キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの 2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

縁談

    このエントリーをはてなブックマークに追加
 
704 :キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ- 2018/02/05(月) 11:56:34 ID:/Xgz56eY.net
知り合いから頼まれて、知り合いAの行き遅れの娘Yの縁談の世話をした。
釣書の書き方すら知らないやつだったので、釣書家族書の作成から実際に相手に会うまで
全部手伝った
お陰で上手くいって知り合いの娘も40歳手前にしてやっと初婚になった。
が、見合いの時も含めて一切お礼無し。表向き仲人になるはずだが結婚式の招待もない。

近頃はお礼すら出来ないんだねぇって別の知り合いと話していたら、そこからAに話が行った
らしく、先日AとYが家に怒鳴り込んできた。
曰く「お金とかお礼目的で縁談の世話しているんですか?最低ですね。陰口言うのも最低。」だそうでw

二十代だと実はお礼なしどころか、逆に早く紹介しろと言ってくる常識を超越したのもいるからあまり
気にしていなかったが、還暦を超えた親が一緒に怒鳴り込んできたのは衝撃だった。
そういや、ボランティアは無償だから好きに使っていいなんて考えるのもその辺の世代だよな。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
542: 名無しさん@おーぷん 2015/10/08(木)20:26:56 ID:Ltf
やっぱ年下に拘る男性って、どこか問題あるよなと感じで思い出した
昔私は親が決めた相手と3年ほど結婚してました。その時の生活が黒い過去。
相手は41、私は22、3。

お見合いも泣きながら嫌がって(目の前に現れたのは葬式臭発する父よりジジ臭い男、祖母ぐらいの母親だもの)
行われたがそれでも相手から縁談話を進めてくれと言われ結局入籍。
今の時代でこの年齢ならいくらでも逃げられたんだろうが、携帯もない、学生時代アルバイトが気軽に出来たような環境でも時代でもなかったので蓄えはほぼなし、一部を除いて
高卒で腰かけ数年やって結婚がデフォな時代だというのを踏まえて読んでくれ。

相手側の親戚や仕事関係の人に紹介されてもひたすらダンマリ。
恋愛もしないまま、好きなる保証もない男の子を産むなんて絶対に無理!と考えたら止まらなかった
凄い態度の悪い嫁(実際数人に「若いと思ってつけあがるな!」とお叱りの言葉()を頂いたw)として生きることを心に誓った!
初夜はトンズラ昼近くに帰って遊び歩いたアピールこれは以降も続く、2日以降はそれらしい雰囲気になれば虐待されてる系の大声の金切り声を上げ、「実はレィプ被害に遭っていて×××がズタズタで見た目だけ手術して治した」
「妊娠出産できないかも知れない…」
「父親にもひどい目に遇わされていた!男性が恐ろしい!!」と泣きながら話す。
男も男の母もドン引き、それ以来私は男の母と寝る事になった。
すべて嘘、嘘泣きは昔から得意w
それでも男と1つ屋根の下に住んでることには変わりはないので熟睡出来なかったし、男の母が突然留守にする夜が数回あった時は1時間ぐらいしか寝れなかった。
(男の母が金管理で私はニート(主婦って仕事してないから)だったので自由になる金はない)
お陰で処女のままでした。
3年目の正月に慌ただしい家族の隙をついて車の鍵を捨て、やっと場所がわかった貴重品と金庫のお金と家族の財布を拝借し遺書らしいのと緑の紙記入ずみを置いて逃亡。
もちろん、実家には戻らず(当たり前)2つ離れた県で有り金に頼らずひたむきに働いて生活していたら今の旦那と知り合い結婚。
(調べたら離婚は成立してた)何度か住民票を移したせいか×がついてなかった。
不思議で調べたら意味がわかったけど。
両親に対しては今まで育ててもらった恩を多少ながら感じでいたが
娘を売る飛ばすような行動には怒りを通り越して杀殳意を感じた。
両親としては自身も年の差で理解があって裕福な家に嫁に行くのは幸せだと思っていたようだが価値観を私に押し付けないで欲しい!

両親への復讐も考えたが自宅が更地になってたのでもうどうでもよくなった。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
76: 名無しさん@おーぷん 2016/08/24(水)12:12:51 ID:dmM
妄想癖のある母親とピーナッツ親子状態だった時代、近所のお兄さんの縁談壊しかけたこと。

母:「○○君(近所のお兄さん)、~~大学(MARCH)の法学部に進学したんだって」←これは事実だった
母:「○○君、~~社(大企業)に就職したんだって」←これも本当。うかれた○○君の祖母が近所に言ってたらしい
母:「○○君、あんたのこと訊いてたらしいよ。あんたに興味あるみたい」←これは母の妄想
母:「○○君、あんたと付き合って、行く行くは結婚したいって家族に言ってるんだって」←これも完全に母の妄想

