キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

虐待

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
840: 1/2 2011/06/25 19:37:42
義実家は不動産管理とちょっとした事業で十分食べていける小金持ち。
後妻であるトメの実子はクソコトメだけで、うちのダンナは前妻の子。
なので小さい頃から差別されて来たらしい。
そんな環境で育ち、クソトメに負けるとも劣らないクソに成長したコトメは
2年前に父親の知れない子残してホストに入れあげてドロンした。
今では消息さえ誰も知らない。関西の某夜の街で風呂に沈んでいると言う噂も聞いたが
本当かどうかも誰も確かめにいかない。クソトメも同じ。
ヤツが残した姪は(今3歳)、クソトメのストレスのはけ口となっていて、
いつもそこら中に小さなあざがある。
何度か児相に話したが、クソの外面が良いのとウトが今でもトメ大好きなこと、
さらに悪い意味で田舎なので、なあなあにされ助けてやることができない。
一度我が家で引き取ろうとしたら誘拐だと騒がれ、ダンナが警察に連れて行かれた。
ここまで前提。
ここから先はちょいフェイク入ります。

で、先週その姪の誕生日。
せめてケーキとごちそう持っていって祝ってやりたいとクソたちに頼み込み、
4日間かかって丁寧に丁寧に仕上げたのを持って、友人も一緒に義実家へ。
リビングにずらりと並べたのは、芋虫のからあげ・ミミズのポトフ・なめくじサラダ・
かぶとむしの幼虫のくずかけとてんとう虫のケーキ。
虫大嫌いなウトメは悲鳴を上げ、虫大好きな姪は喜色満面。
一歩もリビングに入れないウトメ尻目においしーね、おいしーねと
食べてくれました。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
200: 1/2 2013/04/24 23:50:07 ID:DeHe3Tzy
自分の武勇伝じゃなくて、祖父の決断に関しての武勇伝かもだけど。
サンホラ聞いててて何故かふと思い出した昔話。
書くところが無いんでココに。


ある時、法事で親友が出来た。
母の従姉の再婚相手の連れ子で同い年、すぐに意気投合。

テンプレながら母従姉の連れ子(はとこ)とは差別されていて、
はとこは私立中受験(ハッキリ言って頭悪いし汚いし、受かりそうに無いなって思ってた)
だけど、連れ子ちゃんは公立に行け、塾なんか要らないと言われていたそうな。
これは母が法事で立ち聞きした話。

その後も連れ子ちゃんとはよく遊んだし、ウチに招いたり招かれたり、
一緒に祖父と伯父の家に遊びに行って、ついでにみんなで一緒にデパートにお出かけとかした。
デパート行く度に毎回知らないおじさんがニコニコしながらついてきたんだけど、
(パフェやお菓子のタダ券をくれるので、「タダ券おじさん」とか呼んでた)
おじさんから「お嬢さんたちはご兄弟で?」と言われたので、
にっこりして「双子です!」と答えたのはいい思い出w

本家筋で跡取り長女(伯父夫婦に子供が居ない)の自分の婿にと目論んでたらしく
母従姉はしきりにはとこをけしかけて、連れ子ちゃんを引き離そうとしたけど、
負けずに連れ子ちゃんについていく。

だんだん母従姉がイライラしてきたのか(はとこの成績が振るわないのもあったと思う)
連れ子ちゃんに殴る蹴るの虐待をするようになった。
真似してはとこも暴力を振るう。
旦那さんは激務で空気。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
197: 名無しさん@HOME 2011/12/24 20:18:43
ほぼ一年ぐらい前の話。
まだ結婚前で、義実家予定だったトメとコトメに水をぶっかけ、外に蹴り出した。
積もってた雪の中に顔面を何度も押し付けながら怒鳴り付けてたら、顔が軽い凍傷になったとか。

