注目の人気記事

義父

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
735: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/12/07(土) 11:08:20.19
先日、義父が亡くなり葬儀でけっこう泣いた

葬祭センターで葬儀をしたんだけど、トイレに入ったら義弟嫁が後を追って来て
開口一番、「お義姉さん、ちょっとやり過ぎですよ~ 引くわ~」と言って来た
なんの事かと尋ねたら、「そんなに泣いたところで遺産の分配は変わらないんだから白々しいですよw」だって

私は単純に良ウトですごくよくしてもらってたから悲しくて泣いてただけだったのに
その義弟嫁の発言にビックリしたけど、それ以上に
「でも親としては泣いてくれる嫁のいる所にたくさんあげたくなるわよね~」と
トイレの個室から颯爽と出てきた義母にビックリした
義弟嫁の顔、まさに鳩が豆鉄砲をガドリング砲で食らったような顔だった

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
897: 名無しさん@HOME 投稿日:2014/03/27(木) 10:51:08.44
義兄嫁と2ヶ月違いで出産したんだけど、義兄嫁は里帰りから戻って1ヶ月たたずに
実家に戻り、それから1ヶ月自宅で過ごしたら2ヶ月は実家で過ごし、義兄が休日に嫁実家に
通ってる。しかも嫁帰省の間、義兄宅の家事と犬の世話は義母が通いでしててるもんだから
家族が集まると義父が「私ちゃんは一人で育児して偉いよね、いつでも頼ってね」と露骨に私だけほめる。
そのせいで義兄嫁に嫌みいわれたり、無視されたり…巻き込まないでほしいよ

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
915: 名無しさん@HOME 投稿日:2014/10/07(火) 08:04:41.00
今年ウ義父のお兄さんが亡くなられた。
コトメが日曜に我が家に凸してきて「喪中ハガキ印刷するんでしょ?
私の分も一緒に印刷して。」と住所録が入ったUSBを渡して来た。
「喪中?誰か亡くなったんですか?」と聞いたら
「伯父さんタヒんだじゃない。葬式行ったでしょ?嫁さんそんな物知らずで
大丈夫?喪中ハガキって知ってるの?」
旦那が「伯父さんなら喪中じゃないだろう。」と言ってくれたけど
「夫婦して本当に馬鹿なんだね。父さん達も喪中だって言っていたんだよ。
聞いてみて叱られなよ。」とUSB放置して意気揚々と帰って行った。

二人でググってみたけど、諸説あるらしいが「おじ・おば」は同居していた場合が
多いみたい。旦那が義父に電話して聞いたら「自分は兄と仲が良かったから
自分だけ喪中。妻(義母)と子供達は喪中じゃないから年賀状出してもいいよ。」と
言っていた。コトメが喪中だと言い張って喪中ハガキを印刷しろとやって来たことを
言ったら「叱っておくよ。」と言った。
罵倒されてむかっ腹が立つのでここで吐き出させてもらいました。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
112: 名無しさん@HOME 投稿日:2010/12/16(木) 14:52:10
義父が亡くなってすぐ主人(46)の妹(40)が
「お父さんから毎月もらってた十万無くなると困るから
これからはお兄ちゃんが代わりにちょうだい」
義妹の夫(47)も同調

十万もらってたことにもびっくりだがこの発言には呆れた
もう三年位会ってない

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
470: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/10/07(日) 00:29:38.03
1/2
父が幼少期に亡くなり(父に関する記憶はない)、
私が小学生の時に、母には再婚しようという相手ができた。
その男と何度か会った後、母と私は一緒に暮らすようになり、
そこからいろいろ辛かった。
しばらくは、私が慣れないだろうからと未入籍(結局最後まで)で
相手のことをおじさんと呼ぶことになっていたが、
数カ月後には「お父さん」と呼ばなくてはならなくなった。
その男や母から明示的に無理強いされたわけではない。
でも、そうしないといけなかった。混乱した。
引越しした辺りで、それまで親しくしていた祖母や叔父叔母と疎遠になった。
一度、引越し先に叔母と祖母が私の自転車を届けに来た日があり、
その夜「なんで来たんだ?お前が何か言ったのか?」とその男から怒られた。
ただ自転車を届けてくれただけなのになんでそんなに怒られるのかと第一の修羅場。
どうやって乗り越えたのか覚えてない。
あと、別の名前で呼ばれるのがアイデンティティ面での修羅場だった。
例えば、元の名前が「山田明子」だとしたら「山子」と呼ばれ、
3人で出かけて私が名前を書く必要があるときには
「男の苗字+山子」と書かされた。
転校と重なったせいか、不眠になったり
夜中に衛星で生中継やっていたオリンピックをぼーっと見ていたのが
この当時の一番の記憶(母に見つかったときは早く寝ろと怒られたけど)。

 
続きを読む

このページのトップヘ