キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
273: 可愛い奥様 2012/08/12(日) 00:12:52.84 ID:LvpQf2Ly0
今夏は、実家と義実家に行くのだが、実家に帰りたくない。
50を過ぎたひきこもりの兄に会いたくないし、
親の「いずれ、お兄ちゃんの面倒はお前に頼む」といつも言われて、
その度に当たり前だけど大喧嘩になる。
もう、実家に行きたくなくて2年ほどスルーしていたが、
夫が気を使って、今年、勝手に飛行機チケットを取ってたorz
親の介護も憂鬱だが、兄の面倒を考えるとタヒにたくなるよ。

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
215: 可愛い奥様@LR申請案公示中 自治スレ見てね 2009/04/17(金) 21:23:03 ID:1cU6haItO
アスペって面倒くさいね。
転勤して地元を離れていた時に、私の母が子供達への手紙に
『また帰ってきてね』って書いた文面を読んで、
子供達の家はここだから、帰ってこいはないだろう!!ってブチ切れてたよ。
当時はアスペって知らなかったから、びっくりしたけど、
今はあれもこれもアスペ故の怒りや逆ギレだったのかって納得。

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
420: 可愛い奥様 2012/06/05(火) 04:32:08.03 ID:X4az/NCi0
愚痴。
最近、真夜中になると目覚めて眠れない事が増えた。もう嫌だ、発達相手にするの…

先日、同居している私の親に
いつものように一言余計なことを言って、とうとう母激怒。
私から注意するように言われ、遠回しに言ったら(はっきり言うといじけるので)、「そういう意味で言ってない、親の気にしすぎだよ」で終了。絶対謝らない。

いや~その場にいた私も、発達がマズイこと言っちゃったよ…と思い、話題を変えるようにしても空気読めないから気づかずひたすらペラペラ話す…。
なのに、本人の中では一分ぐらいしか話してない感覚らしい。
おまけに次の日、会社で同僚全員に
「俺はこんな事しか話してないのに、義理の親が勝手にきれやがってry」と話して、同僚からそれは親がおかしいと賛同を得たらしい。
そして、帰ってきてからワザワザそれを報告して「だから俺は間違ってないんだ!フガフガ…」と逆ギレ気味に話す発達を見て唖然。

私は落ち着いて、
「あのね、あーでこーでこんな風にあなたが話ししたんだよ?
なんで都合のいいとこだけ話すの?
あたしが会社で全部話せば、確実にあなたの方が悪いってなるよ?」
と、キレたいの我慢して優しく話したら、しばらく沈黙…そして。

発達が突然泣き出した((((;゚Д゚)))))))

私、ますますポカーン…

発達「だって、俺にはこの家で居場所がねぇんだよ…ヒック…最近は胃が痛くて吐いてるんだよぉ…うわーん!!」
いやいや、毎日大好物の肉たくさん食べて調子いい奴が胃が痛くてry…とか言うか?
今までの中で、一番吹き出しそうになった言い訳だよ。ほんと嘘つき。

なんか相手するのも嫌になったから、しばらく放置してたよ。しばらくしたらいつもみたいにケロっとしていて、余計に腹立ったけど。



  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
424: 名無しさん@HOME 2011/09/29(木) 16:02:38.85 0
あーうちの父もエネだったよ。
母に父方祖母の介護をさせて、自分は単身赴任して別家庭作ってた。
祖母がタヒんだとたんに女と子ども連れて帰ってきて
母との離婚を要求してきたほんとクズだった。
母はさっさと離婚して、母、兄×2、私で父と女を追い出した。
だって祖母名義だった自宅は相続争い対策と相続税節約のために
一代飛ばして兄に贈与済みだったし、祖母名義の現金は次兄と私に
贈与済みだったからね。
実子の父は滅多に帰ってこない、伯母も介護を嫌って寄り付かない
頼れるのは母と孫3人の祖母は、元気な間にいびってた母に見捨てられたくない一心で
母の言うがままに贈与したらしい。
父は母が「手に職のない専業主婦pgr」してたけど、
祖母介護のためにヘルパーの資格とってたから、母はさっさと介護施設に就職。
自宅は売却して3兄妹の大学費用と母の老後資金になった。

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
659: 名無しさん@HOME 2010/01/11(月) 11:14:11 0
さっきトメから電話がかかってきた。
第一声が「○○(地名)のおかあさんですよ~」だ。

このクソトメ、二年前に私の実母がなくなってから急に
「おかあさん」を名乗るようになった。実母存命中の一人称は
「わたし」だったくせに。

先週届いた手紙にも「あなたのおかあさんより」と結んであった
ため、怒りとともに破り捨てた。
書いてなくてもいつも破り捨ててるけどw

そろそろ「私の母は亡くなった実母だけです」とはっきり言うぞ。
ファビョられるの必至だろうけど、遠距離別居だから、この機会にますます
心の距離を広げさせてもらうよ!

