キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

施設

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
 
756: 可愛い奥様 2012/10/16(火) 13:23:48.45 ID:C33ufohB0
なにかしら逃げ道を探してるからなのか話し合いすると物凄く話が逸れる。
昨日も「姑を介護施設に入れるかどうか」て話し合いをしたんだけど
入れるって意見なのは私と旦那姉、入れたくないのは旦那。
「介護が毎日どれほど辛いか」って話を懇々としたけど
「でも3ヶ月前に僕が一度やった時は全然だったよ」と言われた。
「3ヶ月前からかなり進行してて今は歩けないし比べ物にならないよ」と言うと
「でも3ヶ月前は~」と3ヶ月前の自分がやった一度きりのことを引き合いに出し続ける。
「うん、だからそれは忘れて」て言ってもダメ。なんで物事の更新みたいなのができないんだろう。
改ざんは得意なのに。

  続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
699: 名無しさん@HOME 2014/12/23(火) 10:44:27.80 0
同居中の義母がデイサービスに行くことになり
施設の好意で事前に見学させてもらった
そこにコトメが同行したいと言い出しわざわざ泊まりがけでやってきた
ほんの数十分のために10日間も居座ったのも腹が立つし
見学の時に私が質問したこと細かいだのクレーマーだの文句を言ってきてムカついた
これだけ長居したから正月はこないのかと思ったら
また10日ほど泊めてと言ってきて泣けてきた
予定があってほぼ毎日出かけるから迷惑かけないよーとか言うけど
おまえの存在自体が迷惑なんだ!

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
834: 名無しさん@HOME 投稿日:2009/11/25(水) 15:49:48
じゃ、流れ変える為に上司のエネ話
上司本人が酔って溢した愚痴から詳細を推測

上司の長兄がタヒ亡した
長兄と同居だった母親を施設に入れるなんてヒドス!
自分の家に引き取る!
自分は定年後の二つめの職場だから首になったら困る、奥さん介護よろしく!
>ここで妻子から激しく責められたらしい
うちの家族酷い、兄嫁は鬼っ!という話しだが
上司は7人兄弟の末っ子 それでも戦中生まれ
長兄が父親代わりで、甥にオムツを替えてもらった年齢だ
母親は100才超え
自分に介護する気がないから引き取る とか言うんだろうな

上司は、その年度末に退職した
けっきょくお母さんは施設に入ったらしい

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
834: 名無しさん@HOME 投稿日:2009/11/25(水) 15:49:48
じゃ、流れ変える為に上司のエネ話
上司本人が酔って溢した愚痴から詳細を推測

上司の長兄がタヒ亡した
長兄と同居だった母親を施設に入れるなんてヒドス!
自分の家に引き取る!
自分は定年後の二つめの職場だから首になったら困る、奥さん介護よろしく!
>ここで妻子から激しく責められたらしい
うちの家族酷い、兄嫁は鬼っ!という話しだが
上司は7人兄弟の末っ子 それでも戦中生まれ
長兄が父親代わりで、甥にオムツを替えてもらった年齢だ
母親は100才超え
自分に介護する気がないから引き取る とか言うんだろうな

上司は、その年度末に退職した
けっきょくお母さんは施設に入ったらしい

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
190: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/01/04(水) 13:42:50.27
もう30年以上前の修羅場で未だに引きずってる。

たぶん私は幼稚園の年少だったはず。
お金の事で両親が喧嘩し離婚前提の別居をする話になった。
その時母は下の妹はまだ小さいので引き取るが投稿者は夫に似ているのでいらない。
父はこれから人生をやり直すのに子供は邪魔いらない。

で浮いた投稿者は一人捨てられ警察に保護されて施設預かり。
警察が連絡を取ってくれたけど双方押し付けあって引き取らず。
先に家を出た母は置いていけば父が連れていくだろう、
父は父で母が先に家を出たことを知らず置いていけばいいやと。

