キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

荷物

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
111: 可愛い奥様 2013/12/19(木) 11:04:23.92 ID:8Z5Kjh2nI
皆さん帰省の荷物にエプロンって入れてます?
おさんどんさせられる事もする気もないけど配膳や後片付け手伝うくらいはしなきゃと思うけどただでさえ荷物多いし
実は普段から家事の時わざわざエプロンしないんですよね
持ってきて無いのにわざわざ手伝うって言うのは嫌味ぽいから黙って運んだりしてるけどやっぱ印象悪いだろうな

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
295: 可愛い奥様 2007/02/13(火) 15:32:20 ID:xNNYwUez0
家建てるときに、何度も収納量を確認してあったのに
いざ引越し終えると、義親の荷物が入りきらないので
うちの分の収納をゆずったんだけど
こないだ、寒かったら毛布使え、使ってないの沢山(あの収納に)入れてあるだろ
って言われた!わーわー捨てちまえわーわー
いらないものはゴミです。収納はゴミ箱じゃありません

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
967: 可愛い奥様 2009/05/28(木) 09:01:50 ID:OEOu7WqCO
体調が悪い時は家事を引き受け看病らしき事をしてくれる、重い荷物は率先して持ってくれる…なんて普通の夫婦らしい事は全くない。
熱があっても見て見ぬふりで夕食が目の前に並べられる迄待ち品数が少ないと嫌味を言う。
買い物帰りに自分一人で趣味の店に寄りたいからと10㎏以上はある荷物を押し付けバスや歩きで帰宅させられる。
結婚前は芝居をしてた、と堂々と言い切るこの生き物には治療が必要だと思う。

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
917: 可愛い奥様 2012/08/07(火) 09:31:54.58 ID:jCRdKRuk0
じゃあうちも荷物つながりで・・・
うちの宇宙人は、なんでも2つにわけたがる。たとえばスーパーに一緒に買い物に行くと1つの袋でおさまるような量でも
部にール袋を2つ貰って分ける。んで、お互い1つづつ袋を持たないとぐずる。
前に「これ1つの袋で足りるよね?どうしてわざわざ分けるの?分けて入れるようなものでもないでしょうに」と言ったら
「そうやってお前は俺を荷物持ちにさせる気か!なんで俺だけ荷物持たなきゃならないんだ!!!」とわめき散らす。
男が荷物を持つという事はどうやら自分なりに理解してるようだが、それを実行に移すというのは抵抗がある模様。

自分だけ何かしているって言うのが嫌なんだろうね。ナナメ上にぶっ飛んだ被害妄想で気持ち悪い

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
585: 名無しさん@HOME 2015/04/07(火) 12:47:02.34 0
義実家訪問すると、いらないと言ってるのに「あら?ちょっとだから持てるよね?」といって菜っ葉をくれようとする。
4ヶ月の子と3歳の子を連れて、電車で乗り換え二回、トータル1時間の距離。
なので、荷物は増やしたくないと何回言えばわかるのかな。
昨日はウトが「いいよ、そんなもん!荷物になるだけだから!」と一括してくれたけど、いつも押し問答になるからウンザリしてる。ウト長生きしてほしい。

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
778: 名無しさん@HOME 2011/09/13(火) 09:59:43.12 0
何だ、あの非常識な電話は。

ウトメが通販で買ったものが。
あいつら二人が「旅行に行くから」と言う事でこの4日間、ずっとウチが代わって預かってあげた 。
ウトメの宅からウチはごく近所だと言う事で預かってあげたのはいいとして
さっきウトから電話があって何を言うのかと思いきや。

「頼んだ物、届いた?」と。
それで私が「はい」と答えるとウト、「後で取りに行くわ」だって。

「この数日間、悪かったね、ありがとう」の一言を期待した私が愚かだった。
あいつらの中に“常識”と言うものが存在するのか!? 誰かに期待してここまで悔やんだの、生まれて初めて。

それとも何か?
預かってもらっておきながら、(お前ら息子夫婦がこの家にそれを届けて当然だ、お前は嫁のくせに気配りのないヤツだな)とでも思ってんのかな?預かってもらっておきながら。
実際、さっきの電話でそんな口調だったし。何様だ、あいつらは!?エラソーに。

着信拒否にしたくても出来ないから、いつも用済みになった時点で発信履歴も含めてそこから消してる私、
電話を切った後、いつにもまして消去のスピードが早かったそんな自分に気付いた。

なんでああやって協調性がないんだろう、ウトメってのは。
預かってあげたんだから、お前らが取りに来て当たり前だろう!?

