キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

病院

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
716: おさかなくわえた名無しさん 2010/11/27 13:40:32 ID:DrpBhi4M
自分の武勇伝じゃないけど、母の付き添いで病院に行き待合室に居た時のこと。

受付で何やら揉めていて、どうやら30代女性が「〇〇医師を呼べ、今すぐ呼べ」と言ってるらしい。
そこにその〇〇医師とやら(その女性と同年代っぽい女医さん)がやって来た。
そしたらその揉めてた女性が「や~ん、Aっこちゃん久しぶり~!」と満面の笑顔。
「え?K子ちゃん?なんで?」
「うん、アタシ前から不眠症で悩んでるって言ってたでしょ?
それなのに今のセンセったらこれ以上お薬出せませんって言うの、ヒドイでしょ?
あ、それと頭痛薬も欲しいの。偏頭痛がもう最近すっごくひどくなってて~」
「そういう事情だったらそこの初診カードに症状書いて、そこの箱に入れて、
保険証準備して呼び出しを待ってて。イトコだからって早く診察してあげるわけじゃないの。
そうやって私を呼び出したってことは、今待ってる患者さんの待ち時間を延ばしたってことよ?
つまりK子ちゃんの待ち時間もそのぶん延びたってことだからね。それじゃ」

さっと踵(きびす)を返して診察室へ戻って行く姿はとってもカッコ良かった。
聞くと母の担当医だった。Aっこちゃん先生!一生ついて行きます!

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
454: おさかなくわえた名無しさん 2011/04/25 14:07:30 ID:Wh1v6Pqi
病院で栄養士やっております。
病院給食に毎日必ず苦情を言ってくる患者さんが居て
看護師さんが丁寧に聴きとって書面で提出してくれる。
「混ぜご飯の具が少ない」「ハンバーグはもっと甘辛ソースで」とか。
でも嗜好に対応する事は現状無理だし、その患者さんだけを特別扱いはできないので
患者さん全員にアンケートを取った。
件の患者さんの用紙には「握り寿司。でもどうせ無理でしょ」と書いてあった。
やってやろうじゃないか。
うちの調理師の半分は寿司職人の経歴があるので
そのメンバーの勤務表をやりくりして「その日」に集中。昼前に一気に握ってもらった。
刺身の予算不足分は、ヅケにする、タレを塗るなど手間暇でカバー。
結果、その日初めてその患者さんからの苦情は無かった。
勿論他の患者さんからの希望メニューも順次実現していく予定。
食養課は病院じゃ裏方だけど、縁の下の力持ちって自負はあるんだぜ。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
36: おさかなくわえた名無しさん 2013/10/17 16:31:52 ID:STb5bYt9
子供相手なのであんまスーッとしないかもだけど。

うちの嫁が妊娠4ヶ月の時のこと。
その前に一度流産してるので心配で、健診にはできるだけ付いていってた。
病院の待合室はいつも一杯で待ち時間も長い。
それでもみんな心得たもので、本を読んでる人や編み物してる人で静かだった。
けどその日だけは別だった。
4~5歳ぐらいの男の子が待合室の中を奇声をあげて走りまくっている。
お腹の大きい母親が「座ってなさい」と一応声を掛けるが、いかにもテンプレ的と言うか
ガキの方は全然聞いちゃいねー。
そのうち看護士さんが「ボク、静かにしようね~」って軽く注意したんだが
その母親の態度は他人事。
で、うちの嫁がトイレから帰ってきたときの事。
余所見しながら走っていたガキが、そのままの勢いで嫁に体当たりした。腹に。
嫁、バランス崩して倒れそうになって、その様子が俺にはスローモーションのように見えて
正直すっげえ怖かった。
幸いたまたますぐ後ろを通りがかった女性が支えてくれて倒れずに済んだけど
尻餅なんてついたらマジやばかった。
それで俺むかついてガキの母親の所に行って文句言った。
「今の見てましたか?あなたの子が全く注意を聞かずみんなに迷惑を掛けて走り回って
 もし誰かに何かあったら責任取れるんですか?
 走り回っていい場所とそうでない場所って、おたくでは教えないんですか?」
って。
そしたらあのババア、鼻で笑いやがった。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
917: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/09/20(金) 23:06:39.81
修羅場っていうには弱いんだけど、ちょっと前の接骨院とかの流れで思い出した。

ある日、仕事場に出勤して、いつものようにメールチェックして、返事出そうとして、違和感に気づいた。
左手の小指が動かなかった。他の仕事では特に気にしないけど左手小指が動かないと、仕事にならない。
仕事自体が入力系が多かったし、ショートカット使えないと作業効率だだ下がりの仕事だったので。

その日は病院にいくつもりで午前中で(そもそもフレックスで10時半以降じゃないと人がいない)
早退して、病院を探した。しかし、大きめの病院の整形外科って午前中のみ診察がほとんど。
もうその時間じゃやってない。なので、町中の整形外科にいった。

レントゲンとって、医者が一言。「これ、治りません。腱鞘炎の一種です」っていった。
前日まで痛くもなんともなかった指がいきなり再起不能ってなんなの?
そこでは塗り薬を出されて終わった。

なんか納得いかなくて、後日、午前中休みとって大きめの総合病院にいった。
そこの先生は週に1日しかこないけど、手の専門だった。

その先生はちょっとみて、ある病気(というか現象)をあげて、本来なら入院患者しか受けれないリハビリに入れてくれた。
週に1回リハビリいって(本当フレックスな会社でよかった)約半年でほぼ回復した。

今から思うと、本当にたまたま選んだ総合病院の週1の診察に間に合って、その先生が手の専門だったことが凄いと思う。
その総合病院は昔、父が心臓の手術をするために一時入院した病院。それを覚えてて受診した。
心臓と指ってまったく関係ないのに…。

 
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
106: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/08/25(日) 23:59:39.17
救急車話乗り遅れた!
こないだ、父が飲酒の上眠材をODした。
一応、父はこの薬を何錠かまとめて飲むとタヒぬって薬剤師さんに脅されてた&ODを別宅?にいる母に携帯で知らせた。
話を聞いた母、とりあえず父の口から何錠かかき出した。
その後、父昏倒。
一応、飲酒の上での眠材ODなので、心配は心配。だけど、こんなことで救急車呼ぶのも申し訳ない。
そういうことで救急相談に電話したら繋がらない。
離島はそういうサービスないらしい。

結局、救急車呼んで、島で唯一の病院に運んでもらったよ。
母は仕事をしなきゃいけないので私が付き添わないといけない、けど救急車に同乗すると帰りの足がないので
先に自分の車で病院に向かった。途中で追い越されたんだけど、救急車両に左によって空けなきゃいけないのは
信号から50メートル?違ったっけ?つか、当事者だからいいよね、と速度落としつつ、左に寄りつつ
停車しなかったあたりが修羅場。免許取って2年。その2年はこの離島での運転のみだから救急車両が
後ろから来るなんてなかったし。

結局、父は苦しいって噂の胃洗浄もすることなく、落ち着き次第帰っていい、ってなった。
そのころ、外は真っ暗。重ねて書くけど免許取って2年。夜間運転はしたことない。
この時の私の気持ちは本当に修羅場でした。
結局、母が仕事早く終えて迎えにきてくれた&ハイビームにすればそんなに夜間の運転も怖くないってわかった。
私の車は次の日、ちょうど月に一度の私の通院日だったので、送ってもらって帰りは自分で運転して帰った。

 
続きを読む

このページのトップヘ