キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

職場

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
377: 名無しさん@おーぷん 2016/01/30(土)10:05:21 ID:tph
結婚する前に付き合ってた人が既婚だった。
付き合ってしばらくしてから、奥様から連絡があり妻帯者で子供までいることを知った。
自分は絶対不倫なんてしないと思ってたからショックだった。
奥様とお会いしたときに謝罪はしたが、それはもうひどく罵倒され職場にまで凸され、
就職氷河期にやっと手に入れた職場をあきらめざるを得なくなってしまった。
別に職場に深い気持ちがあったわけではなかったが、本当に騙されるようにして付き合ってしまい、
既婚だとわかってすぐに別れ弁護士を挟んできちんと書面を交わしてわかれたのに、
そこまでされて職場を離れることがどうしても納得できなかった。我慢すればよいと思われるだろうが、
毎日のように私の名前を会社の受付で叫ばれることを1か月近くも続けられると、
事情を知っている職場の人たちからも敬遠され退職せざるを得なくなってしまった。
その後会社を退職した私は、退職の際に得た微々たるお金を使い、興信所で元彼の調査をして
元彼友と彼の妻が美人局的なことをやっていることを知った。
たまたま私は示談にするのは私が悪いことになると思い、弁護士を間に立てたので
元彼たちに示談金を払わなかったことが元彼奥の怒りに火をつけたらしく、
あんな嫌がらせをされたみたいだった。
いつか仕返ししてやろうと思って私は、1年に1度元彼一家の現状調査をしてました。
今考えるとなんでそんなことにお金を払ってたんだろうと思うけど、意地でも仕返しをしないと気が済まなかったんだと思う。
それから何度目かの調査で、元彼一家が家を買ったことを知った。
ちょうど子供も小学生の高学年になろうかというころだったので、やるなら今だと思った。
元彼の美人局疑惑の経過を簡潔に書いた紙とそれを知るきっかけになった調査書のコピーを
200部ほどすり、元彼が買った家の近くの家に一軒一軒ポスティングした。
その後一度だけ元彼の現状調査をお願いしたが、会社も退職していて家も違う人が住んでいるとのことで、
余分に費用がかかりますがどうしますかと聞かれたので、そこでやめにした。
今考えると本当にひどいと思うし、無駄なお金を使ったなと思うけど、すっきりした。
ただこのことを夫や友人には話せないなと思う。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
372: 名無しさん@おーぷん 2016/01/29(金)10:22:54 ID:ULL
10年以上前のことだから時効かな。でも墓場まで持ってく。
職場の同期にAって女がいて、そいつのことが大嫌いだった。
学歴も容姿も全く敵わないぐらいAの方が上だから
こっちは張り合うつもりなんてサラサラないのに
いつもやたら絡んできて小馬鹿にしてくる。
身に付けているものからお弁当の中身まで。
彼氏を見られて馬鹿にされたこともあった。

ある時、週末に仕事が終わってから友達とご飯食べに行って
夜の11時頃になった。
駅のロータリーで母の迎えの車を待っていたら
べろんべろんに酔っ払ったAが歩道橋の階段のところで
パンツ丸出しで胡坐かいて寝てた。
お酒好きで飲まれるタイプらしいとは聞いてたけど
こんなみっともないタイプだったのかと呆れた。
声は掛けなかった。
みっともない姿をみんなに見て貰えばいいwと思った。
その後、母を待ちながらチラチラ見てたけど全然起きる気配なし。
そのうち、ワンボックスからガラの悪そうな男が3人出て来て声を掛け、
何を言ってるのか聞こえなかったけど、
起きたAは男に向かって敬礼して、キャッキャ言いながら乗って行った。
他にもロータリーには人がいたけど、誰も何もしなかった。
正直、下手に声を掛けるには怖そうな男たちだったし。
週明け、Aは出社してこず、そのまま退職した。
体調を崩したという理由に一応してたけど
たぶんやられたんだと思う。
声を掛けて、母の車で送ってあげれば良かったんだろうけど
そんな気持ちには全くなれなかった自分の心は
あの時悪魔が巣食ってたんだろう。
でも恐ろしいぐらい後悔はしてない。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
533: 名無しさん@おーぷん 2017/02/04(土)12:40:31 ID:wFw
復讐心だけをエネルギーに生活していたこと。

昔、外資子供用品系メーカーに勤めていて、結婚したらいじめにあって
あることないこと社長にいわれて退職させられた。

そこは、独身女性の女子会大好きグループが牛耳る会社で、週いちで女子会
をしては派遣さんや他の人の悪口ばかり言っていた。
自分が結婚するときも「そんな日本人の旦那やだ。うちの商品は日本人顔には合わないよ」
とか「私は外国人と付き合っているからハーフの子を産むつもり、うらやましいでしょ?」
とかどうでもいいことを言われて幻滅し、やんわりと女子会的なものを
断るようになったら、いじめが始まった。

それで結婚式1か月前に社長に嘘の情報を吹き込まれ辞めさせられた。
あれは絶対結婚式をぶち壊そうと目論まれたんだと思う。
当時は弁護士に相談に行ったりいろいろしたけど「若いから新しい職場を、、」とやんわりと
諭されるばかりで、もう疲弊してそのまま退職。

