キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

祖母

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
315: 名無しさん@HOME 2010/09/12(日) 00:43:51 0
婿養子の父からみて義実家がおかしい話。

先日、父の兄が事故で急タヒした。
まだまだこれからという年齢で、妻子はじめ、みんなが呆然としながらも、いろいろな手続きをなんとかこなしていた。
告別式に地元に帰省して私家族(夫婦+子供)参列した。
実家で着替えて、参列、着替えて自宅に帰るように行動していたのだが、祖母は、手土産として赤飯を用意していた。
私の夫の好物が赤飯で、帰省の度に持たせてくれるのだが、どうしてこんなときにまで赤飯なんだ。
「こんなときにアレだけど」って断っていたけど、言えばいいってもんじゃない。
父自身が、父の実家でバタバタして、赤飯を作っていたことを知らなければいいのにと心から祈る。
事実を知って、祖母が父に殴る蹴るの暴行を食らっても、致し方ないと思う。
自分が同じことを義実家からされたら、離婚もちらつくと思う。
思い出しただけで、吐き気がする。

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
162: おさかなくわえた名無しさん 2009/09/06(日) 10:16:20 ID:/Tu4dXYy
長期入院してた婆ちゃんが危篤になったとき
親戚みんなに連絡したんだが長女だけが
「もうすぐ晩ご飯だから食べてからそちらに行くわ。まだ2時間以上かかると思う」
なんて言った。
そして婆ちゃんその他の親戚たちに看取られて亡くなった。
しばらくしてたらふく晩飯たべた長女が登場した。
タヒんだ婆ちゃんを囲んでる孫達を押しのけて抱きついて
「おかあさ~ん!なんで待っててくれなかったの~!何でタヒんじゃったの??」
ってまるでドリフのコントみたいな役者ぶり。
あげく、同居してたうちの母親に
なんでもっとちゃんと診てやらなかったのか。ちゃんと看病したのか。なんでパートなんてしてたのか
パートする時間あったら看病できたはず。
などと攻撃しだした。
ほかの親戚が咎めてくれたけど腹たった。

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
147: おさかなくわえた名無しさん 2009/09/05(土) 17:09:43 ID:9Q4M2UuC
うちの父方の祖母。
先日父が亡くなったのだが、父が今日危ないかもしれないと言われているのに、疲れたから家に帰ると言い出す。(病室にいたのは20分くらい)危篤状態になった時電話しても繋がない。(後に聞いたら出掛けてたらしい。)
ちなみに父がタヒんだのは、祖母と今は亡き祖父が作った借金返済の為に、働き詰めたせい。過労タヒ。
他人に「お辛いでしょうね」と言われると、わざとらしい泣き真似をする。その癖「なんでタヒんだんだろうね。○○ちゃん達に迷惑かけて!」もう何コイツとしか言えない…。
父が心底可哀想だよ。本当に不謹慎だがお前がタヒね!

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
864: おさかなくわえた名無しさん 2009/08/09(日) 18:09:45 ID:V+omkPOJ
私の祖母はよく昔の事を話してくれる。
何でも、まだバナナが貴重品だった頃に病気見舞いでもらって食べたときには
その味に感動したそうで、その話は娘である私の母や叔母、孫である私や従兄弟に
何度も語ってくれた。

つい先日、叔母の家族と私の家族とが集まって祖母の誕生日を祝った。
誕生日ケーキは私の父が選んだものだったが、祖母は「美味しいわ」と喜んだ。
本当に幸せな雰囲気だったのに、叔父が無神経な発言をしてそれをぶち壊した。
「お義母さん、あの時のバナナとこのケーキはどっちが美味しい?(へらへら~)」
祖母にしたら昔バナナを食べたことは美しい思い出、しかしケーキの方が
美味しいと答えなければ婿である私の父の気を悪くする、でかなり困惑していた。
結局叔母が「それだけは比べちゃいけない、そうよね。」と微笑んで
最悪の事態は免れたが、あの発言は本当にいただけない。

 
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
389: おさかなくわえた名無しさん 2013/11/16(土) 08:29:25.29 ID:ZCGLsSsb
うちのお婆ちゃんの武勇伝?

うちのお婆ちゃんは都会で一人暮らしなんだけど、例によって孫の俺を名乗る人間からオレオレ詐欺が掛かって来たらしい。
俺(偽物)はお婆ちゃんに、鞄無くしたお金がすぐに100万必要で、会社の人を向かわすからお金渡して欲しいって話をしてきたらしい。
お婆ちゃんは快諾して、持っていたお金を封筒に入れて、その来た詐欺師に渡したらしい。

ここからが武勇伝。
お婆ちゃんが渡したのは100万円じゃなく3万円と手紙。
手紙には、「貴方が○○(俺)で無いことは分かっていましたが、何か事情があってこんな事をしてしまったのでしょう。お金は差し上げます。だから何か元気になる食べ物を食べなさい。」とかそんな事を書いたらしい。

後日、郵便受けに3万円とクシャクシャのレシートが入ってて、レシートの裏に「ごめんなさい」と書いてあったらしい。

なんかスゲーと思った。

続きを読む

このページのトップヘ