キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの 2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

正月

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
300 :キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ- 2009/12/07(月) 14:08:01 0
トメに電話で「暮れは何日から来るの?31日?はぁ~!
それで帰るのは? は~! たった三泊しかしないんだ。
あんた達は、本当に自分のことしか考えていないんだから。
普通は子供を持ったら、親に対する感謝の気持ちが生まれるのに
そういう気持ちもないなんて、どういう人間なんだか」と言われた。

「いえ、親には本当に感謝しています。私は子供を持ってからというよりは
結婚してから特にですね。
トメさんみたいに、盆に3泊、正月に3泊してもろくに顔を出さないなんて
そんなことは絶対に言いませんから。
まともな両親だと心から感謝しています」と言ったら、トメは
「よく姑にそんなことを言えたものだ。お父さん(ウト)に言いつけてやるからね」
みたいに脅してきたけど、貧乏爺さんに言いつけられても怖くなんかないしw
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
396: 可愛い奥様 2014/11/25(火) 23:57:45.25 ID:veLK4Ji30
まさにそれ
「嫁に入ったんだから正月は義実家に挨拶に来るのが当たり前」って考え、
ほんとどうにかならないもんかねぇ

こっちも仕事してるし旦那や義父母に養ってもらってるわけでもないのに
正月早々から義実家行って手伝いやら挨拶回りやら付き合わされてヘトヘト
逆に仕事行ってるほうがラクだわ

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
535: 可愛い奥様 2010/12/08(水) 15:53:43 ID:6mGlPE8xi
小梨なので、正月なんてただのお年玉要員。お互いの両親と、懐きもしない甥名5人に、お年玉、入学祝い、卒業祝い。
それで小梨はお金があるでしょって。
帰省するだけでいくらかかると思ってんの!

この先子供できそうにも無いし、税金だと思って払い続けるよ。

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
600: 可愛い奥様 2013/12/15(日) 23:49:03.19 ID:ELNOlB320
うちのも正月だからって異常なくらいにお酒飲んで
部屋のあちこちにゲロ吐きまくって
大声出して暴れて・・・

正月早々、発達のゲロの始末と近所への謝罪で
頭がおかしくなりそうだった年があった

でも発達的にはそれがとても楽しかった思い出になってるみたいで
知り合いに会う度に「俺正月早々飲み過ぎて部屋でゲロばらまいちゃってさ」
と何度も何度も話してる。迷惑をかけた私にも
「あの年って俺、すげー酔っぱらったよなwゲロ吐きまくってwwwww」
と、繰り返しものすごい楽しそうに話す

泣きながらゲロを始末してせっかく作った料理もほとんど台無しになって
食べるものなくて正月からインスタントラーメン食べてた私の事も
はたから見ててすごく面白かったみたいで
本当に、本当にいきいきとして楽しそうに話す

やっぱりこの人は頭がおかしいんだなっていつもそれを見ながら思う
狂ってるんだよね。心も体も全てが

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
211: 名無しさん@HOME 2010/01/02(土) 23:43:20 0
キチガイウトとコウトが、元日朝9時から怒鳴りあいをはじめた。
すんごい下らない喧嘩で、夫が止めてもやめない。
夫もあきれ果てて、予定を繰り上げて帰宅することに。

なんで場所も日も弁えずに怒鳴りあうのかね?
ウトもコウトも息子(弟)が妻子の前で恥ずかしい思いをするとか
考えないのかね。
二度と顔も見たくないくらい大嫌いだ。

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
144: 名無しさん@HOME 2014/10/24(金) 11:53:14.03 0
今年の正月、私は夫と子供を連れて2日に帰省して2泊した
弟家族は例年3日に来て1泊するのが通例
(3日の日は実家に勢ぞろいする)

それに対して弟嫁がプリプリ怒り出した
「私さんが実家に来てるなら私も実家で過ごしたい!」
ということだった
それを聞いた父が
「好きにしたらいいよ、無理に来なくてもお年玉は送ってあげるよ」
と言ったら「苛められた」と泣き出す
どうしたいのかと聞いたら
「娘は正月に実家に帰ってこなくてもいいと(弟嫁の)親に言われたから帰れない
なのに私さんだけが帰省するのは不平等だ」
だって
うちは正月は私の実家、盆は夫の実家に帰省というのが決まりだから
(冬は義実家は商売が忙しいので言ったら迷惑になる)
弟嫁のためだけに変えられないよと言うと「嫁イビリだー」と泣き続ける