その日以来、心療内科のお世話になりつつ、でも「絶対あいつらが掴めない幸せを
全部掴んでやる」と心に決めた。
彼女たちは35超えの独身女性だった。銀座、日本橋の雑誌に載っているレストランに
大群で行って女子会をしている外資系のきらびやかな自分に酔っている典型的な人だった。
雰囲気のいいレストランで騒ぎすぎて注意もされていたけど。

だから、転職活動では彼女たちが羨むようないかにもな好立地で好条件な職場を探した。
そのためにスキルも取得した。甲斐あって、希望の職場で管理職として採用された。
それから間もなく心療内科も卒業し、必タヒで働き忙しかったけれども充実感もあった。
そしたら、妊娠が分かった。
会社に言ったらまたいじめられるんだろうかと心配したけど、みんな祝福してくれ
体調が悪い日なども、みんな助けてくれて涙が出た。

彼女たちがまだ手に入れられていないものを手にしつつあるな~とその時は優越感すらあった。
彼女たちがよく行くレストランに行ってドヤ顔してみようかな?とも思っていた。

今となってはそんな感情を持っていたなんて子供に申し訳ないと思う。

でもある時ふと、Facebookでその独女を発見しチラっと見たところ、相変わらず日本橋で
晩飯をもりもり食って写真あげてた。外国人の彼氏はまだいたけど結婚はしておらず
これから結婚したとしても出産できない年齢になっていた。

なんかこの人たちこうやって朽ちていくのかな~と思ったらどうでもよくなって
自分が復讐心を活力にしていたことがバカだったのかなと思うようになった。

そんなどうでもいい人に向けた復讐心をずーっと持ちながら数年間生活していたなんて子供にも旦那にも言えない。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
407: 名無しさん@おーぷん 2016/11/17(木)11:20:31 ID:2u6
昔、私に続く二人目の事務員として雇われてきた年上のおばちゃん社員をいびって辞めさせたことがある

最初から苛めてたわけじゃないんだが、
社員のくせに同年代のパートさんとばっかりつるんで甘い対応ばっかりしてたのと
パソコン使う事務職志望なのに不具合があるとすぐお手上げ状態(実際本当にお手上げしてた)になってたのにイライラしてたところに
ある日おばちゃん社員の知り合いがたまたま事務所に来た時に、雑談で「まあもうすぐここのヌシになるから(笑)」と漏らしていたのが私の中で引き金になった

わざと相性の悪い職員と組ませてミスを誘発したり
「そんなの一般常識でしょ」ということでも、その人が苦手だったり詳しくない仕事内容なのを知ってた上で任せたりして
ギリギリ「まあ私さんも監督不行届きだけど、仕方ない部分もあったよね。あの人できなかったもんね」で済むレベルの嫌がらせを日々積み重ねて
じわじわ追い込んだ結果2年余りで退職

元々あんまり仕事できる人じゃなかったみたいだから、尻尾捕まれずに済んでラッキーだった

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
6: 名無しさん@おーぷん 2016/07/09(土)00:28:09 ID:6px
旦那にも娘にも知られちゃいけない過去吐き捨て

昔務めてた職場に気に入らない女がいた
女子高卒業してすぐに入社
いつも体の前で両肘をくっつけるようにしてもじもじくねくねしてて
男性社員や上司の前では過剰なまでに溌剌として健気に頑張る自分をアピール
だが女性社員の前ではくねくねしながらヘラヘラ笑い
「私、なんにも知らなくってぇ」を口癖にして何にも仕事を覚えない
休憩時間は平気でオーバー、会議では爆睡、掃除させようとしたら「掃除ってしたことなっくてぇ」とヘラヘラするだけ
その女の無能はすべて教育係の私のせいにされた

腹が立ったから、こっそりその女の仕事上のパートナーに職場で一番の地雷をあてがった
地雷は典型的な「昔やんちゃしてた俺カッコイー」と勘違いしてる50代
その年齢で正社員ではなくアルバイト、謎の上から目線の説教と自分語りが大好き
男の前では素直で健気かつ薄っぺらな自慢を何でも聞いてくれる女を地雷はすぐに気に入った
そして女も地雷に仕事のミスを庇われたり何かとちやほやされることに味を占めたのか、職場では常に地雷と一緒に居るようになった

よっぽど相性がよかったのか地雷はそこからほどなくしてその女を孕ませた
どちらも独身とはいえ、女は成人式も迎えてなかったはず
私はとっくに退職し引っ越ししてたので全てはまた聞きだが
職場に女の父親が殴り込んできて結構な騒ぎになったらしい
そりゃ女子高にいれて可愛がってきた娘が
父親より年上の小汚くてヤニ臭いオッサンを連れてくりゃ発狂するわなーと
けどまあ、なんにも知らない、知ろうともしない世間知らずに育てたのは女の両親だし
結構お似合いだったんじゃないかな?って今でも思っている

続きを読む

このページのトップヘ