キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

自転車

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
278: おさかなくわえた名無しさん 2012/02/24 17:28:18 ID:Nsux/yS9
地元の駅前を歩いていたらドーナツ屋の横に幼児が乗せられた自転車が止まってた。
(前カゴ部分が椅子になってるやつ)歩道のない道で横を車がびゅんびゅん走ってるので危ないし、
子供も怖がってる感じだったので、子供には触れずに変な顔したりしてあやしながら
親が来るまで見張ってたら、ドーナツ屋から出てきた母親に
「なにしてるんですか!」と怒鳴られ変質者扱いで騒がれた。
腹が立ったので反論しようとしたら近くで井戸端会議してたオバちゃん達が
「こんな所に子供乗せたままにして、自転車倒れたらどうすんの!」
「そのお兄ちゃんが気にして見ててくれたんでしょうが!」と一喝してくれた。
オバちゃん達GJ!と心の中で礼を言ったが最後の
「人を見た目で判断するじゃないわよ!」は余計だと思います。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
378: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/02/24(日) 01:47:59.74
誰もいなさそうだし、書いちゃいます。
数年前の修羅場。

当時高校3年生の秋。
いつもは高校まで親の送り迎えだったのだが、
親の都合の悪い日があって、たまたま自転車で通学した。
授業を終え、帰ろうとすると自転車がない。
その学校は当時中学から短大・大学まであるマンモス校だったせいか、
自転車の盗難が多かったらしい。
その日は親に迎えに来てもらい、警察に盗難届を出した。
数日後、学内の自転車置き場に自分の自転車を発見。
鍵を差すときちんと開くことを確認して、自宅に持ち帰った。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr



492: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/02/28(火) 05:15:47.65
携帯からプチだが初カキコ。ミスあったらスマソ


幼稚園の頃家族で母の地元の夏祭りを見に行った。私は祖母が運転する自転車の荷台に跨がって乗っていた。
今でもあるのかな?チェーンが剥き出しになってる自転車だったんだ。
祖母の背中の服をつまんだまま祭りで出てた神輿に夢中になってた私は人混みで祖母が人を避けた時にバランスを崩してチェーンに足を巻き込んだ(?)。
激痛に号泣する私、何が起こったのかわからず自転車を道端に停めて状況を把握した祖母はすぐ側にあったその辺りでそこそこでかい病院に私を荷台に乗せたまま連れてってくれて、処置を待ってる間に祖母で待ってた母に公衆電話から連絡。
傷口を見たら白いのが見えてそれが骨に見えた私は怖くなり飛んできた母にしがみついて「足切りたくないよー!うぎゃああああ」って泣きわめいたのを覚えてる。
その後ははっきり覚えてないが処置室?みたいなところで処置されて、しばらくは包帯巻いたまま幼稚園に通ってた。
今では痕も目立たないしどっちの足だったかすら覚えていないが、当時傷口から見える骨(らしきもの)を見た自分の脳内が修羅場。

2年後に目の前で弟が石段のカドで頭ぶつけて血出したのも修羅場だった。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

934: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/02/22(水) 18:06:38.39
今までの人生で怪我らしい怪我をしたのがこれっきりなので自分的には修羅場だった。
ちょいグロかも。

幼女だったころ、母の友人が自転車の後ろに乗せてくれた。
乗ってる間、足ブラブラさせてたら
踵が後輪に巻き込まれてぐちゃぐちゃになった。

ついでに、その怪我が治りきらないうちにもう一度同じことやって
さすがに母親にこっぴどく叱られた。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
596: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/11/26(土) 06:39:21.06
怪我ネタで一つ思い出した。あれは確か小学生の時の話
盆のシーズンだったと思うんだけど、小学校で夕方から学校主催の盆踊り大会?が行われた
当時小学生で、当然夜の外出禁止な家がほとんどだったけど。学校主催で先生もいるということで
ほとんどの家庭で子供だけの夜間外出を許したらしく、高学年の生徒は大体参加してた
俺たちも親からの許しを貰って、友達数人で出かけることにしたわけなんだが
色々あって少し出発が遅れていしまい「やべー遅刻だーw」とか言いながら皆全速力で自転車を飛ばして学校へと向かった
子供たちだけで夜に出かけるなんて皆初めてだったと思うし、薄暗くなってきた風景にも興奮して、今から考えると確実にテンションが上がっていたんだろう
そんな感じで自転車をかっ飛ばし、学校の側の道を走る頃には、もうかなり暗くなっていた
ふとその暗さに誰かが気づいて、自転車のライトに足を伸ばして点灯させる
その光に皆も気づいて、一人また一人と自転車のライトを点灯させていく

続きを読む

このページのトップヘ