キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

母親

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
76: 名無しさん@おーぷん 2016/08/24(水)12:12:51 ID:dmM
妄想癖のある母親とピーナッツ親子状態だった時代、近所のお兄さんの縁談壊しかけたこと。

母:「○○君(近所のお兄さん)、~~大学(MARCH)の法学部に進学したんだって」←これは事実だった
母:「○○君、~~社(大企業)に就職したんだって」←これも本当。うかれた○○君の祖母が近所に言ってたらしい
母:「○○君、あんたのこと訊いてたらしいよ。あんたに興味あるみたい」←これは母の妄想
母:「○○君、あんたと付き合って、行く行くは結婚したいって家族に言ってるんだって」←これも完全に母の妄想

私は、明るくて気さくな○○君に子供の頃から憧れがあり、浪人という名の身汚い実家引きこもり状態だったのに、
母の妄想を信じてしまいその気になってた。
父は昔から家にいても誰とも一切話さないので、私達の会話には何も言わなかった。
母がおかしいのにはその頃はもうやんわり気づいていたが、元々友人も作れず、実家で母としか話さない暮らしの中で、
母と親密な状態が切れずに、結局母の妄想に染まってしまった。

ある日、母が買い物から血相変えて帰って来た。
○○君の家に派手な車が泊まっていて、訊いたら○○君が交際女性を連れて実家に帰省してるという。
「○○君はあんたと結婚するはずだったのに!浮気したのね!!アバズ○にたらし込まれたんだわ!!
今から行って抗議してきましょう!!」と言う。
いつもの部屋着のまま母に腕を引かれて、車に乗って、○○君の家に行った。

そこまでは覚えてるのだが、その後の記憶がない。
近隣のうわさではやはり○○君宅には私達は乗り込んだらしい。
○○君やそのご家族は勿論すぐ基地外親子とバレたけど、○○君の連れて来た女性は、
怒ってその日は帰ってしまったらしい。
それを母親が喜び、その後○○君の家族が警察呼んだらしい。
そして母親だけが連れて行かれたらしい。

で、覚えてるのは、○○君の友人の友人だという謎の女性宅でその女性と話したこと。
おそらくカウンセリングとかのお仕事をしてる人だったのだと思う。
「○○君宅を訪れるまでどんな会話があったか」とか、普段の暮らしぶりとか、家族との関係とか色々訊かれた。
話してるうちに何故だか、「何もかもどうでもいいから早く両親と離れたい」と思うようになった。

父の姉にあたる伯母がいて、その人は昔から父母に色々意見する人で我が家には出入り禁止になってたのだが、
一連の出来事の後、この伯母が迎えに来た。
それ以来実家には帰らず、伯母の家で暮らして勉強し、短大を出た後就職して伯母宅を出た。

今は私は幸せに暮らしてて、本当は○○君にキチンと謝罪しないといけないのだとわかってるけど、
また近寄られたら心底不愉快に思うんじゃないかとか、○○君宅に行くには未だ実家のある街に行かないといけないとか、
色々考えてしまって結局してない。
帰ってしまった○○君の交際女性は、その後すぐ誤解が解けて○○君と結婚したらしい。
伯母は数年前病気で他界した。生涯独身の人だったので、私が見送った。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
768: 1 投稿日:2009/03/24(火) 19:27:06
義母好き元夫。
ちょっと違うのは義母は元夫が小学生の時に亡くなってます。
結婚前は普通だった。
義父も夫を男手一つで育てたが、干渉する事は無かった。
そして驚くほど私と義母は似てる。
そんな夫との新婚生活は、驚きから始まった。
新婚旅行は数か月先だったけど、まず「カレー食べたい!!」と言われ作る。
魚肉ソーセージとブロッコリーのカレー。
それを見て「コーンが入ってない!!」とキレまくる。
聞いてないし。ママンのカレーはこれだって言うから作ったのに。
その日は何とかおさめた。
それから毎日「甘いニンジンとフライドポテトの付いてるハンバーグ!」
「シイタケの入ってるナポリタン!!」
「星型のニンジン入ってるグラタン!」「オムライスとコーンスープ!!」
ちょっとでも味が違えば「鳥肉じゃあないんだよなぁ~、これはベーコン!」
「え…マッシュルーム入ってない…」とか言われる。
お母さんを子供の頃に亡くした事もあって、そこら辺は我慢してた。
でもある日肌着を持って来て「これ着て」と、
着たらフガフガフガフガと猛烈なセクロス。
ベロベロ体中舐められて何だよ!!と思ったら、やっぱり肌着はママンのだった。
うううううううわあああああああああああ(AA略

