キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

結婚式

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
901: 名無しさん@HOME 2015/03/18(水) 14:17:17.62 0
結婚指輪見て「こんなものにどこに40万の価値があるの」
私らの挙式後「私結婚式やりたくない、見てるこっちが恥ずかしい」
二次会で着た私の衣装見て「え~!わざわざ二次会の為に買ったんですか!?」

兄の結婚式に就活のリクルートスーツ&靴&スッピンで来るてめぇのほうが非常識なんだよ氏ね

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
131: 名無しさん@おーぷん 2014/12/08(月)12:03:09 ID:eVc
自分の中では人に話せない黒い過去。大したことはないかもしれませんが。

結婚式の主賓担っていただいた先輩がずっと好きだった人だったこと。
元々はあるスクールの講師が先輩で教え子だった私。
教え方が良かった事から好意を持ち、皆と飲み会をしたり相談するうちに恋になった。
だが先輩は既婚・子あり。その後、私もそのスクールに勤めたので先輩後輩でよく面倒を
見てもらっていた。
10年近く好意はあり、夜中突発的に電話をしたくなったり全ても壊してもいいから
告白したいと思う事は何度もあったけど、ご家族を幸せそうに話す先輩を見ていると
何にも行動ができなかった。

勿論その10年の間も他に好きになれそうな人を探そうとしても、好意を持ってくれる人も
いたけど先輩と比べてしまいダメだった。

そして10年後、突然1人の寂しさとか先輩との思いでグルグルしてる時に
「あ、そっか。こんなに好きなんだし告白さえしなければ一生思って生きる自由が自分に
あるんだ。それはそれで幸せだなぁ」と思った。何か吹っ切れた。

ちょうどそのタイミングで婚活をして先輩とは別の意味で「好き・愛している」を感じる
人がいてその人と結婚。
一番ご縁が深かった方なので先輩には結婚式で主賓に座っていただいた。
勿論好意がなくなったわけじゃない。でも今は一番大事なのは夫だからと思っていたから
気にしなかったけど、あとで2ちゃんとかそーゆーのを読んで「夫にすごい失礼な事をした」
という気持ちがある。
身体どころか告白もしなかったからいいじゃん、当時も週2会えるか会えないかだったし
今では年に一度会えるかどうかだしと思う気持ちもあるけれど時々仕事関連で電話が来ることが
あってその度にときめいてしまってる。もちろん仕事の話しかしないけど。

夫どころか誰にも話せない黒い過去。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
842: 名無しさん@おーぷん 2016/05/31(火)13:04:23 ID:W2S
夫や親類には内緒にしているけど私達の結婚式に来てくれた新婦友人の皆様は事前に頼んでおいたサクラです。
いじめはなかったけど中高大とぼっちだったので友人は1人もおりません。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
388: 名無しさん@おーぷん 2016/02/03(水)11:01:24 ID:yuf
私含め低IQのDQNしか出てこない話なので、
イライラしたくない方は読まない方が良いかもしれないです。

高校が同じで、私が大学進学してからもよく遊ぶ友達(以下A子)がいた。
A子は調理師の専門学校に進み、私より早く社会人になった。
お互い酒タバコがダメでドライブとカラオケが趣味だから気が合って、
2人で旅行に行ったりお互いの家に泊まりあったり親友といっても良い仲だった。

そんな風に過ごしている中、大学卒業3年後に私が結婚することになった。
マリッジブルーどころか、もともと結婚に憧れの強かった私はテンションMAXに。
実家から通勤した3年間に節約しまくって貯めたお金を全額ぶち込む勢いで好き放題にプランを組んだ。

そして当日。

チャペルに入った瞬間、ものすごい異物が目に飛び込んできた。
それは、真っ白のA子だった。
膝上10cmくらいありそうな白のドレスに、シャンパンゴールドのショール。
天窓からの光に照らされて、パッと見、本当に真っ白だった。
後から気がついたけれど、足元もラインストーンだらけの真っ白のハイヒールのサンダルだった。

私のテンションは一瞬で急降下。
やっぱり、マリッジブルーではないとはいえ、おかしな精神状態だったんだろうと思う。
それを見ただけで泣きたくなるほど悔しくなった。

さすがに本当に泣いたりむすっとしたりはしなかったけど、
披露宴のときのA子からの手紙のときはA子の目を見られなかったし、
2次会でもほとんど話せなかった。
なんと小さく幼稚なんだろう、自分……

私はそのまま夫の勤務先(地元からは飛行機の距離)に引っ越し、
A子とも年賀状とたまのメールでしかやりとりしなくなった。
その頃の私にはフェードアウトとか切るとかそういう発想がなく……。
でも、結婚式のA子を思い出すと悔しさで涙が出そうになるくらいには根に持っていた。
白いドレスを着てきたということ自体というよりも、
1年位かけて細かく計画して、お金もたくさんかけて自分の理想の式にするはずだったのに、
それにめちゃくちゃに泥を塗られたみたいな気持ちになっていたんですよね。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
176: 名無しさん@HOME 投稿日:2009/04/27(月) 13:35:43
じゃあまったりした空気の中、プチどころかスレ違いチックだが。
昨夜、婚約者と同棲中の妹が「一晩だけ泊めて」と我が家へやってきた。
何かあったのかと驚いたが、とりあえず喧嘩しただけと分かり一安心。
しかし喧嘩の内容を聞くと、
妹「式のご祝儀は全部貯金に回せたらいいねー」
妹彼「んー、でもうちの親族はあんまりくれないかもしれないなあ」妹、「なんで?」
妹彼「いや、うちの両親、他の親族の式とかであんまり出してなかったみたいで
母さんが『うちは出してないんだから貰えないと思うわよ』って言ってたんだよね」
妹「別にそんな多く期待してるわけじゃないよw、それに普通だったらいくら
親が出してなくっても、それはそれ、これはこれ、じゃない?」
妹彼「んー、でも母さんが……(ry
(中略)
妹「母さんが母さんがって、母さんの言うこと全部鵜呑みにしてるお前なんなの!
母さんが氏ねっつったら氏ぬんか!?
お前は将来例えば今のお前のイトコが俺に良くしてくれなかったから、っつって
イトコの子供の結婚式の祝儀ケチるんか!お前の親族はそんなんばっかだって言いたいんか!?」
つって出てきたらしい。
婚約者くん、いい子そうだと思ってたのに、エネっぽくないか……?とドキドキした。
とりあえず妹は朝帰ったけど、ここの住人な姉が毒されすぎなだけかな?

続きを読む

このページのトップヘ