キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

義実家

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
229: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/05/16(木) 10:03:17.33
第1子妊娠中なんだけど、義実家べったりで甥姪を義実家に預けっぱなしのコトメに
「嫁子ちゃんの親御さんも喜んでくれるよ、やっぱり実の娘が産んだ子はかわいいって言うからねー」
と先日言われてイラついてる
義両親にとってはコトメの子供>嫁(私の子供)ってか。ふざけんな。同居解消してやろうか

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
839: 名無しさん@HOME 投稿日:2014/03/20(木) 08:10:50.78
遠方で既婚のコトメ(姉)子供中学生一人が離婚して地元に戻ってくる。
義両親とは弟夫婦である私達が同居して、義父はすでに看取って
数年前に亡くなり、義母は五年ほど自宅で介護していたけど
要介護5になりやっと施設に入居できて、ほっとして家族で旅行とか
出来るようになったのに、部屋が空いたのならそこに住むから
ぬかしやがった。義両親の介護が大変な時は、自分は遠方で子供もいるからと
一度も身に来なかったくせに、楽になったら転がり込もうなんて。
旦那が断った。そうしたら「そこは私も相続権のある家だから、住む権利もある。」と
言ったそうだよ。
だったらこんなぼろ家要らないので、今年の春長年介護で断っていた転勤を受けた。
義母の施設の身元引受人もコトメに替えてもらったし、せいせいと旅立ちます。
コトメは義実家で昔の帰省時みたいに、上げ膳据え膳の生活ができると思っていたんだろな。
転勤することも知らせずにさくっといなくなります。コトメ親子は子供が春休みになったら
引っ越してくるんだってさ。私達はすでに義実家にはいないし、コトメは鍵もってるし
問題ないでしょ。ちなみに義実家は亡くなった伯父の名義だった。だから今は従兄の名義です。
従兄は貸した義両親が亡くなったら更地にしたいのでと、立ち退きも言われていたし
私達も出て行くつもりはあったしね。従兄には転勤になったので、あとはコトメが住むから
立ち退きはコトメに言ってくれって連絡しておいた。
勝手にリフォームできないから、結婚してすぐに義父が病気になって要介護で
完全同居でかなり苦労しました。今度の新居は新しい借上げ社宅で子供と共に
新しい設備でウハウハしてます。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
545: 名無しさん@HOME 投稿日:2014/04/09(水) 12:06:00.65
義両親もその周囲の親類も気が効いてきちんとしてるタイプの義実家で
一人だけ毛色の違う妹コトメ
とにかく自分の欲望が最優先というか、思いやりがないというか
幼少時のエピソードからしてなんだか普通じゃない。
ロールケーキを切り分けてみんな端から順番にとっているのに
コトメは中心部分の一番太くカットされたのを抜き取って
「みんな端からとってるのに何やってるの」と怒られたら逆ギレとか
小学校の修学旅行から帰宅したら家族へのお土産は一切なしで
じゃあその菓子折りは何?と聞いたら「これは自分用のお土産だから」と
菓子折りを隠して自分一人で食べたとか

昔は義両親や兄姉も「それじゃいかん」と必死に色々言い聞かせてたらしいけど
どれだけ言い聞かせても年齢を重ねてもまったく変わらないから
親兄弟からも「もうあれは駄目だ」と匙を投げられている
実際、年に数回しか会わない私でも「うわあ…」と思うくらいふてぶてしい人
簡単にいえば、義務は果たさないけど権利だけ主張する
そして自分には贅沢するけど他人にはびっくりするくらいケチ

一度、我が家の近所で資格の講座を受けるからと頼まれて二晩泊めたことがある
旦那も本当は嫌そうだけど何度も頼まれて
「お前に迷惑かけるが頼む」と頭を下げてくるから引き受けたけど
泊まりに来たコトメ、なんと手ぶら

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
883: 名無しさん@HOME 投稿日:2014/05/07(水) 18:10:29.06
義実家寄生コトメは旦那と年が10離れてるんたけど、念願の女の子らしくベタベタに甘やかされて育ったらしい。
だからかなりのお姫様気質。私に対しても言うこと聞いてくれて当然という態度。
さらに仕事が全く長続きしない。最長3ヶ月。本人曰わく
「なんか違うんだよね、あたしに合う仕事が他にあるはず。」だとさ。
まぁ、ワガママはスルーすればよかったし(不機嫌にはなられたけど)、旦那への「お小遣い頂戴(ハァト)」も旦那が断っていたし
害はなかったんだけど、義両親から「私達がいなくなったらコトメちゃんのことお願いね」
コトメからも「結婚できなかったらお兄ちゃんよろしく(ハァト)」って言われていて、
それも旦那が「いい大人の世話なんかするわけない」って義両親とコトメ本人にも言ってくれていたけど
ちょっと不安ではいた。

