キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

精神病

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
712: 名無しさん@おーぷん 2015/10/17(土)19:36:01 ID:REb
不潔注意
昔ある仕事をしていて精神的に病んでしまい手帳を持ってた事。
お風呂と言うか水が嫌いで近寄れなかった。
3日に一回体を拭いて二週間に一回シャワー、二ヶ月に一回はフロという感じ。
部屋の中は異臭だらけで生理の時は誰かタヒんでるんじゃ?ってレベルで通報されたことが数回。
ナプキンつけずにハンカチ挟んで洗い落とした生理の血を溜めといて違法駐車や近所のうるさいヒトや風呂に入れ!という人の玄関に撒いたり頭おかしかった。
いないときは自身の玄関や花に撒いたり畑に撒いたりしてた。

ある日目が覚めると家族がいなくなってて「ごめんなさい、少し離れてくらしましょう。貴方はそのままここで暮らしてください。不自由はさせません」
とあって家族の荷物ゼロw食器や家具は一部残ってたが、夜逃げあとみたいな感じでビックリした。
ガス電気水道は止まることはなかったしメールは通じるが帰ってくる気配はなくてどこにいるかも絶対に教えてくれなかった。

家族が離れて初めて自分が相当ヤバいと気づいて仕事をやめて収入は半分以下になったが、別の職種につきだんだんまともになってきた頃に夫と出会い結婚。
結婚報告してから連絡も取れなくなり家族は結局戻って来なかった。
今はどこにいるやら。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
171: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/09/13(金) 12:28:11.73
今日から4連休なのに家族がみんな仕事や学校でいないので、ちょっと自分語りしてみる。

母親はシングルマザーで、とにかく「子どもを愛してる」ということを外にも内にもアピールして、
自分を認めてもらおうとしていた人だった。
3日ぐらい自分の食事を抜いて、俺の遠足の弁当を食べきれないほど異常に豪華にする。
自分はガリッガリでボロを着ているのに、子どもに高いブランド服を着させる。
今思うとミュンヒハウゼン症候群みたいなことも、けっこう頻繁にやってた。
高校受験の時、俺があまりにも思い通りにならなくて、包丁頻繁にもちだすようになったから、
中学卒業と同時に逃げた。
その後、母親がどうなったかは気になったけど、手紙一通送ったら、その消印から
そこに住んでる住んでないは別にして、そこに住んで探しまわる母親、という
自分に酔うだろうなって思ったら送れなかった。

そうして10年ぐらい経ったところ、仕事上で会った人が、タヒんだはずの父親だった。
実際俺の親で、俺と同じで、その母親から逃げただけで、タヒんでなかった。
最初は父親という実感もなかったけど、母から逃げる気持ちは分かったので
一緒に飲みに行く人になった。
しばらくして、父が母親の現在を、人をつかって調べた。
俺も母の中ではタヒんだことになっていた。そして母は精神病に認定されて、
施設で暮らしていることが分かった。
母が病気だったと分かった途端、子ども置いて一人で逃げた父のことがどうしても許せなくなり、
居酒屋で父親と大喧嘩。
殴って暴れたため警察沙汰になり、留置場入って仕事もくびになり、
当時結婚しようと思っていた彼女にも逃げられて自さつ未遂までいったのが修羅場。

今は30代になり、あの修羅場がなければ、今の嫁や子どもとも知りあってないし、
両親も怖いだけの存在だったな、とは思えてるようになったのが救い。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
746: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/02/18(月) 20:22:49.04
産後二週間で夫に自さつ未遂された時、が一番修羅場だった。
弟が糖質発症して、テレビから受信出来るようになったのに直面した瞬間が次点。
自分に難治性の腫瘍が出来て告知された時のほうがダメージ少なかった。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
63: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/01/18(金) 19:53:54.80
プチプチですが投下。
結婚決まる→旦那精神病発病で退職→実家両親離婚危機→父と兄が険悪になり家庭内ドロドロ→父親家出→母親精神病発病
の一連の流れが個人的に修羅場でした。全部結婚前の話。
特に旦那と母親が発病してからのサポートがキツかった。
あんまり関わりすぎると自分が病気になりそうだったし、結婚決まってたから離れることもできないし仕事もあったし、その辺の匙加減ですごい悩んだ。
今は実家両親の仲も戻ったし病気もみんな治ったから穏やかです。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
704: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/09/20(火) 21:04:42.79
高校生の時だけど
自宅マンションに帰って来て、鍵開けようとバックごそごそしてたら
知らない女にトンカチで殴られたことある。
幸い、私が気付いたことで直撃はさけ、右肩に当りタヒぬことは無かった。
そして、その女が殴りかかって来て馬乗り状態のところ
部屋にいた家族が助けてくれて、女は警察に捕まった。今は警察病院?の中みたい。

なんか心の病気らしくて、自分の旦那のそばにいる女性はみんな浮気相手だと
思っちゃうらしい。でも私はその旦那さんとは一切面識無い。
その日、女性は駅で○○さんという旦那同僚を待ち伏せしてたらしいけど
たまたま似てる髪型で同じバック持ってた私を○○さんだと思い込んで
駅から付けてきたらしい。マジでgkbr

まぁ、後半部分は、慰謝料と治療費持ってきた旦那さんから聞いた話なので
本当か嘘かは分からないけど、本当に人生であった最大の修羅場だった。
その女が持ってたカバンにナイフやらスタンガンもあったと、後から聞いて
本当に生きてるのか幸運だったな…と思ってる。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
245: 名無しさん@HOME 投稿日:2010/12/23(木) 04:58:00
ウチの修羅場。長いけどごめん。 
父が家庭を顧みない人の上パパママ好き人間で、高額の仕送りをし、 
ウチの生活費がたりなかったりした。 
そんなストレスから母が精神病(パニック障害)になった。 
でも当時は精神病だと分からなくて、母は感情的な人だくらいの認識だった。 
そうこうしているうちに兄が小学校で登校拒否に。 
母は兄を毎日怒鳴ってたし、無理矢理学校に連れて行ったりしてた。 
しかし兄の意志は固く、登校拒否続行。 
父は子供には無関心でなにもせず、母を攻めた。 

