キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

葬儀

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
906: 名無しさん@HOME 2009/03/28(土) 21:57:08 0
うちの義弟彼女もウトの葬儀が終わって霊柩車(棺桶を積むスペースがあるバス)に乗り込み、
ウトの兄弟を差し置いてトメ、長男(旦那)、次男(義弟)……の隣に座った。
長女(末っ子長女)とその家族、長男嫁(私)&1才息子、ウトの兄弟、ウトの幼なじみで親友
でもある町内会長やら他多数は( ゚д゚)ポカーン

後から聞いた話だと、義弟の本命彼女は他にいて、その娘は義弟にアタックしている同僚で
恋人ではなくGF程度。
はああああぁぁ?!と思ったが、その後すぐ義弟がその娘を孕ませて責任とって結婚。結果
的に義弟嫁になってある意味結果オーライなわけだが、妊娠したと義弟が知らされたのが
4週になったころなんだそうだ。
それって妊娠狙いだよね……と、軽く不妊治療(タイミング指導)して息子を授かった私たち
夫婦は「あー…ダマサレチャッタノカネ…」と思った。義弟嫁当時34才。

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
86: 名無しさん@HOME 2009/03/02(月) 18:14:46 0
義父の葬儀の時に何日か泊まりがけだったんだけど、
義父方のおじさんが風呂使うから、体洗い用のナイロンタオルを
「あなた持って来てるでしょう、貸してやって」って義母に言われた。
義実家から雑貨屋まで徒歩1分なので
「新しいの買ってきますよ?」と聞いたら「それでええよ」
こっちがよくないんじゃー!

おじさんの方は気にしないかもしれないけど、
こっちはそんなもん使われるのも気持ち悪いし
返してもらったって使えやしない・・。

血の繋がった家族だってぱんつや歯ブラシは貸し借りしないのに!

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
114: 名無しさん@HOME 2014/12/24(水) 13:05:19.94 0
義兄嫁の親御さんが亡くなりました。
会ったこともない方で県外なので、知らせを受けてお香典を送りました。
義兄嫁から電話で、手助けを求められて、出来たら来て欲しいと言われて迷惑しています。
以前に、義父が入院した時にお見舞いのお金や頂き物などを、相手の連絡先と紐つけてエクセルで管理してたんですが
お香典用にそれを作ってほしいってことみたいでした。

親がなくなった悲劇的なテンションで、泣きながら協力を求められて気味悪いです。
とりあえず、夫から義兄に連絡してもらいました。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
685: 名無しさん@おーぷん 2015/06/03(水)18:14:10 ID:Z8u
中学の時、同じクラスに不良の男子がいた。

一度、ちょっと友達と話して席を離れたすきに財布をカバンから盗まれたことがあって、
それもその不良から「お前の財布たいした金入ってねーなww」とあとで言われた。
先生に言ったが、「本人に訊いても、盗んでいないと言ってる」みたいな感じでウヤムヤに
された。
多くの生徒が絡まれたり、物盗まれたりしてて、不良仲間以外からはとにかく嫌われてた。

「あのクソ氏ねや」と思ったのが天に通じたのか、在学中にその不良はバイク事故で氏んだ。
速度超過で曲がろうとしてスリップして、それは見事なモミジおろしになったらしい。

クラスみんなで葬式に行った。
みんなニコニコしてた。一部の不良しか泣いてなかった。
喪主だったお母さん(シンママ)が「今日はみんな、息子にお別れに来てくれてありがとうね」みたいなこと言ったら、
数人がプーーッと噴き出してゲラゲラ笑った。
来たくないけど、来てんだよww少しもご愁傷様なんて思ってないしwww
お母さんは真っ赤になって目を抑えてうつむいてた。

私もその噴き出した数人の一人だった。
むしろ率先して一番に笑ったかもしれない。

あの時のことを、自分も子供を持つ歳になってからよく思い出す。
後悔はしてるが、もうどうしようもないし、誰にも言ってない。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
484: 名無しさん@HOME 投稿日:2010/01/19(火) 10:59:32
数年前のことを思い出したわ…

夫の伯父が亡くなってお葬式に向かう車内でのこと。
運転する私に延々と「いかに自分が伯父にお世話になったか」を語り続ける夫。
約2時間ほど。
知らない道の運転であまり彼の話を聞けずにいると「話を聞け!」などとのたまう。
生返事しつつ、どうにか到着。

葬儀に出て、火葬場まで着いて行って、その後の初七日法要にも出席。
義理と勤めは果たした、と思っていたら
帰りの車の中で走り出すなり「なぜ泣かなかったのか」と責められた。
1度くらいしか会ったことのない人に対して特別な感情は沸かないと反論すると
「だから行きの車の中で伯父さんの事話してやったのに!」とのお言葉。
アホくさくて、ウトメがまだいる義親戚宅へUターン、車から蹴り出して置き去りにしてきた。


それが直接の原因ではないけれど、いろいろな積み重ねを経て、
現在はシングルマザーで楽しく生きています。

続きを読む

このページのトップヘ