ある時私と旦那で義実家に行った時にたまたま友人から趣味のお誘いが。
旦那に行っていいか確認したらコトメがその趣味に興味を持ったらしく「あたしも行きたい!」と。
いやいや、私の大学時代の友人達だし、あなた部外者じゃない。と断っても「すごく行きたい!お願い!」
と頼まれ倒されてしまって、友人達に確認してコトメ同行を許可してしまった。
そして当日、友人の一人にコトメが一目惚れした。
コトメは恋をすると猪突猛進するタイプで当日にメアド交換して、その後もグイグイ押し切って交際にまでこぎつけた。
当時の私達の年齢は40ぐらい。コトメ彼氏がかなり結婚を意識していたみたいで
とんとん拍子に結婚話まで出てきた。そしたら義両親大反対。理由はコトメ彼氏が農家跡取り長男だから。
そんな中私はコトメに「がんばって!私は応援しているから!」って煽ってた。
性格悪いけど、早く片付いてくれって思ってたんだよね。
私の応援が効いたのかわからないけど、少しも折れないコトメに義両親が折れた。
その後コトメは結婚して、コトメ夫実家に同居で家業(農業)の手伝いをする事になった。
寄生先が出来てホッとしたが、正直いつか出戻ってくるのかなぁ、と不安だった。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
252: 名無しさん@HOME 投稿日:2014/04/24(木) 06:01:56.73
ムカつくってほどでもないけど。

結婚して義実家を出てる小姑。
私達夫婦が義実家にお邪魔してるときにたまたま帰ってきて出くわそうものなら、もぅ大変。

なんで連れてくるのふじこ!
いるならいるって言えよふじこ!
いつ帰るの早く帰れふじこ!

私に直接ではなく、旦那をキッチンに呼びつけて大声で言ってる。対面式のキッチンなのでリビングにいる私はもちろん聞こえる。

なんだかなぁ。
なんで嫌われてるのかは謎だが、自分の実家に自分の嫌いな人がいるってのはそりゃ気分悪いよなぁ、と小姑が可哀想になる。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
239: 名無しさん@HOME 投稿日:2014/04/23(水) 20:30:27.46
うちのコトメも実家寄生で本人は月10万も稼がない(本人談)パート
元旦那から振り込まれる養育費は手付かずで貯金してるから大丈夫!となぜかドヤ顔で語るけど
その養育費というのが子供二人に対して月3万
年に36万溜まってるとしても、いまの仕事は交通費さえ出ないパートで
寄生してる親に何かあったらその程度の貯金
たちまち底をついて困窮するのは目に見えてるのに
しかも東日本の人間なのに兄弟がお前これからどうやって生きてくつもりだと聞くと
「なんくるないさー」としか言わないのがほんとモヤッとする

まあ結局は親が甘いんだよね

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
861: 名無しさん@HOME 投稿日:2014/05/29(木) 09:15:15.26
元義妹の話で、出てくる義実家の人間は全員元が付きますが面倒なので
元だと思って読んでください。お願いします。
義実家の人達、特に義母は人当たりがよくて社交的な人達。
結婚して義実家に敷地内同居して気が付いたのだが
義実家の人たちは、家族の誰かをターゲットにして下げ続けて家族の和を計るというか
義母の機嫌を取り結ぶということを普通にしていた。

私が家族になる前のターゲットは義妹だったらしい。義妹のすることはなんでも
軽蔑の対象で「あんなことしてる。本当におかしい。」と言う感じ。
だからか義妹は、おどおどして人の顔色をうかがう子でした。
私が同居してからは、ターゲットは私になりました。最初これは嫁いびりかと
思ったのですが、嫁いびりと言うより、なんでも私を下に見てみんなでそうだねーと
同意している。主犯は義母で義父はATMでほとんど家には寝に帰るだけ。
兄妹は長男の主人と義妹とその下に義弟の三人兄弟で、主人は二人きりの時は
普通なのに義実家の人たちがいると一変して一緒に私を下げることに全力を尽くす。
それによって義母が笑うとほっとしたように一緒に笑う。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
431: 名無しさん@HOME 投稿日:2014/05/15(木) 21:28:32.55
正月に義実家に行ったら、コトメが玄関で待っていた。
いきなり箒投げて来るから受け止めたら「あんたがする掃除の分残してあるから。
さっさとやって。母さんが腰痛めて何にもできないの知ってるのに
よく知らんふりできるよね。さっさと掃除してご飯作って。」だと。
旦那を振り返ると旦那が
「姉さん何を言ってんだよ。母さんが動けないから正月は特別なことをしない。
掃除も12月頭にダ○キン入れただろ。何を今さら言ってんだよ。
姉さんだって家に居てもご飯一つ作ってくれないって母さんが嘆いていたぞ。」
とコトメに言い返した。