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
126: 名無しさん@HOME 2010/09/07(火) 23:56:01 0
義実家(ウトメ&夫)は絶対につまみ食いを許さない
今日義実家で祝い事があり、20人ほど集まったのだが、私の母が配膳の前にすし桶から1個つまんだら
特上寿司20人前も、その他の料理も、飲み物も、全部捨てられた
私の母が泣いて謝っても「我が家は残飯を食うほど落ちぶれていない」ととりつく島もない

急遽市内のホテルで祝い事は済ませたけど、母は一生義実家(含む私達の家)に立ち入り禁止、親戚付き合いもしないと言われた
夫からは、私が母と絶縁(葬式にも出ない)しないなら離婚、離婚を承諾しないなら別居して夫婦とは思わないと宣言されてしまった

母は前にも1回未遂をやらかし、ちゃんと謝罪しなかった前歴があるので、情状酌量は一切認めないそうです
まいった

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
750: おさかなくわえた名無しさん 2009/10/09(金) 00:40:05 ID:HyUD+2Uo
祖母の葬式を家でやったんだけど、坊さん帰って一息ついた後
室内で飼ってる犬が餌を催促してワンワン鳴いたんだ。
来場者で家の中は隙間がないくらい人がいっぱい。
母は餌缶を片手に犬のえさ場にいい場所を探してうろちょろ。
そしてようやく見つけたスペースに餌缶を置いた。
そこは祖母の棺桶の上。
来場者蒼白。
たしかにそこは誰もいないけどさ。
何を考えているんだ!、と思ったのもつかの間。
犬がひょいと棺桶に飛び乗り、その上で食べ始めた。
あ然としていると
「なんて躾のなってない犬だ!」
と叫ぶ父。
犬にそんなことわかるか。
あー、どこからつっこめばよかったんだろ。

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
195: おさかなくわえた名無しさん 2009/09/07(月) 21:37:36 ID:SXe+T7BQ
引退した父が暇をもてあまし、駅前の自転車整理の仕事に出た。
出勤前の早朝、犬の散歩に行く。

母「お父さん大変なんだから、散歩くらいアンタが代わってあげなさいよ。仕事行ってないんだから」

理屈はわかるし、代わってあげたいとも思う。
でもさ、カーチャン、俺が仕事休んでるのは

大腿骨挫傷、絶対安静、全治3ヶ月だからなんだよ。

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
891: おさかなくわえた名無しさん 2009/07/24(金) 08:15:06 ID:absJ5wX+
今はすっかり小ぶりになったようだけど、ついさっきまでひどい雨だった。
で、朝起きて居間に行ったら、窓全開になってて雨が物凄い量ふきこんでた。
畳の方までぐっしょり。その横でのんびり新聞を読む母。
なので、何やってんだこんなにびしょぬれになってるじゃんとびっくりしたら
「あらそう」で新聞から顔を上げもしない。
それで一言言ったら、「朝からやめてよ!」とヒステリックに返された。
やめてほしいのはこっちだよ。なんだこれ、勘弁して。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
876: 1/2 2009/07/24(金) 01:53:23 ID:qRuMORv6
私の実母が、究極の無神経人間。
書き始めるといろいろありすぎるのだけど、
一番強烈だったのを1つ。長くなりそうだけどごめんなさい。

家の前で、女子高生が車にはねられた。
音がすごかったので、あわてて窓から外を見てみると、
道路に女子高生が倒れていて、ピクリとも動かない状態。
その場に居合わせたらしき男性も、「これはダメかも……」な表情で女子高生に声をかけている。
で、すぐ、その男性が、「電話貸してください」と我が家に飛び込んで来た。
(まだ携帯電話のない時代でした)
すぐに電話まで案内すると、男性はまず119番に電話。
続いて、女子高生の生徒手帳を見つつ女子高生の自宅に電話。

「○○さんのお宅ですか? あの、たった今、娘さんが事故に遭われて……、
救急車を呼んだところで……、はい、場所は……、あの、大丈夫ですか? 落ち着いてください……」
男性のうろたえぶりを見ているだけで、電話の向こうの親御さんの状況がわかる。
その緊迫した空気に、私も心臓バクバクで涙が出そうになる。

続きを読む

このページのトップヘ