キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの 2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
386 :キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ- 2009/03/23(月) 14:16:38 O
携帯から失礼

ついさっきまで同居トメとワーワー口喧嘩してた。
そしたら玄関口からワンワンワン!!!ギャオーン!って鳴き声。
とりあえず喧嘩中断して玄関に行ったら、見知らぬワンコが鼻息荒く仁王立ち。
どうやら散歩中らしく、飼い主サンがスイマセンスイマセンと引っ張るが微動だにせず。
私は犬スキーなのでワンコによーしよしよしwとやりまくり、飼い主サンと会話する。
このワンコ、喧嘩のときの声が大嫌いなんだそうだ。我が家からかなり大きな声が聞こえてたそうで。
トメは犬嫌いで、「はやくどっかにやって!」と叫ぶ
犬「ワンワンワン!グルルルー!ワンワンワン!!」
トメ「ギャアアアア!!」
犬「ウォンウォンウォン!ウォォオオオオン!!」

なんかすごかった
トメ部屋から出てこなくなり、ワンコはその後我が家の前に5分くらいデンと座り込んでいた。

ワンコありがとう。スカッとしたよ。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
5: 名無しの心子知らず 2014/10/07(火) 17:47:34.06 ID:jBAsyCmB
誰も居ないみたいなので、書き込み。初投稿ゆえに、至らない点も多いと思いますが、お手柔らかに。
旦那クレクレされた話と赤の服を泥未遂された話。キチ要素強めなのでこちらに。
長いので、暇つぶしがてら読んでいただけると幸いです。

旦那とは職場結婚。居酒屋勤務で、昼~始発までくらいの仕事。
私は妊娠を機に退職。旦那の職場から徒歩15分くらいのアパートに二人で引っ越した。
隣人などのアパート住人との交流は一切なく、隣に人が住んでいるのかすら知らないほどだった。
ある日、旦那が出勤してから愛犬と戯れていると、チャイムが。
OL風の20代後半くらいの女の人が、旦那を訪ねてきた。
居ないことを伝えると、日を改める、といって帰っていった。
帰宅した旦那に心当たりを尋ねるが、全くないらしい。
その後、2,3日に1回のペースでその人は尋ねてくるようになった。
なんなら、前日は旦那の休みだったのに、今日来る、という謎っぷりを発揮。さすがにおかしいと思い始める。
旦那にも、チェーンをかけたまま、対応するように言われる。

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
299: 可愛い奥様 2011/01/02(日) 03:27:58 ID:Ru3BeEE8O
良いアドバイスあれば聞きたいんだけど
義実家は犬溺愛の人間扱い
犬がベッチョリ口つけた箸で姑も食べて、また犬が食べる、また姑…みたいな私にとってはオェ~な家(平気な人ごめんね)皿も人間と共通
今度2歳手前の娘を義実家連れて行くんだけど、姑が当たり前のように自分の口つけたスプーンで娘に食べさせそうで怖い…
かといって四六時中見張っているのも亀裂入りそうだし多分無理。
自分の実親にだったら「虫歯になるから同じスプーンはやめてね」って忠告するけど姑にはどうやって伝えれば一番うまくいくと思う?
細かく気にしなくても元気には育つだろうけど、出来れば小さいうちは共通のスプーンとか箸は避けてもらいたい
ちなみに嫌でも極力縁は切れないのでうまい方法知ってたらお願いします(前は母乳だったのでその辺は平気だった)

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
25: 可愛い奥様 2010/12/31(金) 01:08:14 ID:biBqQkrxO
犬の毛だらけ。
靴下見て吐き気がしたわ。
なにもかも汚い。
布団に入ってもかゆい。

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
186: 可愛い奥様 2012/08/10(金) 00:16:10.65 ID:50X8yZfEO
私は自分の実家に帰るのが欝。
実家は私が結婚してから都市部に新しくマンション買ったから、子連れで帰省しても居場所がない。
しかも小さいお犬様が3匹もいる。

たまに帰省した娘孫よりお犬様な実母。実父は存在感薄い。
盆暮れなると「帰っておいでよ」言うから、1年に1度か2度、私の祖父母にひ孫見せたくて帰るけど、
実際長時間かけて帰省したら「あんたたちどこで寝るの?寝る場所ないよw」とか
別の年には「あれ、もう着いたの?夕食ないよw」とか言われる。この日に帰る事は言ってあったのに。
まだ父母共にフルタイムで共働きしてるから、ごちそう用意しろとは思わないけど、たまに帰省するんだから気に掛けてくれてもよくないか。

