注目の人気記事

結婚生活

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
994: 名無しさん@HOME 投稿日:2009/03/09(月) 09:47:21
義弟嫁がムカつく…とゆうか羨ましい
私より13も年上なのに…
旦那は真面目でタバコも吸わないし優しいし週末はいつも夫婦で仲良く出かけたり畑したりしてる
嫁実家は裕福で留学もさせてもらってて高学歴
仕事もパソコンとか使って敷地内に事務所を構えて収入もいいみたい
子供はいないけど、同居中のウトメとは良好関係
それに引き換え、こっちは同じ共働きでも収入が全然違う。
旦那がパチ好き酒好き馬好きだから全然金貯まらない。
あーぁ…なんでこんなのと結婚したんだろ?
義弟と結婚してたら私も義弟嫁みたいになってたのかなぁ?

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
577: 名無しさん@HOME 投稿日:2009/08/19(水) 12:36:55
義弟嫁とその親が嫌い。

・嫁母、食事会にて良トメの前で私に「娘がいびられてたら助けてね」と頼む
・嫁の希望で結構無理してマンション購入。お金ない
・嫁の希望でちょっと良い家具や家電を揃える。お金ない
・インテリアの好みも嫁優先される
・嫁「共働きだから家事折半してね」しかし自分の収入は全て自分の小遣いに
・義弟がこつこつ節約してるのに「自分の小遣いだから」とブランド品購入
・新居完成と同時に嫁妹が転がり込んできて同居することに
・嫁は家事を妹に丸投げ
・嫁母、プレゼントされた家電が安物だと受取拒否。安物を買うなと説教

義弟が選んだことだと静観してはいるが、あまりの図々しい態度に眩暈がする

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
758: 名無しさん@HOME 投稿日:2014/11/25(火) 10:48:09.66
兄と電話してたら遠くの方で兄嫁がグチグチ文句言ってるのが聞こえたわ。
そんなに長くいつまで話してるの?余計な話してないで切ったら?!と。
ものの10分だったんだけどね、兄は一瞬沈黙した後で苦笑いしてたわ…
そこそこの給料稼いで炊事までやる兄に、態度が半端なく鬼な専業主婦の兄嫁。
用事がないと電話してこなかった兄が、最近仕事の帰りに週1、2回電話してくる。
家事無能なくせに態度がでかい鬼嫁にこき使われてるのかもと思うと心配。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
71: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/06/10(金) 13:01:52.92
兄夫婦、出来ちゃった結婚だからお互いに責任はあるけど。

当時20代半ばの兄嫁が、当時10代の兄とエ●チして妊娠→責任取れ!と嫁父母と乗り込み、
高校卒業を目前にして無理やり退学させ、結婚。
住まいは嫁実家で、嫁&嫁父母に毎日嫌味言われたり、シカトされたり。
給料は「子どもにお金がかかるから」と全額もぎとられ、お昼ご飯代すらもらえない。

小遣いはもちろん、下着なんかも新しく買ってもらえないので、
実家の両親からお金をもらったり、下着を買ってもらったり、ご飯を食べたりしてる。


こういうのって、逆モラハラとか逆DVとかにならないんだろうか・・・。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
309: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2012/04/18(水) 16:36:45.75 ID:27z4rqnR
私の修羅場話を暇つぶし程度に聞いて下さい。当時長女3歳、長男1歳。旦那が仕事変わるから!といい急に引っ越し。
仕事してるしてると言いながら、何日も帰ってこない。連絡くらいちょうだいよと言ってたものの来ない。
帰ってくる時は「さぁ今から子どもら昼寝だし寝かしつけるぞー!」って頃にくる。
「パパ!パパ!」と子どもらは狂喜乱舞。生活リズムめちゃくちゃ。
旦那が仕事してるって言ってたとこの社長と息子(2歳)が朝っぱらからきて、勝手に台所使ってご飯作って食べていった時もあった。
息子の離乳食用の調理道具や食器は分けてあったのに使われて、キレた。が、旦那を好きだったので我慢していた。
でも待てども待てども生活費は渡されず、ある日夜に子どもらを寝かしつけてたら管理会社の人と大家さん登場!
旦那家賃払ってなかったよ…
小雨の降る中、高熱だしてぐったりした長男おんぶして、ぐずる長女だっこして家財道具全部外に出されるの茫然と見てた。
茫然としてる場合じゃなかったんだけど、私の親に来て貰い立て替えて払って貰って、警察に捜索願い出して旦那とは無事離婚した。
今は長女5歳長男3歳。家族3人なんとか平和にやってます。

続きを読む

このページのトップヘ