キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

武勇伝

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
654: おさかなくわえた名無しさん 2013/12/18(水) 21:15:30.47 ID:v/EcCgE4
私の武勇伝じゃないけど目撃したっていうか最後は巻き込まれた話。 
数年前、某駅前の信号のない横断歩道の近くで道路工事してて片道通行になってた。 
手旗信号で合図して止めたり流してる警備の人が一人いる状態ってのが前提。 
学校の帰りにそこを通りがかったら突然大音響でバスのクラクションが鳴り響いた。 
何事かと思って見ると、向こう側の車線を赤の旗で止めているのにバスの居るこちらの車線が動いていなかった。 
バスの前にいる軽自動車が横断歩道の前に止めたまま動かないので鳴らしているようだった。 
何度も鳴らしているのに軽自動車はピクリとも動かず、やがてゆっくりとドアが開いて若い男性が降りてきた。 
クラクションを鳴らすバスに見向きもせず、男性は工事現場の影に小走りで消えて行く。 
再び姿を現した時、男性の背中には腰の曲がったお婆ちゃんが乗っていた。 
荷物は警備の人が持っていたようで、二人で道路のこちらがわに送り届けると 
警備の人は荷物をお婆ちゃんの横に置いて本来の位置に小走りで戻っていって「ご協力ありがとうございました」と周りの車に頭を下げている。 
男性はと言うと、お婆ちゃんに引き止められて礼を言われていたようだったが突然見ていただけの私を指差すと 
「俺は急いでるから礼を言いたいならあのお嬢ちゃんに言いな。じゃ、あとはよろしくな」と、一瞬バスの方を見たが何も言わずに自分の車に乗ると走り去っていった。 
バスの運転手はしきりに周りをキョロキョロと見回しながらハンカチで汗を拭いながらその後に続くように発進。
で、私はなぜか巻き込まれてお婆ちゃんに道案内をする羽目になったというお話。 
「旦那にもらうならああいう良い男にしなさいな」とお婆ちゃんに言われましたが未だに年齢=彼氏いない歴でごめんなさい。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
491: おさかなくわえた名無しさん 2013/12/14(土) 22:50:55.04 ID:RgTchZ+m
自分のことじゃないけどすっとした話。
免許の更新のために免許センターへ。
日曜日のせいか混雑混雑大混雑。
鼠王国もかくやと言わんばかりの大混雑で受付・検査共に中々進まない。
暇つぶしに携帯やら本やら各々対策はしていたようだがうんざりとした空気がそこはかとなく流れていた。
そんな中牛歩の状態で視力検査に進んでいくが自分の並んだ列はどうもはずれっぽい。
横暴なおっさんが検査していて「早く座れ」「こんなのも見えないのか」「どんくさい奴は運転するな」などと始終キレっぱなし。
そこを中心にイヤーな空気が流れていた。
他の列に移動できないかなと思っていた時に地味な女の子が検査するべく進んでいった。
おっさんに「お願いします」と丁寧に受付用紙を提出していた。
するとさっきまで来る人来る人すべてに何かしら文句言ってたおっさんがその子には何も言わず。
淡々と短い検査が進んでいき終わった時も女の子は「ありがとうございました」と軽く頭を下げて用紙を受け取ってた。
そんな女の子におっさんが「次は○番のドアだから間違えないように気をつけろ」とぶっきらぼうにぶつぶつ言っててちょっと笑った。
女の子はそれにも「ありがとうございます」と丁寧に返していてあぁ育ちがいいんだろうなぁとぼんやり思ってた。
そしたら次に検査受けるおっさんも「お願いします」と言いながら用紙出してんの。
俺の前に五人くらい並んでたんだけど全員出す時にそういってたな。チャラ男や根暗そうなのと色々いたけど全員。
あの女の子が言うまで誰もそんな事言ってなかったんだけどね。
普段は無言で提出していた俺もなんとなく流れで「お願いします」と「ありがとうございました」を言ってみた。
不機嫌そうで感じの悪い検査員のおっさんも少し愛想よくなってたよ。
なんというかどう表現していいかわからないけど大事な事を教わった気分でした。
俺が見た限り俺の後ろにいた連中も「お願いします」「ありがとうございました」を言ってたな。
嫌な空気を無くしてしまったあの女の子のささやかな武勇伝でした。
今嫁が妊娠中なのだがあんな子に育って欲しいな。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
829: おさかなくわえた名無しさん 2014/01/22(水) 17:19:00.78 ID:1Pa50VBX
商店街に店を構えているんだが、そこを通学路として使う子供達も多い。
ある時から4人グループの下校の小学生が目につくようになった。
いつも決まってその中の一人(以下、A)がみんなのランドセルを持たされている。
他の友達より10メートル程遅れて半泣き、時には泣きながら。
隣が酒屋兼、駄菓子屋なので、子供達は必ずそこの前で足を止め、Aがやっと追い付く感じ。
毎日そんな感じで、下校時刻になると俺も外を気にして見ていた。
こういうのって俺が何かを言っていいものか、学校に言うべきなのか・・・とか考えたが何もしないまま過ぎた。