それから和室から這うように義母が出てきてコトメをしかりつけるやら
義父もコトメに説教始めるやらで、むちゃくちゃになってしまった。
子供にこれ以上見せたくなくて、私と息子だけ先に帰って来ました。
夜になって旦那が帰って来て言うには、前からコトメは私が義実家の家事とかを
手伝わないことをずっと怒っていたとか。
義母が「別家庭で仕事も持ってる嫁さん(私ね)に何をして貰うことがある。
するなら家から勤めに出ていて、生活費も入れない自分でしょ。」と
ずっと堰き止めていてくれた模様。旦那には義母から話があったらしい。
私の耳に入れないように、みんながしてくれたんだが
仕事頑張っていてエリアマネジャーになったコトメに対する私の尊敬が消えうせたよ。
実は職場は違うけど、コトメと会社は一緒なんだ。私は子供に時間を取られるからと
地域社員に変更して、産休・時短と取ってすでに上には上がれない。
コトメは女性が働きやすいようにと、会社のやり方にいろいろと上に交渉してくれて
女性社員の頼りになる人だったから、実はこんなこと考えていたのはすごくショックだよ。

それでも義両親は好きだから、正月自分の休みの間は義実家の家事を手伝いに行ったよ。
今は正月でもスーパーは空いてるから、正月らしい献立にしてね。
義両親は喜んでくれたけど、コトメはふて腐って部屋から出てこないで二日から出勤してた。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
148: 1/2 投稿日:2008/09/28(日) 09:05:05
子が生まれてはじめての帰省。
義実家に挨拶に行って初披露。
今年は亡くなった爺様の○周忌ということもあり、旦那の叔父一家も帰省。
結婚式の時に叔父夫婦とはお会いして挨拶を交わしていたけれど、
従姉弟さんに会うのは初めて。

ちなみに旦那の一族は叔父一家を除いて全員地元民。
(一族Q州 叔父一家 大阪)

久しぶりに一族が勢ぞろいして皆フィーバー。
用意してあったお酒と仕出しの食事がすごい勢いで胃袋に吸い込まれていった。
そんな中酔っぱらった義実家男衆(一部)からの【公開母乳ショー】要請。

頼りの旦那は、お酒を飲んでいなかったのが災いしてコウトと買出しに行っていた。

叔父夫婦や何人かの女性が止めてくれても酔っ払って聞き入れず。
どうしたらいいのかわからず、パニックになって泣きそうになっていたら、急に肩に手を置かれ
「うっわ~wwおっちゃん等、それセクハラやで~ww」という声が頭上から聞こえた。
(誰!?)と仰ぎ見れば、旦那の従妹(叔父一家の娘さん)だった。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
768: 名無しさん@HOME 投稿日:2009/03/03(火) 17:45:14
義実家に半年ぶりに顔出したら、トメに
「夫の実家にも顔出さないで!今日はキリキリ働いてもらいますよ!
嫁としての務めをちゃんと果たして頂戴ね!
お正月にも来ないで!全く!」
あ~あ、だりぃなだから来たくなかったんだよ…とうんざりしてたら
「返事っ!!」と言われた。
夫が怒りの形相でこっちに歩いて来て
(ああ~来た早々またケンカか~…)と思ったら、
後ろからコトメが

「お母さん、あんた何様?」

シ~~ンと静まり返り、我に帰ったらウトと夫がトメにギャンギャンと文句。
トメはいつもの勢いが無くデモデモダッテ。
コトメは素知らぬ顔でコーヒー飲んでた。
最終的には(何度も聞かされたが)いかに自分が大トメに仕えてきたかを半ギレで語り始め、
またコトメが

「お父さんとこのお婆ちゃんなんて数える位しか会ってないけど?」

トメ「娘に裏切られるなんて!」って謎の逆ギレかまして逃げたw
またシ~ンとなり、コトメが「お茶でもいれますか」
コーヒー苦手な私には紅茶が出て、コトメお勧めのお店のケーキを食べ、
和気あいあいとお茶を飲み、帰ってきたが
帰り際、夫がまだ学生のコトメにお小遣い渡してたw
上乗せして私もあげといたw

ウトとコトメにだけ妊娠報告をしたが、
二人ともトメには内緒にしてくれるそうだ。

続きを読む

このページのトップヘ