注目の人気記事

泊まり

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
910: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/11/07(木) 20:46:27.91
義弟嫁は連れ子再婚なんだけど義実家でほかの孫と同じ様に可愛がってもらってるからって連れ子単体でお泊まりとかさせる。
お泊まりセットも一切なくてコトメコの服、下着、寝間着を借りる。
借りてんのに自分の物になったと思っててコトメにちゃんと返してねって言われてた。
この夏に義実家で集まって夏祭りに行ったけどそれにも連れ子のみ参加。
うちの子にひっついてきて私もアレ食べたい~これ欲しい~で買ってもらうまで横でずっと欲しいなぁ~って言ってる。
結局コトメと折半で買い与えたけどその後も義弟家からはお礼の一言もなかった。

会うとべったりしてきてボディタッチ激しいし義実家の近所の公園行って我が子から目が離せないから見守っててもその場から離そうとこっちで遊ぼうよ~とかなりの力で引っ張ってくる。
私より旦那が好きみたいで旦那がいるとそばから離れない。
義弟がいてもそんな状態。義弟もかなり可愛がってるんだけどな。
今まで片親だったし愛情に飢えてるんだろうなって思っても義弟嫁はうちのこおねーさんとおにーさん大好きなんで~って言うし。
挙げ句の果てにこの子は手がかからなくって助かります~おねーさんとこは大変そうですね~って天然で言ってんのかと。

女児特有の媚びとかが最近気になりすぎて服装がギャル系なのも手伝って嫌悪感を感じるようになってしまった。
放置子スレ見て当てはまりすぎるけど義弟嫁に指摘するのもな~と思うし。
会わないって対処しかないですわ。

 

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
880: 名無しさん@HOME 投稿日:2014/01/28(火) 21:08:39.80
これまで散々語られているとは思いますが言いたい
義兄夫婦泊まりにくんな!!!
妊娠中(臨月も)平日揃って泊まりに来て夜中の2時まで酒飲んで騒いで翌日は旦那が会社に行った後起きて朝御飯食べて二度寝
義姉は産まれてから義兄と別で来て道がわからないから、全員配信メールで私ちゃんと赤ちゃんが駅まで迎えに来て!→寒いし準備大変なんで無理です、道順説明しますね→やーん迷ったらどうしよう義兄くん!私がんばるう!とかめんどくせえええ
旦那に言ってもデモデモダッテナンデオニイチャンニソンナコトイウノで話にならない
持ってきたらいいとかそういう問題じゃないけど、正直手土産もなしにきてほしくない

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
767: 名無しさん@HOME 投稿日:2014/02/15(土) 23:26:25.05
義理兄嫁がだらしなくて鬱
使ったフライパンや食器は洗わない
脱いだ服や靴は床に山積み
洗濯機をあければ洗い済みの干からびかけた服が出てくる
クリスマスから正月までずっとこんな感じ
夏に2ヶ月くらい泊まりにくるらしい
本当に来ないでほしい

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
533: 名無しさん@HOME 投稿日:2009/08/08(土) 10:02:02
帰省の予定を母に連絡
弟一家は週明けに日帰りで実家に来るらしい
多分その後は週末まで弟嫁実家に連泊するんだろうな
弟嫁が妊娠してからもうずっと実家には泊まらずを貫いていて
母も少し寂しそうだった
確かに実家には犬が居て、小さな子が居る人にとっては
大変かもしれないけど一泊くらいしたらいいのに
妹だって里帰り出産で実家に居て普通に赤ちゃん育てられたんだから
そんなに神経質にならなくても大丈夫じゃないの?と思っちゃう
弟にメールしても「嫁さんが(泊まりは)無理って言ってるから」って
なんか嫁の言いなりかよ!って情けない

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
727: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/07/18(月) 22:18:43.79
小さな子供がいるのに何も考えず全くのお客様で家に泊まりにきた兄夫婦。食べる物を嫁さんと一緒に作ろうと思ってキッチンに呼んでも何も作る気なし。もちろん後片付けから何まで。朝出掛ける時も自分達が使った部屋片付けもしないで汚いまま。

でも妊婦さんだし色々話してて良い人そうだったし、まぁ今回は仕方ないかなと思ってた。
 
そして母親と兄夫婦が出掛ける時に私達も一緒にという事になったら母親の隣で聞こえないようにブツブツと何か独り言。 
耳を凝らしてみるとウゼーウゼーと言ってる模様。
 
義姉の裏表を間近でみてしまい色々な物が爆発してしまった

続きを読む

このページのトップヘ