キチママ警報 -キチママ・生活系まとめ-

キチママ中心に、トメ・ウト・コトメや修羅場などの 2ちゃんねるの生活板全般のスレをまとめたサイトです。

注目の人気記事

料理

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
818: 名無しさん@HOME 投稿日:2013/02/07(木) 14:29:08.48
ウトメにも旦那にもうんざりです。

旦那は料理人で、家でまで料理したくないというので料理は私担当。
他の家事は折半だけど、ウトメが「男に家事をやらせるなんて」とウザい。
ついでに家事の不手際にもうるさい。
その割りに義実家では「嫁の作る飯はまずい」と旦那に料理させる。
義実家で旦那が料理するのは好きにすれば?って思う。
けどウトメが腰が痛い、首が痛いというと、旦那は私にマッサージさせようとする。
私だって仕事でやってんのに、プライベートでまでやりたくないよ。
いつも断ってるけどさ。
今日はお互い休み合わせてたのに、ウトメに呼ばれてほいほい出掛けてったさ。
旦那は義実家では「やっぱりプロの料理は違う。嫁も肩身せまいだろ」という
ウトメの嫌味に乗って私の料理を貶める。
毎日旦那みたいに時間も材料費もかけた料理なんか作れるか!

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
516: 名無しさん@HOME 投稿日:2006/12/11(月) 07:02:34
農家男の食卓って凄く貧しいかんじだよね。
多分大ウトメ達に気兼ねしながら作った年寄り向け料理で育ってるから、
醤油や砂糖がばかすか入った味の濃い田舎料理でないと、
農家男は満足しない。
形に残らないものにお金を費やすともったいないという意識があるので、
外食するといった考えもない。
だから洋食なんて食べない。
イタリアンだのフレンチだのはまさに異世界の話。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
696: 名無しさん@HOME 投稿日:2015/04/18(土) 15:54:47.81
ちょっと吐き出したい
義兄嫁が料理全てに牛脂突っ込んでる
毎週タッパー一杯買ってきて味噌汁にも煮物にもサラダのドレッシングにも小サジ1杯は入れてる
そんな義兄嫁の料理は義実家でかなり好評
私の昆布中心の料理も嫌われてはいない様子だけどたぶん評判的には負けてる
何て言うか絶対真似したくないし味も濃くしたくないけど単に悔しい
化学調味料でもないから周りにも愚痴言うと微妙な反応されそうで言えない
あああ~

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
785: 名無しさん@HOME 投稿日:2015/05/08(金) 14:44:21.82
うちの義兄嫁の妊婦様っぷりも凄かったなぁ。
妊娠中毒症になってしまったそうで、塩分測定器持参でやってきて
義母の手料理をいちいち測定してはケチつけたりして。
そんなに気を遣わせるなら自宅で安静にしてたらよかったのに…。
元々自分で作ってた料理のせいで妊娠中毒症になったんでしょうに。

食材にもケチつけまくりで、義母と一緒にオーガニック食材揃えて
三度三度手作りさせられ…。本人は「妊婦様」だから手伝わないし。

で、私が妊娠したら「お昼はフードコートで良いわよね~。」だって。
あんなにオーガニックオーガニックって五月蠅かったのに
他の嫁の子は添加物三昧で平気なんだよね。
何事にも「自分さえよければいい主義」がなんだか嫌だわ。
ママ友にも嫌われていそう。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
596: 名無しさん@HOME 投稿日:2014/07/09(水) 20:19:47.71
結構いると思うんだが、なにかと張り合ってこようとするコトメっていない?
私が料理割としますよーでもすごい凝ってるやつとか難しいのは無理です、やったことありません、というと
次の週にはコトメは料理教室に通い始め「今日こんなの作ったんだけど、嫁子さん作ったことあるかしら?」となんかすごい料理だったり七品くらい並んでる写メを見せてくる。
が、普段料理したことがなかった姉の腕前を変に思った夫がのちのち調べると料理教室のHPに載ってる写真と全く一緒だった…
私が夫と出会ったのは飲み会というか合コンですよー、というと
それからしばらく絡んでこなかったが、「コトメがほぼ毎週飲み歩いてて困ってるの」とおそらく街コン?街バル?に参加してるとトメからタレコミ。夫が「放っておいたら?言っても聞かないし」と放置提案。
しばらくすると「嫁子さんが合コンで出会えるって言ってたから頑張ったのに!」とコトメから電話。どうやらお目当ての人には巡り会えなかったor逃げられちゃったらしい。
私の言うことを鵜呑みにして張り合っちゃうあたり…と思いつつも合コンみたいに責任転嫁されてムカっとする時もあります。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
417: 名無しさん@HOME 投稿日:2010/03/08(月) 17:16:53
2番目の義弟嫁が作るタイカレーがまずいです。
本場のを食べたこと無いけど、グリーンカレーっていうやつ?
みんなで集まるときは毎回大量に作ってくる。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
36: 名無しさん@HOME 投稿日:2010/02/09(火) 21:09:59
義弟嫁の手作りクッキーがきもい。
形がぐにゃぐにゃしてるし。
料理好きな良い奥様アピールもうざいしw
義弟が給料下がって食材が買えず、納豆とごはんしか食べてないって、
義実家に肉食べに帰ってるんだぞ!
クッキー作ってる場合かよw
義実家の犬すら嫌がって食わないから、
ドックフードの方が美味しいのかしらね、ってトメが嫌味言い出したしw

