キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
6: 名無しさん@HOME 投稿日:2010/09/15(水) 16:31:17
クソトメとエネに捨てられたぬこが帰って来た
あまりに嬉しくて昼間っからお寿司取ってビール飲んでるw
エネよりずっと私の家族だwww

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
765: 名無しさん@HOME 2011/11/21 14:21:27
もう昔の話


クソウトが私の愛猫を二階のベランダから投げ捨てたので
首根っこ掴んで車に乗せてバスが一日一本だけの山道に追い出したことがある
旦那と良コトメにボロックソに〆られたウトはその後とても穏やかに過ごし、先日息を引き取った


それまで特に問題なく同居生活していたのだけど、
内弁慶なウトは私が唯々諾々として召使にならないのが気に食わなかった
故トメのようにウトに奉仕しない私への鬱憤を愛猫に向かわせたらしい



ちなみにその時の愛猫は全くの無傷で現在私の尻で爪を磨いでいます。いてえ。やめれ。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
676: 名無しさん@HOME 2012/05/14 02:21:16
明日仕事だけど、小町(猫♀)に鼻フックで起こされたので腹いせに書き込み


震災関連でトメを引き取り同居してから一年以上、まああれこれやらかしてくれました。
嫁の私物あさり、アクセサリー・本・服の転売廃棄、郵便物開封&シュレッダーの華麗なるコンボ。
トドメに私の愛する小町(猫♀)を保健所に連れて行こうとした時点でのーみその血管がぶち切れた。


もうトメの顔を見るだけで氏ね氏ね氏ねとしか沸いてこないので、思うがままに叫びました。
顔が見えたら「氏ねええ!氏ね氏ねえええええ!!!」と怒鳴りつけて追い回す。
後姿をみかけたら「氏ね氏ね氏ねええええええ!!!」と怒鳴りながら追いかける。
風呂に入ってる音がしたら「氏っねええええええええ!!!杀殳処分じゃごらあああ!!」
と叫びながら追い回す。
いずれの場合も「家の外に出るまで」。


夫がトメに「人として恥ずかしいことスンナ! あんたが母親だと思うと泣けてくる」
ってマジ泣きしながら寝室に鍵つけたりアパート探したりしてくれてたから私も大人の対応してた。
トメを追い出すまでは、今まで家中が縄張りだった小町(猫♀)を寝室に隔離する不条理も容認した。
それを態々寝室の鍵をもぎ取ってまで! それも嫁いびりの為だけに頃そうと!!
この子は保健所から生還した猫。職員さんが覚えててくれて本当に良かった!
チップ入れといてマジで良かったああああ!!


先日素っ裸のトメを目撃してしまった若いお兄ちゃんには非常に申し訳ないことをしたのがDQNかなと。
トメをアパートに放り込むまで、小町(猫♀)と私は実家でランデブーです。
夫に嫉妬されまくりなので後が怖いわ…

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
118: 1/2 2012/10/02 08:24:42
携帯からなので改行変だったらごめんなさい。
トメとは近距離別居で小梨な我が家。
うちの猫様がしてくれたプチDQN返し。

いつもネチネチと嫌み満載なトメ。
我が家にきては小梅小梅とうるさくいいつつ猫を愛でる。
こちらをチラチラ見ながらわざと幼児言葉を使い猫を撫でまくるから多少うざい。
猫様もやや迷惑顔(´ФωФ;`)

ちょっと撫でられるのがイヤになったのか、猫が玄関先にある自分のトイレに走っていった。
しばし猫砂をざっくざっくと掘り返す音が聞こえた。
その間にもそろそろ子供を~と嫌みを言うトメ。
夫と二人で計画立ててますからと言っても効き目無し。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
462: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/09/15(日) 16:48:18.38
私が大学生の頃、実家の母親が虐待されて(おそらく)捨てられて瀕タヒ状態になってた子猫を拾ってきた
獣医さんからも無事育つかわからないと言われてたのを献身的に世話して、なんとか元気に育てた
でも人間不信はなかなか治らなくて、ようやく家族に慣れて甘えてくるようになり、
みんなで大事に大事に育てていたころ、
父親の妹(おばさん)が孫を連れてやってきた
おばさんの娘さん(私の従姉妹)は離婚して子供(当時5歳)をおばさんに預けて働いてた
おばさんは元々大雑把で自己中だったから親戚から嫌われてたんだけど本人は気づいてなくて
うちの母はわりとおっとりしててそのおばさんの話もウンウン聞いてたから懐かれてた
その日も近くまできたからとおばさんはアポ無しで孫をつれて我が家にやってきた

知らない人がくると猫はすぐどこかに逃げるのだけどその日もそうで、姿をあらわさなかった
おばさんが連れてきた孫はどうしようもない悪ガキで、まだ五歳なのに典型的DQNになるだろうと将来が予見できるくらいだった
出されたお菓子をばらまいたり、口にいれて見せてきたり、
いきなりコーラ飲みたいと冷蔵庫開け出したり
おばさんはそんな態度を叱るでもなく野放しだった
そしてトイレにいくといって子供が去ってしばらくしたとき、
二階からギャオーーーという断末魔のような猫の鳴き声が聞こえた
慌てて二階にあがると、猫のしっぽを掴んで振りまわす子供の姿が
母親は猫をはっしと抱きとめ、同時にその子の胸ぐらをつかんで投げ飛ばした

ゴルァ!このクソガキ!!!なにさらすー!!!

続きを読む

このページのトップヘ