注目の人気記事

病院

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
877: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/02/07(木) 22:50:33.16
空気は読めない。

19の頃、卵管が3回転半捻り、壊タヒしてたのが個人的修羅場。

右下腹部に軽い痛みと違和感があるなぁって思ったのが最初。
一度、痛みのあまりに嘔吐した辺りでヤバイと思い、病院へ。
外科と婦人科でMRI撮ったら、右の卵巣が8cmに腫大してた。
ここまでひどい痛みは不思議だと言われ、
オペをするかどうか決めるため、一か月後に再度MRIとなった。
が、それを待たずに激痛が再開し、近所の大き目の病院へ。

緊急外来の受付で名乗った直後、立っていられなくなり、
気が付いたら、近くのベッドに運ばれていた。
緊急外来の待合には、乳児連れの家族とかもいたんだけど、
自分が先に通されてしまって、申し訳なさのあまり心中がプチ修羅場。
かろうじて「右の卵巣に嚢腫があります」とだけ言えた(続く)

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
849: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/02/07(木) 18:52:56.48
流れ無視してウチの修羅場。

父が重い病気になり、無菌室の治療が必要になった。
しかし入院当日、緊急で無菌室が必要な患者さんも入院することになった。
県内初ということで、マスコミを引き連れての入院だったらしい。
その人も迷惑なことだったろうが、おかげで父は無菌室に入れなかった。
そのまま普通の病室で治療を受けることになったが、突然、敗血症で亡くなった。

その後、無菌室で治療した人は無事に退院した。
幼い子供さんのいる人だった。元気な姿をニュースで見た。

母は静かに狂い、弟はニートになり、私は鬱になった。
数年の間、修羅場だった。

家族の誰も、恨みはないよね、と言う。仕方の無いことだと。
でも、私は一生、骨髄バンクに登録は出来ないと思う。
誰にも言えないのでここに吐き出し。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
331: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/02/02(土) 11:12:14.43
プチだけど、妊娠八ヶ月の嫁が夜中の三時に緊急搬送されて、その日のうちに長男が産まれた時のこと
最初腹の張りを抑える薬(副作用は吐き気)を点滴してたんだが、点滴スピードを看護師が間違えた
最高速度で投入される薬に、洗面器抱えてゲーゲー言いながら少しでも投入が遅くなるよう点滴されている手を高く挙げる嫁
「アルコールを静脈注射されてるようだった」との事
嫁もそうだけど、ICUで隣になった妊婦の人も朝いきなりそんな奴がやって来て修羅場だっただろうなぁ

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
13: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/01/29(火) 17:14:09.91
学生の頃
夏バテを拗らせてご飯が食べられなくなった
更に肺炎にもなって、栄養失調+肺炎で入院した
入院中突然肺と心臓に水が溜まり出して集中治療室に入れられた
薬の拒否反応らしいけど、毎日試験的に違う抗生剤を使ってたから
どの薬の拒否反応だか分からないと言われた
もう面倒見れないと転院させられた

転院させられた先の病院でこのままだと持って1ヶ月、早くて1週間だと言われた
一か八かの賭けで点滴を全て外したらみるみる水が減っていって奇跡的に回復した

自分的に修羅場だったのは
余命宣告時でも、次の日の朝目覚められないんじゃないかと一睡も出来なかった事でも
色んな機械に繋がれて酸素マスク必須だった事でも無く
転院時にその日病院居たであろう担当科のスタッフ全員が並んで綺麗にお辞儀したまま
救急車を見送られた事

丁度その頃やってた、終わってたか放送中かは忘れたけど白い○塔で医療ミスでタヒぬ人を見送った場面と同じで
「あ、タヒぬんだ」と思った
今もあの病院の人達は私がタヒんだと思ってるんじゃないかな

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
66: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/01/18(金) 22:05:18.10
思い出し投下。
若かりし頃 スノボに行ってアイスバンでスっ転げた。
自分の肘が脇腹に入り余りの痛さに病院へ→レントゲン撮ると肋骨ちょびっと骨折だった。
痛がり呻く私に当直だった整形外科医がバカにしたように
「wwちょっとの骨折で大げさな!痛がりですか?」と言いながらグイグイ腹を押さえ触診。
あまりの痛さにグエグォ呻き息も出来なかった。
母が「この子は我慢強い子なんですが」と言ってたのでちょっと笑った。
そして念のため2日入院。
退院する日の昼過ぎに帰る準備してたら看護婦さんと外科医が3人集まり
「今から絶対安静です!内臓(脾臓)破裂してたので緊急手術です」と言われた。
内出血で2L以上出ており(致タヒ量近い)危険な状態で身内の血液型を聞かれた。
外科医の後ろに腹をグイグイ押さえた整形外科医がテヘペロな顔で立っていた。
タヒねと思ったのが第1の修羅場。
退院してたらタヒんでた。

続きを読む

このページのトップヘ