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
139: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/02/09(水) 21:51:14
義弟嫁に電話で愚痴られた。


お義母さんて、料理苦手じゃないですかー
だから夫君(義弟)が私の料理ほめると、不機嫌になるんですよねー
うちでご馳走しても絶対ほめないしー
「上品で、私には真似できないわー」としか言わないんですよー
しょっぱくて、下品な味しか知らないから
出汁のきいた料理の味ってわかんないんですかねー
お義姉さんも、お義母さんに嫌味言われた事ありますー?


私は嫌な思いはしたことがなし、不機嫌になられたこともない。
義弟嫁の料理は確かに美味しいし、義母は料理が苦手。
でも、義母自身料理オンチの自覚があるから
私の作ったごく普通の料理でも、全部食べてくれる。
「私には真似できない」が義母の最大級のほめ言葉だと思う、
と言ったら、
「お義姉さんも、どっちかって言うとお義母さんよりですもんねぇ」
と電話を切られた。
なんかムカついた。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
210: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/07/21(木) 17:39:05.92
私→料理大好き、食器洗い&片付け嫌い
義兄嫁→料理苦手、食器洗い&片付け大好き
※トメ鬼籍、他に女手なし

盆正月に集まる時は私が料理をし、義兄嫁はその横で
作り方を聞いたり使ったボウルや鍋をちょこちょこ洗ってくれていた。
私は義兄嫁が好きだから喋りながら料理ができて楽しかったし、
使い終わったそばから洗い物をしてくれて助かってたし、
食後は可愛い甥&姪と遊んでる間に食器洗いをしてくれて有難かった。

が、そう思っていたのは私の方だけだったと分かった。
義兄嫁が旦那に「(私)ちゃんがあんまり料理をすると
私の旦那(=義兄)が『お前はどうして料理ができないんだ』と
チクチク言ってくるから辛い」とこぼしていたらしい。

何で私じゃなく旦那に言うんだよ!
それは義兄夫婦間の問題だろ!
「これ美味しい幸せー」ってニコニコ食べてたじゃん!
旦那もそのまんま鳩るなよ!
来月のお盆に作りたい新作料理を練習してた私は何なんだよ…

私とは正反対の社交的で明るくて可愛らしい義兄嫁、
大好きだったからひたすらショックで悲しい。
お盆に会った時どうしよう。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
780: 名無しさん@HOME 投稿日:2011/10/12(水) 00:35:22.61
この三連休は義実家に行って来た。
ウトメが娘に何の料理が好きなの?と聞いたらしい(私はその場にはいなかった)
そこで娘はぶり大根が好きだと答えたらしい(夫はその場にいたので後で聞いた)

それで今日(もう昨日になるけど)になって義弟嫁さんから電話があってその内容って言うのが
子供を使っての料理上手自慢うざーっっていう内容をまくし立てられてガチャ義理された
他にも私は鰯の味噌煮の缶詰が好きなので我が家では缶詰を食べる機会が多いのだけれど
それに関しても缶詰なんか食べる貧しい食生活pgrされて腹が立つw
魚の味噌煮の缶詰って新鮮なうちに作るから美味しいのが多いのに
缶詰馬鹿にされてムカつくし娘がぶり大根が好きだって言ったことがなんで
料理上手自慢したことに繋がるのかが謎。もう本当に不愉快
歩いてて犬の●ぶん投げられたみたいな気持ち悪さ
何も言い返せずにガチャ義理された自分にも腹が立つ
何か言い返してやるんだった

続きを読む

このページのトップヘ