私は、明るくて気さくな○○君に子供の頃から憧れがあり、浪人という名の身汚い実家引きこもり状態だったのに、
母の妄想を信じてしまいその気になってた。
父は昔から家にいても誰とも一切話さないので、私達の会話には何も言わなかった。
母がおかしいのにはその頃はもうやんわり気づいていたが、元々友人も作れず、実家で母としか話さない暮らしの中で、
母と親密な状態が切れずに、結局母の妄想に染まってしまった。

ある日、母が買い物から血相変えて帰って来た。
○○君の家に派手な車が泊まっていて、訊いたら○○君が交際女性を連れて実家に帰省してるという。
「○○君はあんたと結婚するはずだったのに!浮気したのね!!アバズ○にたらし込まれたんだわ!!
今から行って抗議してきましょう!!」と言う。
いつもの部屋着のまま母に腕を引かれて、車に乗って、○○君の家に行った。

そこまでは覚えてるのだが、その後の記憶がない。
近隣のうわさではやはり○○君宅には私達は乗り込んだらしい。
○○君やそのご家族は勿論すぐ基地外親子とバレたけど、○○君の連れて来た女性は、
怒ってその日は帰ってしまったらしい。
それを母親が喜び、その後○○君の家族が警察呼んだらしい。
そして母親だけが連れて行かれたらしい。

で、覚えてるのは、○○君の友人の友人だという謎の女性宅でその女性と話したこと。
おそらくカウンセリングとかのお仕事をしてる人だったのだと思う。
「○○君宅を訪れるまでどんな会話があったか」とか、普段の暮らしぶりとか、家族との関係とか色々訊かれた。
話してるうちに何故だか、「何もかもどうでもいいから早く両親と離れたい」と思うようになった。

父の姉にあたる伯母がいて、その人は昔から父母に色々意見する人で我が家には出入り禁止になってたのだが、
一連の出来事の後、この伯母が迎えに来た。
それ以来実家には帰らず、伯母の家で暮らして勉強し、短大を出た後就職して伯母宅を出た。

今は私は幸せに暮らしてて、本当は○○君にキチンと謝罪しないといけないのだとわかってるけど、
また近寄られたら心底不愉快に思うんじゃないかとか、○○君宅に行くには未だ実家のある街に行かないといけないとか、
色々考えてしまって結局してない。
帰ってしまった○○君の交際女性は、その後すぐ誤解が解けて○○君と結婚したらしい。
伯母は数年前病気で他界した。生涯独身の人だったので、私が見送った。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
633: 名無しさん@HOME 投稿日:2009/10/08(木) 09:08:59
うちの父親もムチュコタンだったな。
私が高2の時祖母伯父伯母と4人で勝手に私と従兄を結婚させると決めてきた。
従兄には無断だけど元から従兄の結婚相手は親戚で決めることになっていたからまあ従兄は問題ない。
私に父親が話す前にまず母親が大反対。
困った父親はちょっと回りくどい作戦に出た。
父親実家のそばにある某大学をとにかくほめちぎる。
確かに某大学は私のやりたい分野で有名。
偏差値も届いてた。
が、しきりに「父親実家に下宿して通え」と言うのに違和感を覚え、母親を問い詰めて縁談発覚。
父親に抗議すると「やりたい勉強のできる学部に行かせてやるんだから卒業したら結婚するぐらいの恩返しをしたっていいだろう」
やりたい仕事があるからその勉強がしたいんだけどね。
従兄と結婚したら家業のサポートに専念なんだけどね。
結局従兄は叔父の娘と結婚。
実家の合意があるから安心していびれると伯父伯母はご機嫌、従兄はなんでもいいらしい。

 
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
732: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/03/21(月) 14:18:34.53
うちの曾祖母は血縁の自分がいうのもなんだが、現在でもつうじるくらいの
美人で○○小町と言われて縁談の申し込みが多かったそうだが
あれこれ選り好みしているうちに曾祖母の父親が下手打って没落。
それでも身一つでいいから嫁にくれとの申し出を断り
気兼ねのいらない、遠縁の家に嫁入りさせた。

没落した曾祖母の父親は、今は身一つでいいからと言っていても
あとになれば何も用意しないでウカウカと嫁に来たといびりのネタに
されて、娘が苦労するのは目にみえている。
甘い言葉を真に受けるほど落ちぶれたくないと言ったとの事。

なんのかんので曾祖母は90代後半まで生きたから
曾祖母の父親は正しかったのだろうと曾孫の自分は思っている。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
 
732: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/03/21(月) 14:18:34.53
うちの曾祖母は血縁の自分がいうのもなんだが、現在でもつうじるくらいの
美人で○○小町と言われて縁談の申し込みが多かったそうだが
あれこれ選り好みしているうちに曾祖母の父親が下手打って没落。
それでも身一つでいいから嫁にくれとの申し出を断り
気兼ねのいらない、遠縁の家に嫁入りさせた。

