キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの 2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

旦那

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
332 :キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ- 2018/07/16(月) 19:29:17 ID:GsGTK4VN0.net
37週になる来週の日曜に旦那が友達に誘われたから飲みに行きたいとか言ってる…
2歳の娘もいるし、もし飲んでるときに来たりしたら急いで帰ってきても運転もできないから困るし我慢してほしいけど友達さんが滅多に休みない人だから行きたいオーラがすごい
親なんだからこの時期くらい遊ぶの我慢してほしい…
みなさんならOK出しますか?
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
460 :キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ- 2012/09/10(月) 15:11:32 ID:LMShM7Mx
知り合い夫婦が出産。その数カ月後に私も妊娠。
私の妊娠を知ってから、知人の旦那さんが鬱陶しくなった。
どんな話題になっても、自分の子供の話に持って行き、
私への妊娠中の生活アドバイスが始まる。
ここのメーカーのこれを買えとか、何々はやっておくべきとか。
しまいには、お産の呼吸や陣痛痛み対策まで。
さも、全部自分が体験した様に語ってくる。
産んだのはあんたじゃなくって奥さんだろうが。
しかも、つわりやお腹の張りとか個人差があるものは、
全員同じケースだと思って語ってくる。
「うちの奥さんはつわりの時○○が食べられたからそれ食べなよ!それなら絶対いける!」と。
正直鬱陶しい。自分で調べて自分で選ぶっつうの。

あと、仕込んだ日やら勝手に計算して、お腹の子の性別を当ててくる。(そういう占いがあるらしい)
気持ち悪いから止めて。つうか奥さんも見てないで止めてくれ。
奥さんも止めてよ。気持ち悪い。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
422 :キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ- 2014/05/26(月) 10:45:00 0.net
何年も前の話だけど、ニート義姉が突然家にきて、さっぱりわけわからんこと言いながら
私を監禁しようとしたことが修羅場だったな。
玄関に座り込んで私がちょっとでも動こうとしたらカッターナイフで「動くな!」と脅した。
一時間後くらい、夫が帰宅して、義姉をフルボッコして、トメが迎えに来て義姉をビンタしまくって帰っていった。

義姉は夫実家でずーっとニートしてて、突然「セ○クス!」と叫んでウトに怒鳴られたり、近所の飼われている犬をさらって「自分のだ」と言い張ったり
すごい怖いと言うかキチ入ってる人だった。夫に素っネ果で迫ったりもしたことあったらしく、夫は実家と縁を切っていた。
夫曰く、元々無口でおとなしい、優しい人だったが、高校の時いじめ&リンチにあって変わってしまった。
通院はしてるけどあまりよくなってない。年とともに悪くなっている。
今では淡々と思い出せるけど、事件後は夢に見て飛び起きていた。玄関にも7つくらい鍵をつけて、カメラつきインターホンをつけていた。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
68 :キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ- 2013/12/02(月) 11:34:39 i
失礼します、助けて下さい。
本当に弱っています。規制でかけないので携帯より。

当方女です。息子が一人居います。夫は幼馴染です。
夫は妻という贔屓目を抜いてもそこそこ整った顔立ちをしています。
そのせいか昔から女の子に人気でした。(本人はあまり興味がなかったようですが)

しかし結婚する際、話し合って私側の名字になった途端、言い寄ってくる女性がぐんと増えてしまいました。
私は歴史に疎く良く分からないのですが、どうやら何がしかの戦国もののキャラクターと同じ名字になったからでは、との事。

結婚前は仕事先で少々アプローチをかけられ、断りの報告を聞いてただけでしたが、
息子が幼稚園、小学校と進むにつれて家に来る知らないお母さん達、外で見かけたと言ってやってくる女子中学生、女子高生達。
居ないと言うと悪態をつかれがっかりされ、家に上げろと言われ写真をくれと言われ、
もううんざりです。
いっそ離婚してしまおうかと最近は思ってしまいます。夫は何も悪くないのに、こんな自分がいやです。

どうしたら良いんでしょうか。逃れられないのでしょうか。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
506 :キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ- 2018/07/16(月) 21:35:30 0.net
育った地域柄、結婚したらマンションなり一軒家なり家を持つのが当たり前だと思っていた。
結婚後もその気持ちは変わらなかったけど、旦那が「子供がある程度大きくなってからでいいと思う」と言ったので、それもそうかと飲み込んだ。
その言葉を聞いてたから、いずれは家を買うんだと思っていた。
子供が4歳2歳になって、小学校の学区も考えて早めに家を検討したいと申し出たら「俺自己破産してるからローン無理」と土下座された。