毎晩義母の肌着を着用する事を求められ、あまりのキモさに逃げ回り、
追いかけられては無理やり着せようとされる。
もちろん逃げまわり、夫はふてくされて寝る。
その際に出来た傷やあざは山盛り…
どうしようもなくて実家に逃げた。
そこから義父に事情を説明したら泣いて謝られたが、
「嫁子さん、あいつはかわいそうなんだ。だからちょっとだけ我慢して着てくれないか」と。
義父に夫婦生活話すだけでも嫌なのに!!

 
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
918: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/02/07(火) 03:24:47.24
深夜だし、昔の修羅場を一つ。

時々出現するおばさんで、「キチ●イ」といわれているおばさんがいた。
そのおばさんは、時々、ウチに怒鳴りこんで、何言ってるか分からないような
言葉でワァワァ騒ぐ人。怖かった。近所に住んではないんだけれど、時々外でも見かけて、
親にも、「あの人に近づいたら杀殳される」とか、「話しかけられたら走って逃げろ」
とか、再三言い聞かされ、姿を見たら走って逃げてた。

中学校入学が近い日、家に入ろうと門入ったら、玄関前にそのおばさんがいた。
敷地内であったこと無かったし、おばさん走り寄ってくるしで、これは杀殳される!と
思ったけど、足がすくんで逃げられなかった。
そうしたら、腕つかまれて、「やっとやっと!!待ってたああああくぁwせでrftgyふじこ!」
みたいな、意味がつかめないようなことを、抱きしめられながら(というか、全身つかって
全身をなでさする勢いで)叫ばれた。
私も恐怖で最高潮だったとは思うんだけれど、ここらへんから夜ごはんまで記憶が飛んでいる。
あれが自分の中で、1つめの修羅場。

その夜ごはんに、父と母とおばさんと私と弟の5人で食事しにいって、幼い頃から
母親と呼んでた人が、全く血のつながりのない人で、おばさんが、自分の実の母だ
ということを教えられた。
しかも事情を話す時に、「それは真実じゃないだろお前!」みたいにお互いがののしりあいだし、
「お母さんと住もう」「いや(私)はうちの子です!」みたいな喧嘩になり、
グラスや食器が割れ、自分も思春期まっただ中で「全員気持ち悪い!」と思ったのが、
2つめの修羅場。

ちなみに全員今は故人。
短くしようと思ったけど、こんな感じ。

 
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
603: 1/2 投稿日:2011/11/12(土) 00:10:44.59
ここの早さなら…!

子供の頃、母親に連れられて知ってるおじさんと遊びにいったり、おじさんの家に泊めて貰ったりしてた。
別に私が行きたかったわけじゃないけれど、そんなに人見知りでもなかったので言われるまま同行して
おじさんとそのご家族に遊んで貰ってた。
小学校中~高学年の頃によく会っていたある若いおじさんは特に仲がよいようで、
その人はまだ若いからおじさんじゃなくて、下の名前で呼んであげてと言われた。

小学校高学年の時に、それら全員が母の浮気相手だと知ったw
通りで、よく遊ぶおじさんが変わったら前のおじさんちには行かなかったわけだw
で、この若いおじさんが嫁と別れてやれとか家に来たときが、今のところ人生最大の修羅場。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
386: 名無しさん@HOME 投稿日:2007/01/08(月) 18:44:41
うちの義兄嫁、私こそ出来た母・出来た妻っていう自負の強い人だから
争わないように上手く立てているつもりだけど、なんだか嫌だなぁ…。

私のことを「ああすれば良いのに。こうすれば良いのに。」って
普段からトメさんにいろいろ吹き込んでいるようだし…。

子供が出来たら尚更ですよね。
トメさんも義兄嫁さんが一方的に私達の陰口を言うのを聴いているから
義兄嫁さんの言うことは、そのうち鵜呑みにしなくなると思うけど…。

続きを読む

このページのトップヘ