たまたま私が学校をずる休みした日に、修羅場がおこった。 
母が「お兄ちゃん、ナイフを持ってきて・・・」 
と言ったので、兄が母にナイフを渡すと、 
「これで一緒にタヒのう!!!」と兄にナイフを突きつけた。 
泣きながら嫌がる兄と、泣きながら止めに入って母に吹っ飛ばされる自分。 
途中母が泣きながらなぜか「家の前の川で一緒にタヒぬわよ!!!」 
と言って予定を変更して兄を引っ張っていったのをまた止めに入った。 
ちなみにウチの前の川は浅い川で、良く子供が橋から落ちることがあるが、 
誰もタヒんだことのない平和な川だ。 
止めに入りながら心の中で「なぜあの川で?無理じゃん」と妙に冷静に突っ込んだのを覚えてる。 

母はしばらくすると泣きながらも落ち着いて、みんなで泣いた。 

しばらくして母は精神科にかかるようになり、たまに狂ったりしながらもちょっと落ち着いてくれた。 

その後、私も登校拒否から精神病へ、妹も登校拒否から精神病になった。 
兄は高校へ行って、その後大学に行き、大学院へ行き、大学に就職した。 
今我が家で一番まともなのは兄。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
171: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/09/13(金) 12:28:11.73
今日から4連休なのに家族がみんな仕事や学校でいないので、ちょっと自分語りしてみる。

母親はシングルマザーで、とにかく「子どもを愛してる」ということを外にも内にもアピールして、
自分を認めてもらおうとしていた人だった。
3日ぐらい自分の食事を抜いて、俺の遠足の弁当を食べきれないほど異常に豪華にする。
自分はガリッガリでボロを着ているのに、子どもに高いブランド服を着させる。
今思うとミュンヒハウゼン症候群みたいなことも、けっこう頻繁にやってた。
高校受験の時、俺があまりにも思い通りにならなくて、包丁頻繁にもちだすようになったから、
中学卒業と同時に逃げた。
その後、母親がどうなったかは気になったけど、手紙一通送ったら、その消印から
そこに住んでる住んでないは別にして、そこに住んで探しまわる母親、という
自分に酔うだろうなって思ったら送れなかった。

そうして10年ぐらい経ったところ、仕事上で会った人が、タヒんだはずの父親だった。
実際俺の親で、俺と同じで、その母親から逃げただけで、タヒんでなかった。
最初は父親という実感もなかったけど、母から逃げる気持ちは分かったので
一緒に飲みに行く人になった。
しばらくして、父が母親の現在を、人をつかって調べた。
俺も母の中ではタヒんだことになっていた。そして母は精神病に認定されて、
施設で暮らしていることが分かった。
母が病気だったと分かった途端、子ども置いて一人で逃げた父のことがどうしても許せなくなり、
居酒屋で父親と大喧嘩。
殴って暴れたため警察沙汰になり、留置場入って仕事もくびになり、
当時結婚しようと思っていた彼女にも逃げられて自さつ未遂までいったのが修羅場。

今は30代になり、あの修羅場がなければ、今の嫁や子どもとも知りあってないし、
両親も怖いだけの存在だったな、とは思えてるようになったのが救い。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
746: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/02/18(月) 20:22:49.04
産後二週間で夫に自さつ未遂された時、が一番修羅場だった。
弟が糖質発症して、テレビから受信出来るようになったのに直面した瞬間が次点。
自分に難治性の腫瘍が出来て告知された時のほうがダメージ少なかった。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
63: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/01/18(金) 19:53:54.80
プチプチですが投下。
結婚決まる→旦那精神病発病で退職→実家両親離婚危機→父と兄が険悪になり家庭内ドロドロ→父親家出→母親精神病発病
の一連の流れが個人的に修羅場でした。全部結婚前の話。
特に旦那と母親が発病してからのサポートがキツかった。
あんまり関わりすぎると自分が病気になりそうだったし、結婚決まってたから離れることもできないし仕事もあったし、その辺の匙加減ですごい悩んだ。
今は実家両親の仲も戻ったし病気もみんな治ったから穏やかです。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
110: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/09/16(日) 01:24:41.45
父を幼いころに亡くし、母が一生懸命働いて俺と弟の面倒を見ていた。
高校に俺が上がるとバイトを始めて少しだけ家計が楽になった。
そのあと、母が過労で倒れそのままタヒんだ
中学生だった弟は何故か自分が働かないからタヒんだと思い込んで後を追うように自さつ。
弟の葬式の日、母方の伯母に「悪魔!」と叫ばれて、ついでに蝋燭投げてきて葬式会場から追い出され
その日の夜、寝ているところにカッターで手首をすっと切られた。
たまたま従姉が見つけてくれて何もなかったけど、伯母は精神病持ちということで堀の中には入らずに病院に入った。
そうすると伯父が目を血眼にしながら我が家に突入。
「お前に関わるとみんなが不幸になる!」と包丁でぐさり。
殺そうと思っていたらしい。
伯父は逮捕。
母方の親戚たちが怒り狂って嫌がらせの電話や手紙が来るようになった。
思い出のある家だけど住めないのが明らかなので売って引っ越し。
やっと最近静かな暮らしをしている。

続きを読む

このページのトップヘ