キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
392: 名無しさん@おーぷん 2016/02/03(水)17:08:43 ID:3kk
小さい頃私は大のおじいちゃん子だった。
TVを見るときは祖父の股の間に座ってこたつに入って一緒に見るし、お風呂も小4まで一緒に入っていた。トイレも一緒に行ったことがある。
小4の頃に母に「そろそろ一人で入れるでしょう。」と言われたのでそれから一人で入るようになった。
思春期になり祖父と過ごす時間は減っていった。
大学生の頃性的虐待のニュースをみて、ふと思い出した。
お風呂に入っている時も、TVを見ている時のこたつの中でも、私は祖父にあそこを触られていた。撫でるとか手を置くとか、そういった感じではなく、性的に弄られていた。
時々祖父のモノも触らされてたしすまたみたいなのもした事がある。
物心ついた時からそれが当たり前だったから不思議にも思わなかった。
ただ祖父にこういった事をすると喜んで貰えるのだと知り、同居していない方の祖父にも同じ事をしようとした。
怒られたので、これは同居している祖父にしかしてはいけない事なんだと思った。
なんで忘れていたのか不明だが、こういった事を思い出して以来祖父が気持ち悪くなった。
元々中学に上がってから家庭内の雰囲気も悪く仲も悪かったが、益々憎悪が増した。
母は祖父からセクハラされていた事があるので、もしかしたら何となく気づいていたかもしれない。
祖母が目の前で同じこたつに入っている時にもされた事があるので祖母は知っていたのかもしれない。
私には姉がいるが姉もよく祖父の股の間に座っていたので姉も被害者かもしれない。けれど誰にも聞けない。
そんな祖父は認知症になった。自分のしたことを忘れてしまってさらに憎くなったが去年亡くなった。
祖父は人望がある人だったので誰もがタヒを悲しんでいるようだった。
泣かないだろうと思っていたら棺の中に入っている祖父をみて泣いた。祖父に対する気持ち悪さは未だに消えない。時々ふと思い出して気持ち悪くなる。
幸いな事に好きな人ができ、結婚し、子供もいる。男の子でホッとした。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
507: 名無しさん@おーぷん 2017/01/24(火)13:13:02 ID:LZd
私には5歳年の離れた妹が居る
性格が真逆で仲がわるい
妹を妊娠する前、母は妊娠、流産してて、妹を妊娠したときはそれはそれは慎重になって
ソレ以降母は妹≫私になった
私は母の愛情が欲しくて性格ひねくれて、妹に意地悪もした
だから妹は私のことを見下してる

でも、昔
妹が記憶にも残らないくらい幼かった頃、私は妹の命を何度も救ってる
母の目が離れたすきに道路に出て、二メートルほどの溝に頭から落ちそうになったのを助けた
知らない人が家の庭で遊んでた妹に近づいて手を伸ばしたところを見つけて大声で叫んだ
お風呂に入ってるとき母が目を離したすきにお風呂に沈んだところを手を伸ばして引っ張り上げた
食べ物を食べた時吐き出して、それが気管に入ったところをテレビでやってた応急処置の真似をして叩いて気道を確保した
外で手すりを持って石畳の階段を降りてたら手すりが外れて転がり落ちる時私が抱いて打ち身で済んだ(私は頭蓋骨骨折してた)

妹に見下される度、あの時どれが一つでも私がなにもしなかったら、この子はここにいなかったか、重度の障害でもおってたのに
と心の中で何回も「もし」を繰り返して妹を○してる

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
283: 名無しさん@おーぷん 2016/10/26(水)11:36:44 ID:BdD
秋のよく晴れた日になると思い出す。

3歳の秋の日、母が朝からおにぎりを作ってくれて、「お出かけしよう」と言って電車に乗って遠くに行った。
行き先は山も海も見える田舎町だった。
真っ白い堤防のようなところで、母がベンチに座らせて、「ちょっとお母さん飲み物買ってくるから待っててね」と言った。
ベンチにお弁当と水筒と上着を置いた。

「わかった、ママありがとう。バイバイね」と言ったら、母は顔をそむけて走るように去って行った。
私はぼんやり座ってた。山はまだらに赤くて、空にはトンビが飛んでた。
しばらくして母は戻って来て、無言で一緒に弁当を食べて家に戻った。

