注目の人気記事

膿家脳

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
314: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/05/31(木) 20:47:35.27
もしかしたら該当スレがあるかもしれないけど、自分の中では結構修羅場だったと思うので書いてみる。

同居の義実家(ウトのみ、トメは故人)に、当時家を出て一人暮らししていたコウトが
結婚する予定の彼女を連れて帰省してきた。で、その時の出来事。

このウト、放っとけばわりと無害に近いんだがたまに膿家気質が前に出すぎて
余計なことを言ったりやったりする。コウトの彼女と顔合わせした席で
「片親でちゃんと躾が出来ているのかpgr」
「嫁家は格が下なのだから嫁たるものは婚家に尽くして云々」
「跡継ぎが梅なければ出て行け云々」
とかの発言をやらかしてコウトがブチ切れ、ウトをフルボッコ。
更に「こんな家二度と帰ってくるか!この娘の家に婿に入ることにする、親父とは二度と会わないし
 親父が新でも葬式にも出ないからな!」と絶縁宣言して彼女を連れて帰っていった。

膿家っぽいとは思っていたがここまで酷い言動をすることはなかったので腑に落ちなかったが、
後になって、「実はアレはコウトがちゃんと嫁さんを大事に出来るか試すためにわざとやった」
と。ところが、それをコウトに「いまさら言い訳するな」「思ってなきゃ口に出来るわけねーだろ」
と信じてもらえず、結婚して(コウトは本当に婿に入ってしまった)3年経った今も、一度もコウトは義実家に帰ってこない。

この度コウト家に男の子が生まれたと聞いての書き逃げ。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
406: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/06/24(金) 16:42:30.70
ちょっと前の話だけど、近所の娘さんが大学進学を両親に反対されて
それでも進学する!するなら勘当だ!の大喧嘩を繰り広げ
結局、娘さんは自力で大学に行くと決め、バイトと奨学金で4年間乗り切った。
その娘さんとうちの姉が友達だったんで、何かと連絡を取り合ってたんだけど、当時住んでいたアパートが

「キッチン・トイレ・風呂共同」「電話なし」「給湯設備なし」「間取りは四畳半一間と押入のみ」

だったらしい。
携帯電話も就職活動に必要になるまで持たなかったとか。
「ないことに慣れちゃうと、以外となんとかなるもんですよ」と笑っていたが、凄いと思った。

卒業するまで、その子の両親は「娘はもうタヒんだものと思ってる」「最初からいなかったと思うことにしてる」と
本気で言い回っていたから、こっちも筋金入りかもしれないw

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
35: 名無しさん@HOME 投稿日:2008/01/14(月) 18:09:19
ふた昔も前の話。わたしは夫の両親と同居していました。

ある日コトメが甥をつれて実家に戻ってきた。
泣く泣く話すのを聞けば、コトメ夫に愛人が出来て
もうすぐ子供が生まれると言う。

調べてみると知らなかったのはコトメだけで、コトメの舅姑、
コトメ夫友人、みんな知っていた。
コトメ夫は腹ボテの愛人を助手席に乗せて、出産させる
病院を探し回ったが、結局コトメが出産したのと同じ病院へ
入院させることに。

やがて愛人、帝王切開で出産。これを知ったコトメ、母親(わたしから見てトメ)
を引き連れて病院へ突撃。ベッドに寝たきりの愛人を前に詰る喚く叫ぶ。
病院中大騒ぎの中、廊下の椅子で泣きじゃくるコトメ夫。
コトメとトメはナースに病室から叩き出されて、文句言いながら帰ってきました。
その夜、コトメ夫は納屋で首吊り自さつを図った(が、助かった)。

その後離婚調停が始まりましたが、コトメ舅が何度も突撃して甥を
拉致ろうとする。家に甥を置くと危ないので、急遽手続きをして
わたしの子供たちと同じ保育園へ甥を預けた。
コトメ舅、保育園に突撃して甥を連れ出す。大きな交差点で信号待ち
していたら、原付で出かけていたトメと鉢合わせ。
トメ、バイクを交差点の真ん中に放り出し、車の前に大の字になって
「孫を連れて行くならわたしを轢け!」 田舎町の交差点、黒山の人だかり。
誰かが通報し、警察沙汰に。

その後もコトメ舅の突撃が繰り返されるので、わたしの実家に
コトメ親子を避難させたり、いろいろありましたが、結局離婚しました('A`)

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
558: 名無しさん@HOME 投稿日:2009/04/07(火) 19:17:51
ぶったぎりごめん。

enemy で前の会社の同僚Aを思い出した。

Aの婚約祝いを会社の同僚たちでしたときのこと。
酔っ払ったAが、「A家に嫁ぐ、嫁の心得」とやらを同僚に披露した。

・結婚したら俺の両親と完全同居。
・俺の両親を実の親と思え。
・嫁の両親は嫁入りの時点で縁が切れる。
・男の子は最低2人生むこと。
・俺たち息子夫婦は共働きするものである。
・俺たち息子夫婦の収入は俺の母親が管理する。
・家事は嫁がするもの。
・子供は俺の両親が育てる。

元は彼の母親がつくったもの。
小さい頃から言い聞かされて育ったんだそうな。
もちろん、同僚はみんなドン引き。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
150: 名無しさん@HOME 投稿日:2009/04/19(日) 10:45:49
>>148
「とし坊ちゃん」「たあ坊ちゃん」が身近にいたぞ。
前者は元夫、後者は弟だけどなww

続きを読む

このページのトップヘ