ある時渋滞ひっかかって8時間かけて帰省してこれ言われたから泣きそうになった。つか隠れて泣いた。
曾祖父母には長生きして欲しいけど、もし他界したら盆暮れの帰省はやめる。

チラ裏すまん

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
490: 可愛い奥様 2006/11/15(水) 00:50:46 ID:to0Pu1zs
うちのトメも犬を飼ってるのですが、
2匹いて犬同士性格が合わないらしく1匹はサークルの中
散歩にも行かないのでサークルから出る機会の無い犬が可愛そうだと旦那が私達の部屋に連れて来ました
オシッコ、うんちは垂れながし…
成犬なのでトイレを覚えてくれない
世話に疲れてトメに返したら
「○○○ちゃん(私)は動物を愛せないタイプの人間ねって言われました」
犬にむかって「新しいママに捨てられちゃったの?可愛そうに」って
うちは不妊で子供もできないので…
悲しくなりました


  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
6: 名無しさん@自治スレにてローカルルール議論中 2009/02/28(土) 01:45:34 ID:yBdhMJuR0
旦那もアスペだと思った。と思ったのは昨日ここのスレを見つけてからです
それまで、私が悪いってなんか思ってたしね。大きな実害は胃と胆のうに
ポリープが見つかった。それを聞いた旦那
それぐらい誰でもあるwww←これ言われて胆のうにまた増えた気がした。
たしかに誰でもあるかもしれない。夫婦の重い話しになったら
胃が痛い、俺を杀殳すきか?って基地っぷりに豹変
犬も飼い主に似てちょっくらアスペ犬だけど旦那よりは間違いなく愛してる
そんな犬がティッシュの箱をぼろぼろにしてたってだけで
風呂場につれてって冷たいシャワーをかけやがった!
私も働いてて家に帰るのが旦那より遅かったから守ってあげられなかった
旦那の実家のやつらも大っ嫌いなんだけど
しょちゅう集いたがる家族。なんだこの人生は自分が情けねー


  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
395: 可愛い奥様 2011/05/22(日) 16:19:41.05 ID:dihgGT8h0
買い物行こうとしたら犬が吐いた。
うちの犬は食道が細いからご飯はほぐしてあげてって言ってるのに
塊で出てきた。「ほぐしてあげてよ」て言いたかったが言っても無駄なので掃除して
犬の具合見てると「買い物行かないのか!」て怒りだした。
「こんな状態で置いていけないでしょ」て言うと「一日台無しだな!」て怒鳴って部屋へ戻っていった。
昼食用意しても食べずにカップ麺食べてるし。
ほんとは旦那がご飯あげるのもやめて欲しいんだけど言っても聞かないからどうしようもない。
なんであんなにすぐ怒ってすぐ被害者面すんだろうか。

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
646: 可愛い奥様 2011/07/01(金) 10:08:51.37 ID:LaxVczT50
何度言っても犬に人間の食べ物あげるのをやめない。
昨日も隠れてやってるつもりなんだろうけど、姿は見えないが
「おいしい?」て喋りかけてる声聞こえたから
「なんであげるの?あげちゃダメって言ってるよね」て言うと
謝りもせずにずっと睨み付けてきて最終的には「お前は完璧なのか?」ときた。
悪いけどこの件に関しては完璧なので「完璧だよ。一切あげてない」て言うと
「この毎日あげてる缶詰は人間が作ったんだろ!じゃあ人間の食べ物だろ!」と意味不明理論を展開。
じゃあお前の食事に犬の缶詰を出してやろうか?
なんであそこまで「ごめん」「もうしない」て言えないんだろうか。どこまでいっても「僕は被害者」

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
115: 名無しさん@HOME 2009/12/14(月) 18:13:48 0
ウトメ家の帰り際に
「犬(10歳以上の紀州犬)も連れて行くか?」
と何度も言うのをやめてほしい。

子供達の世話で精一杯で動物までは飼えないし、もし飼うなら自分達で選びます。

子供達の世話で精一杯だし大型犬を飼える広い庭も無い
→ウトメ家なら飼えるのにね、孫タンここに住む?いう流れを作りたいのか?

今の犬があぼーんしたら又新しい犬を飼うと言うのもやめて欲しい。
犬は10年以上生きる。一生面倒診られるのか?
近距離別居のコトメは犬嫌いでしょ。

  続きを読む

このページのトップヘ