キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

毒親

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
126: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/09/13(金) 01:14:31.53
小学生低学年のときに実兄(アスペ・キモヲタ)から性暴力を受けてた。
そして長男教の両親は華麗にスルー、
特に猛毒母は「お前が誘ったんだろう」と責めた。

声が枯れるまで叫んでも、暴れても、誰も守ってくれないから
包丁持って家で武装してたのが第一の修羅場。
家族に復讐するため、ビラ貼りして首吊りする構想も練ってた。

その後思春期になって当然メンヘラになり、
セッ○ス依存症とボダ発症。
よく○イズにならなかった位の状況が第二の修羅場。

二十歳を越え、毒実家と離れたいばかりに
クズ男と出来婚。中卒フリーター。
実家と絶縁成功なるも、
出産予定日に浮気相手と旅行に行こうとしていたことが判明。
線路に横たわったのが第三の修羅場。終電終わってた。

クズ男とすぐ離婚し、乳飲み子抱えて病気になったところで
毒母に見つかり、実家へ強制送還。

その後、経済的に自立しつつも精神科にこっそり通い、薬を服用しつつ
社会や人様に迷惑を掛けないように母子で生活。
そして不治の病(難病指定)が発覚したのが、第四の修羅場。

治療の末、現在は寛解になり、第二子を無事出産したので厄落としカキコ。
自分を理解してくれる人と出会え、そこから運気がすべて好転した。
育児は毒親を反面教師にしたせいか、子どもはとても良い子に育ってくれている。
幸せになるよ。

 
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
705: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/09/01(日) 20:29:15.75
うちはいわゆる毒親だと思う

大学2年の夏、親戚の法事か何かで伯母の家にお邪魔した
確か伯母の嫁ぎ先の法事だったけど、うちはご近所だったのでお手伝い、その後飲めや歌えやの宴会になり、
未成年だからと酒を固辞する私と従妹はお酌係だった

途中からもう法事関係なく「友達呼んで皆で飲もう」と義伯父(伯母の夫)が言い出したので、その場にいた人が
共通の知人達を呼び始めた
伯母の嫁ぎ先はふすまや障子をとっぱらったら30畳くらいあるので人は呼べる
そこに呼ばれた中に、私の同級生男子も何人かいた

幼馴染のA子は高卒すぐで良縁に恵まれて既に結婚したことが話題になり、酔った母が「A子ちゃんに比べて
うちの娘は、いい年して本読んだり勉強ばっかりで。まだ処女なのよ、Bくん、処女もらってやってよ」と大声で言った時が私の修羅場。

どうやってそこから帰ったか覚えていない。タクシー呼んだかバス使ったかも覚えてないけど、祖母の家に言って泣いた。
吐くほど泣いた。
私が男が怖いのは、母の従甥に幼児期に性的いたずらされたからだ。それを知ってる祖母も泣いた。
高校生だったので自宅にいた弟に電話して、その後、祖母が伯母宅の従妹に連絡して、二人に私の着替えやら
荷物やらを祖母宅に持ってきてもらった。
従妹は「あの後、ほんと気まずかった。叔父さん(私の父)も怒ってたけど、叔母さん、わかってないみたい」と教えてくれた。
弟は「情けない。勉強したいって大学行ったんだから、勉強してて当たり前じゃん。男作らなかったらおかしいのかよ」と母に切れてた。

母は酔ってて覚えてないの一点張りで謝罪しなかったので、祖母が「あんた、結婚する前に、好きでもない婿さん(父のこと)を
稼ぎがいい職業の人やからって会ったその日に股開いたアバズレやと皆に言いふらされたいか!」と一喝したのが第二の修羅場。
父と母のそんな馴れ初めは知らんかったよ…

 
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
49: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/03/17(日) 17:45:08.92
モヤモヤした気持ち吐き出す。スレチだったらごめん。
俺の家、両親がいわゆるダメ親。
顔は似てるのに、優等生で人にも好かれる兄と、頭も運動神経も悪くて人にも嫌われる
ことが多い俺、という双子を、兄に冷たくして弟を溺愛して差をつける、みたいにして
育てる親だった。虐待ってわけじゃないけど、俺が通知表がほとんど3とかで美術が5、
兄は通知表がほとんど5で、美術だけ3とかとってたら、「こういう芸術ができる人間は
何だってできるようになる。逆に芸術の理解がないのは人間として悲しい」って
話すとか、全部そんな感じで育てられてた。
クリスマスプレゼントで、俺のリクエストばっかりとおって、兄はほしくもない俺がほしいものが
用意されているのが毎年だったし。二言目は「おにいちゃんだから我慢しなさい」だし。
でもさ、こういうのって甘やかされる方もきついわけじゃん。
運動会で一緒に弁当食べてるのに、俺の方ばっかりちやほやして、兄はポツンとかも
同級生に見られてるわけだし。それが原因でからまれたりもするし。
でも注意したって、「そんなことしてない」って開きなおるばかりで改善なんてしない。
だから親のことは正直好きなんかじゃないし、兄とも小学校中学年ぐらいから距離置いてた。
逆に兄はできたやつだから、くったくなく俺のミスのフォローとかして、余計周囲には
好かれるし親は「こざかしい」とかで嫌うし俺はみじめだし、みたいなゆがんだ感じだった。
大学で別れて、親とも離れて、ようやく自由になったって思ったよ。
そんで就職もその場所でして、実家にもあんまり帰らずにいて、お互い結婚して
今俺たち30代後半になって、というのが前提。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
735: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/02/18(月) 18:47:38.70
母親に土下座したのが一番の修羅場かな、母親関連は全部修羅場だけど

私が二十歳になったころ、父親と母親(糖質&宗教信者)が離婚
母親はその頃別の男にアプローチかけられてて、その男が金持ちらしく、
稼ぎがいい=宗教にもっとお布施出来る!で喜んで緑の紙に判を押した
親権は父親になり、私と弟はこれで母親と離れられると大喜び
・・・が、何故か数か月後に母親が引っ越した家の前に立っていた
私には「お父さんが家を教えてくれたのー」と話したが、そうではなく
その数か月の間に水面下で 離婚は不当だと訴え→離婚調停→父親が
住所の届け出→住所を知って押しかけてきた って流れ。男はどうしたorz
宗教の人に吹き込まれ薬を飲んでない糖質患者の相手をしなければならなくなった
しかも宗教の教祖様より父親の方が高次元の魂、という事になっており、
宗教の教えはそのままに、父親に信仰心を持っている糖質。どうしろと
警察は民事不介入、家族なんでしょ?話し合えばわかるよ!状態

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
502: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/05/30(木) 23:06:29.61
妹が就職して家を出ることになったとき、母親(毒)が発狂して包丁を持ち出した。
「就職なんかしなくていいからずっと家にいなさい!」とか言ってた。
止めに入った私は殴られ、妹は腕を刺された(軽傷だったけど)。
そのあと私と妹は手を繋いで家を出た。夜行バスの中で、私のケータイががんがん鳴ってた。
出ると「バカヤローてめー家を出やがって、ぶっ杀殳すぞ!」と。妹がケータイを折って窓から捨てた。
そのあとは妹と二人で暮らした。一度も実家には帰っていない。
先日妹が結婚した。

続きを読む

このページのトップヘ