キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの 2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

獲物

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
80: 名無しの心子知らず 2013/07/13 08:33:26 ID:IxJaJSDF
スレ違いだったらごめん。潜在的な非常識な親というかなんというか。

子どもの遊び場での出来事なんだけれど、2歳の娘がおままごと道具で遊んでいたんだ
そうしたら、隣の親子の3歳くらいの男の子突然獲物を見つけた顔をして、突然娘を襲う
娘もおもちゃを取られたくなくて、抵抗したら、髪を引っ張るだけじゃなくて、殴ってきた

普段から、多少子供同士のトラブルはあるから様子を見ていることが多いんだけれど、男の子の殺気が普通の子と違っていたので
即止めに入った。男の子の母親も止めに入って一度終わったと思ったら、再度娘に殴りかかってきて、ぞっとしたんだ。
その母親も母親で、全然叱らない。言葉でダメよと言うだけ。母親自体はこちらにも詫びては来ていた。
ただあの気性の男の子には相当厳しくしつけないと、手が付けられなくなると思った。私だったら、泣くまでしかるレベルだった。

しかし、男の子の娘の遅い方が子供じゃなくてDV男とか10代20代のらりっているのが気に入らなくて殴りかかるのと同じ殴り方なのが気味悪かったんだ。
昔DV男のと付き合って殴られた時を思い出すくらいそっくりでぞっとした。
幼稚園なんかで気に入らないことがあったら、その辺の石で他の子を殴っても不思議じゃない。
てか、殺したり怪我をさせても納得がいくくらいの殺気だった。

家に帰って旦那にことのあらましをはなすと旦那が「普通の子供はそんな殴り方なんて知らない。その子はそれをどこで覚えたんだろうね」って。
家で奥さんがDVされてるのかなとか話をした。
以前まとめで、叱らない育児を実践したら、上の長男が怒られた腹いせに下の乳児の頭を積み木で叩いたから娘を守るために離婚したなんてのをみたから、叱らない育児のせいかもしれない。
子供同士のけんかなんて仕方ないけれど、完全横取りの上、明らかにやりすぎで娘のほっぺには傷が2か所もできているのに、叱らない母親には気味悪ささえ感じたよ。
表面上は常識的で謝ってきたりする親だと思ったけど、潜在的に非常識すぎて気持ち悪かったです。本当、叱らない育児反対です。
あの子供の獲物を見つけたー!って敵意むき出しのあの表情も強烈過ぎました。

願わくば、あの子が暴力はダメだということをしっかり教えてくれる誰かに出会うことを祈ってます。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
13: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/04/06(水) 22:04:01.15
過去にうちの猫が引き起こした修羅場をひとつ。

何年か前のこの時期ぐらいに、窓をあけて網戸にしといたんだ。
一戸建てで、庭にいろいろ植えてるから花とか木々がよく見えるように
レースのカーテンも引いて、みんな居間でくつろいでた。

母と自分はテーブルで珈琲飲みながら雑誌を読んだり、PCしたり。
父は座卓でTV。弟はソファで寝そべってPSP。
心地良い風とか吹き込んで来て本当気持ちのいい日曜日の午後だった。

そんなとき、うちの猫が外から帰ってきた。
いつも「にゃにゃにゃ、にゃにゃー」とかしゃべりながら帰ってくるんだけど
その日は、何かを咥えたようなくぐもった鳴き声だったから
居間にいた人間、誰もがハッとして顔をあげたら
どこで取ってきたのかネズミを捕獲してた。

網戸の向こうにいる猫を見て家族全員絶叫。
ぎゃーーー!!入って来るなーーー!!
とか言ってるうちに猫が片手で網戸をガラッとあけて室内に。
その網戸の開け放ち方がまた豪快で、スパーンッ!って音と共に入ってきた。

座卓に座っていた父は逃げようと慌てて立ち上がって
床にあったコロコロを踏んで大転倒。
テーブルにいた母は椅子の上に登ろうとしてダイニングの照明に
頭をぶつけて埃が舞い落ちる。
ソファにいた弟は慌てふためきPSPのゲームデータを誤って削除。
とにかく威嚇しようとした自分は、横にあったタオルを
カウボーイのように振り回してみたもの、母が落とした埃を無駄に拡散。

一家が一瞬にして修羅場になった出来事でした。
それ以来、この時期はいつも網戸にするのを躊躇する。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
198: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/05/09(水) 10:17:01.91
プチプチ修羅場で申し訳ないがちょっとグロありです

以前飼っていた猫が私の事を親だと思ってるんじゃないかと思うくらい常にべったりしている猫だった
当然捕獲した動物や鳥は私に見せにくるので部屋の前にネズミやスズメは日常だった
(小心者なので毎回凹んだが)

