キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

汚い

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
440: 名無しさん@HOME 2009/02/20(金) 00:26:26 0
汚いの感覚って人によって全然違うもんなぁ。

同居じゃなくて良かった。
義実家は、いつもシンクに洗い物がある。
その上から雑巾を洗うのもおk。
金魚の水槽も洗う。水槽をすすいだ水を
洗い物の上にザーっと流す。

そんな家で育ったコトメ、
コトメ義母が、「排水溝の網を漂白したボウルで野菜を洗った」から
コトメ義母の手料理は食べたくないらしい。
↑この話をうれしそうに私に話すトメ。

自分のことって気付かないもんだ。
私も気をつけなきゃな。


  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
700: 名無しさん@HOME 投稿日:2014/10/11(土) 01:26:44.26
むかつくとはちょっと違うんだけど…
近距離に住んでるすごく気配りのできる兄嫁さん、連休とかがあれば兄と一緒に実家に泊まりにきたりする
で、兄嫁さんが入浴した後の湯船がすんごく汚い
フケみたいなのや、縮れた毛、半透明のヌルヌルしたやつ、垢?がいっぱい浮いてる
1番最後に入るのは大体私で、たぶんこの惨状を知ってるのも私だけ
兄にそれとなく探りを入れたら、どうも普段はシャワーばっかりだから兄も気付いてなさそう(沸かしたとしても、先に兄が入るから気付いてない)
普段はすごくいい兄嫁さんだし、こういうことって言い辛い
そして明日、泊まりにくる
どうしたら傷を浅くして伝えられるだろう

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
636: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/08/22(月) 11:58:38.37
兄一家の子供のふるまいって基本汚い。いろんな意味で汚い。
兄嫁も汚さを自覚してるのかしてないのか
よその家で子供が汚すorこれから汚すことについて
「よごしてたらごめんってことで~」みたいな感じでいつも言ってる。
子供についたご飯粒を床にはらいながら「ご飯粒落ちてたらごめん~」て
今あなたが床に落としてるじゃん…。
私がそういう兄嫁が汚したものを片付けると「神経質」って言うし。
ご飯粒ひろいや机がベタベタなのを片付けるのが神経質ですかそうですか。
人が食事の手伝いをもくもくとやってるだけでも茶化してくるし。
あなたが注意散漫なだけじゃねーの?

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
700: 名無しさん@HOME 投稿日:2014/10/11(土) 01:26:44.26
むかつくとはちょっと違うんだけど…
近距離に住んでるすごく気配りのできる兄嫁さん、連休とかがあれば兄と一緒に実家に泊まりにきたりする
で、兄嫁さんが入浴した後の湯船がすんごく汚い
フケみたいなのや、縮れた毛、半透明のヌルヌルしたやつ、垢?がいっぱい浮いてる
1番最後に入るのは大体私で、たぶんこの惨状を知ってるのも私だけ
兄にそれとなく探りを入れたら、どうも普段はシャワーばっかりだから兄も気付いてなさそう(沸かしたとしても、先に兄が入るから気付いてない)
普段はすごくいい兄嫁さんだし、こういうことって言い辛い
そして明日、泊まりにくる
どうしたら傷を浅くして伝えられるだろう

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
233: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/08/16(木) 22:18:40.46
うちの義兄嫁は美人でスタイルも良く高収入。
なのにバツイチで、何度か婚約解消された事もあるらしい。
(最初の結婚が30歳頃で、義兄とは30代半ばで再婚)
義家嫁曰く、自分が完璧すぎて、いざ結婚となると引け目を感じる男性が多く、
婚約段階で殆どの相手が逃げてしまうらしい。
美人も大変だな~って思いながら聞いていた。
先週ウトメ、義兄夫婦、私達次男夫婦、コトメとコトメ子の8人で二泊三日の
旅行に行き、義兄嫁が相手に逃げられる訳が解った。
・食べ方がすごく汚い(特に酔った時と、朝食)
・寝る直前までバリバリお菓子を頬張っている。
・朝の歯磨きで「おええ!おええ!」と激しい嗚咽。
・部屋では常に(無意識に?)股間を掻いたり、耳糞をほじったり、頭を掻いて
フケを落としている。
そして、化粧前後の顔が全く違う...。
義兄は、横目で義兄嫁をみながら、いつも何か言いたそうだった。
私が二泊で、義兄嫁とはちょっと...と思う位だからなぁ。

続きを読む

このページのトップヘ