姉弟で話し合って弟家族が正月に帰省しない事で話を付けた
来年はゆっくり過ごしたいわ

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
797: 名無しさん@HOME 2014/12/27(土) 12:47:02.86 0
流れ読まずに
兄嫁から正月の帰省についてメールが来た

1.お年玉は1人三万円以上にしてください
2.元旦はしゃぶしゃぶなのでコトメさんはお肉を用意してください(肉の種類指定)
3.長女として夫に交通費とお礼金を渡してください

そのまま兄と両親に転送しといた
後は知らない
なぜ交通費を渡さなきゃいけないのか
何のお礼なのか聞きたいことは山ほどあるが今年は旦那実家に帰省するんで聞けない
毎年やらかす人なのでいい加減兄にムカついてる

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
539: 名無しさん@HOME 2015/01/02(金) 14:01:52.45 0
うちの親は元教師(今は定年)で子供好きなので、三ヶ日のどれかの日にうちの子+旦那側の甥姪達も連れて私の実家(町内)に行って餅つきしてお年玉をもらう流れになっている
昨日の元旦に義実家に集まった際に、私実家にいつ行こうかって相談していたら義弟嫁が行きたいと言い出した
何で?餅好きなの?と聞いたら「子供がいないから自分がお年玉もらえるはず」だって言い切った
義両親止める、義兄夫婦止める、義妹止める、義弟嫁の夫である義弟も止める、
要するにその場の全員止めてる中で義弟嫁だけ「なんでよ」って譲らないで一番上の姪(義兄家長女)と7歳しか年が違わないもんと謎の主張

仕方がないから私の親に事前説明して、うちの子+甥姪+義弟嫁連れて実家に行った
餅ついて食べて、お年玉は当然子供の分だけで、そこで諦めたらいいのに義弟嫁は「自分にもください」と私の母にアピった
私の母は良くも悪くも昭和の教師!!!って人なんで、几帳面で筋が違うことを許さないし、間違いは徹底的に追求する
(ちなみに父はにこにこおっとりした性格のまま校長)
私母による追求で追い詰められた義弟嫁が切り札のように「母親がタヒんでいないから常識なんて知りません」って可哀想なワタシ満載感で言った

そしたら私母「亡くなってるなら、これだから母のない子はって言われるんだから余計にちゃんとしなさい!」と喝を入れた上
「向こうの家(旦那実家)のお母さんが健在なんだから、今後はあちらを頼りなさい、よその家でオネダリするなんてみっともないことをしちゃいけません」とバッサリ
帰り道、義弟嫁は顔色失ってて、途中で少し立ち直って、八つ当たりの怒りまくり
義弟からは謝罪があったけど、義弟嫁とこの先付き合いしていくのが不安だよう

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
533: 名無しさん@HOME 2015/01/02(金) 12:12:25.73 0
ウトメが生きていたときは毎年30日からうちな泊まりにきて
上げ膳据え膳食っちゃ寝食っちゃ寝の義弟家族に
「今年から新年は自分の家で迎えてください」
と言ったので、今年は平和なお正月
さっき義弟嫁から電話が来て
「うちのママがおねえさんは長男の嫁の自覚がないって言ってましたよ
気をつけた方がいいですよ」
と寝ぼけた事を言ってきた
いや私は次男の嫁だし、仏壇は長男家に移したし
お前に文句言われる覚えはない
氏ね

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
508: 名無しさん@HOME 投稿日:2010/11/12(金) 08:47:36
そういえばうちのクソトメも、結婚後最初の正月に
おせち作らせて捨てる気だったことを思い出した。
ダンナが調教ww前だったので空気な時代、
味見と称してウトに繰り返し全種類食べさせて、胃袋をつかんで成功。
wkwkした顔で大晦日の夜に難癖付け初めてさあ捨てよう!と
なった時に、側にいたウトに「捨てるなら母さんの料理にしなさい」
「いらないならワシ一人でも食べる」と言われてトメしょぼん
だってトメのおせち全部醤油+砂糖味だもんねえ。
その後は正月に呼ばれなくなって、今じゃ玄関先で挨拶だけして帰るから安心だ。
肝心のエネ夫はやくざキック含む本気の私のキレ方に開眼して
今じゃ立派な壁になってくれてます。家ではMですけどねwww

続きを読む

このページのトップヘ