地元も今住んでいる地域も、賃貸物件がかなり少ない。子供いるなら家を買うのが当たり前な地域。
保育園の関係上今の地域からは出ないけど、ファミリー向けの賃貸がない地域でどうしろと。
いずれは家を…と話してたから、単身用の2DKの狭い部屋で過ごして、多くはないけど貯金して来たのに。

親戚一同から「家はまだ?」の催促がうるさい。
なんで旦那は笑いながら「俺は一生賃貸でいいっすよー」と言えるんだ。
私は気持ちが裏切られた気分で、旦那を庇うことが無理になってきた。
かと言って、みんなの前で自己破産のこと話したら旦那が吊るし上げくらって離婚コースだしな…
旦那が憎いけど、離婚まではいかない…

賃貸でいいと思うようにして、家を探してもファミリー向けの賃貸が見つからないからイライラする。
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
458 :キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ- 2017/08/04(金) 15:42:37 0.net
相談にのってください。

私(35歳)、夫(35歳)共働き子供なし夫婦です。
結婚3年目。

結婚当初から食事のことでいざこざが耐えませんでした。
夫は糖尿病で太っているので少しでも痩せるようにとヘルシーな食事を作ってきました。
しかし、私の食事を食べる前にお菓子を食べたりコンビニ、スーパーの惣菜を食べて
私の食事は残していました。。
「それはやめてほしい」と何度も言いましたが、言ったばかりはやめますが、すぐにもとどおり。
先日も、お菓子を食べようとしていたので、
「お菓子食べていいけど私が作った食事を食べてからにして」と注意しました。

その後の夫の態度でケンカになりました。
私の料理に「まずそー」といい、嫌々たべはじめて「不味い」といわれました。
私自身、料理上手とは思っていませんが、人並みだと思っています。味見もしますし、レシピどおり作ります。
仕事でも時々、料理を作るときがありますが、特に苦情はきません。

夫には好き嫌いの有無を聞き、苦手なものあるかなど聞くと「オレはなんでもいい」と言いますが、
実際に料理を出すと「不味い」「料理が下手」と言われます。
夫は味付けが濃いものが好きでコンビニご飯、スーパーの惣菜、外食が好き毎日同じ料理でいいという人で、
自分がその時に食べたいものを食べたい人です。しかし、私も正社員で働いているので、
夫が食べたいものをその都度きいて作るというのは無理ですし、
聞けるときは「何が食べたい?」と聞くと「なんでもいい」と言われます。
ケンカをすると必ず「料理が下手、不味い」といわれるので、単純に夫とは味覚があわないのだと思います。
長くなりましたが、本題です。
先日夫から「食事はそれぞれ別々に用意しよう」と言われました。私としては家族として寂しいですし、
夫の体のことも心配なので反対です。
でも、せっかく作った料理を「不味い」といわれ、嫌そうに食べられて、残されると傷つきます。
作ったほうがいいという思い半分、別々でいいかという思い半分状態です。
みなさんならどうさますか?
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
888 :キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ- 2018/05/24(木) 12:28:24 ID:+o+9W/2n.net
本日休み。
夫が10日位前、休み合わせられるかもしれないから、行けそうならディズニー行こうと言ってきた。
休みが取れないかもしれないからと、子供には言ってなかった。私も本気にしてなかった。
昨日、休めそうだから休み取るよ?と確認の電話があった。運転するから(私は運転できない)車で朝早く行こうと。
子には私から伝え、先に寝た(夫は23時頃帰宅?)

で、今朝7:30。まだベッドで寝てる夫に
子の風邪が昨日より悪化したので行くのやめようと伝えた。
8:30頃本格的に起きてきた時にも、今日中止か聞かれたので、そうだと答えた。
そこからずーーーーーーーーーーっと不機嫌。
不機嫌の理由は「行かなかったこと」自体ではなく、行くの止めるかどうかの相談をしなかったこと、だと思うんだけど私による夫の気持ち予想はあまり当たらないからよくわかんねしらね。

まー正直に言えば、熱はないし出掛けられないほどの風邪ではなかった。
ただ行ったら(行き帰り車で寝るにしても)閉園までいるだろーし、疲れて熱でも出たら明日は休めないし、土曜も出勤だし、リスク回避のため仕方ないよね?

