キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

祖母

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
208: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/01/07(金) 19:29:47
姉と共同してやったDQN返し。

姉のお姑さんと自分の祖母がほぼ同時期に転んで足を骨折した。
祖母はリハビリ頑張って歩けるようになったんだけど、お姑さんはリハビリサボって車椅子生活に。
年齢差、30。普通は若い人の方が歩けるようになるんじゃないのか…と思っても黙ってたんだけど、
このお正月お姑さんが言った言葉にブチ切れた。

「嫁(姉)の祖母は田舎の人だから、図太いのねえ~」
「やっぱり雑草と一緒に育ってきたから、回復力も雑草並なのね」
「あたしは繊細な都会の人間だから、か弱いのよねー。田舎の人とは違うから」

↑な事を本当はもっと、もっとねちっこく散々言われた。
お正月だから、と可愛い姪っ子にお年玉あげに行ってた私と姉の目の前で。
(姉ウトさんは姉旦那さんと姪っ子連れて買出しに行ってた)
姉、私、共にポカーン。尚も姉トメの口、滑る滑る。
祖母は田舎者、その孫である私も姉も田舎者、そんな姉の血を引いちゃって孫(姪っ子)は可哀想、等。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
599: 1/3 2011/02/14 17:56:54
私の義理の母(父の後妻)のDQ返し。すれ違いだったらごめん。

父は実母と別れたあと後妻と再婚。
一人っ子の当時園児だった私は父に引き取られたが、
この後妻が意味も無く大嫌いで、同じく後妻が大嫌いな父方の祖母(同居)と
手を組むようにしていびっていた。
例えば、運動会にお弁当を作ってきてくれる→祖母がこっそりと虫のおもちゃを仕込む
→ふたを開けてそれを見つける→私キレて弁当をグランドにぶちまける→
後妻が意地悪をして虫の入った弁当を持ってきたと大泣き→
近所のおばさんに同情され、お昼を分けてもらう…
などをはじめ、かなり陰湿ないじめをしていたと思う。
だけど夫婦仲はよく、後に後妻は妊娠した、
すると今度は祖母が私に「父と後妻は子供が生まれたら(私)を追い出すに違いない
それを回避するためにも後妻をタイミングよく階段から突き落とせ」と言い含めた。
真に受けた私は何度か試みるもさすがに人を突き落とす行為がこわくて
(家の階段ははしごに近いような急勾配&古い家なので1階の天井が高い&踊り場が無い)
どうにも実行できずにいた。
また、その頃友人の家に赤ちゃんができて、その小ささや柔らかくてかわいらしさに
ノックアウトされ、こんな赤ちゃんがうちにも来るんだと思ってた事も大きい。
すると祖母は私を呼び、「このままじゃおまえはここにいられなくなる。
おばあちゃんの言う事を聞かない子はおばあちゃんも大嫌いだ、
公園の人たち(ホームレス)のように、汚い格好でゴミをあさることになるよ」と脅された。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
435: 名無しさん@HOME 2013/02/28 18:08:02
長いので2つに分けます。

旦那の実家には義父、義母、義弟、義弟嫁の四人が暮らしてる。
義母は旦那のお金を頼りにしてるとこが少しあって
お金の使い道にはうるさい。
お金に関しては過干渉。
義弟嫁は、普段義母から散々嫌味を言われてて
私に会う度にあら探ししてストレス発散に攻撃してくる。
義母もそこに乗っかり、旦那は怒るけど改善せずって状況。
残りの男性陣は見事にスルー。
私はあまり頻繁に行くわけでもないし、そんなに怒ることも言われないからスルーしてた。

そしたら義母と義弟嫁の攻撃がエスカレートして
「専業が夫の稼ぎで贅沢するなんて」との理由で
母方祖母が亡くなる直前に買ってくれた婚約祝いのネックレスをオークションにかけられてた。
私が義実家で寝てる間に義弟嫁が義母に「高級品」と教え、二人にやられた。
結局、次の日の朝に私がネックレスがない!と騒いだら旦那が義母の引き出しから見つけてくれたから大丈夫だったけど。
とにかく頭の中が真っ白で、切れるってあの状態なんだと知った。
財布からお金取り出して床に叩きつけて、「恵んであげますよ」と言ったらしいけどあんまり覚えてない。

 
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
94: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/03/06(水) 20:25:17.53
祖母が若いころの話。お隣の家がすごい子どもを虐待する家で、そこんちには女の子がいたんだけど
顔はいつも腫れてて目がどこにあるからわからないくらいだし、頭もぶよぶよしていたらしい。
毎日必ず女の子が泣き叫ぶ声が聞こえてて、祖母がたまらずお隣の家の奥さんに虐待をやめるように頼んだら
「ぶち杀殳すぞ!」と叫ばれたそうだ。ご近所の方もみんな心配してたけど、戦後まもなく、子どもを守るような体制が
とれておらず、虐待とかいう言葉も浸透していなかったらしい。
その子はガリガリで、手足が曲がっていて(骨折?)まっすぐ歩けず、耳は難聴ぎみで話しかけてもあまり会話にならなかったそうだ。
あるとき、ひどい虐待が庭で行われて、祖母はお隣の垣根を越えて助けに行ったんだって。
すると、不法侵入で祖母は警察につかまってしまった。むろん、すぐ釈放されたけど。
その女の子は、その日の夜に二階から転落タヒした。事故だったので親は一切おとがめなし。
今でも祖母は悔やんでいて、私が小さいころは、その子を思い出して泣いたりしたらしい。

 
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
17: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/02/09(土) 15:05:24.84
私は父が不在の深夜に横で婆ちゃんがタヒんでいくのが判ってたよ
まだ6歳だったけど
怖くて布団の中で震えを我慢して寝たフリが精一杯だった
一緒に寝ていた母はのんびり親戚(祖母の娘で父の姉)に電話してて
何故あの時に救急車を呼ばなかったのか
救急車呼んでたら祖母は助かってたかも、と思う時がある
当時、介護疲れで母のヒステリーが何よりも恐怖で
誰にも言えず、葬儀中も嬉々として鏡の前でめかし込んでた母が怖くて
大人になった今ではもう何年も会ってない
それ以前に毒親だったんでもう会う予定もないけど

続きを読む

このページのトップヘ