キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

病気

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
273: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/03/21(木) 19:16:42.45
去年の話
具合が悪くて、仕事を早退した(この時点では風邪だと自己判断して、家で寝ていれば良くなると思っていた)
熱が高くてめまいと耳鳴りが酷くて
車を会社に置いて、タクシーで帰宅
タクシーの女性運転手さんが気遣ってくれ
玄関まで支えてくれた
玄関をあけたら、無人のはずの家の中に誰かいた
知らない男性だった
「誰?!何してるの?」と叫ぶ私、キョドる男
これが第一の修羅場
タクシーの運転手さんが携帯で警察に通報
逃げようとする男を、玄関の傘立てに入れていた木刀で牽制
男は駆けつけた警察に確保、空き巣でした
私はショックで体調が悪化してそのまま入院

うちの家は家族全員車通勤で、シャッターを空けて庭に車を停めているので
車を留める音がしてから逃げれば良いと空き巣に入ったらしい
事前に家族の生活パターンを調べられていた
たまたま私がタクシーで帰宅して、シャッターの音がしなかったので空き巣は逃げ遅れた

タクシーの運転手さんが一緒じゃなかったら、どうなってたかゾッとする
空き巣が万が一見つかった時のために刃物を持っていたと聞いて
運転手さんと私の心の中が第二の修羅場

病気がただの風邪では無く、この入院のおかげで早期発見出て
初期で手術出来たので、無事完治したので記念カキコ

 
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
273: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/03/21(木) 19:16:42.45
去年の話
具合が悪くて、仕事を早退した(この時点では風邪だと自己判断して、家で寝ていれば良くなると思っていた)
熱が高くてめまいと耳鳴りが酷くて
車を会社に置いて、タクシーで帰宅
タクシーの女性運転手さんが気遣ってくれ
玄関まで支えてくれた
玄関をあけたら、無人のはずの家の中に誰かいた
知らない男性だった
「誰?!何してるの?」と叫ぶ私、キョドる男
これが第一の修羅場
タクシーの運転手さんが携帯で警察に通報
逃げようとする男を、玄関の傘立てに入れていた木刀で牽制
男は駆けつけた警察に確保、空き巣でした
私はショックで体調が悪化してそのまま入院

うちの家は家族全員車通勤で、シャッターを空けて庭に車を停めているので
車を留める音がしてから逃げれば良いと空き巣に入ったらしい
事前に家族の生活パターンを調べられていた
たまたま私がタクシーで帰宅して、シャッターの音がしなかったので空き巣は逃げ遅れた

タクシーの運転手さんが一緒じゃなかったら、どうなってたかゾッとする
空き巣が万が一見つかった時のために刃物を持っていたと聞いて
運転手さんと私の心の中が第二の修羅場

病気がただの風邪では無く、この入院のおかげで早期発見出て
初期で手術出来たので、無事完治したので記念カキコ

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
746: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/02/18(月) 20:22:49.04
産後二週間で夫に自さつ未遂された時、が一番修羅場だった。
弟が糖質発症して、テレビから受信出来るようになったのに直面した瞬間が次点。
自分に難治性の腫瘍が出来て告知された時のほうがダメージ少なかった。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

208: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/03/06(火) 20:16:12.67
最大の修羅場。

私の運転する車の助手席で実父が亡くなった事。

右折したら父が倒れこんできて、急いで停車して揺り起したら
瞳はくすんでいて、口元からよだれが垂れてきてた。

半狂乱で救急車を呼ぼうとしたが、その場の住所がわからず
号泣しながら近くの会社の工場に飛び込んで、住所を聞いた。

いまだにその道を通るのが苦手。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
163: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/11/21(月) 15:05:19.26
自分的には修羅場だった話を思い出した、ややフェイクあり

うちの母親は思い込みがすごく激しくて、今思えばアスペかなんかだと思う
何十年か前、自分はある病気になった、結構深刻である薬を数年にわたって常用しないといけなくなった
昔、母親は医療機関に勤めていたそうで、医者から処方された薬が多すぎると激しく指摘
それを病気で動揺していたせいか、なぜか鵜呑みにしてしまい一錠ほど少なくして飲んでいた
それから、しばらくして全身に蕁麻疹がでた、もう皮膚という皮膚、頭皮にまでかゆいというより痛い
あまりにも苦しくて「一人では病院にいけそうにない連れてってくれ」と頼んだら、「忙しい、土日は病院やってないから無理」と言われた
その後はずっと寝込んでた、シーツがこすれただけでも、皮膚が熱くてやけどしたみたいな感じだった

あまりの具合の悪さに、意識が朦朧としたまま何とか土日をすごす、月曜の朝にたまたま父親に発見されて病院へ行った
薬のアレルギーだった、しかも母親は医療機関といっても事務してただけで、減らしたからアレルギーがこれくらいですんだと言い張っていた
真相は、アレルギーがあったのに勝手に量を減らしていたため、出るのが遅くなったらしい
あの時、病院いかなかったらと思うとぞっとする

 
続きを読む

このページのトップヘ