しばらく施設にいたんだけど両親と妹が揃って迎えに来て家に帰れた。
その後は普通に暮らしてるけど両親に捨てられたこと妹だけが綺麗な服を着てたとか
両親の前では忘れた振りをしてもどうしても感情が渦巻いてどうしようもない。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
71: 名無しさん@HOME 投稿日:2010/12/19(日) 01:19:37
馬鹿兄の嫁、母が最近呆けて来たかもと言ったら
そろそろ入る施設を探したらいいんじゃないかと言い放ったらしいw
昔から馬鹿には馬鹿が付くもんだと思ってたけど
流石、見込み通りの馬鹿でしたわ。
母は一人暮らしが出来なくなったら施設に行くつもりなんだけど
おまえが言うなって話。思ってても口に出すな大人なら。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
338: 名無しさん@HOME 投稿日:2009/10/06(火) 13:49:58
ウトが昨年亡くなり、トメの痴呆がひどくなってきた。
ウトメはずっと二人暮らしで、10年くらい前に赤ちゃんだったコトメ子を連れて
コトメが出戻ってからは四人で生活していた。
ウトは入院してから数ヵ月後に亡くなったので、それほどお金もかからず
まだウトメ名義の貯金もあるし、ウトメの家は都内で土地もそこそこあるので
私の夫と夫の兄は「土地を売って施設に入って、貯金と年金で費用を賄えばいい」と
考えているんだけど、コトメが「そしたら自分と子供はどこに住むんだ」と言い出して…
母親の面倒もみれない、実家も出たくないってどこまでワガママなんだか。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
130: 名無しの心子知らず 2011/11/06 15:29:49 ID:CmIMmn06
知り合いのでき婚40代坊主夫婦の話。
何年か前に家事で家が全焼。
小学校低学年の子供たち4人は施設に放り込んで、夫婦でアパート暮らしを始める。
たまにお経を唱えれば金が入るとゲラゲラ笑いながら、毎晩のように夫婦でバーで豪遊。
昼間はゲーセンかパチンコ。
貯金や月収はかなりあるらしく、話題のほとんどが家柄とお金自慢。
子供と暮らさないのか?と聞くと、家族みんなで暮らせる家が見つからないのだと言い訳ばかり。
毎日豪遊するお金があるなら、早く家をみつけて子供引き取りに行けよ。
家事で家を失って、両親にも放っておかれる子供達が可哀想でならない。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
23: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2013/04/01(月) 17:43:58.43 ID:eiBpIh7d
いろいろフェイクを入れています

小学生のとき、突然児童相談所の職員が現れて一時保護されたことがある
時々は悪さをしてげんこつを食らうようなことはあったにせよ
虐待といわれるようなことは一切ない両親だったのに
家に帰るのに1年半かかった
その間は学校にも通えず、1年近くは親にも会えないまま
最初は二度と家に帰れないのではという恐怖と不安に襲われながらも
「悪い子だと帰れないんだ」と思い、泣きもせず非常に聞き分けのいい子を演じていた
両親は「あの家は子供を虐待していた」と噂になったせいで
自分が戻った時には職業も住所も変わっていた
そのころには自分も施設に馴染んでしまい
両親や弟妹との関係も壊れてしまった
一時保護そのものは必要な制度だと思う
でも一度保護されてしまうと「これは間違いだ」という訴えが全然通用しない
本当に虐待してる親も同じことを言って怒鳴り込んでくるし
虐待されてる子はみんな「何もされてない」って言うものなんだそうだ
自分が帰れたのも誤解が解けたわけじゃなくて「家族関係が修復できた」から
修復どころかめちゃくちゃにされたわけだが
あれは国家の拉致だったと今でも思う

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
452: 名無しさん@HOME 投稿日:2014/01/10(金) 09:23:00.84
9歳くらい以前の記憶がない。
気付いたら施設。戸籍がなかった。
だから今も正確な生年月日は不明。
親も不明。名前は自分で名乗ったらしいからそれらしいのはいたんだろうけど。
施設に入って小学校に入れられたけど、一桁の足し算どころか
自分の名前をひらがなで書くことすらできない。
協調性もあったもんじゃないから学校でも施設でもいじめられた。
施設飛び出して数日で捕まるの繰り返し。
食事とか基本的に窃盗してたけど、12歳くらいのときに
自分の体が金になることを知ってそれからはずっと売春。
端折るけど18のときに、知り合いのクズ男の紹介で風俗店に勤めた。
しばらく稼いだらオーナーに勧められて経営の方に。
ちょっとしたきっかけがあってオーナーに店を買い取ってもらって20代で隠居。
大学卒業して今はニートしてる。

修羅場しかない人生だけど、一番の修羅場は昔窃盗した店に十数年ぶりに謝罪行脚したこと。
自分でやったこととは言え、本当にすごい脇汗かきながら謝罪した。

続きを読む

このページのトップヘ