キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
862: 名無しさん@HOME 2009/04/15(水) 14:49:19 0
大っ嫌いなトメから誕生日に花が届いた。
結婚10年で初めてだよ。誕生日知らないと思ってた。
色々あってFOしてるんだけど察知したのかな?
今更遅いよ。花には罪はないが早く枯れろ。

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
29: 名無しさん@HOME 2011/04/24(日) 21:58:15.44 0
モヤっとしたので吐き出し。

期間限定で一月前から義実家同居。
その際私が育てていた鉢植えを、庭におかせてもらってる。
毎日水をやり花が咲くのを楽しみにしてた。

昨日私が外出している間に花が咲いたのだが、それを義母が勝手に切って玄関に飾っていた。
帰宅してびっくりした私に義母は嬉しそうに
「見て見て、花が咲いたの!きれいねー」
と報告。
…いや、切るにしても一言ことわってくれたらよかったのに。

切られたのもショックだったけれど、それ以上に嫁の物を勝手にどうこうするのがおかしいんじゃ?と、モヤモヤしてしまった。

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
246: おさかなくわえた名無しさん 2009/05/23(土) 19:16:58 ID:1x0cY9rC
つい先日、いくつか花の種を買って植木鉢に植え、朝夕水やりをしてたんだ。
一番日当たりいいのが玄関先なので、庭の中ほどにある水道からバケツに水汲んでじょうろで水やり。

今日も同じく朝の水やりしようとしたら、父が代わりにやってやると言い出した。
大丈夫、出来ると言ってるのに単なる遠慮と取ったのか、ホースをセットし始めた。
今あるホースではぎりぎり届かないので、先端つまんで勢い付けたのをまく事になる。
まだ芽も揃ってない鉢にそんな事されたら種がどっか流れていってしまう。
それと、毎日一番に鉢の様子を伺うのは種を植えた人間だろjkというのもあり、
再度断った。が、いいからいいから任せなさい、こういうのは慣れてるんだ、と聞かない。
既に根が張り定着した鉢や庭木ならそれでも構わないが、相手はまだ細心の注意が必要な発芽したてのもの。
面倒な水やりやってやるオレ様優しいだろ、という勘違いは非常に迷惑。
しかも、上記の注意点を説明した途端声を荒げてむくれ出す始末。
朝から気分悪いのなんの。

ホント神経分からん。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
289: 名無しの心子知らず 2009/09/24 22:51:16 ID:Y1kD6NRm
昨日見た事件。
墓参りに行ったら、後ろのお墓に親子連れが来た。
そのお墓にはもう供花があったんだけど、母親の方が、
「はい、○ちゃん、お参りしようね、頭をさげて、手を合わせてね」と指導していた。
可愛いなあ、と見ていたら、
「じゃあ、お下がり頂戴します、ってご挨拶してね、お花いただきましょう」
と供花から花ひっこぬいてるの。
子供の方が「ねえ、どうして?」
「おうちのお仏壇でも手を合わせてお下がりいただくでしょう。
手を合わせると気持ちが天国に届くのよ。
仏さまは形あるものは触れないから、痛む前に気持ちだけ届けてそのおあまりをいただくの。
ここで誰も見ないまま枯らしちゃうのもったいないでしょう」
信心深いんだかなんだかわかんない親子だなと思ったところに子供の爆弾発言。
「だって、およそのお墓だよ。お供えした人がもう手を合わせて気持ち届けてるんじゃないの。
だったらまた手を合わせなくてもいいんじゃないの」
他人かよ!と内心ツッコミいれたら、母親が
「お供えするときに手を合わせて、お下がりもらうときに下さいなって手を合わせるの。
仏さまもたくさん気持ち貰った方が嬉しいのよ。
さ、じゃあ、他のお墓にも綺麗なお花あるか捜しに行こうか」
と、供花抱えて手を繋いで行ってしまった。

一応、住職さんには報告したけど、なんかいろいろ間違った信心だだと思う。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
4: 名無しさん@HOME 2013/08/02 17:28:27
久々に義実家いったら、まだまだてきめんだったDQN返し。

「お花に詳しい、女らしいワタシ」がだーい好きなトメ。
だから、植木職人を父に持つ・華道師範である私の母が嫌い。
そんな環境で英才教育された、しかもムスコタンを奪った「嫁」の私のことはもっと嫌い。

いつも我が家に突撃しては花を持参しクイズを出す。
私だって花は好きだけど、この世の全ての花を知ってるわけじゃないし
「このアジサイは何て名前(品種)だったかしら?」「このバラの原産はどこだったかしら?」
とか、知らねーよ!

もちろん、買ってきたトメは知ってるから、まぁ嫌みったらしくご高説をのたまうのたまう。
「あらっ、お母様お詳しいのに知らないの~?どこのお花屋さんでも売ってるわよ~?お母様お詳しいのに~(お気に入 りのフレーズ)」
「常識でしょ?常識!あ、ごめんなさい、私ったら、子供の頃からお花が大好きで~(以下、おしとやかトメ少女時代話の話。毎回言う)」
見栄なのか何なのか、持ってくるお花は高級そうなのばかりだし。
男系家族で花トークできなかったのね、あら可哀想な人ワロスワロスでスルーしてたんだけど
やっぱり週2ペースで来られるとイライラする。アポなしだし。

で、あるとき、鬼籍の祖父を侮辱しやがった。
「私なんか家事をパパっと片付けて、お庭のお手入れできるのに。お庭の手入れだけで半日かけるって、お爺様、要領悪すぎじゃない?」
職人なめんな。仕事の質が違うんだよ!
祖父が請け負っていた日本庭園と、ベランダ菜園をそのまま路地にしたようなトメの庭と を同列にされたこともムカついた。

 
続きを読む

このページのトップヘ