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
295: 名無しさん@HOME 2011/08/15(月) 02:31:20.66 0
お盆で帰省した際に大量の野菜(きゅうりがいっぱい)と賞味期限ギリギリのお菓子持たされた
帰りバスだから重いのに。。しつこく持ってけと・・・はぁ~
でもまだ結婚して1年くらいなので言えない。。。
みなさんどうやって断ってるんですか?

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
794: 名無しさん@HOME 2010/10/14(木) 20:35:18 0
引っ越しに「使えない」典型のうちの夫
私物が異常に多くて、その時にはまった趣味の物を買い込む癖があり
飽きるとただの粗大ゴミ
引っ越しの度に処分しろと怒っていた。
服もユニクロ程度だけど気にいると色違いで何枚も買う。その年だけ着る。
去年の服は着ないのでやっぱりたまる。

たまっても処分はできない夫、全部義実家に送りつけていた。
たぶん家を出た学生の時から物は捨てないで全部義実家送りだったんだと思う。

義実家で同居してる義兄さんから怒りの電話が来た。
「家を建て替えるからもう、お前の荷物の置き場所はない!ずーっと引き取れって言ってるのに何もしない!」
夫の返答は「ちょっと置いてくれたっていいじゃんかよ~」だった
義兄さんがかんかんに怒ってるのが横からでもわかったが…夫よ…なんて能天気な

「義兄さんが怒って全部そっち送ったよ」と、義兄嫁さんからメールが来た。
来ましたね。
引っ越し荷物かと思うような段ボールの山が。
しかも臭い。タバコと男くさいにおいがする
玄関からリビングから寝室から段ボール山。

全部片付くまで私と子供は避難します。と、夫にメール送っておいた

確かにこれは義実家にとって嫌げ物だった

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
67: 名無しさん@HOME 2010/09/20(月) 13:28:25 0
トメから夫宛てに荷物が届いた。
仕事中だったから「届いてるよ」と夫にメール。
夫はトメに「届いてるみたい。帰ったらあけます」とメール。
深夜に帰宅した夫が開封すると、私へのお土産が同封されてた。
どっか行ったみたいで地名入り・リボンしたネコのタオルハンカチ。
日付も変わろうとしていたので、明日お礼ネールするってことで夫と就寝。

翌朝5時過ぎに夫の携帯が鳴る。
こんな時間にメールしてくる奴はトメしかいない。
すると夫「ごめん、すぐにでもお礼メールしてくれ。こんなメール来た」と。
見ると
「どんなに要らないものをもらってもお礼を言うように嫁を躾なさい」
ほぼ原文まま。
夜中にメールしてよかったのか、てか何これ、私何か間違ってたの?
夫はお袋がおかしい、悪い、おまえ悪くない、

けど、お礼言ってくれれば丸く収まるからヨロシクネ!

お礼言うのは当然だし、メールもするつもりだからそれは構わないんだけど、
躾なさいとかすごくカチンとくる。
ついでにまるっとハトる夫にもカチンとくる。
その後こういったことがアホみたいに繰り返され、
そのたびに嫁が我慢してくれたらママンの機嫌損ねなくてすむから我慢して!
に我慢できなくなったので私だけ疎遠。
訂正。
私と息子だけ疎遠。
いらんことをしてやったくれてやった感謝しろって言われまくってもできませんて。
育ててやったんだから感謝しろってことだから、夫、ガンバレヨ

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
124: 名無しさん@HOME 2010/07/15(木) 18:03:57 0
あのー 流れ途切れさせてゴメンよ

さっき実家から電話があって
「そちらのお母さん(トメ)からうちに宅配便届いたんだけど…」と。
中身は段ボール箱入りの
ハチクの育ち過ぎたの6本/玉ねぎ大量/赤紫蘇の塩漬け1袋/ビール350ml缶7個

間違って送ったのかなぁと思ったら、宅配便の箱の中に、私がたまたま
地域サークル代表として取り上げられた新聞記事の切り抜きが入ってて
その周りに<おかあさん 娘をありがとう 母です>
と添え書きがしてあったそうで

一体何がしたいんだか言いたいんだか意味不明。

  続きを読む

このページのトップヘ