ある日仕事から帰って部屋のドアを開けると一面鳥の羽だらけ
床からベッドからカーテンからそこら中が羽、羽、羽
固まって首だけ回してみると床に鳩のタヒ骸(食いかけ)
涙目で掃除したけどそれからしばらくはちっさい羽がたまに出て来てたりした

掃除機かけてたらブラシからひからびた鳥(多分鳩)の足が出て来たので思い出しカキコ

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
13: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/04/06(水) 22:04:01.15
過去にうちの猫が引き起こした修羅場をひとつ。

何年か前のこの時期ぐらいに、窓をあけて網戸にしといたんだ。
一戸建てで、庭にいろいろ植えてるから花とか木々がよく見えるように
レースのカーテンも引いて、みんな居間でくつろいでた。

母と自分はテーブルで珈琲飲みながら雑誌を読んだり、PCしたり。
父は座卓でTV。弟はソファで寝そべってPSP。
心地良い風とか吹き込んで来て本当気持ちのいい日曜日の午後だった。

そんなとき、うちの猫が外から帰ってきた。
いつも「にゃにゃにゃ、にゃにゃー」とかしゃべりながら帰ってくるんだけど
その日は、何かを咥えたようなくぐもった鳴き声だったから
居間にいた人間、誰もがハッとして顔をあげたら
どこで取ってきたのかネズミを捕獲してた。

網戸の向こうにいる猫を見て家族全員絶叫。
ぎゃーーー!!入って来るなーーー!!
とか言ってるうちに猫が片手で網戸をガラッとあけて室内に。
その網戸の開け放ち方がまた豪快で、スパーンッ!って音と共に入ってきた。

座卓に座っていた父は逃げようと慌てて立ち上がって
床にあったコロコロを踏んで大転倒。
テーブルにいた母は椅子の上に登ろうとしてダイニングの照明に
頭をぶつけて埃が舞い落ちる。
ソファにいた弟は慌てふためきPSPのゲームデータを誤って削除。
とにかく威嚇しようとした自分は、横にあったタオルを
カウボーイのように振り回してみたもの、母が落とした埃を無駄に拡散。

一家が一瞬にして修羅場になった出来事でした。
それ以来、この時期はいつも網戸にするのを躊躇する。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
80: 名無しの心子知らず 2013/07/13 08:33:26 ID:IxJaJSDF
スレ違いだったらごめん。潜在的な非常識な親というかなんというか。

子どもの遊び場での出来事なんだけれど、2歳の娘がおままごと道具で遊んでいたんだ
そうしたら、隣の親子の3歳くらいの男の子突然獲物を見つけた顔をして、突然娘を襲う
娘もおもちゃを取られたくなくて、抵抗したら、髪を引っ張るだけじゃなくて、殴ってきた

普段から、多少子供同士のトラブルはあるから様子を見ていることが多いんだけれど、男の子の殺気が普通の子と違っていたので
即止めに入った。男の子の母親も止めに入って一度終わったと思ったら、再度娘に殴りかかってきて、ぞっとしたんだ。
その母親も母親で、全然叱らない。言葉でダメよと言うだけ。母親自体はこちらにも詫びては来ていた。
ただあの気性の男の子には相当厳しくしつけないと、手が付けられなくなると思った。私だったら、泣くまでしかるレベルだった。

しかし、男の子の娘の遅い方が子供じゃなくてDV男とか10代20代のらりっているのが気に入らなくて殴りかかるのと同じ殴り方なのが気味悪かったんだ。
昔DV男のと付き合って殴られた時を思い出すくらいそっくりでぞっとした。
幼稚園なんかで気に入らないことがあったら、その辺の石で他の子を殴っても不思議じゃない。
てか、殺したり怪我をさせても納得がいくくらいの殺気だった。

家に帰って旦那にことのあらましをはなすと旦那が「普通の子供はそんな殴り方なんて知らない。その子はそれをどこで覚えたんだろうね」って。
家で奥さんがDVされてるのかなとか話をした。
以前まとめで、叱らない育児を実践したら、上の長男が怒られた腹いせに下の乳児の頭を積み木で叩いたから娘を守るために離婚したなんてのをみたから、叱らない育児のせいかもしれない。
子供同士のけんかなんて仕方ないけれど、完全横取りの上、明らかにやりすぎで娘のほっぺには傷が2か所もできているのに、叱らない母親には気味悪ささえ感じたよ。
表面上は常識的で謝ってきたりする親だと思ったけど、潜在的に非常識すぎて気持ち悪かったです。本当、叱らない育児反対です。
あの子供の獲物を見つけたー!って敵意むき出しのあの表情も強烈過ぎました。

願わくば、あの子が暴力はダメだということをしっかり教えてくれる誰かに出会うことを祈ってます。

続きを読む

このページのトップヘ