キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

義実家

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
898: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/10/26(金) 17:06:51.39
義実家に帰省するのが嫌。
うちの帰省にあわせて、義兄一家が帰省してくるんだが、
義兄嫁が義兄をとにかくおとすんだよね。
食事中も義兄がなんか言うたび、
「黙ってたら?」
「そうじゃないでしょ」
んで、しまいにゃ、盛大なため息。
すごく雰囲気悪くなるからやめてほしい。
義両親も、うちの旦那も義兄嫁に何も言わないし。
イジメみたいなことが、目の前で繰り広げられて、胃が痛くなる。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
370: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/10/17(水) 21:51:06.89
見栄っ張りの義弟嫁が変な保険屋を招き入れ、
義実家の生前贈与とかの話しをしてるらしい。
この保険屋は夫婦でかなり悪徳で在日系。
自分も含め知人達もこの一家とは関わりたくないので、
相手の逆鱗に触れぬようフェードアウトしている。
お願いだからこれ以上義実家の内情を教えないでくれ。
我が家のことも筒抜けになってそうで恐い。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
1640: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/12/02(日) 13:40:00.61
ご意見お聞かせ下さい。
旦那と私は同じ会社で不定期の休みのサービス業です。
義実家では正月は元旦に親戚が集まり宴会をします。
結婚して二年なのですが、今年の正月は私が三が日勤務だったので
旦那一人で行ってもらいました。
様子を見て貰ったら、義母は座って親戚と話をして台所は義兄嫁と
三男嫁がやったいたとこ事でした。
今年は三が日外してもらおうと頑張ったのですが、産休の人が立て続けに
出て私も旦那も休みが取れそうにありません。
こういう時義兄嫁と三男嫁にお詫びした方が感じいいですか?
うち以外子供がいるので、今年は旦那がお年玉をあげたのですが
今年は年明けてから現金書留で送ろうかと思っているので
それに何か同封したほうがいいですか?

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
1496: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/12/01(土) 13:13:56.74
今更な話で義弟嫁が怒ってる。

10年前に私と夫(長男)が結婚した時、結納はしないということにした。
うちは父が10人兄弟の7番目、母が8人兄弟の7番目ということで
家柄とかしきたりとか、全く眼中になかった人だったので
「やらなくていいものならやりたくない」と言われ、
義両親もそれを承知してくれた。

7年前に結婚した義弟(三男)は、相手側から結納をしてほしいということで
料理屋の一室を借りて仲人も立てて、きちんとしたものをした。

最近になって義弟嫁がある掲示板で
「結納なんて人身売買みたいなもので、やったら最後、義実家の奴隷と一緒」
のような書き込みを見つけて、怒り出した。
「お義姉さんはずるい。自分だけ面倒事から逃げた」
というのが彼女の言い分。

でも、私は義実家で同居。義母亡きあとは冠婚葬祭の一切を私が仕切ってる。
義母の法事にすら理由もなく欠席する義弟嫁に
ずるいと言われる筋合いはない。
それよりなにより、バカはネットを見るな。
簡単に感化される奴は、にちゃんを見るな。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
1144: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/02/01(金) 17:07:27.75
義兄嫁は「電車と自転車でどこでも行けるから免許なんていらなあい、車がいるなんて田舎の生活だわ(プゲラ」だったのが、義兄が失職して、義実家に同居になった。
まさに「田舎の生活」になって自分だけ自由な足が無くて発狂してる。

40過ぎて免許取りに行く元気もお金もないし、ウトメに車に乗せてもらうと自分の行きたいところにいけないから嫌なんだっよって私に連絡してくる。
「私子さんが出かけるときは”ついで”に乗せてね」としつこく「そのうちね~」でスルー3年目突入。
何回かごねて、泣いてようやく嫌われてスルーされてるって解ったのか、年賀状に「今年こそ一緒にドライブしたいです(はーと)ちゃんとガソリン代
も用意したよ(はーと)」と書いてあった。
買い物のついで、がドライブになってるのは何でだ?ガソリン代をタクシー代にして一人で行けばいいのに。

続きを読む

このページのトップヘ