな母、グーグー鳴くバッグに何事かと手を突っ込み 
ウシガエルを鷲掴んでしまい母修羅場。 

コップ入れにみっしりとダンゴ虫を入れて帰宅、宝箱と称した 
空き缶(ガラクタ入れ)に。 
→ゴソゴソ言う缶を虫嫌いな姉が開封、姉修羅場 

原っぱでカマキリの卵を発見。当然のように持ち帰る。 
→暖かい室内でカマキリ孵化、虫嫌いな姉がひきつけを起こし 
家族中が修羅場 

位かな。 
ちなみに都内在住の♀、子供の頃のあだ名は「フランス人形の皮を被った野人」だった。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
204: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/01/13(金) 00:30:53.74
虫なー、あったなー。

ハーブ入りソルト、っていうのがあるんだけど、
蓋がスライド式になっていて大きい穴と小さい穴が複数のとあるんだ。
ある休日の昼に、玉子を焼こうと思ってボウルに割ってさ、
その塩を取ったら蓋がスライドされっぱなしで穴が見えてた。
湿気が入って固まったら嫌だからいつも閉めてるのに、
きっと家族の誰かが使ってそのままだったんだな、とぷんすかしつつ、振ったのね。
そしたらコロリンって塩とハーブと一緒に黒いのが5,6個でてきて玉子の上に落ちた。
そいつらがもぞ、って動いた途端ぎゃー!!!!!って叫んで逃げた。
泣きながら家族に「塩のふたがあいてたー、うえええええ」とわけわからんことを言ってた。
しかしそれ以降、お気に入りだったそのハーブ入りソルトが見るのも嫌になっちまったよ。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr


788: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/12/29(木) 16:59:06.91
プチな虫ネタ、でもGとかではないです


大学生の頃、両親・私・弟(高校生)で夕食を食べに行った帰り
道路の真ん中にひっくり返ってウゴウゴしているクワガタがいた
私はとにかく虫が駄目、蝶も駄目テントウ虫もアウト、地面の蟻を見ただけで鳥肌がたつ
でも自分の生活圏内に入ってこないところで天寿を全うしてくれる分には問題ないので
どっか適当な木に置いてきてよと言っているのに酔っていた父は大喜びで拾い上げ
うちで飼おうぜ!と言って自分の服に捕まらせ、そのまま連れて帰った

虫籠なんてないのにどうやって買うんだよと思ってたら
なんと犬の水入れに入れてそこで飼うだとwもちろん蓋なんてないから家の中で放し飼い状態
ご飯の時は水入れに入れたスイカにくっついてるけど、それ以外は基本居間の壁にくっついてた
家族からは三郎(長男・弟、次男・犬、だったのでクワガタは三男とされた)と呼ばれ
夏が終わる直前までうちの中で生きてた
そのクワガタ三郎が私だけしかいない時に目の前で壁から落っこちて床で必タヒにウゴウゴ
そのまま弱っていくのを見ていることは流石に出来ず
半泣きになりながら新聞紙だのうちわだの使って水入れに戻した時が自分的に修羅場だった

父は私が中学生の頃、家の中にセミ2匹解き放ったりとかもやらかしたことがある人
風呂からあがって洗面所の扉開けたら家の中でビビビビビビビとうるさく飛び交うセミ
悲鳴を上げて風呂に舞い戻り、セミを家から追い出すまでは絶対に風呂から出ないと叫んで大泣きした

余談だが家族揃って他にも怪我した鳩だの野鳥だの、やせ細った野良わんこ(捨てられたっぽい)だの
巣から落ちた雀の子だのしょっちゅう拾ってくる我が家は知人友人から動物園と呼ばれている

 
続きを読む

このページのトップヘ