ある日、隣の店の前でAがランドセルを落としたらしく、他の子に責められていた。
Aは泣きながら反論をしていたが、その内に誰かがAを小突いて喧嘩になった。
喧嘩と言っても子供の喧嘩だからたかが知れてるが、取っ組み合いでAは押し負けていなかった。

次の日は子供達を見かけなかったが、その次の日に一人で帰るAの姿を見た。
少し遅れて3人組が楽しそうに歩いており、Aは駄菓子屋を素通りして帰っていったが
3人組はいつも通り駄菓子屋の前でお喋りしていた。

それが数日続いたある日の下校時刻、外から大きな声で「23、24、25、26、・・・」という掛け声が聞こえてきた。
Aを含むいつものメンバーの声だった。
その様子を見ていると、Aではない他の子がみんなのランドセル(Aのも含む)を持っており、みんなは周りで「50」までカウントしている。
50になるとみんなでまたジャンケンをし、負けた人が持つようだ。
次のジャンケンでAが負けてしまい、Aがみんなのランドセルを持ち俺が見慣れたいつもと同じAの姿に。

ただ一つ違っていたのは、Aと肩を並べてカウントしながら歩く友達の姿と
なによりもAが笑いながら「重たい~w重たい~w」とみんなで楽しそうにしている姿だった。
それからしばらくしてその遊びは無くなり、みんなでいつも楽しそうに店の前を通り過ぎていく。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
643: おさかなくわえた名無しさん 2014/01/18(土) 15:13:18.94 ID:CG7kCzhd
我が家の犬の武勇伝。

実家で飼ってる柴犬を、オカンが隣の家の独り暮らしのおばあちゃん家へ連れていってた。
おばあちゃんは耳が遠いけど、誰かが来るとうちの犬が吠えるので、
問題なく出ることが出来る。
で、犬がいるとやっぱりなんとなく心強くていい、と言っていた。吠える以外何も出来ない介助犬。
ある冬の日、いつものようにおばあちゃん所にいた犬が、こたつから出てきて、
聞いたこともないような声を出して、ギャンギャン吠えたらしいんだわ。
なだめても静かにならない。おばあちゃん家の掃き出し窓から外を見て、吠える吠える。
さすがにおかしいと思って、声を聞いたオカンが道路へ出たら、
近所のおっちゃんが倒れていたそうだ。

急いで警察を呼んだら、おっちゃんはどうも車にひき逃げされたらしい。
そのおっちゃん、軽い障害持ちで、轢かれたショックで声も出せずにいたようで、
しかも家の前の通りは日中あまり人の往来がない。
警察官がオカンやおばあちゃんに「どうやって分かったんですか?」と尋ねていた。
オカンが「犬が聞いたこともない声で吠えるので……」と伝えたら、
警察官はおばあちゃん家の掃き出し窓から道路の様子を見て、
「確かに、ここからなら倒れている人が見えますね」とびっくりした様子だったという。
でも、掃き出し窓の外には目隠しの塀が設置されている。
庭→ブロック塀→10cmくらいの隙間→ブラインドみたいな金属の目隠し塀
という感じで、犬は10cmの隙間からおっちゃんの倒れてる姿を見つけて、
吠えに吠えて知らせたらしいということが分かった。

幸いおっちゃんのケガは転んだ擦り傷くらいでたいしたことはなく、
ひき逃げの車も捕まったそうだ。
おばあちゃんはもう亡くなってしまい、うちの犬も隠居状態。
若い頃はアタシも……とか思ってるのかなあ。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
507: おさかなくわえた名無しさん 2014/01/14(火) 23:25:38.71 ID:BoohwciP
俺のことじゃない上に武勇伝ではない気がするけど、
今日の夕方の話。

斜め前にいた歩きタバコのおっさんがポイ捨てした。
ムカッ腹立って呼び止めようとしたら
後ろからおばあちゃんが早足でやって来て吸殻を広い
「落とし物しましたよ~(笑顔)」と吸殻をおっさんに手渡した。
受け取ってすぐまた吸殻を捨てたおっさんに
「あらあらまた…無くしたら大変よ(笑顔)」と吸殻を拾って手渡すおばあちゃん。
手渡された吸殻をまた投げ捨てようとした瞬間
おっさんの手をおばあちゃんが捕まえて「持って帰りなさい!いい大人がみっともない!!」と一喝。
笑顔だったおばあちゃんが豹変してびびったのかおっさんは吸殻をにぎしりしめて逃げるように去っていった。
その後おばあちゃんは俺と目をあわせて「ふふっ♪」と笑いながらピースサインした。
軽く会釈して別れたがなんかスッとしたのでカキコ。

続きを読む

このページのトップヘ