キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

職場

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
849: 1/2 投稿日:2013/09/20(金) 13:46:51.71
同僚に、2chで仕入れた小話?みたいなのを
そのまま話してウケをとろうとする変な男がいる。

たとえばインド人経営のカレー店に入ったらスプーンが出てこなくて
本格派だなと思って手で食ってたら、店員がすまなそうにスプーン持ってきた、の
コピペとかを自分の体験談のように話す。

でもネットで面白かったことを
肉声でしゃべっても面白いとは限らないし
そいつは話術もなく、ウケないとウケるまでゴリ押しするタイプなので
かえって場が白けることが多かった。

そんな彼、最近ネットで気団まとめを読み出し「托卵」という言葉を覚えたらしい。
それからは「托卵」連発。
どこかの課で女房が妊娠した男性社員がいると聞けば
「托卵wwご愁傷様www」と言いふらし、
おなかが大きくなった女性社員を見れば
「どうせ托卵のくせにwww」と陰で笑いまくる。
みんなドン引きなのだがそいつだけ気づいていない。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
350: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/06/06(木) 16:00:51.61
うちの旦那は下の子が3ヶ月くらい入院してたとき上の子の面倒が見れなくて
子供好きなんですぅ~って同じ会社の若い子に面倒見させて
ついでに自分の世話もして貰ってたよ
で、ベッドでも世話して貰ってた
自宅で

入院してるって会社にも言ってなくてその子にも
こどもがいるのに勝手に出てったって話してた
でも健康保険使うからなんか、偽装で詐欺なんじゃないかって
会社の経理の人が疑って病院に問い合わせたり、直接来たりして
旦那が馬鹿言ってることが分かった
離婚したけど、あのクズは生きたまま足の先からスライスされればいいと今でも思ってる

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
369: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/06/06(木) 19:48:58.50
最近やっちゃった話です

会社で、大箱抱えて階段を上っていたときのこと

見た目より軽いのでついつい油断してしまい棒立ちになったら、重さで後ろにひっくり返った
「あっ、頭を打ってしまう」と怖さのあまり箱を放して
ブリッジで体をささえた(ちょっと角で頭打った)

箱は慣性の法則で、後ろにいた彼氏(社内恋愛です)を直撃
彼氏が階段踏み外して転落し、見ていた同僚が「キャーッ」と悲鳴を上げ
みんなが集まってくる大騒ぎになってしまった

彼氏は「彼女を手伝おうと近寄ったら箱が飛んできて階段から落ちた何をいってるか・・・」状態
(左腕にあざができただけで幸い無事でした)

目撃者は「彼氏くんが近づいたら、突然彼女がエビぞりして箱をぶつけた何をいってるか・・・」状態

会社中で笑われ、上司たちから「シャーク・キャスティングって知ってる?」
「エクソシスト・ディレクターズ・カット」「投げっぱなしジャーマン」といろんなことを言われた
(全部ググって意味を把握しました)

不本意な綽名が一気に増えて困っています
っていうか、彼氏がいまだに思い出し笑いばかりして、いいムードをつくってくれません

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
738: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/10/10(水) 13:03:25.16
流れ無視してついさっきのプチ修羅場、家庭関係なくてスマン

昨日昼夜フルタイム勤務だったため今日は交代で休み、家でゴロゴロしてたら妻が「お前の金で買い物頼む(はあと」だったんでお使いに
近所の寂れた安売り店で品物見てたら女子高生?とぶつかりかけ、俺「あ、ゴメン」女子高生?「あ、ごめんなさい(野太い)」

見たら昨日フルタイム勤で一緒だった上司がセーラー服着て買い物カゴを下げてた
上司の家は記憶が確かなら隣の市(車で1時間くらい)、知り合いがいないとか思ってたんだろうか
明日はまたその上司と一日外回り営業なんだが、どう接したもんかと今修羅場気味

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
430: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2013/10/13(日) 21:53:45.32 ID:Yicn+aN8
数年前、直属の上司にパワハラを受けてたのが修羅場。
「実家暮らしは自立できない甘ったれ」
「お前の仕事のダメっぷりは周囲も呆れてる。誰も何も言わないのは心底お前に失望してるから」
「お前のような存在を育てた親はゴミ同然」
「臭い、汚い、目障り」
こんなことを1年以上、毎日言われ続けた。

何もしなくても涙が出て止まらなくなったり、臭いが気になって何度も自分で上着の臭いを確かめたりもした。
当時母子家庭で、父親タヒ亡時の保険金も微々たるもので、年の離れた弟と要介護の祖母のためにも絶対に仕事は辞められなかった。
自社から客先へ出向する形で上司と私しかいない職場だから誰にも相談できず、耐えるしかなかった。
あいつが異動になる時期が分かっていたから耐えられた。

今思えば暴言を録音してもっと上の上司に訴えれば良かったんだと思う。

最近やっと、フラバも起こさず薬も飲まなくて良くなったから記念カキコ。

続きを読む

このページのトップヘ