成人して家を出て行くという日に、母はあの日の話をして、「あなたを捨てようとしてごめんなさい」と詫びた。
私は当時気付いてなかったふりをしたけど、勿論気付いてた。
それどころか、母があんまりに私の存在を疎んでるのを知ってて、大好きな母が楽になるならそれでいいと思ってた。
寂しいけどこれもしょうがないことなのだな、と。
捨てられた私は次はどこに行くんだろうとボンヤリ考えてた。

去年結婚して、結婚式には両親も出席した。
私を捨てようとした母と、他人にむやみに金貸すのが趣味で散々妻子を苦しめた父。
私も順調なら年末に初めて親になる。
出来れば良い親になりたい。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
279: 1/3 2013/04/27 09:29:31 ID:HUuOauYY
小学生の頃、家の母は、知り合いの前で私を扱き下ろす癖があった。
その内容が、全て嘘。

さっき、テストで満点を取った事を母が褒めてくれたばかりなのに、外で知り合いに話しかけられると
母「家の子は全然勉強しないの!テストの点数が悪くたって構わないんだ!自分の責任だから!」と大声を張り上げる。
お使いに行って買い物をして、洗濯物を干して、畳んで、クローゼットに仕舞って
食器を洗って、お風呂を掃除して褒めてくれたばかりでも、知り合いが来ると
母は「家の子は全然親の言う事を聞かないの!家の事だって全然手伝わないのよ!」と大興奮で捲くし立てる。

相手がクラスメートのお母さんだったりすると、即、子供→クラス中→先生にまで広まって
友達にハブられたり、帰りの会の時に皆の前で先生に説教される。
悲しくて、家に帰って「人前で私を悪く言うのを止めてくれ」と泣いて頼んでも
母は「あんなの冗談に決まってるでしょ!?何言ってるの!!」と逆に怒鳴られて、止めてくれない。

そこで、近所のスピーカーさんと話している時を狙った。
このスピーカーさん、とても優しくて気遣いのある人だけど、目的が情報集め。
声が大きくて、口癖が「子供は正直なのよぉ!」だったから、真っ先にスピーカーさんを思いついた。

 
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
171: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/09/13(金) 12:28:11.73
今日から4連休なのに家族がみんな仕事や学校でいないので、ちょっと自分語りしてみる。

母親はシングルマザーで、とにかく「子どもを愛してる」ということを外にも内にもアピールして、
自分を認めてもらおうとしていた人だった。
3日ぐらい自分の食事を抜いて、俺の遠足の弁当を食べきれないほど異常に豪華にする。
自分はガリッガリでボロを着ているのに、子どもに高いブランド服を着させる。
今思うとミュンヒハウゼン症候群みたいなことも、けっこう頻繁にやってた。
高校受験の時、俺があまりにも思い通りにならなくて、包丁頻繁にもちだすようになったから、
中学卒業と同時に逃げた。
その後、母親がどうなったかは気になったけど、手紙一通送ったら、その消印から
そこに住んでる住んでないは別にして、そこに住んで探しまわる母親、という
自分に酔うだろうなって思ったら送れなかった。

そうして10年ぐらい経ったところ、仕事上で会った人が、タヒんだはずの父親だった。
実際俺の親で、俺と同じで、その母親から逃げただけで、タヒんでなかった。
最初は父親という実感もなかったけど、母から逃げる気持ちは分かったので
一緒に飲みに行く人になった。
しばらくして、父が母親の現在を、人をつかって調べた。
俺も母の中ではタヒんだことになっていた。そして母は精神病に認定されて、
施設で暮らしていることが分かった。
母が病気だったと分かった途端、子ども置いて一人で逃げた父のことがどうしても許せなくなり、
居酒屋で父親と大喧嘩。
殴って暴れたため警察沙汰になり、留置場入って仕事もくびになり、
当時結婚しようと思っていた彼女にも逃げられて自さつ未遂までいったのが修羅場。

今は30代になり、あの修羅場がなければ、今の嫁や子どもとも知りあってないし、
両親も怖いだけの存在だったな、とは思えてるようになったのが救い。

続きを読む

このページのトップヘ