って建前の他に。
こちとら事前に申請出して、平日の疲れを取るため+溜まった家事を片付けるため(夫は家事出来るけどしない)に休み取ってるってのに、その日出掛けたら日曜に家事がズレこんで、一体いつ私は休めるんだい?って状態になるんだよねー分かってないんだよねー。
だから最初に言われた時からすげー行きたくなかった。子供の風邪なんて言い訳で私が休みたかっただけ。
自分と子供の準備も当日その荷物持つのも全部私だし。運転して貰ってるからってのはわかるけど、そんならそもそもそのお出掛け自体したくないわ。近所の公園だってほぼ連れてかないくせに、なんで遠出だけ乗り気なんだよ!
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
453: 名無しさん@HOME 2014/08/04(月) 17:31:57.52 0
うちのおかんから聞いた親父のエネ話、立場はおかんから見た場合
数十年前義理弟が結婚するので義理弟嫁の実家に義理親、義理兄、旦那とともに行った
義理弟嫁の実家は飛行機の距離で皆バラバラの土地に住んでいたため現地集合することに
いざ挨拶に行こうとすると旦那から「お前はホテルで待ってろ」と言われた
よくよく考えると姑が何事にも「嫁は関係ない」という考えで、旦那もそれに染まっていたらしい
唯一、義理兄だけが「怒ってない?」「大丈夫?」と心配してくれたが
結局自分以外全員が挨拶に行き、ホテルで一人3時間待ちぼうけした

という話を「若い時に亡くなったお兄さんは優しかったのよ」と笑いながら話すおかん
口の悪いばあちゃん、ばあちゃん家に行っても畑作業と釣りが大好きで
家族放置がデフォの親父を見てるとありそうと納得した昔話だった

あとおかんが「詳しい事情は嫁は関係ないで教えてくれないけど
田舎の土地はお父さんが相続してるから」とさらっと爆弾発言
なんで実家の近くに実姉、実妹夫婦がいるのに遠方に住んでる親父が
相続してるんだ・・・

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
429: 名無しさん@HOME 2014/07/28(月) 18:49:07.17 0
ここで書いていいのか分からんが

夫のものへの執着心が無さ過ぎてイライラする
思い出の品とか記念とか全然大事にしない

旅行に行っても写真一枚撮ろうとしないし、
義母が使ってたらしい形見のエプロンとかも捨てちゃった

そういうの大事にすべきじゃない?って聞いたら、
思い出は心にとどめておくものでしょ?と反省すらしない

今のところ私の持ち物が勝手に捨てられたとかは無いんだけど、
私が誕生日にあげたトトロのぬいぐるみ(夫はジブリ好き)も、汚れたからって捨てやがった
それを問いただしても、貰ったときは本当に嬉しかったけど、あんなに汚くちゃどうしようもないでしょ
とか言い出すし

あーもう

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
140: 名無しさん@HOME 2014/03/10(月) 16:31:46.91 0
大分前に別れた元旦那の話で申し訳ないけど吐き出させてください。
全部元がつきます。

結婚後、夫と私は田舎から東京に出てアパートを借りて暮らしていた。
1年後に娘が産まれ、私がまだ入院している時、見舞いに来た夫が
「俺の実家で暮らすことにした。嫁子の荷物ももう全部運んであるから。」と…

自営で大型トラックを使う仕事をしていた義実家。
そのトラックに荷物を積んで、ウトが義実家まで運んだらしい。
はぁ?何の相談もなく直前に言うか?
と思いながらも仕方なく産まれたばかりの娘を連れ、義実家へ。
ウトメ・大トメと同居開始。

私は小さな土産物屋に就職したが、夫は義実家の自営業を手伝うことに。
ウトは「給料は夫にもちゃんと払うから」と言っていたのだが
一度も支払われたことはなかった。

そのため、私が稼いだお金だけ(手取15万)で、私・夫・娘の生活費を全て賄わなければならなかった。
それでもその中から細々と娘の将来のために貯金をしていた。
同居開始から4年後に次女も産まれたのでその分も貯金を続けていた。

長女が中学生になったころ、娘たちの預金口座をチェックすると、
合計100万ほどあったはずのお金が全て無くなっていた。

夫を問い詰めると、「義実家の借金返済のために使った。」とのこと。
借金があることは知っていたが(無理矢理保証人にされたことがある)
詳しく尋ねると、義実家には800万の借金があるとのことだった。

  続きを読む

このページのトップヘ