キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

義実家

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
77: 名無しさん@HOME 2015/01/15(木) 12:16:57.30 0
旦那実家に同居中 義父 義兄 義妹 犬1 猫2
娘と旦那と妊娠中の自分で暮らしてるんですけど…

ペットを飼うなら、もっとちゃんと躾けろよ と思う。
犬は糞尿垂れ流しでトイレもまともに出来ない→隣の部屋に居るから悪臭が酷い
義妹が部屋に居ないと無駄吠えが酷い→娘が昼寝してても起こされてギャン泣き
猫は義父達が寝てる部屋に隔離されてるからまだマシ
だけど、自分達から奪っていった猫の面倒が雑で返してと言っても聞かず…

下の居間で料理してる時に、義父が部屋に来て
娘も妊娠中の自分も居るのに平気で煙草は吸う。
仕方ないから寒いけど換気扇まわしてます。

最近、こーゆー行動が多過ぎて我慢の限界なんですけど…
うちの義父ってか義実家っておかしくないですか?

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
51: 名無しさん@HOME 2015/01/14(水) 17:01:48.28 0
1/2
これは人によるんだろうけど、うちの義実家は旅行というと帰る道中も
びっちり一緒じゃないと気が済まないらしい。
別居だから、それぞれの自宅から、それぞれの家の車で出かけてるから
帰りくらい車2台で一緒に行動しなくてもいいと思うんだけど…。

最初は現地解散ってことだったから、ウトメと一緒に来た独身義兄に
帰りにどこ寄るのか聴かれたときは
「○○ですけど遠回りですから私達にはお構いなく。」と答えたのに
同行していいかも聴かず、義兄は一緒に行くと勝手に決めたらしい。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
427: 名無しさん@HOME 2014/09/30(火) 18:49:24.75 0
アラフォー同志見合結婚して約1年。
今の賃貸は環境的にイマイチ。
共働き、お互い資格職で世帯収入は安定しているし
いっそ家を買った方がいいと夫と決めた。
家購入の意思を義実家に伝え、探し続けて数か月。
財布とも折り合いのつくいい建売を見つけたので購入を申し込んだ。

当日義実家に報告したところ、姑が大爆発。
主人を電話口で罵ること30分ほど。
「結婚してまだ時間も立ってない、子供もいない。
男女の仲なんていつ別れるかわからないのに、家を買うなんて。
どうせ嫁の差し金だろう。勝手なことしてけしから」
ハンズフリーでもないのに、隣室まで騒音が聞こえてきて何事かと思えば
上述のような事を延々と怒鳴ってた。
静かに電話を代わり、黙って主張を拝聴した後、反撃。
「家を探しているとだいぶ前からお伝えしているはずですが。
見合い結婚で、そう簡単に別れるとお思いですか。
いい歳になって、息子の選択を信用できないんですか。
嫁の差し金と仰いますが、夫婦で話し合って決めたことですが。」

姑、怒りの電話ガチャぎり。以後会ってません。
主人が実母の言い様にショックを受け、建売購入はケチがついたのでキャンセル。
あんなに仰ること無いのにと主人を慰めつつ、
ほとぼりが冷めたころにいい土地、いいハウスメーカーがあるのよと提案。
義実家から距離がある所に注文住宅を建てることとあいなりました。
(´ω`)義実家との距離って大事よね。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
12: 名無しさん@HOME 2014/11/21(金) 08:24:51.82 0
いちおつ
テンプレが変わったので投下

夫姉(コトメ、鬼籍)の娘が嫌い
コトメは10年以上前に亡くなっていて、当時小学生だった男女のコトメ子をウトメが引き取り
コトメとは15歳違いの夫と兄弟のようにして育った
姪とはいえ事実上小姑ポジションでいちいち面倒くさい
私は夫より2歳上なんだけど
「おばさ…あ、違った、おねーさん(ニヤニヤ」
みたいな事が積もり積もって今では顔も見たくない
最近婚約解消したそうでかまってちゃんぶりが激しく
夫がちょくちょく義実家に呼び出される(ほとんど行かないけどね)
婚約解消の原因も何かにつけてお兄ちゃんガーとやらかしたのが原因らしいし同情はできない

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
48: 名無しさん@HOME 2014/11/23(日) 12:44:56.72 O
義兄しかいない実家に、お正月に行きたくない。行きたくない。行きたくない。

続きを読む

このページのトップヘ