キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

発言

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
587: おさかなくわえた名無しさん 2014/01/16(木) 17:21:31.92 ID:8dOxSiyr
流れぶった切ってすまん

ばあちゃん話が続くが、年末に実家に家族が集まったときのこと。
テレビで「農村に嫁が来ない」みたいなシーンが流れて、姉がリンゴ食べながら
「当たり前!農家なんて絶対誰も行きたくないよ!田舎だし人付き合いうざいし
義理の親はうざそうだし」
といった。
すると、うつむいてリンゴ剥いてた祖母が

「…じゃあそのリンゴ出せ。吐け。オメエさに喰われちゃあリンゴが可哀相だ。オメエが
農業やりたいって言ったって、農業がオメエを断るわ」

姉はリンゴが詰まったような顔して黙ってた。
祖母は時々、そういう厳しいことを言う。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
558: おさかなくわえた名無しさん 2014/01/15(水) 11:57:49.97 ID:3i6eNvS2
実家に、半引きこもりの長男兄がいる。
毎日ネットにかじりついてて、たまに姿を現しては「チヨン公は~」とか「ビツチは~」とかばかり言ってて
次兄のお嫁さんと甥っ子から嫌われている。

元旦も、皆が実家に集まって正月を楽しんでいるのところに、天の岩戸より降臨。
日本の未来を憂う一席を始めた。
水を差されて、シーンとなる家族。
汚い身なりで、得々と語り続ける兄。
すると一年に2、3度しかしゃべらない98歳の祖母が口を開いた。

「なぁぁにが、日本の未来がじゃあぁ。嫁もぉ取らず子供も作らにゃい、せっせと働いて
お国にお金を収ぁめるわけでもにゃい、子供を、育てる女どもを、養う男どもを馬鹿にして、
お前がぁぁ、今お国を亡ぼしとるんだわぁぁぁなぁ」

長兄、無言で退散。
3が日まで実家にいたが、ついぞもう一度姿を見ることはなかった。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
490: おさかなくわえた名無しさん 2014/01/14(火) 18:41:01.91 ID:GhysoZ1S
流れ切って投下。スーッとしたのは私だけかもしれないけど、未だに覚えている話をさせてください。
数年前、とある短期バイトで一日スーパーの臨時売り子をした。
初めてだったので緊張していたが、お昼のピークもすぎると店内も落ち着いてきて、心の余裕もでてきたそんな矢先。
六十は越えた爺さんが「あんた新顔だね」と話しかけてくれた。
軽く立ち話なら…と思ったが、続く続く爺さんの話。かれこれ30分経過して、どう対処していいか分からず、かといって蔑ろにも出来ず、おろおろしていたところを店員さんがバックヤードに引き入れて助けてくれた。
店員さん曰わく、「あの爺さん、暇だからって若い子にずっと絡むのよ、災難だったね」ということらしい。
店員さんからのフォローも頂いて、有り難いと思いながら持ち場に戻ると、帰ったと思ったはずの爺さんはすでにスタンバイしていた。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
375: おさかなくわえた名無しさん 2014/02/05(水) 22:23:25.56 ID:mpxu6ZxC
以前のバイト先にて。

そのバイト先は受付と講師に部署が分かれていて、当時19歳の私は受付の方の仕事を担当していた。
ただ、あるとき受付部署に入ってきた4歳上の後輩が「私さんって19歳なんですかあ!?見えなーい!!!」と大袈裟にびっくりしていて、多少は傷付いたもののまあ老けて見られるのは事実だし…とスルーしていた。
でもその後も、他の先輩やお客さんがいる前で「あたしは今23なんですけどぉ、私さんは何歳でしたっけぇ??」とわざとらしく聞いてくるようになって、わたしは外見年齢も精神年齢もこいつより大人なんだしスルーしよう!と努めていた。

そんなある日、受付部署と講師部署のアルバイトを集めた飲み会があった。
テーブルは2つに分かれていて、わたしが座っていた席は件の後輩とは別のテーブル、そしてイケメンの講師Sさんがいるテーブル。
飲みつつ食べつつ皆でわいわい話していたら、後輩がおもむろにSさんの隣に席を移動してきた。

続きます。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
240: おさかなくわえた名無しさん 2014/02/02(日) 08:47:08.36 ID:87la91Xu
スーッとするかどうかはわからないけど&話うまくないけど。
東横線の横浜駅が地上にあった頃だから、もう10年以上前の話。

その頃、中原の会社の下請け(会社は新宿)でデジタル土方やってた。
桜木町からバスに乗り換えるので、帰りはいつも先頭車両に乗ってた。
確か木曜日。残業で22時まで掛かった帰り、東横線は空いていて座れた。
わたしは残業続きで疲れすぎてて逆にうたた寝も出来ない状態だった。
車内には仕事帰りっぽい人ばかりで酔っ払いやDQNはいなかった。

そしたら、武蔵小杉辺りから40代サラリーマン風の酔っ払いが乗ってきた。
酔っ払いは席が空いているのに鉄チャン用語の「かぶりつき」の辺りで
フラフラしながらブツブツ言ってた。
酔っ払いはかなりストレスが溜まっている様子でだんだん独り言の音量が大きくなった。
2駅ぐらい過ぎた辺りで突然、酔っ払いが車内を指差しながらバレリーナの様に
半回転したかと思ったら、「おまえら全員クズだ!」と怒鳴った。

なんかいたたまれない気持ちになって思わず、
「おじさん、ストレスが溜まっているのは分かるけど、
 ここにいる皆さんもおじさんと変わらず疲れてるんだよ。」と言ってしまった。

続きを読む

このページのトップヘ