彼の実家に挨拶に行ったら、コートも着てない上半身裸の子が震えてた。
何事と思ったら、彼はコトメの子で。こういう虐待はわりとあったらしく。
彼がしめてもどこ吹く風、子供を避難させれば警察が彼を捕まえるという状態(誘拐になるんだと)
今回も、預けてあった親戚の家からコトメが勝手に連れ帰ってきたらしい。
で、上記の大暴れに至り。通報されたけど、来た警官にも大説教かました。
「裸で雪の中放り出す実母と一緒のほうが幸せってアホかあんたーっ!」
近所中に響きわたるような声で絶叫した。

現在、トメコトメは村八分。警官には何らかの罰があったらしい。
田舎のおじちゃん警官ゆえにのほほんとしてたのかもしれないが、後悔してない。
トメコトメは稼ぎ手である彼とサンドバックである子供を無くして泣きついてきたが、
「今度は逮捕だよ」と言ったらそれきり。時々呪メールがくるぐらい。

熱血正義感で突っ走った勢いが止まらず、押し掛け女房してコトメ子を全員引き取り
周りを振り回しまくった自分がただDQNなだけな気もするが
夫と長男待ちの時間があったので書いてみた。
あと、トメとコトメは本当に困窮してるらしいけど、絶対助けない。

 
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
764: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/03/28(木) 18:15:13.18
流れ切って失礼します。
気持ちの整理のために吐き出させてください。

幼少期から父から性的虐待を受け、それは中2頃まで続きました。(記憶は曖昧ですが…)
母に訴えても助けてもらえず、それどころか何故か殴られる。
年を追うごとに母のヒステリーは頻度を増していきました。

高校2年の冬だったと思います。
3才年上の姉が、大学の冬休みで帰省していました。

何のきっかけがあったのかどうしても思い出せませんが、母が突然ヒステリーを起こし、私を激しく糾弾してきました。
「お前がいるから離婚できない」
「お前が実の父を誘惑した、イン乱」
「産まなければ良かった」
などと叫んでいました。
姉が
「妹に当たるのはよしてよ!文句は直接奴に言ったら?」
と言うと、母は台所に走り、姉は私に自室に避難するように言いました。
自室で震えていると、母の叫び声と包丁か何かを激しくぶつける音が聞こえてきました。
私は姉が杀殳されてしまうと思い、兄に電話をしました。
兄が父親と、実家の家電に電話をしてくれて、何があったのか知りませんがその場は収まったようでした。

姉が部屋に入ってきて、ケガひとつ無い無事な姿を確認した後、私は気絶したそうです。

目が覚めたら病院にいて、声が出なくなっていたのも私にとっては修羅場でした。

幸い、大学進学を機に実家を離れ、ストレスから開放されたせいか、一年半ほどで自然と声は戻りました。

長文、失礼しました。
彼氏と婚約することが決まったので、新しい家庭を築く前の厄落としに…
と書き込ませていただきました。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
94: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/03/06(水) 20:25:17.53
祖母が若いころの話。お隣の家がすごい子どもを虐待する家で、そこんちには女の子がいたんだけど
顔はいつも腫れてて目がどこにあるからわからないくらいだし、頭もぶよぶよしていたらしい。
毎日必ず女の子が泣き叫ぶ声が聞こえてて、祖母がたまらずお隣の家の奥さんに虐待をやめるように頼んだら
「ぶち杀殳すぞ!」と叫ばれたそうだ。ご近所の方もみんな心配してたけど、戦後まもなく、子どもを守るような体制が
とれておらず、虐待とかいう言葉も浸透していなかったらしい。
その子はガリガリで、手足が曲がっていて(骨折?)まっすぐ歩けず、耳は難聴ぎみで話しかけてもあまり会話にならなかったそうだ。
あるとき、ひどい虐待が庭で行われて、祖母はお隣の垣根を越えて助けに行ったんだって。
すると、不法侵入で祖母は警察につかまってしまった。むろん、すぐ釈放されたけど。
その女の子は、その日の夜に二階から転落タヒした。事故だったので親は一切おとがめなし。
今でも祖母は悔やんでいて、私が小さいころは、その子を思い出して泣いたりしたらしい。

 
続きを読む

このページのトップヘ