キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
462: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/09/15(日) 16:48:18.38
私が大学生の頃、実家の母親が虐待されて(おそらく)捨てられて瀕タヒ状態になってた子猫を拾ってきた
獣医さんからも無事育つかわからないと言われてたのを献身的に世話して、なんとか元気に育てた
でも人間不信はなかなか治らなくて、ようやく家族に慣れて甘えてくるようになり、
みんなで大事に大事に育てていたころ、
父親の妹(おばさん)が孫を連れてやってきた
おばさんの娘さん(私の従姉妹)は離婚して子供(当時5歳)をおばさんに預けて働いてた
おばさんは元々大雑把で自己中だったから親戚から嫌われてたんだけど本人は気づいてなくて
うちの母はわりとおっとりしててそのおばさんの話もウンウン聞いてたから懐かれてた
その日も近くまできたからとおばさんはアポ無しで孫をつれて我が家にやってきた

知らない人がくると猫はすぐどこかに逃げるのだけどその日もそうで、姿をあらわさなかった
おばさんが連れてきた孫はどうしようもない悪ガキで、まだ五歳なのに典型的DQNになるだろうと将来が予見できるくらいだった
出されたお菓子をばらまいたり、口にいれて見せてきたり、
いきなりコーラ飲みたいと冷蔵庫開け出したり
おばさんはそんな態度を叱るでもなく野放しだった
そしてトイレにいくといって子供が去ってしばらくしたとき、
二階からギャオーーーという断末魔のような猫の鳴き声が聞こえた
慌てて二階にあがると、猫のしっぽを掴んで振りまわす子供の姿が
母親は猫をはっしと抱きとめ、同時にその子の胸ぐらをつかんで投げ飛ばした

ゴルァ!このクソガキ!!!なにさらすー!!!

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
307: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/09/06(金) 01:18:26.21
結婚してすぐの頃の話

恥ずかしいことだが、免停になり自転車で通勤するハメになった
仕事帰りに自転車を走らせていると、ものすごく小さい声で「にゃー」

間違いなくご主人様がどこかにいると確信したが
いくらさがしても見つからない
嫁に電話したら「見つけるまで帰ってくるな!生まれたばかりの子猫なら絶対救出!」
との命令が出た

とぎれとぎれに「にゃー」としか言わないご主人様
ふと、気づいた、側溝じゃないかな?でもコンクリートの蓋あるな・・・って
でも嫁の命令もあるし、側溝の蓋をめくりはじめた
「にゃー」の声ははっきり聞こえるようになった
そこで突然まぶしい光が、警察だった、もちろん職務質問
「にゃー」って聞こえるんですと説明するも、身元照会で免停中もばれる
しかし、その警察官は猫様信者だったw
「にゃー」を聞いたKは側溝の蓋めくりに必タヒになってくれた
20枚ほどめくってご主人様発見、生後数日の小さな小さな子猫

俺の自転車のカゴにKが持ってたタオルをひいて猫様にくつろいでもらい
Kと一緒によかったね、などと話しながら側溝の蓋を戻す作業が大変すぎて修羅場

ご主人様はこれを書いてる時も俺の膝の上にいます
もう今は老猫ですけどね

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
861: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/03/13(水) 20:27:00.87
プチですが
高校生の時、一時間に2~3本しか電車がこない駅なので
一人で待合室でだるまストーブにあたっていた。
見かけない不良みたいな男が
「ねぇちょっと貸してくれない。千円でいいからさ。」とずずっと近寄って来た。
びっくりして勢いよく立ち上がり、駅員がいる方に逃げて行こうとしたら
その男が私の前に回り込み、抱きとめようと手を広げた瞬間
どんっと駅の人気者の猫がそいつの腹に飛び乗り、爪を立ててのぼり顔まで行って
ばりばり!と引っ掻いた。その猫はみんなが可愛がって餌を与えすぎるので
かなり巨大猫で、今と違って猫の爪は切ってない。
ものすごく痛かったはずだ。なんか叫び声をあげて逃げて行った。
その声にホームにいた駅員さんと横の売店の飼い主のおばさんも飛んできた。
駅員さんが駐在さんを呼んできて一応話はした。
猫はたしか「みけお」って名前でした。三毛猫じゃないのに三毛猫雄だったら
貴重なのにねって売店のおばさんが付けたとか。
私はみけおの大好物のちーかまを駅の売店で買って、お礼に食べさせて来ました。
今はそんな塩分の多いものを猫に食べさせないでしょうが
そんなのが普通ぐらいだった昔のお話です。

 
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
661: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/02/17(日) 13:04:41.70
バルサンホウ酸団子唐辛子スプレーで虫対策してたら、
放し飼いされてる近所の飼い猫が逃げてった。
畑も庭木も荒らすし、勝手に家に入って物壊すわのアグレッシブ猫、
近所のクレームの的だったんだが飼い主本人は、
「閉じ込めるなんて可哀想でできない」
「地域猫って言うでしょ」
「他にも放し飼いの猫いるじゃない!」(婆猫で庭から出ない)
「窓開けて勝手に出るんだから仕方ないでしょ!」と逆ギレ。
病気、車にひかれる、猫嫌いにやられるぞ、鍵かけとけよ!って言っても
「出すまでなき続ける」とウダウダ。
もうどうにもならんと諦めてたらこんなことに。

虫対策以降その猫を見てなくて、
私のせいなのか、私のせいだとしたらどうしようとドキドキしてたら、
弱って飼い主宅でほぼ寝たきりらしい。
でも飼い主は病院に一度も連れてかずに、
「基地がいに何かされたに違いない」と憤慨し「次は三毛猫飼いたい」
猫好きで猫が命より大事と言ってたんだが…

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
550: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/01/03(木) 03:32:08.80
そんなの書いたら猫好きは、やっぱりおかしいと思われるよ。
私も猫が絡むとおかしくなるけど。
ついでに修羅場投下。グロ注意。
従兄弟が爬虫類を飼っていて私にも可愛がるよう強要。
私は爬虫類が大の苦手。それなのに、触れとか可愛いのにとか。無理。
ある日、猫を拾ったんだけど妊娠していて子猫を3匹産んだ。
従兄弟は何を考えたのか猫を隔離していた部屋に蛇を離した。
私が見つけたときには親猫は部屋の隅で震えてて、子猫はどこにもいない。
蛇が子猫を飲んだと思った私は助けないと!と台所から包丁を持ってきて蛇を切り裂いた。
何であんなことができたのか今でも謎。
騒ぎを聞いて家族が駆け付けたけど惨状を見て大騒ぎに。
従兄弟は絶叫してたけど、この猫ごろしが!と蛇の血に塗れた手で殴ったらおとなしくなった。
結局、子猫は親猫が体の下に隠してて私の勘違いだったんだけど、従兄弟が悪いということで私はおとがめなし。
蛇はタヒんだ。すっきりした。

続きを読む

このページのトップヘ