没落した曾祖母の父親は、今は身一つでいいからと言っていても
あとになれば何も用意しないでウカウカと嫁に来たといびりのネタに
されて、娘が苦労するのは目にみえている。
甘い言葉を真に受けるほど落ちぶれたくないと言ったとの事。

なんのかんので曾祖母は90代後半まで生きたから
曾祖母の父親は正しかったのだろうと曾孫の自分は思っている。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
633: 名無しさん@HOME 投稿日:2009/10/08(木) 09:08:59
うちの父親もムチュコタンだったな。
私が高2の時祖母伯父伯母と4人で勝手に私と従兄を結婚させると決めてきた。
従兄には無断だけど元から従兄の結婚相手は親戚で決めることになっていたからまあ従兄は問題ない。
私に父親が話す前にまず母親が大反対。
困った父親はちょっと回りくどい作戦に出た。
父親実家のそばにある某大学をとにかくほめちぎる。
確かに某大学は私のやりたい分野で有名。
偏差値も届いてた。
が、しきりに「父親実家に下宿して通え」と言うのに違和感を覚え、母親を問い詰めて縁談発覚。
父親に抗議すると「やりたい勉強のできる学部に行かせてやるんだから卒業したら結婚するぐらいの恩返しをしたっていいだろう」
やりたい仕事があるからその勉強がしたいんだけどね。
従兄と結婚したら家業のサポートに専念なんだけどね。
結局従兄は叔父の娘と結婚。
実家の合意があるから安心していびれると伯父伯母はご機嫌、従兄はなんでもいいらしい。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
649: 名無しさん@HOME 投稿日:2009/03/08(日) 02:35:42
私はQ州の某県出身だけど、帰省した時に、ここで結婚しなくて良かったと
心底思った。

ケーキ屋に乳児と幼児を連れた婆さんがいて、椅子に座ってる。
待ってるのかと思ったら、平気な顔で嫁がここで働いているから、孫が
ママ、ママってうるさいから連れて来たんだと言って、居座っている。

Q州のその地では、農業が暇な時は嫁は現金調達のために働きに出される
ことが常識らしい。

ちなみに、東京にいるデブスの私にも、農家から凄い件数の縁談があった。
私が看護師という理由だけで、高給取りだと思われたらしい。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
992: 名無しさん@HOME 投稿日:2009/04/21(火) 00:25:19
埋めがてらに今日祖母から聞いた話を。

私(27歳)の隣に住む同い年の幼なじみのところに、先日42歳膿家との縁談が持ち込まれたらしい。
が、そこの同居婆さまが「姉(34歳)が先だ」と言って縁談を蹴ったとのこと。

姉妹の若い方を指定してくるあたり、膿家脳だなぁと思った。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
363: 名無しさん@HOME 投稿日:2009/10/09(金) 19:25:57
いいともを見てるといつも思い出すのだが、同じ学校に農家地帯から
通って来てる、めちゃくちゃ美人でスタイルも抜群な先輩が居た。
あんまりキレイ過ぎて、学内の男子は声を掛ける事すらためらう程。

しかし農家ってのは何処までも恐れを知らぬ様子で、当時17才だった
先輩に、干支が2回りで同じの41才長男との縁談を持って来た。
当時母から聞いた私は何かのギャグかとすら思ったが、当時夏休み中に
学校で流行っていた昼ドラがいいとこの娘さんが石原義純?と無理矢理
結婚させられるというもので、それを思い出した皆が大騒ぎ。
先輩を守る会みたいのまで結成される始末。
けれど先輩はそれをあっさり解散させて、自力で縁談を流れさせた。

その方法は、当時160くらいで40キロだった体重を半年かけて倍にした事。
その上でこれ以上無いと言っていい程だらしのない女(先輩談)を、
相手方宅で演じてきたらしい。
どんどん太って行く先輩の姿は、状況を知っていても凄かった。

破談が決まって数ヵ月後、先輩は卒業。以前から内密にお付き合いしていた方と上京。
私が会いに行った頃には既に元の先輩へと戻っていた。凄過ぎる。

今でも例の見合い相手は未婚で、家族で先輩の悪口を言い続けている。
先輩が結婚して男の子を産んだと伝え聞いてもあんな下品でデブな女wと
笑いの種にするばかり。
大抵の後輩・同級生は今の先輩を知っているので内心大爆笑w

太っていた頃の先輩は今にも裸足でビヨンセ踊り出しそうな姿だったので、
いいとものビヨンセも痩せたら先輩みたいになるんじゃないかと思う時がある。
長文すんません。

続きを読む

このページのトップヘ